パーフェクトワールド

現在はゆっくりの更新ですがよろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

問題はなかったという見方

2007-04-29 18:41:19 | ●エホバの証人考
先の記事の続きです。

JW2世の問題(進路妨害や恋愛の自由、子供をもうけることの心理的制限、体罰などなど)に対して

問題はなかった、組織に責任はない

とする人がいます。

私はこういう意見を持っている人が実は大半なんじゃないかなと思います。

ところで、問題を体罰とか性的虐待とか具体的になればなるほど、焦点が狭まり、
具体的な一例を論破することでイコール組織に問題はない、

なんて極端な結論にとびがちなので、ここでは一般的な2世弊害としますね。


●問題はなかった派のうちわけ


同じ「問題はない」といっている人でも、そう思う理由はいろいろだと思います。


グループ1:正規エホバの証人(笑)

完全に感化されていて、疑問を感じていても、感じていなくても、最後には組織の教えどおりの結論しか出せない。(数ヶ月前まで私はこれでした。)自分で考えることはできないから「意見」としては意味をなさない。から却下します。

うちわけすると、問題は神がただしてくださる、そのためには歩調を乱さず組織に従うのが成員にできる最大なことと思っている信仰派や単に無意識無存在な人、
組織の要求している模範回答を読み取ることができるってことで優等生ってことを示したい人などなど様々。



グループ2:自分勝手な人


といっていいのかどうかわからないけれど、今の自分さえよければ他の人の不幸があまり身近に感じられない。昔に起こったことだから勝手に時効って考えるか、これからおころうとしている虐待もはっきりいって無関心。もちろん、そんなんだから、他の人の気持ちなんかとうてい考えた発言ができるとは期待できない。のでこういう人からは暴言に近い発言が最初から予想される。

グループ3: 問題をぜんぜん知らない人

世間を知らず資料も読んでないことが多いから単に問題外。とんちんかんな意見をいいがち。


グループ4: 物分りのよさを演出したい人

問題はありますけど、まあ、そんなに騒ぐことないんじゃない?というスタンスの人。結局は問題を考えるよりも、物分りの良い大人な自分や、あえて問題を問題視しない、おとなな自分をアピールしたい。

こういう人は究極的に「自分」に話題を向けたい人。端的にいうと、問題視してる人=弱い人と位置づけることによって自分を高めたい。

なので意見が話す相手によって変わる。

グループ5: 本当に本気で問題がないと思っている人。

それってど~いう人???


●殺しがなければ警察は動かない

って言葉がありますよね。

JW問題も輸血や体罰で人が死ななければ問題視されない
なんてことは避けたい。

実際害を受けたと思っている人には害があったと思うし、それに対して当事者以外の人が「害はなかった。」というのは

おかど違いな発言だと思います。

傷ついたために、もうそのことは話したくないという人が沢山いるなか、あえて話続ける勇気をたたえたい。

組織に残された2世3世のために。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 将来の夢 2世ムーブメント | トップ | 模範的兄弟の模範的行動 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sweetscent)
2007-05-02 09:18:18
はじめまして。
ずっと以前から読ませていただいております。
激しく共感できることがたくさんあります。
わたしも残されている二世三世を救いたい、せめて成人して自分で決定できるようになるまで、自分をなくす、自分が無くなる様な教育を受けさせたくない、と思っています。
本当はJWを激しく糾弾したい気持ちでいっぱいです。
ただどうしたらいいのかわからない、せめて自分の経験を本にして自費出版するくらいが限界かな、とか
思っていました。
わたしにできることなら是非協力させてください。

Unknown (ai)
2007-05-02 10:24:36
(sweetscent)さん、はじめまして・・
>わたしも残されている二世三世を救いたい、せめて成人して自分で決定できるようになるまで、自分をなくす、自分が無くなる様な教育を受けさせたくない、と思っています。

<まさに、こちらが体験した事でした、一時は7冊位になるかと思うJw生活全体を自費出版を考えました。
柔道拒否をして、職員会議に苦悩して高校を中退をやむなくされた子、子供達が成人するまでと頑張った
親ははかなくも、自然消滅の道を取らざるを得ない
ハメに陥りー現在に至っております。

責任は組織は取りません、その割には、自分で決定するな式なのだから、
ご都合主義では有りませんか?信者側の非をせめて、有利な立場を

取っています。弱肉強食の世界だと、動物と変わらない、(笑い)
Unknown (Violetta)
2007-05-02 20:19:28
JWの組織の中の多くの人は、仲間が苦しんでいても、自分と家族にさして影響がなければ「問題はない!」と言います。

