雑記帳

日々の徒然をとにかく書き込んでおきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蔵王温泉

2007-09-22 12:29:39 | 旅行
今回の旅行の目的地は蔵王温泉である。
旅行先を決めるにあたり、
・温泉がいい
・夏だから涼しいところがいい
・宿の客室はただの寝室ではなく、昼間もゆっくりくつろげる部屋がいい
などを考慮し、蔵王温泉あたりがいいのではないか、その中でも蔵王国際ホテルが無難そうだ、ということでホテルを選んだ。
しかし実態は出かけてみなければわからない。

山形市から蔵王温泉に行くには、バスがある。山形駅前から1時間に1本の割でバスが運行されている。所要時間は35分程度、運賃は片道860円だ。

9月1日午後、バスに乗るとそのまま寝込んでしまった。
気が付くともう蔵王温泉に近かった。

蔵王温泉のバスターミナルから目的の蔵王国際ホテルまでは歩いて5分とある。電話すれば送迎バスが来てくれるはずだが、歩くことにした。道を下ってホテルへの角を曲がると、最後は上り道である。

ホテルの部屋は洋室を予約したが、取り敢えずは予想通りの部屋であった。ホテルだから部屋の照明は明るくないが、何とか読書や刺繍をして過ごせそうだ。

まずは温泉である。
このホテルの大浴場は「八右衛門の湯」と呼ばれる温泉だ。外の露天風呂とつながっている。
2泊する間、何度か温泉に漬かりに行ったが、のぼせてしまうのでそんなに長時間入っていられるものではない。

ホテルの夕食、これは観光ホテルのお約束で、食べきれないほどの分量が提供される。山形は牛肉の産地ということで、「蔵王牛」なるものも出た。芋煮が一皿、山形蕎麦もある。その他、よく覚えていない。


9月2日は、予定ではこの付近を散策することにしている。ケーブルカーを使って蔵王高原へ行くつもりだ。朝起きると、空には低い雲がたれ込めている。取り敢えずは行ってみよう。

蔵王中央ロープウェイがもよりの乗り物だ。大きなゴンドラが2基設置され、往復している。出発まで15分ほど待たされた。ふもと駅から上を見上げると、頂上は雲の中だ。


頂上駅を降りると、そこは霧の中だった。10メートル先も見えない。鳥兜山の頂上(1387m)に行った後、チラシの地図を頼りにドッコ沼に向かう。スキーゲレンデを下っているようだが、まわりの景色は一切わからない。
ゲレンデのふもとには、食堂やホテルが並んでいるようだが、営業している様子はない。


ドッコ沼から1.2キロのところに、不動滝という滝があるらしい。そこへ向かうことにする。チラシの地図では、そこまでの道が上りなのか下りなのかさっぱりわからない。
歩き出すと、林の中を下る道だった。結構な急斜面だ。ずいぶんと長い距離を歩いた気がしたが、やっと滝までたどり着いた。
  

帰りは登りである。
途中に「ブナ平」とあったから、ブナ林なのだろう。右上の写真は霧にかすむブナ林である。
往きには結構長い下り道だとの印象を受けたのだが、帰りの登りはなんだかあっというまに過ぎてしまった。

蔵王温泉までの下りは、往きとは異なる蔵王スカイケーブルを利用する。こちらは、6人乗りの小さなゴンドラが多数配置されたタイプであり、すぐに乗れた。


今回の旅の目的はとにかくのんびりすることなので、宿に帰り、部屋で読書や刺繍をしたりテレビを観てすごした。テレビは電波が悪く、画像が乱れているが、まあしかたがない。

東北の秋といえば芋煮会である(らしい)。東北のどの地域で普及しているのか知らないが、少なくとも山形では普及しているようである。

われわれが蔵王温泉に滞在していた9月1日は、たまたま山形市を流れる川の河原で「日本一の芋煮フェスティバル」が開かれる日であった。
テレビのニュースでは繰り返しこの催しが放送されていた。ガイドブックによると、直径6mの大鍋で3万食の芋煮を調理するそうだ。
参加した人はテレビのインタビューを受け、「とてもおいしい芋煮だった」と評していた。

テレビキャスターが視聴者に向かって「今年は何回の(芋煮会の)予定が入っていますか?」と問いかけていた。そうか、山形の人たちは何回もの芋煮会の予定を入れているのか。明日は職場の芋煮会、来週はご近所の芋煮会、といった具合だろうか。われわれが「12月は忘年会の予定でいっぱいだ」というのと同じようだ。その芋煮会は、どの場合も河原で行うのだろうか。

蔵王温泉の土産物屋では、温泉饅頭、だだちゃ饅頭に加え、芋煮を1パック、記念に購入した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 山形市 | トップ | 米沢 »

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

くちこみブログ集(国内旅行): 蔵王温泉 by Good↑or Bad↓ (くちこみブログ集(国内旅行)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓)
「蔵王温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。