Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

復古調の嘆き節の野暮ったさ

2010-03-30 | 文化一般
注文したCDが両方とも在庫になっている。遅くとも水曜日までには手元に届くだろう。

その前に聖週間に纏わる既に購入したまだゆっくり聞いていない録音を 鳴らしている。一つは、数年前に記念年を終えたバッハの手本であったブクステーデ作の受難曲「我らがイエスの御体」BuxWV75で七部構成のカンタータ集である。一つは、スペインのヴィクトリア作曲「聖週間の聖務日課」から四声のレスポンソリウム「あまねく暗くなりて」六曲である。

ブクステーデの方にはその先輩に当たるハインリッヒ・シュッツ作曲「イエス、処女マリアの息子」がコンパレーションされているが、双方ともクレヴォーの聖ベルナールの詞を用いている事から分かるように、新教の楽曲の中に旧教のミスティックな雰囲気を活かした ― ルター派の中にテンペル騎士団をみる ― 復古的な作品群である。

それとは全く異なってハプスブルク家の砦スペインから現れた作曲家が宗教改革の波の中でイタリアに学び保守的であろうとするばかりに余計に意識的な作風となっているのが四声のその曲で、洗足木曜日の夜曲、なんと聖金曜日のそれから聖土曜日のそれへと続いている。つまり1585年作曲とあるが、1962年の公会議までは六本の蝋燭を祭壇に立て、更に十五本の蝋燭が一本づつ消されていく題名の通り前日の夕暮れの行事として催されたからである。

ヴェクトルの向きが異なる一世紀ほどのエポックの相違がある全く異なる楽曲であるかと思い気や、意外に歩み寄った形になっていて面白い。要するに、相方とも聖週間の文化的な枠組みの中で創作されているに違いなく、一種の嘆き節が共通している。それは意識しているものが似通っているからに違いない。

CDが到着するのを待って、再びバッハの受難曲を見て行くのだが、その芸術がこうした新教の流れからも飛躍して、それがある意味旧教的な普遍性へと達する意味合いがここに明確なように思われる。

先日から少し話題となっていたミュンヘンの交響楽団のティーレマンの後任にロリン・マゼールが就任すると報道されている。題して最も高価な指揮者と呼ばれている。一晩あたりのギャラが昔から高かったのは想像出来るが、病身のクラウディオ・アバドよりも遥かに高いのだろう。それでも先日のヴィーナーフィルハーモニカーを指揮した「春の祭典」とブルックナーの三番の交響曲のプログラムの芸術的評価は思わしくなかった。特に前者の作られた野蛮では、現在においてあまり効果をもたないということだろう。後者もヴァーグナー的な響きとなるとあまり受け入れられる素地は無いかも知れない。そうした事をミュンヘンの野暮ったい交響楽団でやっても前前任者のジェームス・レヴァイン以上に成功するとは限らないだろう。



参照:
実感出来る資本主義の味 2008-07-14 | 文学・思想
自転車操業中の聖週間のお慰み 2010-03-29 | 料理
先月に続いて送料無料の販促 2010-02-13 | 生活

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 自転車操業中の聖週間のお慰み | トップ | はじめて身体に感じる夏の時差 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マゼールですか,,,(沈黙) (ラブワイン)
2010-03-31 07:02:38
選ぶ方も選ぶ方ですね。
若手のシルマーなんかの方がいいんじゃないかなあ。
同年代ならば?(ちょっと年輩かな)プレートルかな。
アバドもそうだったですが、一流の楽団が芳しくない人選をしがちなのは政治力なんでしょうか?
マゼールとやっても何の新しい発見もないような気がしますが。
金ばかりかかって(笑)。
チェリビダッケ効果のようなものを期待? (pfaelzerwein)
2010-03-31 15:47:54
仰る通りで、この指揮者とこの交響楽団からは何一つ期待出来ることはないですよね。すくなくとも放送交響楽団の時以上のものは期待出来無い訳です。

その反面、楽団員以上に文化マネージャーは、手堅いトレーナーを期待した点と上手く行けばチェリビダッケ効果のようなものを期待したと思います。その双方が巧く機能したところではじめて世界の市場に売れると言う判断です。

レヴァインにも同じようなものを期待したのでしょうが、結局そこまでは指揮者の方がやる気がなかったのではないかと想像します。

醸造所で喩えれば、タンクや設備が老朽化しているところで、天然酵母とか伝統とか言ってもまともなレヴェルに辿り着く事はありえない訳で、先ずはステンレスタンク導入などの近代化の投資をして、それからはじめて新たに伝統を探るという感じでしょうか。

コメントを投稿

文化一般」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事