ペトロとカタリナの旅を重ねて

あの日、あの時、あの場所で
カタリナと歩いた街、優しい人たちとの折々の出会い・・・
それは、想い出という名の心の糧 

そんなことも

2018年02月05日 | カタリナ便り

 NHKラジオの朝7時のニュースを聞きながらメールを開くと、一年前の記事が届いていました。
 折から、気象予報士が「日本海側は大雪に気を付けて下さい」と話してい、近畿地方も山沿いは言うに及ばず、平地でも雪がちらつくようなことを言っています。

 ところで酔狂、世にいう ” 38豪雪 ” なるものを経験しています。
 東北を出た列車が72時間かかって東京に着いたとか、自衛隊員が上半身裸で除雪する姿が白黒TVに流れるのを視て驚いたこと、おぼろげながら憶えています。

 北播丹波の山深いものの比較的温暖な土地で、多感?な青春時代を送った酔狂、膝上の雪に驚き、何時まで経っても融けない道端の雪が薄汚れ、一層、寒さを感じたものでした。

 
春の陽に誘われて
 今日(2/4)の朝日の天声人語氏、“ 春告草(はるつげぐさ)」と呼ばれる梅は、その花の色合いがかくも豊富である ” と始めていた。 暦では早くも、“ 初めて春の気配が訪れると......
 

 話は変わりますが、先日、レジオからの帰途のこと、フューエルランプが点灯しました。
 滅多に乗らない車、久し振りに自宅近くのGSで満タンにしたら1ℓ156円、「原油の値上がりで」と謝られましたが、これじゃ雪国で暮らす人は大変だと思いました。
 給与担当の頃、” 薪炭手当 ” という名目の手当に「なにこれ?」と思ったこともありましたっけ。

   雪が解けて川になって流れてゆきます
       もうすぐ春ですねえちょっと気取ってみませんか (詞:穂口雄右)

 三昔以上も前、こんな歌が流行りましたが、この年も後に ” 52豪雪 ” と呼ばれたそうですよ。
 新聞休刊日、手持無沙汰で<埋め草>みたくな記事を書いてしまいました、読み飛ばして下さい。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1500

コメント

精一杯に生きて・・・

2013年11月09日 | カタリナ便り

 カタリナ、70年の時を精一杯生き、11月6日(水)早朝、イエス様の御許へと旅立ちました。
 生前、故人が賜りましたご厚誼に、深く感謝申し上げます。

 葬儀に際しましては、ご丁重なご弔意を賜り、誠にありがとうございました。
 故人も草葉の陰で喜んでいることと思います。

  A_3B_5

 小ブログ、これを機にそろそろと思ったのですが、カタリナの、「張って」の声が遠くから聞こえたような気も・・・。

 これから、故人との想い出をよすがに、折にふれ小さな旅を続けて参りたいと思います。
 機会があれば、「ペトロ、どうしてる」と、励ましてやって下されば嬉しく存じます。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.727

コメント (5)

笑顔に励まされて ‐ カタリナ便り

2013年11月06日 | カタリナ便り

 愈々、その時が近づいたようです。
 家族揃っての古稀のお祝いは叶いませんでしたが、当初予定していた日(10/19)は7本(by10)のローソクを吹き消し、魚嫌いの彼女が食べたいと望んだ寿司屋さんの蒸穴子や芽葱などに舌鼓を、当日(10/23)は祝いの赤飯に少し箸をつけ、大好きな花に囲まれて幸せそうな笑顔でした。

 0517 0520_1_a 0520_2 0526 0528_1
  西宮病院(左二枚)からガラシアへ転院、お歌の会や初夏の陽気に誘われて散歩 

 それが終わるのを待つかのように、翌日から病床でまどろむ日が続いています。
 何を夢見ているのか、時折微かに笑みを浮かべながら。

 半年前、入院して三日目(5/10)、「七夕様までもてば」と告知された時、悔しかったのでしょう目に一杯涙を溜め、それを振り払おうともせず「治療は要りません」と告げた彼女。

 0528_2_by_3 0530_by 0531_1_bt 0603_1_by 0605_ct
  絵を描いたりチャプレンのM神父様と歌を歌ったり、頂いたお花の手入れも

 ガラシアに転院して直ぐ、一度か二度見舞いのお仲間の方と出会った時、滂沱の涙を流したと付き添いの娘から聞きましたが、それ以来、一度たりとも涙を見なければ愚痴を聞くこともなく、その振る舞いが不憫でなりませんでした。

