ペトロとカタリナの旅を重ねて

あの日、あの時、あの場所で
カタリナと歩いた街、優しい人たちとの折々の出会い・・・
それは、想い出という名の心の糧 

真理を行う者 ‐ 本日は安息日、です。

2018年03月11日 | 聖堂/教会/聖書

 今日は四旬節第4主日、福音朗読はヨハネ第3章で、“ 悪を行う者は皆、光を憎み、その行いが明るみに出されるのを恐れて、光の方に来ないからである。しかし、真理を行う者は光の方に来る。その行いが神に導かれてなされたということが、明らかになるために ” と記しています。

 話は変わりますが、俗に “ 隠すより現る ” と言います。
 隠そうとすると目立って、かえって外へ知れやすいという意ですが、朝日のスクープ以来、政権と財務省のドタバタぶり、それを地で行く様相になってきました。

で、国税庁の佐川長官、とうとう蜥蜴の尻尾にされてしまいました。
 身から出た錆、同情にも値しませんが、彼は誰を、何を信じて、誰のために真理を行う者、だと思っていたのでしょうかねえ?

 ところで彼、辞任に際して「確定申告中にお詫びする」と発言したそうですが、その申告、先週の雨の木曜に様式を整えました。

 実は、税務署の窓口の混雑振りに捻くれ酔狂「なんで、並んで迄出さなあかんねん」と昨年から郵送することにしました。

 週明けにも郵便局に持って行こうと、封を緘(とじる)前に念のため署からの案内書に目を通しますと、“ 時間外収受箱を設けている ” とあり、「へえ、そんなのあったんや」と初めて知りました。

 それで、風は冷たかったのですが頗る好天だった昨土曜日、自転車で出かけました。
 着いてびっくり、1メートル四方もあるステンレス製の<立派な箱>がでんと置かれていました。

 箱には “TAX EATER ” と書かれている様な気がしたのですが、そんな良心的な箱を置く訳ない?「お上を揶揄っちゃ駄目よ」、でもね、市役所近くの公園、「修善寺寒桜」が青空に映えてましたが、武士(もののふ)たるもの格ありたい、と思いません佐川さんと麻生さん、もう一人いたっけ!
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1531

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ゴッホ美術館、を、ちょっと... | トップ | ゴッホ(6)「アイリスのある... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (テレジア)
2018-03-11 21:00:51
桜は散りぎわも見事ですよねえ!
おはようございます (petro)
2018-03-12 08:01:00
テレジア さん
 コメントありがとうございます
 今年は寒く桜も遅れると思っていたら、一気に咲く、なんてことをニュースで言ってました
 昨日今日と快晴、お水取りもいよいよクライマックス、関西にも漸く春が来たようです
 

コメントを投稿

聖堂/教会/聖書」カテゴリの最新記事