ペトロとカタリナの旅を重ねて

あの日、あの時、あの場所で
カタリナと歩いた街、優しい人たちとの折々の出会い・・・
それは、想い出という名の心の糧 

ルノワール ‐ コートールド美術研究所(6)

2015年01月09日 |  ∟イギリスの美術館

 僅か十数室ほどの展示室の小さなギャラリー、コートールド美術研究所。
 マネ(1832-1883/フランス)に始まりドガ(1834-1917/フランス)まで、印象派の秀作を投稿してきたが、今回はその最終回。

 印象派で特に名が知られているのが巨匠ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841-1919/フランス)。
 セザンヌ(1839-1906/フランス/後期印象派)やドガとは違い、労働者階級に生まれた彼は社会的な向上心が強く、パトロンや愛好家の獲得に長け、自身の様式的特色を残し乍らも巧みに彼らの好みや意向に合わせたとされている。

 女性的ともされる流動的で奔放な筆勢、明るく多彩な色使い、ふくよかで官能的な裸婦の表現、揺らめく木漏れ日による人物や風景への効果を表現したことでも知られている。

 その彼の絵は、初期の重要な代表作とされる「桟敷席」。

 本作に描かれるのは、当時の女性らが最も華やかに映える場所のひとつであった劇場の桟敷席、正面に対して一段高く設けられた左右の席での男女の姿。

 美術書には、“ 白黒を色彩の基調としながらも柔和で瑞々しい筆触は、初期の表現様式が表れている ” とある。

 また、“ 背後でオペラグラスを手にする男は、舞台そっちのけで他の桟敷席の女性を眺めてい、当時における日常を活写している ” ともされているよう。
 女性にもてる男性は根がまめとされているようだが、いやはや昔も今もちっとも変わらないようだ。

 ナショナル・ギャラリーのレストランで少し遅めのランチ。
 白ワインを聞こし召しほろ酔い機嫌で小春日和のロンドンの街を散策。
 テムズ川畔のロンドン大学、その構成カレッジのひとつコートールド美術研究所のギャラリーを訪ね、名作にあらためて酔ったという訳である。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.918

 ※ 前号、コートールド美術研究所(5)へは、<コチラ>から入れます。

コメント

ドガ ‐ コートールド美術研究所(5)

2015年01月05日 |  ∟イギリスの美術館

 ロンドンのコートールド美術研究所に印象派の名画を訪ねる旅、気儘にも思い出したように投稿している。

 今回の絵は、舞台や稽古場で踊ったり談笑したりする踊り子。
 そのバレリーナ、踊り子の絵、画家の名前は知らずとも一度は見られた方は多いと思うのだが。

 描いたのは競馬、舞台、踊り子など都会的なものから、日常生活に見られる風俗的なものまで、実に幅広く多様なモチーフを採り上げた印象派を代表する巨匠エドガー・ドガ(1834-1917/フランス)。

 晩年には視力が落ち彫刻家としても活動する彼、30歳の頃に歴史画でサロン初入選という、比較的遅い画壇デビューを果たしている。

 この頃から都会的や風俗的なモチーフを採り上げるようになり、印象派の先駆者マネ(1832-1883/フランス)に出会い、彼の工房近くのカフェで同派の画家たちや批評家や文筆家らと交友を重ねたとされている。

 その彼の都会的モチーフのひとつ、「舞台の二人の踊り子」が今回の絵。

 美術書に拠れば、“ 描かれた場面が、本番公演の最中なのか練習風景の場面であるのか定かではないが、鋭い観察眼によって感情豊かに描かれるその表情や姿態などに、ドガの卓越した個性的な絵画表現が随所に示されている ” のだそうだ。

 本作は油彩だが、数多く手がけた<バレエの踊り子>を画題とした作品、パステルでも傑作を遺している。

 ところで本作に登場する二人の踊り子、彼の傑作、「<舞台のバレエ稽古>」(オルセー美術館蔵)や「<バレエの舞台稽古>」(メトロポリタン美術館蔵)にも登場していることも、“ 特筆すべき点のひとつ ” と美術書は教えてくれる。
 同じモデルなんだだよ、と鼻をうごめかされても、そうなの?としか感想は持ちようがない・・・、両作品とも対面はした身なれども。
 peter & Catherine’s Travel. Tour No.916

 ※ 前号、コートールド美術研究所(4)へは、<コチラ>から入れます。

コメント

セザンヌ ‐ コートールド美術研究所(4)

