ぷちのきもち

ぷちが日頃感じていること、発見したこと、おもしろ日本語発見

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏休みの課題

2007-07-31 23:13:52 | Weblog
夏休みに学生は宿題がある。夏休み非常勤講師はぷー太郎になる。
ぷー太郎なら、ぷー太郎らしく過ごそうじゃないか。
ぷー太郎の夏休みは、
1.体重をキープ
2.日本語力をキープ
3.中国語特訓

1.体重キープ 収入がないんだから、ランチ、飲み会、つまみ食い、だらだら食いをしない。やすみは太るから気をつけよう。
2.日本語力をキープ 今まで積読だった本の数々。この休みに日の目を見せてあげよう。日本語教師の幅を広げるために、老眼鏡をかけて読むぞ~~。
3.録音したラジオ講座。たまってる。何とかしなきゃ。休み明けには学生のおしゃべりに反応してびっくりさせてやろう。ムリ無理。
コメント

花火大会

2007-07-28 22:59:05 | Weblog
今日は水橋の橋祭りだ。139年も続くお祭りの花火大会だ。川に御神灯を流し、川下にあがる花火はなかなか趣があっていい。小さな町の花火大会で、派手さはないが、心に残る花火だ。
浴衣を着て学生と出かけた。初めての浴衣に金魚すくい、どんどん焼きを食べてお祭りを満喫した。季節を楽しむのもまたよし。
音楽花火があった。音楽に合わせて川面から花火が上がる。細川たかしの歌、ディズニーソング、などの音楽に合わせて花火が踊る。花火が音楽に合わせて歌ってくれた。
コメント

夏休みだ~~

2007-07-27 22:06:58 | Weblog
明日から夏休み8月28日まで1ヶ月の夏休みだ。
だから、気分は夏休み。会話の授業はビデオ視聴。
4月に地上波でやっていた「海猿」会話は速くて聞き取れないが、大体の予想はつく。わからない言葉は多くても気持ちも、場面もわかりやすい映画なので喜んでくれるのではないかと思った。
ウェディングドレス姿を見て、大輔がいう言葉。結婚するのか、しないのか。どうしてなのか。
迫ってくる危機。それに立ち向かう大輔。ドキドキしながら見ている学生。カンナの気持ちになって泣きそうな学生。生きて浮上してきたとき、みんなで拍手。
3ヶ月がんばったご褒美。スクリプト、語彙表、感想、今日はごめん。わたしも楽をした。
コメント

発音

2007-07-24 23:53:22 | Weblog
今日、学生に 「金銭」は何と読むのかと聞かれ、「きんせん」と答えたら、さっき先生は「ぎんせん」と言ったという。いくら何でも「ぎんせん」なんては絶対に言わない。言わないと言ったが、6人くらいの学生が「ぎんせん」と言ったという。
先日、面白いことがあった。会話の中で「小川さん、先日はどうも・・・」という会話文で、学生の発表のときにくすくすと笑う。「おかあさん、先日はどうも・・」と言っていると言って笑うが、わたしには「おがわさん」と聞こえる。次の学生の発表のときも、「おかあさん」と言っていると笑うが、わたしにはやはり「おがわさん」と聞こえる。発表している学生も「おがわさん」と発音しているつもりなのだが、どうして「おかあさん」に聞こえるのだろうか。

どちらも中国人の学生なのだが、日本語の有声音と無声音、中国語の有気音と無気音の違いなのだろうか。
コメント

地震

2007-07-16 23:25:29 | Weblog
揺れた。震度3。地震の揺れはやっぱりどこか違う。車のゆれとも風にあおられるゆれとも違い、なんとも気持ちが悪く、怖い。
揺れのひどかった地方の皆さん さぞかし怖かったことでしょう。被害にあわれたみなさん、お見舞い申し上げます。

今度授業で「震度3」という読解をする。震度3を体で感じたら、意味もよくわかるのではないだろうか。、災害時の日本語で必要な言葉はなんだろう。地震直後のニュースを録画しようとおもったが、リモコンがない、えっどうすりゃいいの~~ともたもたしていたら、直後は録画できなかった。5分後だったが、授業でつかってみようかな。 
コメント

会話を考える

2007-07-14 22:06:07 | Weblog
会話の授業って何?

学校は社会に出るための準備機関。社会で会話、コミュニケーションが取れるようにするのが目的といえるだろう。
授業ですることは、何か。実際の場面に即したもの、機能的なもの、というのが一般的だろう。

「会話を作る」ということは、実際にはない。会話を考えて、作ってから話すということは実際の場面にはない。瞬間瞬間に会話が進んでいく。キャッチボールが行われているのだ。

「会話を作る」 16枚の絵の中から、4枚絵を選び、会話を考える。これって非現実的な活動だけど、学生はとっても喜ぶ。

アルクの月刊「日本語8月号」の絵カードを使った。グループ4人で16枚の絵カードの中から4枚を選ぶのだが、学生は「先生4枚だけですか」「全部使っちゃだめですか」いいながら、16枚全部つなげてストーリーを作っていた。4枚がなかなか選べない。いろいろな話ができて選べない。面白い話を作ろうと楽しそうだ。紙芝居形式で来週は発表だ。
「ナレーションを書く」どう授業を進めたらいいんだろう。
コメント