Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

チーズの付け合わせ葡萄

2008-09-05 | ワイン
今年の夏は茹だるような暑さは続かなかった。春から四五回ぐらい何日か暑い日が繰り返しただけであった。だから、暑くて仕方ない時にと思って清涼感を求めて購入していたソーヴィニオン・ブランに手が伸びなかった。旬を過ぎてしまうので暑い日を目指して先日初めて自宅で試した。

西洋スグリのような香りも未だに健在で、昨年のものから比べるとしっかりした酒躯に十分な量感の酸が昨年以上に高級にしている。それどころか緑家さんは、有名なニュージーランドなどのものより良いと太鼓判を押す。しかし、同じ2007年産のリースリングを飲みつけていると、やはり別世界というか、とても対抗できるものではない。今年の夏に関してはリースリングが喉について、美味しくない夜は一日たりとも無く、毎日それを愉しめる気候であったのだ。そして、そのリースリング自体が十分に清涼感に満ち満ちていた証拠でもあるだろう。

所詮、白ワインでリースリング種の深みや繊細さに及ぶものは世界中何処にもない。つまり、ドイツのリースリングは、世界で最も高貴な白ワインである事は当然なのだが、残念ながら衆目の一致する所とはなっていない。何故なのだろう?

そのような夏であったが、mosel2002さんの報告によると、決して葡萄にとって悪い夏でなかった事は数字上も表れているようだ。そして、去年は既にトロッケンベーレンアウスレーゼと呼ばれる貴腐ワインが収穫されていた今の時期、葡萄園では一寸した作業が方々で進められている。

昨日今日と雨がぱらついて心配だが、案の定場所によっては、風が通り易いように夏に延びた蔓や葉がもしくは葡萄が落とされている。こうして風を通すことで、今後の雨にも腐らないような配慮がされている。あまり手がつけられていない地所もあるが、毎年腐りがおき易い場所は流石に早く手がつけられて、まだまだ十分ではない成熟の時へと質の向上が計られ、被害を避けている。

素人見には、十分な収穫量が期待できそうであり、このまま十分に健康な状態が続きながら、今後も十分な陽があたれば、決して昨年とも劣らないような、質と量を期待出来そうな気がする。

何時も歩き回っているお蔭で、チーズのつけ合わせになる切り落とされた葡萄を二房ほど見つけた。本当は、丁度作業しているビュルックリン・ヴォルフ醸造所やバッサーマンヨルダン醸造所のウンゲホイヤーのそれが欲しかったのだが、流石に無理には拾えなかった。



参照:
塩味の効いたソーヴィニョン・ブラン
モスバッハのソーヴィニョン・ブラン (新・緑家のリースリング日記)
西洋酸塊の棘にやられる [ 試飲百景 ] / 2008-02-27
時を隔てた趣向の方向 [ 試飲百景 ] / 2007-08-21
棘ある酸塊味の葡萄酒 [ 試飲百景 ] / 2007-04-09
ジャンル:
お天気
コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 買えるときに買う投資 | トップ | 出版記念の贈り物 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
癒しの葡萄 (やいっち)
2008-09-06 00:57:17
昨日、金曜日、甥っ子がやってきて、葡萄を置いていった。
甥っ子の奥さんのお里で葡萄を作っているとか。

富山にも、栽培から醸造まで一貫して行うワイナリーがあるのは(地元では)有名だけど、未だ、試飲したことはない。
呑んでも味は分からないか?
ワイン作り70年の歴史があるとか。土壌的に長野や山梨のようにはいかず、苦労したらしいけど。
ワインをたしなむ生活をしたいものです。
やはりゆったり時間が流れてます (pfaelzerwein)
2008-09-06 08:01:53
ワイン作り70年の歴史となると1930年代ですね。それは知りませんでした。富山は結構難しい場所だと思うので、驚きです。

ワインなどはやはり忙しい生活をしているとなかなか味わってはいられないです。手軽に昼から飲むような南欧などでも、食事に時間をかけたりとやはりゆったり時間が流れてますからね。

作った者がどこのだれが分かるのが素晴らしいです。
Unknown (Unknown)
2008-09-07 00:16:05
pfaelzerwein様、こんばんは。Saar Weinenです。少し言い訳させて頂くと今使っているインターネット用の受信器の容量の都合で名前が入れたくとも入れられないのです。その辺の事情をお察し頂ければ幸いです。さて我らがRieslig世界最高高貴品種と理解出来ない味音痴は日本にかなりいるような感じがします。同じ島国でも英国とは正反対ですね。なにせ「Hock」の伝統がある国ですからね。
辛辣な皮肉 (pfaelzerwein)
2008-09-07 00:50:28
なかなか辛辣な皮肉ですね。ただ事実関係を挙げると英国でのリースリングの需要が甘口に偏った事から、ドイツワインの評価を落とした可能性も否定出来ません。

