パーフェクトワールド

現在はゆっくりの更新ですがよろしくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

疑問11 集会-拘束時間の長さ

2007-04-18 04:54:59 | ●教理への疑問
疑問です。どうしてこんなに長い時間集会・奉仕に要求されているのか。

もちろん、これに大会やその他の形態の(交わりやピクニックなど)”要求時間”はふくみません。

とにかく長い!

この一言に尽きる。イスラエル国民やイエスの時代だって一般人はこんなに要求されてなかったのに、今の時代だけなぜ?と思う。

しかも大体出ていればいいというわけじゃなくて、奉仕だって普通の伝道者は10時間くらいが「普通」15時間あれば文句なし。

今の時代一体どれくらいの人が毎週の集会をやりくりして、普通に就職したりできるのか、不思議です。できたとしても息もつけないスケジュールになるのではないでしょうか。そしてそれを一生続けてゆくんだから、途中で燃えつきてもおかしくありません。

集会、短縮して欲しいです。

もちろん短縮されたからと言って組織にとどまるのかというと、もちろんそんなつもりはなくって、自分はやはり組織の言うとおり、「献身するかしないか」だと思っているので、どんなに内部が変わっても組織をさるつもりです。(いつかは分からないけど。)

残る2世のために。

書籍研究がなくなるだけでも、一晩の外出が防げる。それって大きいですよね。たった1時間といったって、前後含めるとかなりの時間の出費ですし、本当に少しだけだとしても出かけなくてはいけない、というプレッシャーはけっこうなもの。

JWにはそれが三日もある。プラス奉仕。

● 集会がこれだけあるのは霊的な食物を絶え間なく与えて、成員を鼓舞するため、、といういい分を信じていました。何事も集中しないと達成できないから、
協会が絶え間なく集会にでるよう励ますのは(嫌だったけど)理に叶ってると思っていました。

よく考えてみると、こうして毎日、毎週耐えず食べさせてもらわなければ死んでしまう信仰なんて、ないも同然じゃないかと思えます。

今思えば病気なんかで集会に数回でないと、かなり過激派JWでも「霊的」に弱るんですよ。ものすごいばりばりの開拓姉妹が引っ越しなんかで数週間集会に出られないとぱったりそのままやめたり…って話よくありますよね。

JWの呪縛を切るのは意外にも簡単なのかもしれない。
集会を絶てばいいだけなのかもしれない。

集会はJWにとってタバコのようなもの。少しJW集会フリーの期間があれば…だれでもすこしは健康になって、うまくいけば誰でも禁JWに成功するかもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« アメリカのエホバの証人お見... | トップ | 世の友を避けなさい!考 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (what-tower)
2007-04-18 07:01:07
やった!コメント一番乗りですw

集会、奉仕、

あきらかに、洗脳の手段ですよねぇ。
忙しくさせるのが。

>JWの呪縛を切るのは意外にも簡単なのかもしれない。
>集会を絶てばいいだけなのかもしれない。

そうそう(笑)。
同じように思います。

結局自分の信仰じゃないってことでしょうね。

ボクは、2週間休みましたが、先週末復帰しました。
その間は、本当に充実してました。
むしろ、ココロは平安でした。

また行くようになったら、
ストレス値が上がりました(笑

なんなんでしょうね、霊的パラダイス。
Unknown (Violetta)
2007-04-18 08:23:20
私の場合、限界まできていたのだと思います。

集会がとてもストレスだった。交わりもそうです。仲間の会話と私の思考がもう全然かみ合わなくなっていた。

自分なりにリフレッシュしたいと思います。

「これからは、沢山楽しいことをしようね」、と、ある友人に慰められました。
Unknown (脱JW)
2007-04-18 11:37:25
はじめまして。
今は脱JWしたと言える身ですが
私もあなたみたいな状態で
何年も過ごしましたので
読んでてすごく共感できました。

>JWの呪縛を切るのは意外にも簡単なのかもしれない。
>集会を絶てばいいだけなのかもしれない。

これは本当にその通りです。
私はこれでJW辞めました 笑

でもいきなり大胆に行動すると
周囲の抵抗も大きくなるので
徐々に目立たずを心がけて
自分だけではなく周囲にとっても
ストレス少ない道を探った方が賢明ですよ。

とはいえ、それでも
いろんなしがらみを振り切るのは大変で
このまま何も考えずにやっていった方が楽・・って
何度も気持ちが後戻りしました。

この迷っている時期に
私も1年ほどブログ書いてました。
現役JWや元JWの方からもたくさんのコメントをいただき
すごく助けられてはいたのですが
ある出来事をきっかけにブログを閉じ
ネット上のJWコミュからも離れました。

