Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

高みからの眺望

2005-03-09 | 文学・思想
3月6日、日曜日。

気温零下摂氏19度の昨日よりも随分と温かい。ポントレジーナよりサンモリッツ・バードを左に見て、スルレイのロープウエーに乗る。海抜1870メートルの町から、高度差830メートルを一気に登り、そこで乗り換えて海抜3451メートルのコルバッチ頂上へと向う。中間駅には、創業70年のザレワ社の大きな看板が懸かっている。氷河の塊の淵でカービングの板を走らすダイナミックな写真である。それに向かい合う外科病院の看板が目に入る。靴先が崖淵より食み出すスキー板を懸垂氷河の下から見上げた写真の下方に大きく書いてある。「その前に今ひとつ自己紹介させて頂きます。」と。

スキー客に混じって、黒服の帽子を被った男がいる。長い茶色の髭を幾つも編んで複数のお下げにしている。連れている男の子も黒服である。チューリッヒのツェントゥルム・シュトラーセで見るようなラビの正装ではないが、黒尽くめである。ヘブライ語を喋っている。ユダヤ人街で見る光景とは違い、その佇まいだけで一瞬にして周りの風景を変えてしまう。

親子を乗せたゴンドラは頂上に着いた。展望台のテラスからエンガーディーンの谷が雪煙の霞を通して、左右に大きく横たわる。西のユリアーパスを正面にして、右のサン・モリッツの町から細く湖が見え隠れする。そして左側のマロヤパスへと向うジルスの町へと続いている。黒服の親父さんの目に映った世界は、谷の広さといい、深さといい唯一神の創造通りに違いない。大海に島を配するように造形が定まり、有るものが有るべき所に配置される。俯瞰は出来ないが 少 し 高 み からの眺望を得る事が出来る。凍りついた氷河湖面に乗った雪も、そこでのマラソンのために付けられたコースも、黒光りする森が縁取る道路も人々の営みも全てが絶対の摂理の下に存在している。

ここサン・モリッツの風光は、谷を隔てたトーマス・マンの「魔の山」で有名なダボースのそれとは大きく異なる。イタリアへと抜ける峠は、陽に包まれ白く輝く。標高も高く空気は軽い。狭く曲がった谷の角に位置するダボースの生活のような隠遁の感はここにはない。雪山遭難への憧憬もなければ、水平と垂直の世界の葛藤もない。セガンティーニらが描いたように空が拡がる。限りの無い青い空と対峙することになる。

ここの湖の町、ジルス・マリアでニーチェは、6年間のシーズンを過ごした。「ツァラストラはかく語りき」、「善悪の彼岸」や「アンチ・キリスト」などをここで著した。彼の生まれ故郷の中部ドイツとは大分違うが、本人は血が合うと言って、「強く明るい風光の中で、住み良い。真に稀ながら穏やかさと厳かさと、神秘性が入り混じっている。それゆえにジルス・マリア以上に気に入った所はない。」と絶賛している。
コメント (10)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« ドイツワイン三昧 第三話 20... | トップ | 滑稽な独善と白けの感性 »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (ゆき(迷宮のアリアドネ))
2005-03-10 21:58:43
私はある時期上に上に向かっていましたが、

最近は土がとても愛しく思うようになりました。(笑)

ニジンスキーもニーチェと同じく志向の高みを目指して、狂気の世界に入っていった芸術家でしたね。

たしかに、あの真っ青な空は郷愁をさそうものですが、肉体を持っている限り、よほどの人間でないと長居はできないところなんでしょうねえ。
高みには留まれない! (pfaelzerwein)
2005-03-12 04:48:01
ゆきさん、コメントありがとうございます。ニジンスキーの記録を見ていると、有名なストラヴィンスキーだけでなくて、ドビュッシーやコスサコフ、シューマンなどが出て来て、意外な曲もありました。認識新たにしています。



「肉体を持っている限り、高みには留まれない。」は、上手い表現ですね。



また宜しくお願いします。

Unknown (twinksmile)
2005-03-12 09:39:30
 TBありがとうございました。あんな誰も見ないような、自分と家族のためのメモ程度のブログをよく見つけられましたね。掲載後すぐのTBでしたので、そのすばやさと発見の巧みさにビックリです。

