Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

甘い春節の陽気

2007-02-19 | 
今日は旧正月で中国のツェンチェー(春節)であった。偶々、今年はカーニヴァルも重なり、一日中賑やかである。一番身近な中華街はパリになるだろうから、春節を感じることはないが、カーニヴァルの陽気はいつも独特な感じを体に齎す。

春節の典型的な食事は、八宝飯に並んで餅に似たタンユェン(湯圓)とか言われるもので、甘い物が中に入るのが特徴らしい。様々な種類があるので、なぜかベルリーナーの原形ポンチュキ(Pączki)に似ている。

それを知ったので、ポーランド娘のように、どうしても昨日再びこれを食べたくなった。一つはカスタードクリームが入っていて、クリームは普段食べないことから、格別に美味く感じた。
ジャンル:
お天気
コメント   この記事についてブログを書く
« 暖冬の末に灯火親しむ | トップ | 異端への法的社会正義 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事