 翻ってペトロ、ふたりだけの夜、寝息を立てる彼女の額に手を置いて涙を流すことも度々の体たらく、彼女の笑顔に励まされここまでやってこれました。

 0531_2_by_2 0603_2_ct 0607_ct 0608_1_ct 0608_2_ct
  リハビリで歩行訓練、転院してから初めての外泊許可です

 過日、主治医のW先生や訪問看護師さんから、看取りの折の対処を教えられた時は、何時かこの日が、と覚悟はしていたものの少しうろたえ、不覚にも人前も憚らず涙を落としてしまいました。

 0612_dy 0615_dt 0621_dy 0626_1_dt 0626_2_dt
  M神父様、音痴脱出の特訓、疲れて居眠り、七夕様に祈りを込めて

 省みて、ホスピスを、また、居宅介護を選択したのは正しかったのか、彼女が望むことをしてやれたのだろうかと自問、申し訳ない気持ちで一杯になりますが、祈りとともに静かな時を送らせて頂き、その選択に間違いはなかったと信じています。

 0627_ey 0708_et 0716_ey 0721_1_et 0721_2_ey
  この頃、図書館やカフェなどへ度々外出、楽しかったなあ

 この半年、主治医やスタッフ、神父様やシスター、慕って下さるお仲間の皆様に支えられ、望外の時間を家族ともども過すことができました。

 多くの方から見舞い、激励を賜わりました。
 また、退院間近、お越し頂きましたのに面会をお断りせざるを得なかったこと、深くお詫びを申し上げます。

 0727_fy_2 0802_fy 0803_ft 0821_ft 1019_fy
 皆様ありがとう 楽しい想い出を一杯頂きました

 ご厚誼を賜った多くの方に、お礼を申せる場を作ってやれないのが辛いのですが、告知後も笑顔を忘れなかった彼女の心意気に免じて、ご寛恕賜りたいと存じます。

 逝くには早いのですが、惜しまれて去るのも主の思し召し、今は心静かに受け止めています。
 この稿がペトロの早とちりと笑い話になることを願って、ひとまず “ カタリナ便り ” をおきます。

 カタリナ のみならずペトロ まで、励ましや労わりの心を沢山頂戴し、本当にありがとうございました。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.726

コメント (4)

助けられて ‐ カタリナ便り

2013年11月05日 | カタリナ便り

 ペトロ、年四回、定期検診を受けている。
 4月の通算六回目の検査で腫瘍マーカに異常値が出たため、翌5月に再検査があって、その検査結果が出るのをカタリナ の病床で待ったことは<何号か前>に書いた。
 幸い再検査の結果は良好で、七回目の検査を二月後の7月、八回目を10月下旬に受けることになっていた。

 ところが、10月から居宅介護が始まり、検査のための時間が捻出できなくなってしまった。

 Aまあ、いいやと、思っていたのだが、何処から伝わったのか外科外来の看護師さんから、「月末(10/31)の木曜10時だったら来られますか」との電話を頂いた。

 それで、六回目の再検査の折、異常値を前に主治医から、ストレスを受けるようなことがなかったか?と問われ、正直に、実は家内が此れこれと話したことを思い出した。

 訪問看護師さんに事情を話すと、「その日午前中一杯介護をするから心置きなく行ってきて」と言って頂き、約束の時間に病院に行くことができた。

 ペトロの主治医のY先生、月・水・金は手術があって外科外来は火曜日のみという多忙さ。
 そんななか、ほとんど待つことなく受診、次回の二年目検査も、時間的な都合はつけるから遠慮なく言ってくれと有り難い言葉を貰った。

 話B_2は飛ぶが、キリスト教に黄金律・ゴールデンルールなる教えがある。

 新約聖書に、キリストが山上で弟子たちと群集に語った教えのなかの一節、“ 人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい ” (マタイによる福音書7章12節/新共同訳)をさした言葉で、黄金律と呼ばれている。

 ちなみに黄金律とは、“ 内容が深遠で、人生にとってこの上なく有益な教訓 ” (大辞泉)という意。
 山上の垂訓とも言われるその説教は、ガリラヤ湖の北端、カペナウム近郊で行われたと推測されている。

