Wein, Weib und Gesang

ワイン、女 そして歌、此れを愛しまない輩は、一生涯馬鹿者であり続ける。マルティン・ルター(1483-1546)

バロックオペラのジェンダー

2005-02-20 | 
ファリネリと云う名前を、ご存知だろうか?昔、仕事仲間だった同性愛者がファリネリを描いた映画に感動してサウンドトラックまで持っていた。18世紀に大活躍した偉大なカストラートである。カストラートとは去勢のされた男性の歌手である。元々、カトリックの教会行事に女性が参加出来なかったので、多声のミサのための高音の声が必要になり、16世紀には少年の声を持ち体力と技術のあるカストラートを使った。それがバロックオペラ興亡に合わせて、18世紀に頂点を迎えた。

彼らはロンドンに招かれて、既に斜陽していたバロックオペラを作曲家ヘンデルらと幕引きをした。当時は、ザクセンから戴冠した英国国王の影響で上から下まで派閥を作り独特の社会状況があったようだ。ヘンデルもオペラ団を作りカストラートを使って宣戦している。しかし最終的には、オラトリオという断食期間に上演されるジャンルへと活動を集中させていく。バッハが中部ドイツの新教の教会音楽の伝統を引き継いで保守的な世界で、受難劇オラトリオを作曲したのと対照的である。

最後のカストラートは、二十世紀初頭に絶滅した。その後、この声部は裏声によるカウンターテノールによって受け持たれている。これを去勢の代用とすると、その表現力で本物を凌ぐ事は難しそうで、残念ながら十分に芸術表現出来る歌手は極々限られる。実際ファリネリ自身は、皇帝カール六世の伴奏で歌い好意に満ちた忠告を受けて、当時の華麗な技巧から情感表現へと重点を移行したという。ヘンデルのオペラやオラトリオにみる表現を調べるとその当時の彼らの実力が窺われる。ヘンデルの初期の仮面オペラ「アチスとガラテア」と、興行上ファリネリの対抗馬名カストラート・セネシーノを起用したその後のオペラは大きく違っていく。さらに後年オペラからオラトリオへと作曲家の興味も移ると共にカストラートも本来の宗教的な役目に戻って行く。

ナポレオンによって去勢が禁止されたのは有名だが、フランス革命の影響は意外に忘れ去られている。つまり低音は父性的であり、父性は性的な享受から遠ざかる事によって権威を維持したという封建支配構造が存在した。オペラにおいて高音は、低音の声とは反対に上声部として溢れる情感を細やかに表現する。社会状況が、芸術の構造に影響を与えるのは当然である。興味のある向きは、バロックから古典派への音楽的移行をここに辿る事が出来る。差異の顕著な作曲技法にまで深入りしなくとも、ボーマルシェの革命劇「フィガロの結婚」に作曲したモーツャルトの意図的な強調等(作曲家はほくそ笑みながら不敵な革命的メッセージを随所に散りばめている)や「ドン・ジョバンニ」における「バリトンの性」の活躍はその状況を端的に表している。

オペラの伝統の中で女性が男性を演じるズボン役というのがここでは併用されたりしていて、これが複数のカストラートの役と競演するのも面白い。これを商業主義の中での性の倒錯として捉えて納得してしまうと多くの事が謎のままに終わってしまう。ある時はカウンターテノールでは得られない青年的な力強さで、ある時は現代の中性的なアルトでは得られない清楚さを持って歌われた。この声部を欠く事が、ヘンデルの音楽の真価の再現を妨げているかもしれない。それが創造された当時の社会を背景とした、首都に同性愛を公然とした長を持つ今日の社会と同様に、広義のジェンダー論を芸術論・音楽論として考察展開出来る。
コメント (5)   トラックバック (4)