パーフェクトワールド

現在はゆっくりの更新ですがよろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人為的にうつ病状態をつくるエホバの証人の教え

2007-10-02 00:47:28 | ●エホバの証人考
うつ病について参考にしたサイトです。

唐木診療内科クリニック

エホバの証人はうつ病、うつ病の気がある人が多いです。統計を取ったわけではありませんが、この事実はエホバの証人なら否定できないはずです。

「このクラスは女の子が多いね~」というくらいのレベルと同じくらいで、会衆には鬱ぽい人が多いなあ。

とどこにいっても思います。


さて、一世の場合、元からそういう傾向があったのでエホバの証人になった。だから鬱っぽい人が多い。という説明でしっくりくると思いますが、

2世にもうつの人がたくさんいます。比率からいったら2世のほうが多いかもしれません。

それは協会の方針が人に及ぼす心理状態が


うつ病の症状そのものだから

だと思うんです。


つまりうつ病の傾向がない人でも、原因がない人でも症状のほうが先にあるので、

うつ病のほうが後からついてくる

んじゃないでしょうか。



さて、上に上げたサイトを見てみると、うつの症状に


●強い罪責感


というのがあります。


これは私が以前「世」の人と話した時のエピソードいい例になってます。自分がものみの塔の教理にそえないので何をするにも、いつ、どこにいても罪悪感を感じていたときです。

うつで入院していたというその人に、「罪悪感を良く感じるんだよね~」とさらりと言ってみたところ、

「あ~、それは典型的なうつの症状ですよ。薬もらってもいいかもよ。」


といわれたんですが、私は自分ではうつだと思ってませんでした。心の中で「あ~その罪悪感には理由があるから。。世の人には説明しにくいんだけど。うつの症状じゃないから」と思ってましたが、

やはり数年後うつっぽくなりました。


サイトには

ほとんど根拠なく自分を責める。過去の些細な事を思い出して悔やむ

のが症状のひとつだとかかれてます。


さて、JWはどうでしょうか。JWの細かい規則に従えない、JWの教えに疑問を抱く、とにかく自分を責める内容にことかきません。そしてこれらは教理に束縛されてない人にとっては

コンビ二でタバコを売る。職場の人にあけましておめでとうと言われ、人に対する恐れからついおめでとうと言ってしまった。などなど

ほんっと些細な事なのです。



過去の些細な間違い、、、これは

あ~、ボーイフレンドとあれこれしちゃった、、、
告白しないと滅ぼされる!!!!


過去のことを悔やむようにセットされています。



さらにうつ病の症状が上げられています。箇条書きにしてみます。

●性欲の停滞

これは、、もういいからっ。って言われそうですが、(笑)人為的に性欲を死んだものとするよう教育され、ある人は努力に努力をかさね、自分の性を無視することに成功しています。


●趣味や喜びの喪失

個人的関心は全て世のこと。今はそのような趣味に現をぬかすときではない。と周りから、演壇から常に圧力をかけられるので、時に趣味や関心事を追い求めることが苦痛になってき、それ自体をきっぱり辞めるよう余儀なくされたJWもたくさんいます。



●悲しい。なんの希望もないと感じる。


JW的に罪を犯しているなら、さいこ~に恥ずかしく屈辱的な告白と恐ろしい宗教裁判である審理委員を経るまで生きる希望はありません。


●自殺への思い。辛くて死んだほうがましと考える。

若いとJWでの生活が辛く、いっそ消えてなくなりたい、これ以上組織に迷惑をかけず、エホバをがっかりさせず、死んだほうがまし、と考える傾向にあります。

私もそう考えました。


●精神病的病状


(深刻な精神疾患である誇大妄想とくらべ、病的な根拠がない場合の症状として、「微小妄想」と言う。とサイトには書かれてました)


1 自分が重大な罪を犯したと思い込む罪業妄想を感じる。



はあ。。。エホバの証人にとってこれは思い込みではなく、時に宇宙の真実です。重大な罪、という表現は日常で、出版物で繰り返し取り上げられ、組織の定めた種類の罪を経験した人は苦しめられます。


2 何をしても無駄という虚無妄想を感じる。


むなしい、全てはむなしい。書物を作ることは疲れる、日の下に価値あるものは何も見出されなかった。。。。。


世はすぎさりつつある。

このような世界観を若い頃から事実として教え込まれています。



3 被害妄想


自分が避けられている、他の人から避けられているとう妄想。


あ~、ははは。

これもJWにとっては妄想でも何でもありません。日常です。演壇や出版物から定期的に霊性が低い人(そしてその基準はおのおの成員が決める主観的なもの)とは親しくならないように。と教えられています。

感受性が豊かな人や若い人は「自分は霊性が低いので周りから気をつけるべき人物と見られているのでは?」と常に感じます。

感じるっていうか、実際に避けられている人もいます。




このように、エホバの証人にはうつ病の人が少ないかもしれませんが、


うつ病じゃないけど、うつ病の症状を持った人はたくさんいます。


すばらしい組織ですね~



あと、蛇足ながら、うつ病になる原因のひとつに


「海外では 低学歴、低収入、貧困、無職の人がうつになりやすいという統計がある」


と書いてありました。

さらに、「教育体系や子供の頃うけたトラウマ」も。

体罰?むち?宗教的分裂による精神的苦痛?


