日々の心の記録

私の日々の心のつぶやきを気の向くままに綴っていきます。

今になってわかること

2007-12-12 02:22:11 | 恋の話
日記を読み返して、削除していっている。
そうして、今考えて、わたしは正社員にからかわれて、本気になってしまった、あわれな派遣状態だったなーと今はわかる。
わたしばかりが悪いんじゃないから、首にならなかったのだろう。
今の会社という、その後の行き場所があって、本当に幸運な星の下に生まれているなと痛感する。Mさんに手紙を渡したり、その後残ることをしなくて、本当によかった。前の会社をやめるときに、手紙を書いて、妹にとめられたので、おかげで助かった。
好きにもなってもらえてないのに、熱を上げていて、もう全く周りが見えていなかった。

ことしももうそろそろ終わる。
いつも新年の初詣のときのおみくじは本当に当たっているから、今からおみくじにどんなことが書いてあるか気になる。来年はいいとしになるといいな。

きょうは友達とコメディー映画を見た。
楽しかった。大笑いした。笑っていればすぐに忘れられる。
1年なんてあっという間だ。
コメント

過去を忘れるために

2007-12-10 01:43:51 | つれづれ
ちょっとずつ片思い日記を消していこうと思う。
思い込みだけでMさんに恋し続けた悲しい記録。
どうしても消せない日記もあるけど、今はこれは消せると思えるものだけでも消して、今の会社に入ってからだけの日記を残そうと思う。
忘れたくなくても忘れなきゃいけない思い出もある。
悲しいけど。仕方ない。

自分の日記を読み返して思った。
彼が好きだったから自分勝手にいろいろ彼の行動を都合よく解釈して、自分に気持ちがあるって思い込んでいたんだなって。
彼は突然告白されてとても驚いたんじゃないかなって。

今、日常のしがらみに戻ると彼と過ごせた夢のような日々は本当に夢だったなと思ってきょうも帰りのタクシーでひとりの世界に入って涙がこぼれそうになった。

すべてが自分の妄想だったと思う。
わたしみたいなのが一歩間違うとストーカーなんだと思う。

H社をやめて、彼にもう迷惑をかけることがなくなってよかったと思う。

だけど、告白したあの日のことだけは実際に起こった出来事で、わたしの妄想とかじゃない。強く握りしめた手の感触は実際の出来事だ。それは忘れたくない。

H社の仕事の方が好きで、あそこにいたかったと思う。

だけど、生活のためには今のN社で頑張るしかない。
N社にだっていつまでいられるかわからない。
コメント

不満

2007-12-09 03:34:59 | お仕事
自分の日記を読み返してみた。
一年前は毎日好きな人のことばかり考えて何もかもに上の空だったなと思う。
今は違う。今は仕事を頑張ろうと思えるし、集中できる。

会社で一番仲良くしてもらっている派遣の同僚は今の会社が嫌みたいだ。
それに考えることがいろいろあるらしい。
わたしは脳天気だなとその人と話していて思う。
今の会社はいろんな派遣会社が入っているのだけど、会社によって時給が違う。
わたしは自分の時給に特に不満を持っていなかったのだが、その人は一番最近入ってきて、仕事ができなくて負担が軽い人が一番高い時給をもらっていると不満に思っているらしい。そのことでいつもイライラしている。

それに正社員の人がエリート意識が強くて派遣を見下していると感じて悔しいらしい。
そういうことが気になるから、いつも不満があるらしくて、よく友達にメールしている。きっと抱えきれない不満を友達に聞いてもらっているのだろう。たまにわたしの行動にもいらついているのかなと感じることもある。

わたしは正社員の人に派遣だと見下されていようが、仕事に集中してミスを出さず、仕事を頑張っていれば気にならなくなるし、周りも態度を変えてくると思うのだが、彼女はいい仕事があったらほかに変わりたいと思っているようだ。

人間なんてどこに行っても嫌な部分はあるし、今の会社なんて牧歌的でましな方だと思うのだけど、彼女はそう思えないのかな。もう少し彼女と接していろいろ話してみようと思う。
コメント

チャレンジ

2007-12-07 20:09:13 | つれづれ
ダンスを習ってみたけど、風邪をひいて欠席して以来億劫になっていかなくなってしまった。
体を何年も動かしてなかったから1時間30分の講座が苦痛だった。
趣味なんだから、楽しいと思うことをしたい。

