スンウな毎日 ~since 2005 April

俳優 チョ・スンウ(CHO SEUNG WOO 조승우)さんの応援ブログです

ご連絡

GOOブログ機能では、コメント欄のハングル文字、文中の文字点「・」は表記できません。その旨ご了解ください。

7月18日のスンウさん

2013-07-20 13:49:24 | HEDWIG(初演から)


今日は、ブログ創設当時からのファン仲間 joyさんの撮影された写真を紹介します。


7月18日夜 に舞台を見に行かれ 終演後に出会えたスンウさんです。

joyさん、写真掲載OKいただきありがとうございます

「くたくたなのに、サインしてくれます。バイクで帰るからリュック背負っています」とのこと。

しばらくやっていなかった「バイク通勤」復活のようですね

舞台での妖艶さと素の姿と。両方ともスンウさんらしさにあふれていますね
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

一瞬ですが・・チョ・スンウさんカメオ出演「僕の彼女を紹介します」

2013-07-15 08:52:28 | チョ・スンウ探求
昨夜、「馬医」第二回をご覧になっていかがでしたか。
出生の秘密から、幼年時代に話が移り、出生の秘密を持った二人が
偶然の出会い、気持ちの通う出来事・・ いよいよ物語が始まる・というところです

さて、今日はNHKBSつながりのお話。

BSプレミアム 7月26日 午後11:45~午前1:49に
プレミアムシネマで、 クァク・ジェヨン監督、
チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク 主演の 2004年映画「僕の彼女を紹介します」が放送されます。

韓国映画をいろいろご覧になっている方には「そうそう見たことあるわ。
確か、X-JAPANの曲が・・・」などとお答えが帰ってくる映画だと思います。

ジヒョンさん、チャ・テヒョンさん不朽の名作「猟奇的な彼女」、続けて、スンウさん、ソン・イェジンさん主演の「ラブストーリー」(原題 クラシック)に続く、恋愛三部作の完結編ともいえる映画で、この映画のラストシーンを見ると、クァク監督のこの3作をつなぐ心憎い演出には思わず拍手

ユニークで陽気な演出のクァク監督に賛同して、この三部作のどこかにはいろいろな俳優さんがカメオ出演されています。

で、スンウさん。
映画のクレジットにもカメオ出演者リストにもお名前は載っていませんが、この映画に
登場しています。

一瞬です。  

当ブログでも、<2005年 5月2日の記事>でいろいろ皆さんの意見が飛び交いました。

公開から約10年経ち、今では比較的簡単にその映像に巡り合えます。でもその当時は動画サイトもなかったしなかなか探すのは大変でした。

じゃ、どこに

こちらの中にお答え有。です
Windstruck Part 7 of 13.


みつけることはできましたか?

ところで、6月末から7月頭にかけての日本公開映画で、2006年のスンウさん主演作「タチャ(いかさま師)」のチェドンフン監督の邦題「10人の泥棒たち」で「僕彼女~」以来のチョン・ジヒョンさん主演の演技を見ました。
10年近く経ってさらに美しくなられてるし、いい意味で大胆なアクション役も任せても大丈夫。似合ってると感じました。
この作品、二週間限定公開はタイトでしたが、私の住んでいる地方でも首都圏と同じタイミングで見られたし、チェ・ドンフン監督らしいスピーディさは生かされていたし、芸達者ぞろいのキャスティング。大変面白かったです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「馬医」日本版DVD 11月発売予定

2013-07-14 08:38:58 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
「馬医」の日本放送開始で、日本のメディアでも
まずは 日本版オリジナルサントラ盤CD<詳しくはこちら> 、 原作小説本<詳しくはこちら>、 NHK版ガイドブック<詳しくはこちら> 等の発売があったり、予定日が出てきています。


そして、メディアといえば、映像DVDの日本語リージョン版!ということになりますね。

もちろん、自宅での鑑賞だけであれば番組の個人的な視聴のための録画・・を優先されるかとは思いますが、映像のクリアさ、字幕と吹き替えも両方楽しめる・・等で購入を希望される方はkれからどんどん出てくると思います。

現時点ですでに 通販サイトに第一次発売予定の告知がアップされています。(1~10話まで)
NHKエンタープライズさんが、ノーカット版ということで対応してくれているようです
通常版と違う注文番号で ブルーレイ版も準備されているとのこと。

<Amazonさんの予約ページ>

全50話です。これはあくまで私の予想ですが、一か月ごとに10話分ずつ発売になるのかもしれませんね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソウル ベガムアートホール HEDWIG上演中

2013-07-13 21:56:01 | HEDWIG(初演から)
第4次チケット発売が来週18日木曜日に決定のニュースが出てきたところ

スンウさんのチケットは引き続き「時間差」になりそうです。日本からもたくさんの方が鑑賞し、会場一丸の空気を受けてこられることを祈るばかりです。

さて 現在HEDWIG上映中の劇場の様子。どんな場所だろうと気になってらっしゃる方も多いはず。

先週の6日、7日にご覧になってきたファン仲間さんより 現地の写真を送っていただきました
ので、ぜひぜひ会場の雰囲気を一緒に味わいましょう。

写真提供、ありがとうございます















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHK出版で7月30日「馬医」ガイドブック発売

2013-07-12 22:57:59 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
NHKでの番組放送が始まるとこれまでも 関連会社NHK出版からドラマのガイドブックが発売されています。

なので、もちろん!「馬医」も発売決定!!