最初はすごく寂しくて
心の拠り所を失った気がしましたが
‘世の友’と飲みに行ったりして楽しい時間を持ち
JW色のない普通の生活に没頭することで
いつのまにか精神的にJWから脱却してました。

リアルだけではなく、ネット上でも
少しの間JWと離れることがポイントかな、って
今振り返って思います。
おせわさまです~ (ズッキ)
2007-04-18 12:51:24
確かに自分も集会、奉仕の日はストレスです…

仕事場から直行です。。

集会は妄想してるから 楽なんですけど、奉仕は嫌です。

集会は30分でいいと思います。
Unknown (aiai)
2007-04-18 15:01:19
呪縛から脱出成功組みです。なぜ?ズ~ツと前のことです。会衆全体が背教し、後ろを振り変えず逃げたのですが、約二分の一が悔い改めて復帰、
二度と行かない決意して、居所不明にしてたのに、見つかって仕舞い、別の会衆に行かざるを得なくなり
。所がは背教者が、偽りの手紙をこちらの長老宛によこした為に、会衆で読まれたから、たまったもので、ありません、長老は、責任をとり田舎へ帰る。
所が、こちらの氏名が消されていたため、次の会衆に
移っても同じことが續き、ストレスで主人は入院、わたしは、病気でダウン、子供は会衆から迫害。
これで、すべてが終わりです。
約10年以上たちますが、なんと、云われようが、
こんな、恐ろしい、宗教はもうこりごり、
「神は愛なり」「隣人愛」基本の教理が分からないのですから~~!
時間の取り分け過ぎ (n)
2007-04-18 19:52:53
本当、JWは予習だ。聖書通読だ。割り当てだ。掃除だ。交わりだ。集会だー!奉仕だー!大会だー!・・・etcと忙し過ぎます。あれは並ではない。私は今JWから開放されて本当に今は充実した心で暮らせてます。これが正常の暮らしなのに五年間縛られていた。まだ5年ならいいとしよう。
what-towerさんへ (PW)
2007-04-19 00:50:11
コメントありがとうございます。
バケーションからお帰りなさい、ですね。(笑)

●結局自分の信仰じゃないってことでしょうね

そうなんですよね。当然の結果といえば当然ですが、(それが協会の狙いですか…?!)あれだけ、詰め込みされてると自分の信仰を確立するどころか、考える暇さえない。

協会から与えられたものをこなすだけで精一杯、でも一方でそれをこなしてると霊的に成長してるみたいに錯覚できる、みたいな。、

●その間は、本当に充実してました。
むしろ、ココロは平安でした。

本当に私も同じ意見です!!!JWってなんなんだろう、、、。
Violettaさんへ (PW)
2007-04-19 00:55:35
仲間とのかみ合わない会話、、辛いですよね、私もそうです。良く考えてみるとだいぶ長い間そうでした、、。これから思いっきりたのしんでくださいね!!
脱JWさんへ (PW)
2007-04-19 01:06:38
コメントありがとうございます。
経験からのアドバイスうれしいです。本当に自然消滅が一番賢い方法かもしれません。最近は本当にそう思うようになってきました。

●いろんなしがらみを振り切るのは大変で
このまま何も考えずにやっていった方が楽・・って
何度も気持ちが後戻りしました。

これはまさに今の私です。その日によって前向き度が違うというか、、JWの間違いに気付くのが結構時間かかってしまったので、あまりこの状態が長引かなければいいな、、と思ってます。ちょっと焦っています。

●リアルだけではなく、ネット上でも
少しの間JWと離れることがポイントかな

そうですね。おっしゃることはよく分かります!!今の自分はかなりこのネットに頼っている部分があります。仕事の合い間といっても結構JW関係に時間を費やしているし。

ただ、今はこれからの問題を考えると圧倒されることが多くて、それから気をそらすためにも、ブログを更新したりするのが助けになっているので、頼らせてもらおうかな、と思っています。弱いとは分かっているんですが、どうしても問題を直視するのに時間がかかる、、、だめだなあ、、、(ため息)
ズッキさんへ (PW)
2007-04-19 01:08:41
●集会は30分

笑。そうですよね~。30分だとしたら、どの集会を残したいですか?私は、、公開講演かな。あとはいらないような…。笑。

奉仕は嫌ですよね。今、ぎりぎりまで時間減らしてますが、自分の信じていないことを人に伝えるっていうてんで、、、、かなり苦痛です、、、。

コメントを投稿

●教理への疑問」カテゴリの最新記事