おそろしくうつ病傾向をクリアしているエホバの証人。


これじゃ、うつっぽくならない人のほうがおかしい!



ジャンル:
ウェブログ
コメント (23)   この記事についてブログを書く
« エホバの証人とセクシュアリ... | トップ | そして、今。ニュータイプ »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (れいか)
2007-10-02 07:48:31
まったくその通りですよ。
あと、自分が罪を犯すと(本当は罪ってほどじゃないけど)会衆全体に迷惑がかかるってのもありますよね。聖霊が注がれなくなるとか何とか言って。

これで鬱にならない人ってJWになる前がよほど悲惨だったか、実はそっちのほうが「ニュータイプの信者(教理は信じないけどJWはやめない信者)」なのかもしれませんね。
れいかさんへ (PW)
2007-10-02 14:46:37
こんにちは~。

●会衆全体に迷惑がかかるってのもありますよね。聖霊が注がれなくなるとか何とか

これは(特に日本人にとって)すごく重荷じゃないですか、人の迷惑、神の迷惑になるなんて!!!すごく悩みましたよ、これについては。

ものみの塔は人に罪悪感を感じさせて行動を起こさせるてんですごく良く出来てるなと思います。

●これで鬱にならない人ってJWになる前がよほど悲惨だったか、実はそっちのほうが「ニュータイプの信者(教理は信じないけどJWはやめない信者)」なのかもしれませんね。

あ~!実は~。この記事の続きがあって、(長くなったので分けました。)そういう結論になってます。笑。
こんにちは。 (勿忘草)
2007-10-02 15:41:23
はじめてコメントさせていただきます。

うんうん。って、
おもいっきり頷いてしまいました。

>うつ病じゃないけど、うつ病の症状を持った人はたくさんいます。
本当に。
若い頃、わたしも「若い人」の本を見て、自分はうつじゃないかって、思ってました。
実際にうつ病の方も、同じ会衆に、けっこういた。
研究生にも、1世の兄弟姉妹にも、少し成長した2世の子ども達の中にも・・・。

当時は、心を病んでいる人が多いなぁ・・・程度しか考えていませんでしたが、
JWの教えを真面目に信じていたら、誰でも、うつになりますよね。
うつにならないって、よほどJW的にできた人か、
能天気か図太いか、なんじゃないかと、思ってしまう。(^^;;
Unknown (ヴィク)
2007-10-02 18:03:31
JWってうつ病多いですよね。

私の姉もうつ病ですよ~。

高校卒業してからすぐに正規開拓 → 必要の大きな会衆での奉仕

という典型的なJWでした。いまも現役ですが、何かかわいそうですね。そんなこと本人にはいいませんが。

まあ、とにかくJWをマトモにやってればうつ病にならないほうがおかしいですよね。


それと、『会衆の成員の罪が隠されていれば、会衆全体に聖霊が降り注がなくなる』ってゆうあれ、ほんとに私も苦しめられました 笑

よく考えれば、いわゆる連帯責任なんですよねあれって。『誰かが失敗したらみんなで責任を取りましょう!』みたいな。神の組織なのに幼稚なことやるもんですねぇ。

人の精神をわざとむしばむ組織のやり方!

ハルマゲドンで真っ先に滅ぼされることでしょう、アーメン♪
Unknown (なつみ)
2007-10-02 18:07:11
いつも興味深い考察、楽しみに読ませていただいてます。

生まれながらに罪人、という時点で存在価値全否定ですもんね。。

私も鬱でしたが、周りにも鬱の人が多かったです。
鬱は伝染するというか、
負の思考パターンは影響受けやすい。

当時の日記なんて、
「エホバお許しください」
「死にたい」ばっかりでしたよ。
あいたたた。。
人をネガティブにするキリスト教 (possible)
2007-10-02 18:30:39
この,人を「うつ」にさせる元凶は,
エホバの証人の「組織」にもあるでしょうが,
「聖書」(キリスト教)そのものに,
その原因もあると私は思います。
(あるいは,聖書の「文字通り」の解釈)

