Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

明日は晴れだろうか

2005-08-26 | アウトドーア・環境
バイオウエザー(BIOWETTER)なるものが、新聞や放送で毎日紹介される。その日の気温・気圧・湿気の変化その他によって人体に与える影響を、天気予報に従って予想するものである。勿論、これに月齢やシーズンなどの大きな変化や花粉・日当たりなどを加味すべきであろう。するとこれはBiometeorologyと云うような複雑なものになりそうである。残念ながらその予想の出し方は、分からなかった。

昨日の予想:
南部-初めは、憂鬱の不機嫌に襲われるが、雲が晴れるにしたがって徐々に気分は好転。

今日の予想:
南部・東部-初めは気候の影響を感じないが、その後、頭痛、関節痛を感じる。怪我や神経痛には堪える。
北部・西部-雨模様で特にセンシティヴになりやすい。天候の影響を受け、睡眠障害・頭痛または精神的に通常以上に神経質になりやすい。

明日の予想:
南部-天候が快復してくるに従って、健康状態は良くなるように感ずる。乾いた涼しい空気は心肺系に好影響し、気分爽快。晴れ間は、愉快に力漲らせる。
北部-先ずは、天候の変化に合わせるのが難しく、落ち着かなく、睡眠を阻害する。低気圧の影響で、関節痛などは幾分悪くなる。天気を望む人々は、小雨に気分が晴れない。

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« きっと、今頃はファンダンで | トップ | モーゼルの2002年晩夏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アウトドーア・環境」カテゴリの最新記事

トラックバック

モナド(Monade) (ume54のnarcis catharsis)
ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ(Gottfried Wilhelm Leibniz, 1646.7.1-1716.11.14)によると実体とは、単純にして拡りのない、したがって不可分のものであり、その本質は作用する力である。それはあらゆる有限的事物の根底に存在し、そしてみずから働くものであ.