2014年12月17日 |  ∟イギリスの美術館

 何度か書いたので、またかとそっぽを向かれそう。
 ポール・セザンヌ(1839-1906/フランス/後期印象派)、小学の高学年になって教科書で初めて目にした絵画、というより絵である。

 美術評論誌にも、“ 近代絵画の父と呼ばれ20世紀絵画の扉を開いた ” とあって、教科書にも取り上げられたのだろう。

 その彼、南仏の小さな町エクス=アン=プロヴァンスで帽子の販売業を営んでいた裕福な家に長男として生まれ、父が知人と設立した銀行経営が成功、裕福な人生を送る。

 彼と同時代の画家、後期印象派の<ゴッホ>(1853-1890/オランダ)や<ゴーギャン>(1848-1903/フランス)、印象派・素朴派を代表する<ルソー>(1844-1910/フランス)など、困窮の中に絵を描き続けた人たちとはまた違った画業を歩んでいる。

 その彼の絵 「カード遊びをする人たち」から。
 本作は、彼が当時、関心を寄せていた労働者階級をモデルに、カード遊びに興じる人々を連作的に描いたもので、現在、五点が確認されているのだそうだ。

 三番目に描かれたのではないかとされる本作は、他の作品が、大勢の労働者が見守る中でカード遊びに興じる人物が描かれているのに対し、木机を挟み向かい合う二人の男に注目して描かれている。

 ところで、美術誌には、“ 本作にみられる風俗的主題への無思想的な取り組みには、盛期ルネサンスヴェネツィア派のティツィアーノ(1488-1576/イタリア)やティントレット(1518-1595/イタリア)など、過去の時代を代表する画家らの影響や関係性がしばしば指摘されている ” とある。

 が、当時の働く人々がどのように余暇を楽しんでいたのかを単純に見て取ればいいのかも知れない。

 もう一枚は、セザンヌを代表する風景画のひとつとされる 「サント=ヴィクトワール山と大きな松の木」。
 本作は、彼の故郷エクス=アン=プロヴァンスの東、サント=ヴィクトワール山を、生家ジャ・ド・ブーファン近郊からの視点で描いたのだそうだ。

 1880年代以降の彼の作品としては珍しいとされる署名された本作、先の 「カード遊びをする人たち」同様、同じモチーフで水彩、油彩合わせて複数手がけていることでも知られている。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.907

 ※ 前号、コートールド美術研究所(3)へは、<コチラ>から入れます。

コメント

ゴーギャン ‐ コートールド美術研究所(3)

2014年11月26日 |  ∟イギリスの美術館

 炎の画家と呼ばれたゴッホ(1853-1890/オランダ/後期印象派)の耳を切り事件の一方の当事者、ポール・ゴーギャン(1848-1903/フランス/後期印象派・象徴主義)。
 ゴッホの引き合いにされ、「迷惑や、いい加減にして」なんて、天国で嘆いているかも知れない。

 それはさておきゴーギャン、パリで生まれたものの、翌年、ナポレオンの台頭によってフランス第二共和政が危うくなると、一家で南米のマリへと逃れ7歳まで過ごしたとされる。
 帰国後、神学校を卒業、なぜか水夫として海上に過ごし、23歳で株式仲買商に勤務する傍ら本格的に絵画を学び始める。

 その後、精力的な制作活動を続け、総合主義を成立させた他、89年のパリ万博で象徴主義展を開催、ルドン(1840-1916 /フランス/象徴主義)たちと交友を重ねた。
 2年後、ベルナール(1864-1941/フランス)と総合主義の発端者を巡り喧嘩別れ。
 予て憧れたタヒチへと旅立ち、一度帰国するも再訪、没するまでタヒチへ留まったとされる。

 その二回目のタヒチ時代の名作、「ネヴァモア(横たわるタヒチの女)」が今回の絵。
 本作は、米国を代表する小説家兼詩人エドガー・アラン・ポーによる詩、「大鴉」の “ 二度と無い、ネヴァーモアと鳴く神秘の鴉 ” との関連性が指摘されている。
 窓辺の青い鳥は、悪魔の鳥として横たわる裸婦を見張り、裸婦は怖いもの見たさか、恐々とした表情を浮かべながら鳥へと視線を向ける。

 解説書には、“ 単純な裸体によって、ある種の野蛮な豪華さを暗示したかった。(中略)人の創造力のみがこの空想上の住居を飾ることができるのだ ” と画家自身が語るとあるのだが?
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.898

