Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

Don't we trust him?

2018-06-13 | アウトドーア・環境
早起きしてシンガポールからのライヴ中継の一部を観た。なによりも印象に残るのはやはり金主席の若くその真剣な発言だろうか。トラムプの方も国際的なビジネスマンのようにしっかりと相手の表情や真意を追っているのが見えて面白かった。まさしく、交渉相手として信用のおける人物としての金のいで立ちだった。その姿をこまごまと動く妹と共に見ていると、やはりこの独裁者の夢は朝鮮半島のスイス化だと思うに十分だ。朝鮮の統一は中立化しかないと感じるようになってきた。シナの分割がありえない限りは、EUのような共同体は不可能なので、朝鮮半島が新絹の道の終点となることで大きな意味を持ち得ることは朝鮮民族の存在意義を大きくするからである。

様々な生中継を観た。ABCの作りが比較的スマートだったが、速報性には欠けるが意外にドイツェヴェレの英語放送が良かった。そこで日本のネットでも話題になっていた日本の写真家の写真集やその個展、撮影風景などが紹介されていてよかった。政治課題として到底そこまでは上らないのだが、こうした表現者などの感性は統一からその後を見据えていて当然であり、「手遅れにならずに記録してよかった」というのは理解出来る。

月曜日も広場でライヴをやっていた。激しい雷雨から雨が降っていたので盛り上がりは無かったので、それほど続かなかった。なによりも涼しくなって来て窓を締めれるようになったのが嬉しい。そのお陰で夕食のサラダパーティーが一寸寂しかった。塩じゃがだけは暖かかったがコールドミールがあまりに涼しかった。それにしても夕刻の雷雨は激しく、綺麗に車を洗えた。頭も濡れた。

週末の「メリーウィドー」の残席が50以上あったのが僅か一晩ぐらいで高価な43席のみに減っている。水曜日の分は安いので早めに売れていたが、土曜日の方が最終的に掃ける勢いである。フランクフルト市内の勤め先などでの口コミによる売れ方である。前日のワイン祭りの喧騒の中でも時間が出来ると思うが、先ずは楽譜を落として良さそうなヴィデオを通して観ておこうと思う。

引き続きミュンヘンの「三部作」の残席が新たに放出されている。その席の塊り方からスポンサー筋の戻り券としか思えない。恐らくBMWが確保していた座席だろう。そこに個人の戻り券などが混じっているような感じだ。一日目の出方と二日目の出方が全く異なるのも面白い。12月に座ったような91ユーロの席も一つ出ている。ペトレンコ指揮となると完売まで時間が掛からない。

YouTubeで有名な「NHKから国民を守る」の政治活動が、またもや安倍昭恵によって潰されかけている。多くの視聴者の支援を受けてワンイシューで以って地方自治体選挙で党勢を伸ばして、次の国政選挙に狙いを定めていた政治団体である。昭恵との付き合いから、更に部落出身者への偏見を放送し、私などを含めて多くの違反報告が出されてアカウント停止となった。それどころか今回は暴力事件を起こし、その被害者が三宅洋平の応援をしていた大袈裟太郎で、奇しくも三宅の政界進出挫折と似たような状況になっている。



参照:
期待する三宅洋平効果 2016-07-10 | マスメディア批評
お手て繋いで夜道を行く 2018-04-29 | 歴史・時事
ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暴漢に向かったBASF社員 | トップ | 権威の向こう側 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アウトドーア・環境」カテゴリの最新記事