 一昨年の<イスラエル巡礼>で、ガリラヤ湖を望む丘の上、ブーゲンビリアなどの花が咲く「山上の垂訓教会」(写真)を訪ねたが、息を呑むその美しさが今も記憶に残っている。

 とまれ、受けた親切、徒(あだ)や疎(おろそ)かにしてはならない、と肝に銘じた次第。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.725

コメント

秋の衣替え ‐ 11月がきた

2013年11月01日 | カタリナ便り

 秋の衣替えは前月朔日(ついたち)のことだが、温暖化のあおりか月遅れで街から白い服が消えたようだ。
 前号で、芦屋市民病院の緩和ケア内科外来を受けたことを書いたが、頼みごとに行くのだからせめてジャケットぐらいは、と羽織ってみて愕然となった。

 そもそも西洋の服は、太っちょに似合うようにできているのだろうか?
 スマートと言えば聞こえはいいが、痩せちまってサイズが合わなくなった所為なのか、鏡の向こう側に貧弱そのものの男が写っていた。

 現A役の頃は背広も似合う男と自負、それが加齢とともに背広だけが似合う男に変わっていったような。
 背広だけは似合っていると思い込んでいたのが、困ったことにその背広すらも似合わなくなってしまったようだ。

 ところで、最近の若い人の背広姿、黒、もしくは、それに近い色ばかり、ネクタイさえ取り替えれば略礼服そのまま、のように見えて仕方がない。

 ペトロ の時代は、無難な紺に始まり茶やグレーや緑、縦縞やチェック柄など季節やシチュエーションに応じて楽しみ、そしてまた紺の無地に、大雑把だがそんな感じだったと思う。

 G8やG20など欧米の首脳達が集まる国際会議の出で立ち、身ごしらえと言えば、専ら紺の背広に赤もしくは青のネクタイが定番のようで、たまに茶の人などを見るとその人が浮いたように見えるから不思議だ。

 話B_2はそれたが、若い男性諸君、背広の色使いはもうひとつのようだが、カジュアルな装いとなるとスカーフなどを上手に使いこなしている。

 我々の頃は精々ジャンパー、今風に言えばブルゾンを着る程度のことで、背広を脱ぐと途端に精彩を失ったような感じだった。

 季節は押し詰まって霜月・十一月。
 今年も余すところ二月となり、秋もようやく深まって、と言うより駆け足で去って、早くも木枯らしが吹く季節になろうとしている。

 これからの季節、ちょっと厚手のジャケットやコート、マフラーが楽しい季節になる。
 カタリナ に、「早く元気なって、お洒落して色づく街を歩こうよ」と、語りかける日々である。

 紫の着物に派手な赤のストールを粋に羽織った「釣浮草」(つりうきそう)、白い着物の種もあるそう。
 もう一枚は、佃煮のキャラブキ、この葉っぱで作られるそうだが、その「石蕗」 (つわぶき)、野暮ったく今を盛りにそこら中に咲いている。
 
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.723

コメント

小春日和 ‐ 10月がゆく

2013年10月30日 | カタリナ便り

 言い古された言葉だけれど、“ 光陰矢の如し ” と言う。

 カタリナ が帰ってきてふたりだけの生活が始まって早1月が過ぎた。
 この間、訪問医のW先生、訪問看護センタの看護師さんには、言葉に言い尽くせないほどのお世話になった。感謝の他ない。

 正A直、一人での居宅介護は心許ない。
 フィジカルな面は当然のこととしてメンタル面でことのほか、と言うことを実感させられた。

 このことは、ガラシア病院の主治医の先生や看護師さんたちも、退院に際して懸念して下さっていたようだ。

 特に、老々介護に加えて癌々介護、ペトロ が再発、転移をした場合の介護のバックアップを考えて下さったよう。
 退院に際して近くのホスピスへの紹介状を用意して下さったし、訪問医のW先生は紹介状を改めて準備して下さった。

 で、この月曜日に芦屋市民病院の緩和ケア内科を訪ね、「差し迫ってのことではないが」と事情を説明、快く緊急の場合の受け入れを了承して頂いた。

 そCの後、病棟の案内を受けたが、病室からは眼下に市街地が広がり、その先に初秋のやさしい陽射しを受けてきらきらと輝く海が望めた。

 できることならこのまま家で看取ってやりたいが、いざやの場合もこれで一安心と言ったところ。

 ところで、大切な友Oさんから古希を祝う言葉に続いて、“ 疲れてイライラしないようにね。にっこり微笑んでるあなたがきっと大好きと思います ” とのメールを貰った。

 そう言えば、ここ数日笑顔を忘れていたことに気付いた。
 帰宅後も基本的に治療を受けていないが、痛み止めなどの投与がある彼女に、一番の良薬は笑顔を見せることだ、と改めて教えられた。