そもそも,キリスト教では「罪」を強調します。
そして,それを「自覚」せよと教えます。
それでこそ,キリストの贖いが自分には必要だと分かるわけです。
他のキリスト教(特に,ファンダメンタリスト)でも,そうです。
だから,キリスト教圏には,そういうので苦しんで,
「自尊心」が持てなかったり,
「自分を愛することができない」人がいるんです。
(注: これらの人は,エホバの証人じゃないです。)

そして,自分のその罪を「悔い改めなさい」
とかっていう“ネガティブな言い方”を用います。
実際のギリシャ語は,「思いの変化」
“change of mind”という
“ポジティブな考え”なんですけどね。

私は,そういう「罪」や「悔い改め」を強調し,
それができない者は「地獄に行く」だの,
「ハルマゲドンで滅ぼされる」だの,
「神が罰する」だの,「神の愛を失う」だの
と教える,いわゆる「キリスト教」からは離れ,
マーフィー博士の教えに慰めを見出したのでした。
(私個人は,「神への強い信仰」と,
 「聖書に対する敬意」を抱いています。
 マーフィー理論では,聖書は「文字通り」には解釈しません。)
勿忘草さんへ (PW)
2007-10-02 19:27:36
勿忘草さん、コメントありがとうございました。

●JWの教えを真面目に信じていたら、誰でも、うつになりますよね

そうなんですよね。脱JWした今、「平行のとれたJW的見方というものが出来たのでは」と考えてみたりしたんですが、、、

やはり組織の教えていることを「心から」きいていたらそれは不可能だと思うんです。組織には白か黒、
組織と歩調を完全にあわせるか、サタンの側か、

しかないんですから、、。

こう考えると、やはりJW内にいることは出来ないと改めて思います。これからJWなしで、精神がどうなっていくのか、自分ながら観察していきたいな~

とか、って思ってます。
ヴィクさんへ (PW)
2007-10-02 19:31:13
●それと、『会衆の成員の罪が隠されていれば、会衆全体に聖霊が降り注がなくなる』ってゆうあれ、ほんとに私も苦しめられました 

私もこれには苦しめられましたよ!!!ヴィクさんもですか~。

自分の良心はだませても、会衆全体に自分のせいで影響があるなんて!!!

な~んて。

コラの霊なんかが良く出ていて、コラが殺されたという結末も怖かったし。(聖霊に対する罪かなんかで永遠に許されないんじゃないか。とかとか)


これって江戸時代でいう5人組(?忘れてしまいましたが、そんな名称?)みたいなものですよね。

家が5家族グループに割り当てられて、その中で犯罪を隠してる人がいると、5家族の連帯責任になり、一緒に罰せられる。ってやつ。それでお互いスパイしあう、とか。

あれを思い出します。(笑)
なつみさん、こんにちは~ (PW)
2007-10-02 19:35:28
●鬱は伝染するというか、
負の思考パターンは影響受けやすい

あ~、そうなんですか。
もちろん、うつの人がいるところで能天気にしてられませんから、、、こっちも自粛。→気持ちがネガティブに。

あ、なるほど~。自分でうつに持ってゆく、という感じでしょうか。

JWにはほんとうつ系の人が多かったです。そしてその手の世の(笑)書籍が聖書の副読本みたいになってる会衆。。。。どこも同じでした。

組織はそろそろ「喜びに満ちている幸福な民」であるはずなのに、みんな病人。という状況に目を向けるべきだと思いますね!!

●当時の日記なんて、
「エホバお許しください」
「死にたい」ばっかりでしたよ。

それはなつみさんだけじゃないと思いますよ!!!

ここ読んでる人のうちかなりの人が「あ、私もでしたっ。」って思ってると思います。

私もそうでしたもん。

日記は母に読まれてしまうので、いつしかつけなくなりましたが、お祈りなんかは、まさにその台詞の繰り返しでした。

辛かったですよね。。。。
Possibleさんこんにちは (PW)
2007-10-02 19:40:32
●そもそも,キリスト教では「罪」を強調します。
そして,それを「自覚」せよと教えます

なるほど、そうですね。世のキリスト教(こういう言い方は悪いと思いますが)の人で教会を離れた人の幾人かが自分が許しが必要な悪人だと自覚できない、

罪びとだと言われたくない、といった理由を挙げていました。

エホバの証人以外の教会で女性を卑下するところもありますし、映画とか小説とかでそういう影響下の女性の苦悩を書いたものもありましたね、、。


そして,自分のその罪を「悔い改めなさい」
とかっていう“ネガティブな言い方”を用います。
実際のギリシャ語は,「思いの変化」
“change of mind”という
“ポジティブな考え”なんですけどね

あれ、そうだったんですか。悔い改めがそういう言い回しだったことは初耳です。

コメントを投稿

●エホバの証人考」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事