ペトロとカタリナの旅を重ねて

あの日、あの時、あの場所で
カタリナと歩いた街、優しい人たちとの折々の出会い・・・
それは、想い出という名の心の糧 

国難突破、ってなに? ‐ 続・選ぶ (9月がゆく)

2017年09月30日 | 社会/世相

 地震、豪雨、土石流、と悪戦苦闘しているうちに四半期も過ぎ、そこに降って湧いたような選挙騒動。
 安倍さんは解散の理由のひとつとして、“ 選挙で北朝鮮問題への対応について国民に問いたいとし、国難突破解散だと名付けた ” (朝日紙:9/26)という。

 ワシントンDCやNYに核ミサイルが届かないうちに、北朝鮮、金正恩をリセットしてしまいたいトランプ大統領、その彼に煽られ焚きつけられ、愚かにも国難突破と政争の具に。
 絶えず敵を作って騒いでいたい防衛族やM重工やK重工らの軍事産業は拍手喝采なのだろうが。

 作家の半藤一利さんは、“ 国難は自作自演、トランプに追随するのか、外交努力を持ちかけるのか ” (朝日紙:9/29)と。

 この選挙、「国難だから白紙委任状を渡せ」と迫られても、何十万もの尊い命でもって購うべきものでも、トランプの核の報復に頼むべきものでもなく、ここはやはり真摯な外交努力によって解決すべきと、意思を示さなければならない。

 ところで、突如、日本列島が消えたってこと知ってました?
 日経新聞(電子版:9/27)、「日本列島記載なく、政府が是正要求」と半ば揶揄した見出しが踊る。

 官邸の大番頭が記者会見(9/27)で、“ 韓国の平昌冬季五輪の公式HPにある世界地図に日本列島の記載がないとして韓国に是正を申し入れた ” とある。

 その昔、小松左京(1931-2011)さんのFS小説の先駆けとなった 「日本沈没」(1964年/光光文社刊)があったが、安倍さんへ韓国から 「トランプの鞄持ちをしてりゃ、なり兼ねませんよ」との愛のメッセージかな?

 それにしても真面目に投稿したなあ長月・九月、あいつ、「偉いね」 「何時まで続くかな」、どっちだろう?
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1392

コメント (2)

ティエポロ 「ゲッセマネのキリスト」

2017年09月29日 |  ∟ドイツの美術館

 ドイツ ハンブルク/ハンブルガー・クンストハレ編 (7) 中欧美術館絵画名作選 (98)

 ちょっと風変わりな作品が続いたハンブルガー・クンストハレ、ここらで久し振りに宗教画に戻ってみたい。

 画家の名前は、ヴェネツィア派最後の巨匠としても知られる、ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ( 1696-1770/ロココ美術)、小編、初登場かも知れない。

 その彼の 「ゲッセマネのキリスト」(1745-50年頃/79×90cm)、別名 「ゲッセマネの祈り」が今回の作品。

 主題は、<最後の晩餐>の後、イエスが弟子のペトロ、ゼベタイの子で兄のヤコブと弟のヨハネを連れ<ゲッセマネ>のオリーブ山に登り祈る場面。

 画面では、父なる神に祈りを捧げるイエスを、受難を意味する杯を手にした天使が、神の意思を伝え諭すかのように抱きかかえている。

 福音書記官マタイはその場面を、“ (イエスは)うつぶしになり祈って言われた、「わが父よ、もしできることでしたらどうか、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの思いのままにではなく、御心のままになさって下さい」 ” (26章)と記している。

 眠りの誘惑に負けてしまった三人の弟子、<ユダ>を道案内にイエスを逮捕するため迫りくるローマ兵士やユダヤ教の司祭ら、それら情景が<ヴェネツィア派>らしく色彩豊かに切り取られている。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1391

