ぷちのきもち

ぷちが日頃感じていること、発見したこと、おもしろ日本語発見

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4年ぶり

2007-06-30 21:58:26 | Weblog
日本語学校で初めて教えた学生に体育館で会った。ぜんぜん気がつかなかったのに彼のほうから声をかけてくれた。ひゃー、第一声は「え~~太ったね」10キロ以上太っただろう。わからないくらいだった。悲しいことにすぐに名前が出てこない。顔は忘れない。勉強が好きじゃなくて、日本語も勉強したくなくて、でも頭がよくて、数学が抜群にできて~~~。別れたあと、R君の名前を思い出した。元気そうで何よりだった。
コメント

日本へ来た理由 日本語を勉強する理由

2007-06-27 23:00:20 | Weblog
作文で「日本へ来た理由」「日本語を勉強する理由」について書いた。大学入試で志望動機や面接で必ず聞かれることなので、今から大学に入る目的や理由について少しずつ考えさせたいと思った。
「理由・目的」の表現を学び、モデル文を読み、内容を確認する。モデル文のフローチャートを確認し、日本語を勉強し始めたきっかけや夢について書き出し、400字あまりの作文にした。学生のいろいろな考えを引き出すにはいろいろ話を、何度も書き直しをしないとかけないものだが、とりあえず今の気持ちを話しながら、作文にした。
はっきりとした「きっかけ」「目標」を持つものの文は日本語はむちゃくちゃでも力があるが、「目的がはっきりしない」「母国でも目標がない」「お金持ち、お金」「日本と母国の架け橋になりたい」「自分の会社を作りたい」「小さいころから経済に興味があった」「人類世界平和のために」には力がない。
少しずつステップを踏みながら、10月をめどにしよう。
コメント

発表を聞かない

2007-06-22 22:15:04 | Weblog
ロールプレイをさせても、会話をさせても、するのは一生懸命するんだけど、友だちの発表を聞かない。自分の発表が終わったら、ベラベラしゃべりだす。
何とか静かにさせなくちゃ。友だちの発表も一生懸命聞いてほしい。

今日はロールプレイ発表会
「発表を聞いて」というワークシートを作った。発表の内容を聞いて書くものだが、静かに耳を傾けていた。
発音がはっきりしなかったり、声が小さくて聞き取れなかったりしたので、質問の時間を設けた。
発表者が「質問はありませんか」と聞くと、聞いている学生は聞き取れなかったところを質問していた。学生同士で自然な質疑応答だった。

今度は発表のよかったところを言ってもらうようにしてみよう。いろいろな感想が出るように工夫しなければならないと思う。
もっと発展して、先生が入らなくても学生同士で発表会が進められたらいいな。実際の日本語運用ができて上手になるだろう。
コメント

手をあげろ

2007-06-22 00:01:14 | Weblog
命令形の導入

帽子、サングラス、マスク、おもちゃの鉄砲をもって、「手をあげろ」「金をだせ」「立て」「右足をあげろ」「左足上げろ」
「先生無理だよ!!」
携帯で写真をとる学生に、「携帯をだせ」「私の写真を撮れ」

あまりにもひどい写真を見て「~んんん」「あ~~暑い。もうやめた」


コメント

自分の授業をビデオに撮る

2007-06-21 23:49:34 | Weblog
昨日 自分の授業をビデオに撮った。
ヒェー。変な声、ひどい態度。
おなじことを5回も連呼している。
「みんな○をつけてもらいましたか」「みんな○をつけてもらいましたか」
「みんな○をつけてもらいましたか」「みんな○をつけてもらいましたか」
「みんな○をつけてもらいましたか」
5回言っても意味ナイ!!5回言う必要がない。
無駄な発言が多い。

教卓の横に立ったときは、教卓にもたれてえらそうな態度をしている。
学生に向かって教卓の右に立つことが多い。
左の学生たちは「先生はこっちに来てくれない」と思っているかも。
発言する学生ばかり見ている。
 
黒板の板書もなんだ、コリャ。殴り書きじゃないか。(ビデオを見る前から自覚しているが)

もう少し効率的な発言をしよう。もっと板書計画きちんとしなきゃ。
学生の顔をもっと見るようにしよう。

もういやになっちゃう。反省
コメント

留学試験

2007-06-17 23:25:39 | Weblog
今日は留学生にとっては大切な留学試験の日だ。
1組のT君 「緊張しています」「心配です」リラックスして実力だそうよ。絶対200点は取れるから 
2組のみんな「先生また来週!!」写真撮影に大騒ぎしてる場合じゃないでしょう。もう少し緊張感あってもいいんじゃない。

とにかく無事に終わったかな。明日は休講。ゆっくり休んでね。
コメント

卒業アルバムの写真

2007-06-15 23:11:53 | Weblog
2年生の会話の2時間目。卒業アルバムの写真を撮りにカメラマンがやってきた。

2時間目、カメラマンが教室にやってくると、みんな拍手。(??)カメラマンがカメラを構えてとり始めると、ノリノリ。テープを聞いてディクテーションすると真剣に書く。ハイ、ハイ、ハイと前に出て書きたい、発表したい、本を読みたいと大盛り上がりの授業だ。普段の授業では静かに聴いている学生が、ピースをしてカメラ目線。勉強してないように見えるでしょう!!日本人のクラスでは考えられないことだろうな。

突然、「先生、トイレ行ってもいいですか?」「我慢できませんか」「はい」「じゃ、行ってらっしゃい」・・・・・なかなか帰ってこない。そのうちカメラマンは帰っていった。トイレに行った学生は、髪型を直していたらしい。学生が帰ってきたときはもうカメラマンは教室にはいなかった。
ジャンジャン
コメント

クラス運営

2007-06-07 22:18:36 | Weblog
日本語を教えて、話せるようにする。30人のクラスどうやって集中させるか。どうやって全員こっちを向かせるか。これが問題だ。
自動詞・他動詞の導入、練習
教科書も、文型練習帳も、ノートも机の中にいれて、鉛筆もなし、プリント1枚だけ。

何もないと不安げな学生や、テストかと心配していた学生も、顔をあげ、集中していた。絵カードとレアリアだけを使って、音とイメージに集中させた。
30もの自他動詞はなかなか覚えられないが、半分くらいはモノにしてくれたようだ。
S「この授業好き。わかった。」

中級クラスの読解で
教師の質問に手を上げて、教師が指名をして言わせる。なんだか、つまらない。
今日は指名しないで自由に順番に答えさせた。
T「1番の問題をお願いします」Aが立って答える。
T「2番、3番お願いします」B、Cと答えたい人が答える。
誰も答える人がいなくなるとAが答えてくれる。
AとDが一緒に立ったときは、AがDに何も言わずに座ってDにゆずる。
指名しなくても自主的に答えさせるとクラスの雰囲気もよかった。先生が入らなくていいときは学生の自主性にまかせてみよう。
今度は意見を発表するときもやってみよう。
s「先生、おもしろいよ」

 
コメント

全部 覚えて!!

2007-06-01 22:52:10 | Weblog

今日は会話を暗記するそ~~とみんなに宣言! 
「頭悪いから覚えられない」「長すぎる」と文句タラタラ。
あみだくじで順番をきめて、次の時間は発表だ。

みんな昼休み必死だ。やるじゃん!!君たち!!

「緊張してなにがなんだかわからなくなっちゃったんだ」という会話の中の一文

「先生、前に出たら、緊張しちゃって何が何だかわからなくなっちゃった」と言う学生。ほら、覚えたら使えるじゃない。
コメント