Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

持続性ある文化政策に

2021-11-27 | 文化一般
連立政権の閣僚ポストが出てきた。注目されるのは98年からある文化大臣である。誰もが予想していなかったクラウディア・ロート元緑の党の代表である。バイロイト音楽祭での派手なパフォーマンスなどが印象に残っているのだが、既に代議士を辞めていたことから驚きをもって迎えられている。

最近では2017年の新制作「マイスタージンガー」のバリーコスキー演出に感激していて、スェーデン王夫妻やバイエルン王家当主などとの親交を暖めたようである。兎に角声が大きい、だから前任者のグリュッタース大臣とはまた違って話題になるだろうと予想される。

前任者は無名の代議士であったのだが大臣になって、殆ど直感的に積極的に発言をしたことで、一部には当然ながら反発もあったのだが反面大きな成果もあった。しかし後任者は政治家としてある意味大物で元人気政治家である。要するに甚だ声が大きい。

先ずは様子を見ることになるのだが、緑の党が外交と文化を担うことでより積極的に文化使節を派遣することになると思う。筆頭には来年上海ツアーを行うベルリナーフィルハーモニカーがいて、そのプログラム自体が可也棘のあるものになる予定であるが、外務当局がよりサポートする形になるのではなかろうか。

他方前任者によって圧力が掛かっていたバイロイト音楽祭へは違う形で圧力が掛かるのかもしれない。前任者の時の様に僭越な干渉がない代わりにもっと厳しい態度に出る可能性が予想される。

安売りで購入したココナッツの乾燥品が素晴らしい。ガーナでの自立プロジェクトの様で、ヤシの実を取って来て、洗って、切って、その外実を燃やして中身を乾燥して、袋詰めにするだけの商品らしい。

2012年からのプロジェクトで千人以上の職場を作り、千件の農家から一年を通して供給される原料。それによって家庭の基礎収入が得られるという。更に従業員や輸送関係者には無料食事処が準備されていて、学童前の子供達には施設があり、更なる職業教育期間が用意されているという。

ここにはヤシの実の持続性に関しては触れられていないが、ガーナ政府がやっているに違いない。110グラム入りで、1.99ユーロだった。もっと買い込んでおくべきだった。如何にも健康そうなもので、ココナッツの甘味だけでそれ以上には要らない。



参照:
音楽監督ティーレマンの去就 2020-12-29 | マスメディア批評
持続可能なフェアーな態度 2013-09-16 | アウトドーア・環境
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 均衡とその逸脱から | トップ | 回顧される幸福の痛さ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