Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

ANDROIDでMIDIを使う

2018-03-14 | テクニック
先日入手した小物のなかからいろいろと試している。幾つか想定していたようにまたはそれ以上に使えるものがあった。一つはマイクロUSBから出して通常にUSB2で受けるアダプターである。通常はタブレットからのデーター転送のためにOTGつまりOnTheGoとされるUSBから他の端末を繋ぐ機能である。通常は電源の蓄電のために使ったりしているがデーター転送に使う場合のケーブルである。先日同時に発注したのがアマゾンオリジナルのベーシックと呼ばれるケーブルで、これは以前のものが太さに特徴があったのだが今回は特に細くなっている。それでも充電速度がは早いと評価されているので、導電率が格段に上がっているようだ。

それとは異なって片方が態々メス受けになっているのを購入したのだ。そこに色々なUSBケーブルを差し込めるだけでなく、USB2端子として使えるからだ。そこに例えばUnifyingと称するLogitechのキーボードやマウスを接続するUSBプラグを差し込む。それでPCで使っているものがそのままタブレットで使えるようになる。これは助かる。なぜならばロジテックの商品は今まで様々使ってみて優れていて、タブレット用に本格的なキーボードを探す場合はその選択を外したくないからである。通常のブルーテュースの不安定さと中々コムパクトで小さな良いものが無いので、現在のところLENOVOのそれ以上の製品が見つかっていないからである。そのヨガ向きの英字キーボードの弱点は充電に専用のケーブルが必要なことで、汎用性が薄いからである。

そのUSBに昨年購入して未だに本格的に使いこなしていないKORGのキーボードのUSBを指してみた。同時にMIDIシンセサイザーのアプリケーションを試してみると、問題なくキーボードで弾けた。こうなると態々面倒なノートブックでのサムプルレート合わせなどする必要が無くなった。要するにケーブルで繋ぐだけで演奏可能で、タブレットでそれなりの音が出る。MIDI用としては決して悪くはない。そこまで行くと今度は無線で鍵盤を鳴らしたくなる。Iフォンなどの場合はMIDI入出力が準備されているようで何でもないのだが、アンドロイドでは少し研究してみないと分らない。

もう一つのアマゾンのUSB電源出力装置は予定していたように短くは無かったのだが、0.4A出力なので、そこから出力して上のアマゾンベーシックケーブルで接続すると、ラズベリーパイが普通に動くことが分かった。ラズベリー3の推奨は0.5Aなので常時使うかどうかは別にして、普通にネットに入るぐらいの仕事量は問題が無さそうである。ラズベリーパイ用に電源は他にも可能性があるが、それほど問題がないと感じた。

因みに新しいケーブルでヨガへの書き込みを試してみたが、やはり同じところで止まってしまった。eMMCが壊れている以外ではないようだ。




参照:
eMMCを完全初期化 2018-02-20 | テクニック
上半期に買って良かったもの! 2017-07-05 | 生活
『モバイル機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初物スカンポケーキ | トップ | パンツ脱ぎ棄てお気楽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テクニック」カテゴリの最新記事