 ※ 前号、コートールド美術研究所(2)へは、<コチラ>から入れます。

コメント (1)

ゴッホ ‐ コートールド美術研究所(2)

2014年11月24日 |  ∟イギリスの美術館

 ロンドン大学構成カレッジのひとつコートールド美術研究所。
 小さいギャラリー乍らも秀作を収蔵し、炎の画家と呼ばれたフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890/オランダ/後期印象派)の 「耳を切った自画像(頭に包帯をした自画像)」もそのひとつ。

 ここで、<ナショナル・ギャラリー(28)>(14/7/28)を思い出してほしい。
 ゴッホは対象を見乍ら描いたのに対し、ゴーギャン(1848-1903/フランス/後期印象派・象徴主義)は写実的表現を否定していたため、南仏アルル滞在で決定的な対立をみたと書いた。

 ゴッホはアルルでの制作活動を複数の画家に呼びかけるものの、応じてくれたのはゴーギャンただひとり。

 アトリエ兼生活場所である黄色い家で始まった制作活動は、あっけなくも二月で破綻する。

 1889年12月、降誕祭を前にした夜だったという。
 芸術論で激論を交わすものの相容れず、家を出たゴーギャンを追う彼の手には剃刀があった。

 追いつくなり激情に駆られたゴッホ、剃刀で我が耳を切り落とし、娼婦ラシェルのもとへ届けるという悲劇を起してしまう。

 本作に話を戻そう。
 包帯が巻かれた顔は痛々しく見えるもののその表情や視線は、ゴーギャンとのあの激しい確執から解放されたかのように、冷静で落ち着きを取り戻したかのようにも見える。

 しかし、懊悩は癒されることなく、本作を描いた翌年、自ら拳銃を撃ち37年の短すぎる生涯を閉じたゴッホ、耳切り事件は、その序章であった。

 ちなみに、背後の壁に浮世絵が描かれてい、彼の日本の芸術に対する深い関心が窺える。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.897

 ※ 前号、コートールド美術研究所へは、<コチラ>から入れます。

コメント

マネ ‐ コートールド美術研究所

2014年10月29日 |  ∟イギリスの美術館

 09年にナショナル・ギャラリーを再訪、名画を楽しんだ後、小春日和のロンドンの街を散策。
 ロンドン大学、正しくは同大学の構成カレッジのひとつコートールド美術研究所へ向かった。

 エントランスの写真(上)からでもお判り頂けると思うが、このコートールド美術研究所、大英博物館やナショナル・ギャラリーなど、メジャーなミュージアムと違って名前も余り知られてなく、展示室も僅か10室ほどの小さなギャラリーである。

 だA_3が、初期イタリアやバロック期以降印象派までの秀作を収蔵している。

 中でも知られているのが、印象派の先駆的画家エドゥアール・マネ(1832-1883 /フランス)が、死の前年に完成したとされる 「フォリー=ベルジェール劇場のバー」、最後のサロン出典作ともされている。

 本作に描かれるのは、当時、流行に敏感な人々がこぞって集った、パリで最も華やかな社交場のひとつフォリー=ベルジェール劇場のバーとシュゾンという若い女性をモデルにした給仕。

 Aシュゾンの背後には、鏡に映った劇場で繰り広げられる様々な情景が細かく描かれている。
 画面右部分で、口髭を蓄えた紳士と会話する女性は、シュゾン自身の鏡に映る後姿である。

 気付かれたと思うが、中央ではシュゾンを真正面から捉え描き、鏡に映る後姿は紳士と共に角度をつけて描かれている。
 実際にはあり得ないこの構図、発表当時は随分と辛辣な評価を受けたとされている。

 ものの、奥行きと広がりを感じさせる構図、精緻に描かれたカウンターの酒瓶、小さな花入れやオレンジが盛られたクリスタルグラス、そして、魅惑的乍らも物憂げな給仕シュゾン、それらが私たちを劇場のバーへと誘うのである。

 とまれ、この絵を観るために態々(わざわざ)しくもここを訪ねたふたりにとって、その価値は十分にあった。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.887

コメント

ターナー(2) ‐ ナショナル・ギャラリー(43)

2014年10月07日 |  ∟イギリスの美術館

 ナショナル・ギャラリーの旅も最終章。
 英国が誇るウィリアム・ターナー(1775-1851/ロマン主義)で、長かった旅の鞄を置くことにする。

 その掉尾を飾るのは、「雨、蒸気、速度 ‐ グレート・ウェスタン鉄道」。
 ロンドンに向かうグレート・ウェスタン鉄道の蒸気機関車が、降りしきる雨のなか蒸気を上げ、へッドライトを光らせ、テムズ川に架かるメイドンヘッド橋を疾駆する情景を描いている。