コメント

腑に落ちない ‐ 選ぶ

2017年09月28日 | 社会/世相

 目の塩梅が思わしくなくビタミン剤や目薬、眼鏡など、あれやこれやを試みた。
 でも一等好いのは、栄養と休養なのかも知れない、と、空が青く高かった一昨日(9/26)、自転車で十分ほど、浜へ海を見に出掛けた。

 白砂青松だった面影なんてちっとも残っていない、人造の湖沼みたくな海をぼんやりと眺めていたが、少しは目の役に立ったのか、心もとない気がしないでもない。

 秋にしては強すぎる日差しに疲れ早々に帰宅、読みかけの新聞を開くと “ 解散と新党 ” の大きな活字が踊っている。

 奇行というか我儘勝手な行動癖は妻だけと思ってたら、似たもの夫婦なのだろう、夫にもその癖があったようだ、突然、選挙をすると言いだした。

 大方の国民は、腑(ふ)に落ちない思いだろうと思う。 
 そんな折、昨日(9/27)の朝日の 「折々のことば」、「腑に落ちない」(言い習わし)を取り上げていた。

 筆者の鷲田清一さんは、“ 納得できないこと、合点がいかないことを、人はこう言う。受け容(い)れることのできないことは 「呑(の)めない」、感心できないことは 「戴(いただ)けない」、油断がならないことは 「食えない」とも言う ” と。
 そして、“ だから 「腹を割って」話すこともできず、つい相手の 「腹を探る」ことに。ごそっと、あるいはぐねぐねとうねり、うごめく内臓の波動と、魂の波長とは、どこか深く谺(こだま)しあっているらしい ” と続ける。

 政府・与党に限らず、この国の政治、政治家には何度も騙されてきた。
 酔狂 にとって、最後の投票機会になるかも知れない今回の衆議院選挙、だからこそ、もう、騙されたくないと思っている。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1390

 ※ カテゴリー 「日記/世相」を 「日記」に、新たに 「社会/世相」を設けました。

コメント

マネ 「ナナ」

2017年09月27日 |  ∟ドイツの美術館

 ドイツ ハンブルク/ハンブルガー・クンストハレ編 (6) 中欧美術館絵画名作選 (97)

 セーヌ河畔の公園で着衣の男性と憩う裸体の女性を描いた 「草上の昼食」(1862-63年/オルセー美術館蔵)によって、パリ画壇に旋風を巻き起こしたエドゥアール・マネ(1832-1883 )。

 その彼の 「<オランピア>」(1863年/オルセー美術館蔵)と「<フォリー=ベルジェール劇場のバー>」(1881-82年/コートールド研究所蔵)の間に位置するとされるのが 「ナナ」(1876-77年/154×115cm)。

 ナポレオン三世による第二帝政時代(1852-1870)のパリ、真偽のほどは定かじゃないが12万5千人の娼婦がいたという。

 ちなみに当時のパリの人口は170万人ほどだったらしく、うち半分が女性として、なんぼなんでもそこからお婆さんと子供を除いて、え~と、何人にひとり・・・が、う~ん面倒くさい、とにかく娼婦だらけだったよう。

 鉄道建設やパリ市街改造など、インフラ整備により経済発展を遂げたものの社会制度が伴わず、貧富の差が激しく女性は妻になるか娼婦になるかしか道がなかったとされる時代であったらしい。

 勿論、お針子とか洗濯女とか給仕とかの仕事もあっただろうが、薄給が彼女たちを娼婦へと誘ったとされている。

 そう言えば印象派のドガ(1834-1917)の 「<踊り子>」たちも娼婦だったことは知られてい、いっそのことなら高級娼婦に、と望む女性たちが集まった先のひとつがフォリー=ベルジェール劇場だったとされている。

 本作に戻る、娼婦を意味する鶴の壁掛けの前であられもない下着姿で化粧をするナナ、その隣には、山高帽子を被ったままの紳士が腰をかけてい、ここが高級娼婦の私室であることが判る。

 とまれ、閉ざされて然るべき化粧室という領域に男性を描き、あまつさえそれを鑑賞者に見せびらかす、という二重の不道徳な行為を主題にしたとされる本作、問題児マネの本領が、遺憾なく発揮された作品ということのようだ。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1389

コメント

今、ひとつ!

