日々の心の記録

私の日々の心のつぶやきを気の向くままに綴っていきます。

このブログ

2006-11-07 02:49:56 | Weblog
家に帰ってからコンビニに行ってカヴェルネソーヴィニヨンのワインを買った。
わたしの好きなチリワインが置いてあった。一人で飲んで今ふらふらしている。
ぐるぐるしている。

Mさんに避けられていることが悲しくて、でも涙ももう出てこなくてお酒をひとりで飲んだ。

彼のことは忘れたつもりなのに、視線を避けられたりするだけで落ち込んでしまって。

きょうは彼と仕事のことで話した。
でも、それはわたしが彼とどうしても話したくて必死で仕事の間違いを見つけて彼のところへ伝えに行ったのでした。自分が客観的に見て痛々しいとわかるけど、彼に気持ちがあって、まだ終われていないみたいで。

彼はとっくにわたしに見切りをつけていて幸せな家庭があるのに、わたしだけが彼を諦めきれなくて。

さみしい。

どうしたらきっぱりとあきらめがつけられるのだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 永遠に終わらない形 | トップ | 本当はまだ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (ゆうよ)
2006-11-07 23:48:30
はじめまして。
いろいろなブログをたどっているうちに、こちらにたどりつきました。
すみれさんは表現力が豊かな方ですね。
毎回読んでいて、引き込まれます。

私も既婚者に片思いをしていて、毎日がつらくて、早く忘れたいのに忘れられません。
相手の態度に一喜一憂し、つまらない嫉妬心に
苛まれる日々です。

どんなに思っても振り向いてくれない人を思うことに何の意味があるのか、よく自問します。
最初は会うだけでも嬉しかったのに、段々と欲が出てきて、欲が深くなればなるほど相手との距離を感じてしまいます。

永遠に終わらない片思いかもしれませんが、私の場合は終わらせなければいけないと思っています。でも自分自身でどうにもできないから
悩んでいるのですが。
ブログ見ました (すみれ)
2006-11-08 02:24:19
ゆうよさん
はじめまして!ブログのアドレス書いてくれていたので拝見しました。中秋節のお話素敵ですね。ちょうどきょう満月を見て彼のことを考えていたので胸がきゅんとなりました。

Gさんですけど、わたしは何となく隠しているだけでゆうよさんのこと気に入っているとブログを読んで思いました。男性は自分のしたいことしかしません。メルアドを聞いたり、携帯を聞いたり、客観的な事実だけを見ると興味がある女性にしかしないことだと思います。職場が変わっても接点があるということだからうらやましいです。

わたしなんてMさんの携帯とか全然知らないし、聞かれたこともないですもん。

進展しないかもしれないけど、わたしはまた恋ができたことだけでも感謝しようと思うようにしています。時々つらくはなりますけど。

恋って不思議ですよね。ゆうよさんがそんなにいろいろ考えていると知ったらGさんはびっくりするでしょうね。
ありがとうございます (ゆうよ)
2006-11-08 13:31:54
すみれさん

私の稚拙なブログをお読みいただいたとのこと、ありがとうございます。
私は文章を書くのがとても苦手なのですが、書かずにはいられなかったというのが始めたきっかけです。下手な文でお恥ずかしいかぎりです。

上司が私を気に入っているのかどうかはわかりません。でも嫌われてはいないとは思っています。
メルアドは聞かれましたが、全くやりとりはありません。こちらから送ると返事の有無が気になるので送っていません。

Gさんが、私の心の内を知ったら本当に驚くでしょうね。Gさんと数年後も連絡をとりあっていたら、「あのときは…」と告白するかもしれません。
こんばんは (すみれ)
2006-11-08 23:53:42
ゆうよさん
こんばんは

ブログを拝見してゆうよさんはとても慎重で賢い方だなと思いました。社会人としての常識があるというか。わたしは気持ちが抑えられなくて、後先考えず、告白とかしてしまい、気持ちを伝えたことには満足しているけど、今、彼に避けられていてつらい思いをしています。告白なんてしたわたしが非常識だったなと反省しています。

こちらからメールを送ると返事の有無が気になるから送らないことにも意志の強さを感じます。

また、好きなのにポーカーフェイスでいられるところにも感心します。

わたしは好きな人ができるとどうしても態度に出てしまいます。だから、職場では恋愛しない方が無難だと今回の件を通して悟りました。

日記また訪問させてもらいます。
自然に任せてお互い気張らず頑張りましょうね。


コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事