 「サン・モリッツ」つながりのようですが、そちらが本家本元なのに、こちらのほうはニューヨークのセントラル・パーク・サウスに以前あった「サン・モリッツ・オン・ザ・パーク」ホテルのことです。セントラル・パークの南側にあり公園を一望できる高級ホテル群の中では安めで、お徳用なホテルでしたので、一時愛用しました。今は、超高級リッツ・カールトンに変身しています。

 貴ブログは文化の薫り高く、絵日記のこちらとは雲泥の差ですね。昨秋初めてイタリア・スイスを旅し、ヨーロッパの魅力の大きな部分に「路地」がある、と認識しました。ローマでも、チューリッヒでも、かすかに灯りがともり、ゆるやかにカーブを描きながら下っていく(あるいは上っていく)路地に吸い込まれるような魅力を味わいました。

 この機会に、時々お邪魔させていただきます。
チューリッヒの曲がった路地 (pfaelzerwein)
2005-03-12 16:46:17
twinksmileさん、大きなお気持ちで接して頂いて感謝いたします。



ローマは良く知らないのですが、チューリッヒの曲がった路地は中々のご指摘と思います。特にスイスの場合は、空爆で被災していないので建造物だけでなく道路上のものが古く残っている事に気がつきます。丘状に盛り上がったり、井戸・噴水が中心になって広がっている都市もあるように思います。チューリッヒ旧市街も水路を挟んで両サイドとも起伏に富んでいます。数多い氷河湖を考えれば、当然の地勢ですね。



サン・モリッツのコピーは、「トップ・オブ・ザ・ワールド」。マンハッタン島のホテルが、この町を名乗っていたのが、面白く思いました。

ジルス・マリアでニーチェは (弥一)
2005-03-20 06:03:49
永劫回帰の思想を得たとか。その数年後、ニーチェは発狂したとか。発狂の原因は諸説あるようだけど。けど、思うに、永劫回帰の思想を得たこと自体が、ある意味、既に常軌を逸していたのかも。海抜六千フィートの高見の感覚!

もっと光を! と誰かが言ったとか。小生は、もっと写真を! と望んだりする。
狙った情景 (pfaelzerwein)
2005-03-21 04:41:00
弥一さん、ニーチェの家も故郷も両方とも、訪ねました。それで取り巻く環境全体を含めて情景として入力されているんですね。勿論写真で何かを示す事が出来るわけですが、これも文章と同様で技術と機会が必要ですね。好い写真があればアップするようにしますが、写す時に確りとした意思がないと中々狙った情景が切り取れませんね。
はじめまして (kobachou)
2005-04-28 07:17:53
以前にトラックバックいただいておりました、kobachou(黒幕)です。ご挨拶が遅れました。コメントというシステムの利用の仕方が解らなかったもので、大変失礼いたしました。またお邪魔します。さようなら。
Haruki Murakami (pfaelzerwein)
2005-04-28 19:06:59
kobachouさん、コメント有難うございます。数年前に「村上春樹騒動」と言うのがありまして、間接的にも適当な話の中でこれを扱いたいと思っています。その時はまた宜しくお願いします。
思い出しました。 (ヨシハル)
2005-09-19 11:57:14
 ちょっと永劫回帰が気になって検索したら、こんなことだったのか。ニーチェはシルスマロヤにいたのか、と驚きました。 

 チューリッヒに2年半近く暮らしていたとき、職場の人のシルスマロヤやエンガディンの別荘で夏夏と真冬に数日間滞在しました。

 哲学的な滞在ではなく享楽的な滞在でした。しかし、確かにあの細長い渓谷と湖は神秘的でした。ここに数年も外国人が滞在したら、何か哲学的宗教的な境地に至るかもしれませんね。

 それではよいご滞在を。
チューリッヒから高みへ (pfaelzerwein)
2005-09-19 14:27:26
ヨシハルさん、コメント有り難うございました。私は、何時も他所の町に泊まるので、同地には滞在したことはないのですが、夏も冬も知っています。



マンのダボースに対して、ここはヘルマン・ヘッセの所縁らしいです。



チューリッヒから高みへと別荘に通うだけでも享楽ですね。下か上の何処かでお会いしていたかもしれませんね。



ニーチェハウスへのリンクを貼って置きます。

http://www.nietzschehaus.ch/



HPなどお持ちでしたら、また次の機会にでも是非お知らせ下さい。

コメントを投稿