そのように考えると、今でも98%以上は英語の情報が入る日本ではそこの影響力が否定的に働いたと考えられます。

要は、ワイン産地が地元にないとなかなかそれだけの情報が消化出来ない事情が背後にあると思います。

例え日本で葡萄が生っても甘いだけでワインのために十分にバランスがとれたものが育ち難い事情はあると思います。
英国でもそうだったのですね。 (Saar Weinen)
2008-09-11 01:06:08
pfaelzerwein様、こんばんは。英国でも日本同様甘口に需要が偏ってしまったのですか!伝統的に例えば今から100年位前はバーガンディーやクラレットよりもRheingauの辛口のRieslingがより高値でロンドンのワイン市場で取引されていたりとかしたようにハイソサエティーの人はドイツワインを正当に評価できる人が多いと思っていましたが。因みにお住まいの辺りでも英国からのワインインポーターさんって見かけたことはありますか?
情報さえなかなか得るのは難しい (pfaelzerwein)
2008-09-11 14:15:37
百年前のそうした状況でどのようなリースリングが需要されていたかは知りませんが、少なくともホックなどの愛称が示すような傾向や現在一部で復活が計られているクラッシックなどが、何故モーセルやアイスヴァインが示す甘いリースリングとなってしまったのか、醸造技術の歴史などからも考えてみなければいけないでしょう。

六月にお相手をしたトムは、英国の大手インポーターにも一時いました。なかなかリースリングを英国に紹介するのが難しいのは、あのヒュー・ジョンソンでも、適当な時期に直接注文して取り寄せない限り判断を下すだけの状況にはないでのす。

兎に角、ドイツワインには限りませんが、情報さえなかなか得るのは難しく、店の者でも入手が難しいとワインの特徴から、まめに足を運びコネを作って更に購買機会を積み重ねていくしかないのです。
たまに飲むのが良い (緑家)
2008-09-15 08:18:29
そうなのですね、おっしゃる通りリースリングさえ本調子であってくれれば他の白葡萄など必要ないのです。ただこのソーヴィニョン・ブランの清涼感が何故良いのか?やっぱりこの香りの所以なのでしょうね。西洋スグリを見たことも嗅いだこともない者にとっては「草っぽくて青臭い」などとしか表現出来ないのですが、リースリングにはないものを持ってます。まぁ結局、たまにはあっても良いんじゃない?というレベルなのですね。もちろんよっぽど品質の良いものでないと、リースリングのように1本飲んでも飽きないってことにはならないのが難しいところです。
でもこれは美味しかったです、ホント。
高温多湿の気候ではこれの方が美味い? (pfaelzerwein)
2008-09-15 12:24:03
一連のお話や2007年の一部リースリングに出たような苦味を考える時に、他の品種であるこうした葡萄が気候のインデックスのように働くことはあります。

2006年のものに比べて本格的であり、味と香りが薄れにくかったのは事実で、初めの試飲からして力強さが違いました。その分何よりも過ごし良かった夏の軽い飲み物としては、リースリングに比べても少し重めになってしまったようです。

その辺が少し青っぽさに繋がったかと。毎年予約してみようとは思うのですが、数が増える事はあまりないでしょうね。ただ日本のような高温多湿の気候ではこれの方が美味いと言う人は少なくないと思います。

それかクリスマスの暖炉の前でって感じでしょうか。もう一度話に登場すると思います。
僕もたまにしか飲みません。 (Saar Weinen)
2008-09-18 01:01:43
pfaelzerwein様、こんばんは。そうですか、あのヒュージョンソンですらドイツワインを知るのには困難な状況にあるという事なのですか?まあ英国出身というとスチュワートピゴは奥さんがドイツ人でドイツ在住20年以上という筋金入りのジャーナリストですよね。因みに英国王室絡みでいうと例のHochheimの逸話はあまりにも有名ですがエリザベス2世の結婚式にはTrierのHospitien(畑名は失念してしまいました)のSpaetleseが饗されたという位ドイツ白ワインの良さを一応認識出来ているのかもしれません。                              僕も最近はRieslingの比率が多くて偶に気分転換で他の品種や国のワインを4~5本Rieslingを開けたら飲んでみる感じです。日本でも長野や山形・秋田や北海道といったエリアではドイツ系の品種の作付けが多くなってきましたね。件のトムさんは英語圏出身の方なのですか?
親戚筋からいえばザクセンのワイン (pfaelzerwein)
2008-09-18 05:26:27
チャールズの好みならバイオワインになりますよね。クイーンのところはどうやってワインを収集しているか知りませんが、親戚筋からいえばザクセンのワインは献上されているのでしょう。

少なくともハロッズの品揃いは日本程度です。

「奥さんがドイツ人でドイツ在住20年以上」ってまだまだですよ。トムもイーストアングリアから最初に来ていたのはそれ位ですから。

ドイツ系の品種の作付なんて上手く行くんですかね。

コメントを投稿

ワイン」カテゴリの最新記事