今度は文章を書く講座か、シナリオを書く講座を受講してみようと思う。
ダンスとは全然違うことだけど、10月からの講座を申し込むときもどっちにするかかなり迷った。
シナリオは全く書いたことがないから、また、続かないかもしれないけど、小説を書くことにあこがれるので、プロの人に習ってみるのもいいかなと。
いつかは文章や小説、エッセーを世に出してみたい気持ちはある。運もあるだろうし、自分が書けるのかどうか、試してみたい。
事実を文章にすることはもうできるので、想像で話をつくっていけるか試したい。
続かなかったり、物語が全く書けなかったらやめればいいだけのことだ。
プロのお話を聞くだけでも価値がありそうだし、思い切って申し込んでみよう。
ここ、2、3日迷っていたけど来年から始めてみよう。


コメント

もうすぐクリスマス

2007-12-07 16:56:59 | つれづれ
母親とご飯を食べてきた。
本当は中華街に行って中華を食べたかったのだけど、油っぽいのが苦手な母親に却下された。結局和食を食べた。

服を見立ててくれて、買ってくれた。
わたしが会社で汚い格好をしていないかすごく心配らしい。
カジュアルだから、汚い格好なんだけど、汚いなら汚いなりに見苦しくない洋服を着せたいらしい。わたしはユニクロとか大好きなんだけど、母親からはユニクロ禁止令が出ている。女の子はきれいにしていないと、身なりに気をつけないとというのが母の口癖だ。

母との会食の行き帰りにクムリウタを聴いた。
自分にとって、すごく大切でかけがえがない人との時間、それが通過点でしかないこともある。つらいけど、認める勇気を持つことも大切だ。Mさんとの出会いは通過点だった。電車の中で、彼のことを考えてしまい、憂鬱な気分になり、泣きそうになった。平日休みだと子供連れの母親を見かけて、会ったこともない、Mさんの家族のことを考えて、いらいらする。無駄なパワーだ。だから、休みはあまりどこにも出かけたくない。

ことしももう12月いろいろなところでイルミネーションとクリスマスツリーを見かける。クリスマスイブは仕事だ。クリスマス手当を出してほしい。


ことしもまたひとりのクリスマスだなあ。


コメント

見つけた

2007-12-05 02:53:53 | つれづれ
このところ、レンタルDVDとかビデオを見るのが楽しみだった。
きょうまた新たな面白い作品を見つけた。
妹が録画していて、第2話から見せてくれた韓国ドラマだ。
私の名前はキム・サムスン。
ちょっとだけ見て面白そうだなとは思っていたのだけど、見始めたら本当に面白い。
韓国では視聴率50%を超えていたとか・・・本当か!?
しばらく休みの日は退屈しないで済みそうだ。
コメント

通過点

2007-12-05 02:43:19 | 恋の話
大塚愛ちゃんのLovePieceをレンタル店で借りてきた。
それでクムリウタを初めて聴いた。
詞もメロディもよくて泣けてきた。



クムリウタ

立ち止まってすべてを無にした
目をそらして 逃げてたことを
恥じらって 向かい合うことができたら
奇蹟を信じた

蝉は鳴く 響くように
歌うように 死んでいくかな
私も明日消えるなら もっと
ちゃんといれるのかな?

ここに立っていることさえ
時々意識を失いそうになる

曇り空、泣くな まだここは通過点で
曇り空、泣くな 心は強い

フワフワ流れるように
なんとなく 過ごせるけど
本当は虚しいことには ずっと
前から気づいてた

傷を持って もう一度って
強く誓え 自分を見捨てるな

曇り空、泣くな せめて心を信じて
曇り空、泣くな 待っている人はいる

深海の中を くるり 泳いで
聞こえる水の声 思い出す
あの雨の日も こんな暗くて
二つある扉

曇り空、泣くな まだここは通過点で
曇り空、泣くな 心は本当は強い

立ち止まって すべてを無にした
目をそらして 逃げてたことを
恥じらって 向かい合うことができたら・・・ 奇蹟を信じた



つらいときを過ごしている人
失恋をした人
何かを抱えている人には心に響いてくる詞なのではないかと思う。




コメント

心地よさ

2007-12-04 02:00:55 | つれづれ
昼間に出勤するからあまり寒さを感じないけど、このごろ仕事量が減ってきて、電車で帰るようになった。
まだ、人通りはあって、人の気配を感じつつ暗い中を帰る。
しんとして冷たい中をひとりきりで歩くんじゃなくて、ありがたい。
こんなとき、横を一緒に歩いてくれる人がいて、温もりが伝わってきたらなあと、星の見えない暗い空を時折見上げてはそう思う。