2017年09月26日 | 日記

 この間の変な 「溶連菌」の風邪以来、身体がふらついて塩梅がよろしくない。
 夏の疲れがそろそろ、なんていっちょ前のことも考えてみたが、どうもそうじゃないよう、TV画面がぼやけて仕方がない。

 中・遠距離両用眼鏡を掛けて視てるんだけど、焦点が合わないってのは心身ともに不機嫌にさせられる、本や新聞は、近距離用の眼鏡を借りてまったく支障はないのだけれど。

 話がそれるが9月の初め、優良運転者免許更新センタで視力検査を受けたばかり。
 話のそれ序に、免許証の裏面に “ 眼鏡 ” と書かれたくなくて、検眼器の前で裸眼で悪戦苦闘、可愛い係官 「大丈夫ですよ、輪っかのどこかが切れてますからね」と老人相手に優しい。

 暗に、薄く見えるところをあてずっぽにでも、ということかなと勝手に解釈、「う~ん上、いや右」と答えてたら 「大丈夫ですよ、免許証的には」と終了。

 それはとも角、眼精疲労かもと目薬をさしたり目の疲れに優れた・・・と効能を謳うT薬品のビタミン剤を服(の)んだりしたけれどもうひとつ。

 もともと左目の瞳孔が動かないという<奇病>を持つ酔狂、治療法が判らず眼鏡で対処するようになってウン十年、まてよ、昨秋に拵えた眼鏡、早くも度が合わなくなったんじゃと漸く気付いた。

 で、片っぽずつに視たら正体見たり枯れ尾花? 右目が今ひとつ仕事してへん、こりゃあかんわと眼鏡屋へ。
 中・遠距離の両用を単用にして貰ったら視野も広がりくっきり、尤も、三つの眼鏡を交互にと、ちと面倒くさいオマケ付きだが。

 わが西洋長屋の枯れ尾花 「パンパスグラス」、和名で 「しろがね薄」、大雑把に伸びて情緒は今ひとつ?
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1388

コメント

ジェローム 「アレオパゴス会議のフリュネ」

2017年09月25日 |  ∟ドイツの美術館

 ドイツ ハンブルク/ハンブルガー・クンストハレ編 (5) 中欧美術館絵画名作選 (96)

 風変わりな作品ばかりを選んでいる訳ではない、が、今回の作品も聊か変、しかもご婦人方の顰蹙(ひんしゅく)を買いそうな気がしないでもない。
 展示室で足を止めて見入る酔狂に、誰かさんは 「・・・」呆れ顔で別の展示室へ行っちまった。

 描いたのは、フランス・アカデミア美術の大御所ジャン = レオン・ジェローム(1824-1904)、顰蹙を買うかもしれない作品とは 「アレオパゴス会議のフリュネ」(1861年/80×128 cm)。

 そもそもアレオパゴス会議とは何ぞや? 古代アテネ、アレスと呼ばれた神の丘に貴族たちの会議所(評議所)が置かれたのだとか、いわば政治機構の中枢だったらしい。

 何んと不謹慎な、そこで女性の競売中? なんて疑問がわくのも尤もだが、実は裁判の場面なんだそう。

 裸の女性フリュネが被告、青い服の男が彼女の愛人の一人で弁護士のヒュペレイデス、赤い服のおじさん達は裁判官。

 罪状は、人間を神と成し不死とするエレウシスの秘儀を冒涜したこと。
 それは口実で、高級娼婦の彼女、持ち前の美貌を武器に、助平なおっさん連中を篭絡、巨万の富を得た・・・と、つまり、高額なお遊び代を毟(むし)り取られた腹いせってこと。