 病院からの道すがら、街路樹が秋の装いをまとい始めたことにも気付かされ、小春日和のこの日のような穏やかな日が、一日も長く続くことを願った。
 神無月・十月もゆき、今年も余すところ二月、まさに、“ 矢の如し ” である。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.722

コメント (1)

雑草魂 - カタリナ便り

2013年10月25日 | カタリナ便り

 過日、某TVで識者が広島カープのことを、自前で選手を育てる素晴しい球団と褒めていた。
 金に飽かして選手を集める在京のYKや在阪のHT球団とは経営理念からして違い、大リーグのように企業色を排し都市名を冠した唯一の市民の球団、その辺りも好感が持てるとも。

 そA_2の大リーグ、ア・リーグはボストン・レッドソックスが優勝、24日(日本時間)からはワールドシリーズが始まった。
 レギュラーシーズンも素晴しい成績を残した上原浩治投手が、リーグ優勝決定シリーズで1勝3セーブを挙げ、レッドソックスを6年ぶりのリーグ制覇に導いたことが評価され、日本選手初の最優秀選手(MVP)に輝いた。

 この投手、日本では先のYK球団に在籍、エースとして活躍した当時から “ 雑草魂 ” と形容されたが、この人ほどYK球団のチームカラーが似合わない人はなかったように思う。

 朝日(10/21)を借りれば、“ 大阪の高校では控え投手。大学受験に失敗し浪人生活も経験。それが雑草魂の原点となった ” とあった。
 同じ在阪でも、ファンと言う名の温室でぬくぬく育ったHT球団の最も遠い所にいる人かも。

 斯B_3く言うペトロ、偉そうに言える程の者では勿論ない。
 三年程前の冬、散歩の途中に小さな雨に遭いやおら鞄から折り畳み傘を出した折のこと、作詞家の山口洋子さんが、“ 鞄の中に雨傘を何時も用意している男、好きになれない ” と雑誌に書いていたのを思い出し、“ 俄か雨、この小さきことにも周到に備える小心者という意なのだろうが大きなお世話 ” と小ブログに書いたことがある。

 尤も、カタリナ の誕生日に30本の深紅の薔薇、50本のガーベラになったけど。を贈り、よく頑張ったねと心から褒めてやりたい、などと臆面もなく書くのも小心者の上目遣いみたくで聊かみっともない。

 とまれ、その昔父親から貧乏人のぼんぼんと揶揄された温室育ちの雑草が、本物の雑草魂なるものに、「凄いなあ」と溜飲を下げる可笑しさと言ったところか?
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.720

コメント

頑張ったね ‐ カタリナ便り

2013年10月23日 | カタリナ便り

 台風27号の余波なのか、静かな雨の朝となった今日(10/23)、カタリナ、皆様に支えられて誕生日を迎えることができました。
 病を得て以来、家族皆で目標を立て、なんとしても目標の日を迎えさせてあげようと、頑張ってきました。

 お弟子さんに約束したお茶名申請まではと頑張った7月、8月はお祝いをすると約束をしてくれたペトロ の誕生日、9月に入ると外泊許可を得ての小旅行などを目標にしてきました。

 この月に入ってガラシア病院を退院。
 A_4B_2その少し前から体調が落ち、退院そのものを危ぶんできましたが、彼女の 「帰りたい」の声に押され退院。
 それだけに、“ 10月に誕生日のお祝いを ” を、合言葉に頑張ってきました。

 先週末(10/19)に、そのお祝い会を計画していたのですが、前々日辺りから少し体調を落としたこともあって急遽延期、11月の初めに改めてとしました。
 それで、今日はふたりで静かに祝おうと話していたのですが、仕事の合間を縫って息子が駆けつけてくれました。

 また今日、多くの方から誕生カードやお祝いのメッセージなどをお贈り頂きました。
 ガラシア病院のチャプレンM神父様からは、小編に “ 誕生日、おめでとうございます!いつにも増して、今日はたくさんお祈りします ” との嬉しいコメントも頂きました。