ふとした拍子にMさんのことを思い出す。
彼がよく着ていたチェックの平凡なシャツと似た服を着た人を見かけたり、めがねの人を見かけるとどきっとして一瞬立ち止まってしまう。実際には全然別人で、彼はもうわたしと同じ駅は使ってないかもしれないのに。去年のクリスマス前後を思い出す。ただひたすら彼のことを考えながら毎日を過ごしていた。今は違う。時は流れてだいぶ癒やされた。完ぺきに忘れられる日は来ないかもしれないけど、彼がいなくて生きていけない状態じゃない。思い出も薄れてきて、熱病のように思っていた気持ちはもうない。会わなくなったからそう思える。女性特有の体の変化で、情緒的に不安定になる生理のときは大泣きしてしまったりするけど、それ以外は穏やかに過ごせていると思う。退屈、平凡な毎日という平穏。誰にも恋してなくてつまらないけど、その退屈さが心地いい。
わたしに今必要なのはこんな日々だ。きょうは仕事でも大きなミスはしてないし。

帰ってから、タイマー録画したスマスマとあいのりを見た。
日本で普通の会社員が家に帰って、何となくテレビを見て、だらんとして過ごす、そんな毎日をわたしも好んで選択している。あしたは休みだから深夜のテレビを見て、昼間で寝て。

英会話とか、法律の勉強とか、頑張って自己研鑽と思うけど、やっぱりテレビでバラエティーを見ている方が、楽しいと思ってしまう人なんだ、わたしは。

無理しない程度に勉強もしていこうと思う。
年を取っていったときに後悔しないように、15分でもいいから、前向きに。
ちょっと本をめくってみようと思う。

コメント

風水?

2007-12-01 20:33:45 | つれづれ
どこで見聞きしたのか忘れたけど、不倫をすると運気を下げるらしい。たぶん、風水ではそうなっているんだったと思う。
本当にそうだと実感する。
N社に来てからいいことばかりが続く。
何でも話せる悩み相談できる同僚派遣ができたり、宝くじが当たったり、給料がふえたり。仕事もH社のときより、わたしに向いている分野の仕事が担当になるようになったり。神様が見ていて、Mさんをあきらめた代わりに、運気を上げてくれたとしか思えない。

仕事をしていると、いろいろ嫌なこともあるけど、仕事だけを頑張ろうと思って、仕事に取り組んでいるのと、ぼんやり過ごしているのとではだいぶん差ができる。今は仕事のことしか考えてないから、失敗もいっぱいあるけど、頑張れていると思う。この調子でやっていこう。といいつつ、きのうは間違えたんだけど。

前の職場で妻子のある人を好きになって、不倫について書かれた、HPとか、本とか、エッセーとかいろいろ見たけど、不倫をするのは弱い人だと書いてある意見をHPで見た。別に強い人でも不倫をすると今では思うけど、その意見を見て、Mさんを好きだったときも、本当に不倫に陥ることは避けよう、避けようとしていた。相手を本当に好きなら不倫はできないという意見もHPで見た。それらの意見が正しいのかどうかというのは、人それぞれの価値判断だけど、結局は、わたしもそれに同調して行動していたと思う。告白して、断られたんだけど、最後にH社をやめてMさんを忘れると決めたのは自分の判断だから。

今を幸せに生きて、Mさんをあきらめたことを後悔しないというのが、今のわたしを支えている一番の目標だ。でも、Mさんのことは今でも好きだし、幸せでいてほしい。H社とN社は交流があるから、いつかひょっとしたらMさんにわたしのうわさが伝わることもあるかもしれない、そんなときに、仕事を頑張っている人だと言われたいがためだけに、今は仕事を一生懸命やっている。動機が不純で馬鹿みたいだけど。H社時代は管理職の人ともよく話をする機会があって、わたしはKさんとか、Nさんという50代の管理職の人たちが大好きだった。初めの4、5カ月ぐらい、仕事のことだけしか目に入っていなくて、必死だったとき、よく声をかけてくれた。Mさんに熱を上げて、あきれられてたと思うけど、あの人たちにも、N社では一生懸命頑張って、仕事もできるようになったんだと、いつか伝わるかもしれないから、ということを考えて、そのことだけを支えに頑張っている。ライバル社だから、よそで頑張られても、ちっともありがたくないだろうけど・・・。H社をやめる日にKさんにあいさつにいったら、「別のところで頑張って」と言われた。どういう意味を込めて言っていたのかわからないけど、Kさんの優しさだったと思っている。

きょうは休みの日でついだらだらしてしまうけど、ちょっと仕事に関係ある本に目を通しておこうと思う。

コメント