 ンじゃ、そんな裁判でなんで裸にされたのかって? よくぞ聞いて下された、ソクラテスやプラトンの弟子だったヒュペレイデスの弁舌をもってしても裁判官を説得できない。

 窮して彼、「これほどの美に罪はあろうか!」と、大方の意表をついてフリュネの服を引っ剥がせば、これに応えてとっさに顔の方を隠した彼女、果たして吉と出たか凶と出たか・・・。

 判決? 二人の戦術にまんまと嵌った裁判官ども、男って阿呆なんだか無邪気なんだか、ねえご婦人方。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1387

コメント

野暮

2017年09月24日 | 日記

 今朝方、正しくは昨日(9/23)の早朝か、NHKの “ マイあさラジオ ” という番組、新聞の活字を追いながら聴いていたら、“ 落合恵子の絵本の時間 ” になったらしく彼女の声が。

 そこで彼女、「今日はお彼岸の中日、春はぼた餅、秋はおはぎ、今頃、作っておられる方も多いと思います」と話すのを聞いて、「おっ、そうだ。そうなんだよなあ」と思った、という他愛もない話。

 外国語のことは知らない、が、まったく同じものでも季節に応じて使い分ける多様さ、感性の豊かさ、日本語の美しさに感じ入る。

 春は牡丹、秋は萩の花に掛けた、のはいうまでもないが、こんな風にわざわざ解くのを野暮天と言うのだろうなあ。

 ちなみに、“ 小豆には邪気を払う効果があると信じられていたために、先祖の供養の際にお供えをしたのが始まりとされた ” と、薀蓄本にある。

 彼女、洗礼を受けてからも、この時季になると小豆をコトコトと煮ていたのを思い出した。
 尤も、左党の酔狂、鰥夫(やもめ)になって両方ともとんと無縁だが。

 余談だが一昨日の<レジオマリエ>の集会で、先輩諸兄姉に 「おはぎ、お供えまで・・・はしなくとも、食べますよね?」と訊こうと思ってみたものの、多分、向けられるであろう冷ややかな視線に怖じ気ついて聞きそびれた。

 それはとも角、「萩」は盛りだが、一方は夏から秋まで息長く咲く 「野牡丹」、紫色がきれいで牡丹のように美しいのでこの名になったとか、「ちっとも牡丹に似てないよ」なんて野暮なことは言うまいて。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1386

コメント

いくらなんでも

2017年09月23日 | 本/図書館/言葉

 買った日は忘れた、が、奥付には “ 15年4月10日 第一刷発行 ” とあり、その日から幾らも経っていない頃だったはず。

 だとすれば読み始めて優に二年、いくら<遅読>の酔狂 にしても、それは読書という概念から離れちまっている。

 そんなことをさせたのは、宮本輝さんの上下二巻の長編、というより9章からなる連作の体裁の 「田園発 港行き自転車」(集英社刊)という小説、真面目に読めば一、二日もあれば足りる。

 長崎でゴルフをしているはずが滑川で急死した父から、北陸のアイモトという所に行けば、ゴッホ(1853-1890)の 「星月夜」(NY近代美術館蔵)に似た景色に出会えると聞いていた娘、友人とそれを確かめるため滑川、魚津、入善と北陸本線に沿って自転車でツーリング。

 躓いたのは上巻全4章の中の第2章、そのツーリングの場面が140ページ近くも続きギブアップ。
 観光案内文みたくなことを長々と、と奥付を見れば “ 初出 「北日本新聞社」にて毎週日曜日に連載 ” とあり、「富山の新聞に連載してたのか」、で、疑問が解けると同時に興が失せ閉じてしまった。

 が、つい1週間ほど前のこと、読み終えた本を図書館に引き取って貰おうと紐で括ってたら、「うん?これ未だだった?」と、斑呆けゆえ経緯も忘れ再開、で、二年越しの読了となった次第。

 断っておくが詰まんない本と言っているのではない、本旨は読書ひとつとっても辛抱が足らない爺さんということ、読み終えれば何時もの宮本輝さんの世界だった。
 余談だが、その「星月夜」、MoMAで出会った時の感動、昨日のことのように憶えている。
 秋彼岸の真ん中、<速読>のあいつ、今頃 「相変わらずね・・・」と笑っている、だろうと思う。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1385

