Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

クーリックで祝う謝肉祭

2007-02-17 | 
来週の火曜日はファストナハトである。そうしてカーニヴァルが終わって、復活祭への四旬節へと春を向かえる。この時期のポーランドの風物詩を新たに知る。今まで多くのポーランド人がまわりにいながら聞いた事の無いクーリックと呼ばれる風物である。

特に雪のあるこの時期に、つまりクリスマスからカーニヴァルにかけて、雪上を馬橇を駆り立て、知人の家へと出かけて浮かれる行事らしい。食事や音楽など全てを準備して何日にも渡ってキャラヴァンする地域もあるようだ。今では観光地などでも冬のイヴェントとして提供されているが、もともとはポーランド・リトアニア時世の貴族のお遊びであったようだ。なんとなく北欧のサンタクロースを思わせる。

最近は、馬でなくて車で牽かせると語ったのはヴァルシャワ近郊出身のポーランド娘である。南部の山岳地では観光化しているのとは対象的に、北部の平地では伝統化しているのだろう。

そうした地形的な影響もあるのか意外に中欧で雪そりの馬車を見かける事は少ない。その点からすると、「魔の山」のダヴォースでこれが使われている事は特別に文芸作品として描かれている。

それを過ぎて断食の始まる、ファトサースディーと呼ばれる灰の水曜日に至る最期の、嘗ての堵殺の日である。そこで食されたのがジャムなどの詰め物の入ったドーナツである。ドイツではベルリナーとして親しまれているが、ポーランドではポォンチュキと呼ばれて家庭で小さめの物が拵えられる。

こうした背景があって、ポーランドのユダヤ人によってイスラエルへと持ち込まれ、米国でもプンチュキとして有名らしい。

水曜日にセールとなっていたので食したが、いつものベルリナーよりも新鮮に感じて美味かった。
コメント (6)