 Photo_2前方には不釣り合いに大きく野兎が描かれている。
 当時の諺で、野兎は動物の中で一番速く走るとされていたらしく、それを比喩として描き込むことによってスピード感を表現している。

 その野兎、このレースで勝利を収め、逃げ延びられるのか疑わしいものの飛び跳ねてい、はるか下方の川の上には雨中にも関わらずボートがあり、遠方では農夫が黙々と鋤を動かしている。

 彼は、「<解体のため錨泊地に向かう戦艦テメレール号>」で何ものにも終りがあり、それに代わる新しいものが来ることを示唆した。

 昔ながらの長閑な田園風景に登場したこれらの人物、擬人化された野兎は、轟音を響かせて進んでくる鉄の馬、産業革命という大波に抗う術(すべ)なく傍らに飛びのいて道を空けるのである。

 2_21_2トラファルガー広場は小春日和の陽光が燦々と降り注いでい、名画との出会い、その余韻を楽しみながら、ロンドン一番の繁華街ピカデリサーカスへと向かった。
 エロスの塔辺りは、この街には珍しい明るい陽射しに誘われて、歩くのもままならぬほどの人の波だった。

 翌日、霧の都ならぬ晴れっぱなしだったロンドンを離れユーロスターでドーバー海峡を渡り、花の都パリへと向かった。
 近く、ルーブル美術館で会える日を、カタリナ ともども楽しみにしている。

 連載を始めて9月余り、<ターナー展>(14/1/15)から44回にわたって投稿したナショナル・ギャラリーの旅、今回をもってひとまず終える。
 いつかまたロンドンの街角で、ひょっこり会える日があるやも知れない。多謝!

 このシリーズ、「ナショナル・ギャラリー・ガイド」(同館刊/エリカ・ラングミュア著/高橋裕子訳)を参考にした。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.876

 ※ ロンドン・ナショナル・ギャラリーの旅(42)へは(コチラ)から入れます。

コメント

ターナー ‐ ナショナル・ギャラリー(42)

2014年10月05日 |  ∟イギリスの美術館

 ナショナル・ギャラリーの旅に出たのは、年が明けて月も半ば、<ターナー展>(14/1/11-4/6・朝日新聞など主催)が神戸で催されたのがきっかけだった。
 その彼、英国の風景画家ウィリアム・ターナー(1775-1851/ロマン主義)で、旅を終えるのが相応しいと思う。

 水彩技法をも駆使した独自的な風景表現は、モネ(1840-1926/フランス)など印象派の画家やその様式の形成に大きな影響を与えたとされ、小ブログでも、<マルモッタンとテートブリテン>などで紹介した。

 その彼の、「解体のため錨泊地に向かう戦艦テメレール号」が今回の絵。

 A_4彼は、クロード・ロラン(1600-1682/フランス/古典主義)から大きな影響を受け、旅を重ねる途中、壮大な景観や厳しい天候をスケッチしたとされている。

 そのロランの「<海港 ‐ シバの女王の船出>」の傍らに架けることを条件に、本作を寄贈したとされている。

 戦艦テメレール号は、1805年のトラガルファー沖の戦いで名を馳せたが、時は流れナポレオン戦争当時の戦艦はその殆どが老朽化、蒸気機関船にとって代わられつつあった。

 彼はテムズ川を小旅行中、その勤めを終えて売却、解体されるために引かれていくテレメール号に出会う。
 影のようにぼんやりとしたテレメール号、対照的に炎と煤を吐き出しているずんぐりとした黒い引き船を、赤く燃え立つ夕日を背景に描いている。

 とまれ、沈みゆく太陽がひとつの時代の終わりを告げ、水面に反射する青ざめた月が別の時代の到来を暗示している。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.875

 ※ ロンドン・ナショナル・ギャラリーの旅(41)へは(コチラ)から入れます。

コメント

まとめて ‐ ナショナル・ギャラリー(41)

2014年10月03日 |  ∟イギリスの美術館

 18世紀、欧州各地を席巻した優美な装飾様式ロココ美術後、新古典主義を経て18世紀末から19世紀にかけ生まれたロマン主義から、19世紀後半にパリで伝統的なアカデミー様式と対立した画家らによる前衛芸術運動である印象派まで、その名画をまとめて投稿する。