コメント

パウル・クレー 「金色の魚」

2017年09月21日 |  ∟ドイツの美術館

 ドイツ ハンブルク/ハンブルガー・クンストハレ編 (4) 中欧美術館絵画名作選 (95)

 これまで後期印象派以降の作品には関心がなく画家の名前を知る程度。
 ただ、カタリナ は、フランス象徴主義の<ルドン>は 「大好きな画家」と言い、オルセー美術館のパステル画を保護するため太陽光を遮った薄暗い展示室で、彼の作品を堪能したことがある。

 この旅でのウィーンの<ベルヴェデーレ宮>、象徴主義・ウィーン分離派のクリムト(1862-1918)の 「<接吻>」(1907-1908年)や表現主義のシ-レ(1890-1918)の 「<死と乙女>」(1915年)などに出会い、それまでの食わず嫌いを反省したばかり。

 その表現主義の奇才<パウル・クレー>(1879-1940)の 「金色の魚」(1925年/50×69cm)が今回の作品。

 画業だけで生計を得るのが難しく、妻リリーのピアノ教師としての収入などに助けられていたクレー。
 1920年、抽象絵画のカンディンスキー(1866-1944)たちと並んで、ドイツ・ヴァイマル、ワイマールとも。に新設された総合造形学校・バウハウスの教授に招聘され、漸く生活が安定したとされている。(「クレーの旅」平凡社刊)

 25年にはパリで初の個展を開くなど、油が乗り切った頃の本作、海藻が繁茂する深海を舞台に、赤や紫の魚を脇役に赤い目とヒレをもつ主役が金色の光を発し、泰然とする様が描かれている。

 胴体の文字が神秘的な雰囲気を醸し出しているが、それはカリカチュアライズ・戯画化された尊厳と孤独?

 ただ、ふたりが訪ねた時は折悪しく貸し出し中、このようなリスクは旅のごとに覚悟はしているものの、実際に遭うと暫く立ち直れないほど落胆させられてしまう。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1384

 ※ 小編は、09-05に投稿した記事をリライト、再投稿したものです。

コメント

秋彼岸のお届け物?

2017年09月20日 | 季節/暦

   秋暑きことどことなくいつまでも (汀子) 

 ほんまやねえ、“ 暑さ寒さも彼岸まで ” とは誰が言った言葉か、そのお彼岸の入りである。

 困った時の goo 頼み、秋の香り満載?の 「一年前の記事」が届いた。
 暇を持て余している酔狂、日に何件か投稿している方にもこの恩恵がちゃんと届いているのだろうか? と要らざる心配を。
 そんなに 「心配だったら試せば?」の声が聞こえなくもないが、結果が分かるのが一年後となれば、そこまで生きちゃいないだろう、とつける薬もない。

 
秋の夜長に
 今、17日(土)夜の3時35分、正確には18日(日)の未明だ。 折しも降り出した雨の音を伴奏に、ラジオ深夜便の 「にっぽんの歌こころの歌」を聴いている。 今日の歌手はちあきな......
 

 投稿と言えば、このところ毎日の投稿、やけにガンバッテルじゃないか、消え入る前の蝋燭か?と自虐。
 遅読に加え遅筆の酔狂、「毎日なんて無理」と思う心は変わらないが、美術館便りみたくに調べることもないので無責任男丸出しで綴っているようなもの、多分、得意の三日坊主でお仕舞と思う。

 ところで、お届け物の箱を開けると、“ 台風16号が秋雨前線を刺激して、この連休は西日本を中心に大荒れ ” とある。
 号数こそ違え年中行事のよう、南から北、西から東と広範に被害をもたらす昨今の台風、被害に遭われた方に、心からお見舞いを申し上げたい、と思う。

  颱風の庭に出たがる子を叱る (汀子)

 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1383 

コメント