そういう人にとっては全くの他人事なのです。

審理委員会で私が1世でありながら組織のムチ問題でとても怒っていることに、長老の一人が言及して、

「姉妹には、関係がないじゃない!」と吐き捨てるように言い切るのです。

その時、うまく弁解できなかった自分がとても悔しくて・・・。

クリスチャン仲間全体が聖書にあるとおり真の家族のようなものであれば、ムチの問題も他人事などと思えないはずです。

JWは自分達が唯一の神の組織であると主張する自負ゆえに、思考が歪んでしまっているのだと思います。
(私はこういう非常識を「神権ボケ」と呼んでいますが)
Unknown (ai)
2007-05-02 23:45:59
輸血にかんして、

肝炎の幾型は、輸血が原因と云いますが、今は注射器が使い捨てで、かなり、予防となってはいます、
しかし、一昔は、消毒して同じ注射器を使用しており
C型肝炎は、感染して、職場で偏見をもたれ辞めた人が政府を訴え新聞をにぎわしたものです。
「もの塔、目覚めよ」誌にも載ったりしている。
当時、「専門の本を買い調べててみると、全ぜん、雑誌と内容が違う、JWが肝炎にかかると、それだけで
エイズ?と大騒ぎする、
原因がなにか判明してないのに、まるで週間誌とかわらない、
あきれてしまう、現在は肝炎にかかっても、良く効く
薬が開発されています、
エイズに関しては、もっと、慎重に記事に出す時には
すべきである。正確な知識のない、ことの怖さを知らず、あきれて、離れていく、信者もいることを
謙遜に認めて欲しいと思う。
Unknown (こーじー)
2007-05-03 21:43:09
>グループ1:正規エホバの証人
うちの母がまさにこれです^^;他宗教の問題点は穿り返してとことん攻撃するくせに自分達の組織の問題については「それは個人の問題」と一蹴w本当に会話になりません・・・
sweetscentさんはじめまして (PW)
2007-05-04 04:32:33
ブログ全部読ませていただきました!!!sweetscentさんの経験や記事に私も深く共感しました、、、。これからの記事楽しみにしてます。

●わたしも残されている二世三世を救いたい、せめて成人して自分で決定できるようになるまで、自分をなくす、自分が無くなる様な教育を受けさせたくない

私はものすごく小心者で臆病なんですよ、、強い2世はどんどん抜けてゆくなか、一人家で問題を起こすくらいなら、、とか親に疑問や文句が言えない、言い方がわからない、、なんて理由でJW続けてきました。

JWを抜けるには強い資質がいると思うんです、それがない人はゆくゆくは時間をかけてそれを培っていくことになるんだろうけれど、(そして抜けられるんだと思うんだけれど)それってできれば、そんな葛藤や時間の浪費は避けたい、避けてほしい、組織がひとこと注意するだけでだいぶ緩和される2世の苦しみがあると思います。

この犠牲の流れは絶対変えないといけない!!と思ってます。

自分の問題もあるので、時間はかかると思うのですが、これからブログを通して自分なりにも何かできることを考えてみたいと思っています。意見や考えがあったらぜひコメントで参加してください!!
aiさんへ (PW)
2007-05-04 04:34:19
そうですよね、組織は弱肉強食。最近それにやっと気づきました。なので、すこししたたかになろうと思っています。
ai さん、続き (PW)
2007-05-04 04:57:31
●エイズに関しては、もっと、慎重に記事に出す時には
すべきである。

私も同感です。協会が出すエイズの記事というのはつまるところ、真摯にエイズを心配してるのではなく、淫行の結果こういうことが起こる、という脅しのような気がします。

特集記事の時はだいぶ気を使って書いていますが、淫行や輸血の記事でのエイズの扱われ方にはすごく疑問がありますね、、。ai さんのおっしゃるとおり慎重にすべきところを、まるで信者を怖がらせるために書いてるようなところがあると思います。
Violettaさんへ (PW)
2007-05-04 05:02:29
●JWの組織の中の多くの人は、仲間が苦しんでいても、自分と家族にさして影響がなければ「問題はない!」と言います。

これはありますね、、JW時代から腑に落ちない部分でした。もちろん、組織の信者への教育方針の結果であることはわかってますが、他人を助けようとすると、僭越。ってたたかれる。神の指示を踏み越えた、みたいな感じで。

●その時、うまく弁解できなかった自分がとても悔しくて・・・。

あ、、わかりますその状況!!!ブログでかくのは楽だけど、いざJWの前にでるとその完全にブロックされた思考にこっちも動揺しちゃうっていうか、、(笑)うまくいえないけれど、、、、いつも言いたいことがうまく言えません。
こーじーさんへ (PW)
2007-05-04 05:05:03
悲しいですよね、話が通じない、って。私は母と夫に感じてます。JWだと肉親だろうが、他人だろうがみんな言うことが同じなんですよね、そこに恐怖心を感じます。脱力感というか、、。

私も以前はそうだったんだと思うと改めてびっくりsる今日この頃です。

コメントを投稿

●エホバの証人考」カテゴリの最新記事