 イタリアの貝殻装飾に由来するロココ美術。
 その時代のフランス絵画を代表するジャン・シメオン・シャルダン(1699-1779)の「学校の先生 ‐ 女教師」。
 少女のような若々しい姿をした女教師が指し針を用いて、生徒に教える様子を描いている。

 A1 A2 2_3

 風景の中の美しさを独自の感覚で表現するロマン主義。
 そのひとりジョン・コンスタブル(1776-1837/イギリス)の代表作「干し草車(風景 ‐ 昼) 」。
 干し草車を引く水牛と農夫、一見、ありふれた風景を描いているものの、イギリスにおける近代化へのアンチテーゼ・反定立的な意味合いが含まれているとされる。

 印象派の先駆的画家で、競馬、舞台、踊り子など、都会的や日常生活などの風俗的モチーフを数多く描いたエドガー・ドガ(1834-1917 /フランス)の「浴後、身体を拭う女」。
 顔さえ与えられないモデルは、ごく私的な行為(の演技)をしつつ個人性を奪われ、観る者は、大胆な身振りでキャンバスに自己主張する画家の「覗き」の共犯者にされるというのだが・・・。

 そのドガが、当時のサーカス団のひとつ、フェルナンド座(シルク・フェルナンド)の花形曲芸師であったミス・ララを描いた 「フェルナンド座のララ嬢」。
 吊り上げられるララ嬢を捉える特異な視点は、大胆なオレンジの色使いと相俟って躍動感を与えている。

  1 Photo_2

 豊潤で官能的な裸婦、揺らめく木漏れ日の中の人物や風景を描いたオーギュスト・ルノワール(1841-1919/フランス/印象派)。
 その彼の、いわゆる枯渇、乾いた、酸っぱいとも呼ばれる時代の代表作のひとつ「雨傘」。
 それまでの印象主義的な表現とは異なり、アングル(1780-1867/フランス/新古典主義)から学んだ線と形体による描写が克明に示され、特に左端の女性の籠の形態に、画家の新たな様式を見ることができるという。

 新印象派の創始者であり、点描表現を用いた新たな表現様式を確立したジョルジュ・スーラ(1859-1891/フランス)の「アニエールの水浴」は、<オルセー美術館(16)>(12/08/22)で投稿したので参照されたい。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.874

 ※ ロンドン・ナショナル・ギャラリーの旅(40)へは(コチラ)から入れます。

コメント (1)

ルソーとピカソ(2) ‐ ナショナル・ギャラリー(40)

2014年09月20日 |  ∟イギリスの美術館

 素人画家と酷評されたルソー(1844-1910/フランス/印象派・素朴派)をいち早く認めたとされ、自身奇人とも奇才の画家ともされるスペインが生んだ天才パブロ・ピカソ(1881-1973/キュビズム)。

 彼の作品は著作権管理が厳しく、絵の解釈と同様に入手が難儀、公式HPや美術サイトなどからは無理。
 美術館に行って写真、勿論撮影可が条件だが。を撮るか、画集などからスキャンするしかない。

 Bその聊か入手が難儀な奇才の絵は、「果物鉢と瓶とヴァイオリン」。

 正直に言えばちんぷんかんぷん、何が何だかさっぱり判らない。
 手抜きする訳じゃないが、本作ばかりは解説書に頼らざるを得ない。
 そこに、なるほどそういう風に眺めればじゃなかった、観ればいいという風なことが書いてあるので、まま引用する。

 ― この絵を横にしてみれば、この《果物鉢と瓶とヴァイオリン》の構図がいかに成功しているかが直ぐに解るだろう

 黒い線が緑に導かれて絵をほぼ半分に分割、また大きな曲線から最小の曲線に至るまで、形は響き合い韻を踏んでいて、上下を逆さにしても変わりようのない多様性、安定感、面白みがある

 もう一度、絵の正しい側を上にすると、観る者はテーブル・クロスとテーブル、新聞、葡萄、そしてヴァイオリンを見つける楽しみをおまけとして受け取ることになる
 芸術は自らの創造力以外にいかなるメッセージも持つことはない、というのがこの絵のメッセージである ―

 なるほど、天才が奇人の衣をまとえばこういう絵になるのか、と、甚(いた)く感心するやら呆れるやら。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.867

 ※ ロンドン・ナショナル・ギャラリーの旅(39)へは(コチラ)から入れます。

コメント