 ところで約束していた30本の薔薇、訳あって50本のガーベラになりましたが、アドベント・待降節(12/1)をともに祝える喜びに感謝して、その日に贈りたいと思っています。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.719

コメント (2)

来信往信 - カタリナ便り

2013年10月18日 | カタリナ便り

* Y さんからの来信
 〈 久々に散歩の写真に心がキュンとなりました
 〈 穏やかそうで安堵しました

 〈Photo 10月××日はカタリナのお誕生日ですね
 〈 何か気持ちを伝えたくて考えていましたがいい案も浮かばず、こんなも
 〈 の【ペトロ脚注:バースデー・カードが添付されていました】を作ってみま
 〈 した
 〈 印刷して当日渡して下さい

ペトロからの往信
 〈 いつも何時も心にかけて頂き感謝しています
 〈 今回は何にも優るプレゼント、100本の薔薇にも優る誕生祝いをありがと
 〈 うございます
 〈 来る誕生日にはプリントをして渡してやりたいと思います

 〈 秋を飛び越して一気に初冬、そんな感じもする気候が続いています
 〈 Y さんには、何時までもご夫婦仲睦まじくご息災に過されますようお祈り
 〈 します

  追4_2
 〈 在宅介護、思った以上にハードです
 〈 特に、精神的にきつく、Y さんに劣らずやんちゃな小生にもじわじわと迫
 〈 ってくる、そんな実感があります

 〈 それでも、カタリナの「ありがとう」の言葉に支えられて、「頑張らなくても
 〈 いいンや
」と呟きながら頑張っています
 〈 精神力の脆さを露呈したような、思わずうろたえてしまう場面が度々です
 〈 そんな小生の気持ちを敏感に感じ取った彼女の頼りなさげな、悲しそう
 〈 な顔を見ると、はっと我に返り「ごめんな」と謝ることの繰り返しです

 〈 神様は、人生、きちんと辻褄が合うように作りはったンやなあ、と思う
 〈 日々です
 〈 今は精一杯尽くすこと、それが神様が与え給もうた御心
 〈 不肖の亭主、かけた迷惑を思えばとても返しきれていませんが・・・
 〈 悪文の見本のように、追伸の方が長くなりました
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.717

コメント

約束 ‐ カタリナ便り

2013年10月16日 | カタリナ便り

 物狂おしい、表現が間違っているかも知れないが、そんな夏がようやく行って、少しは秋めいてきたかと思えば、北の地では初雪が観測されそうだとラジオの天気予報士は話す。
 一体どうなっているの? と思うような気候だが、この三連休、好天に恵まれ絶好の行楽日和になったようだ。

 介助のため帰阪していた娘、体育の日の午後遅く東京へと戻ったが、新幹線の車中から “ 全席売り切れ ” に続いて、“ 三席並びの真ん中が取れた ” とメールをしてきた。
 事ほど左様に、多くの人出で賑わった連休のようだった。

 一20131014昨々日(10/12)と昨日(10/14)のお昼は、その娘に加えて息子一家も来てくれた。
 急遽、ヘルパーさんをキャンセル、家族揃っての二度のお昼時をニコニコと笑顔で楽しんだカタリナ だった。

 夕方になってR 君や I 君たちが、夜も遅く息子が「じゃあ、元気でね!」と家に戻ってペトロ とふたりだけになった頃には、水泳客が去った後の海水浴場や夏祭りの後みたく、行く夏のもの寂しい雰囲気に似て、少し淋しそうな顔をしていて胸を詰まらされた。

 ところで、昨日の朝は素晴しいお天気だった。
 朝食の後、「散歩をしようか」と娘が誘うと、「行く」と言う。
 少し風が冷たかったので要慎に少し厚着をさせ、恐る恐るマンションの庭に出てみた。
 大好きな紫露草に見とれて微笑み、桜紅葉が陽光に透けて見える美しさに来る秋を実感したよう。

 僅か10分ほどの散歩だったが、外出に自信を深めたのか、魚嫌いの彼女が予てから唯一行きたいと言う寿司屋さんへ、「連れて行ってね」と約束させられてしまった。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.716

  PS.: ペトロから重ねてのお願い、応接が辛いようなので見舞いなどはご無用に。

コメント (4)