当初、通販サイトなどでは7月15日との話もありましたが、扉写真にあるように
月末、7月30日に決まっています。

前半25話までの内容掲載。 表紙の様子からグァンヒョンとジニョンの恋の行方が気になりますね

<NHK出版 7月新刊案内~WEBブック表紙>

<前篇の案内>

すでに 小説本については発売されています
<馬医ノベライズ本の記事7月2日>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「馬医」これが知りたい!!

2013-07-09 07:10:21 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
当ブログは 05年よりチョスンウさんを応援し、日本ファンの情報交流ブログとして続いております。

その時々のスンウさんの出演作や舞台の感想交換等 それぞれの皆さんの思いをお話しいただきながらのあっという間の8年です。

そして、昨年秋、スンウさんが初主演ドラマ作「馬医」の出演があってから、ドラマファンの方もたくさんここに来られるようになりました。

もちろん、現在、ソウルで公演中の「HEDWIG」に関する話題も盛り上がっていますが、「馬医」の放送に関しては、これまでにない反響をいただいてます。

特にNHK BSプレミアム放送の開始は大きいです。

そんな中、当ブログ、「馬医」についてどんなことを知りたいのか、放送第一回を終了したところで、検索アクセス数の多い言葉をお知らせします。
相関図以外については、当ブログで個別の記事を書いています。

相関図    

キャスト・声優   

あらすじ 50話

挿入歌

ロケ地

馬医 本

俳優さん  ハン・サンジンさん、イ・スンジェさん、ソン・チャンミンさん


で、今一番の検索数は

馬医 再放送 です。

久々のイビョンフン監督作品として注目度も視聴率も好調スタート。
見逃した方、再放送さえあれば・・のお気持ちもわかります。
韓国MBCでは月・火の本放送分を次の日曜午後に再放送していたのもあるので、
日本でもそうあってほしいですね。


現時点ではNHKがYou tubeで運営しているNHKチャンネル、
にて、下に添付している「5分でわかる馬医」で内容をご理解いただき
来週日曜午後9時からの第二回をご覧いただくということになるでしょう。

5分でわかる「馬医」~第1回 消せない過去~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬医吹き替え版の声優さん

2013-07-07 22:42:44 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
「馬医」のNHKでの放送、吹き替え版となりますが

まだNHKのホームページでは、幼年時代の声優さんしか発表されていませんので、

スンウさん、ヨウォンさん、の青年になってからを担当される方は、いったいどなたが?どんな雰囲気の声?? と気になっていたのではないかと思います。

日々の当ブログの検索語上位10位以内に「馬医 吹き替え 声優」という言葉もかなり持続して入っています。

そんな中で、6月末、ジニョン役には「善徳女王」など数作で イ・ヨウォンさんの吹き替えをされている 甲斐田裕子さんがご自分のブログで担当されるとのコメント発表されました。

で、
スンウさん演じるグァンヒョンについては、これまでの声優さんリストからもわからず、
第5回まで待たなければいけないのかなとか思っていたんですが

今夜Twitterリストを見ていて、「馬医」声優さんを一つ一つ確かめられている方のツイートを拝見し、

そこから、青木強さんが担当されると6月10日に呟かれていることがわかりました。
原文のまま、転記させていただきます

青木 強 ‏@Tsuyoshi_Aoki 6月10日
【告知です!】
7月7日(日)21時より、NHK BSプレミアムで『馬医』という韓流ドラマが始まります。その主人公ペク•クァンヒョン役を私、青木強がやらせて頂きます!
とても素敵な作品です!
是非!ご覧下さい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆  


ドラマ、映画、アニメ、幅広く活動されている声優さんで「馬医」が初主役作とのことです。

スンウさんのドラマ初主演と、青木さんの初主役 どちらもフレッシュな印象

NHKの海外ドラマ吹き替えでは、同じ俳優さんに同じ声優さんということが多々。

ちなみに、「イサン」にも「馬医」にも両方出られている俳優さんは、引き続いての配役になっているようです。

となると、青木さんも、今後もスンウさんの出演作品を担当されることになる可能性も大きいです。

さあ、どんなクァンヒョンになるでしょう。第5回の初登場が待たれますね



コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよBSプレミアム「馬医」放送開始

2013-07-07 13:12:39 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
七月七日といえば、たなばた。

今年の七夕は急な強雨とそのあとの陽ざしの繰り返す 梅雨のお天気です。

伝説に言う、彦星と織姫、今夜あえるでしょうか?と空を見て思うところです

さて、いよいよ、今夜9時から BSプレミアムで「馬医」始まります。

MBCや衛星劇場をご覧になった方は、ご存知かと思いますが、今日から第5回の半ばまでは

主人公ペクグァンヒョン、出生前からの運命が詳しく語られるということで、今夜のスンウさんの演技を楽しみにしている方は、もう少しだけ登場を待つことになります

しかし、第一回は、後日 成長した グァンヒョンと大きなかかわりを持つ イミョンファンの青年時代。これを押さえておかないと二人の人物像をつかめないと思いますので

どうか気を抜かずにご覧ください。というか、気を抜く暇もないと思います

ところで、
扉写真は「馬医」放送開始をお知らせする、角川書店さんの週刊テレビ雑誌
「ザ・テレビジョン」の記事です。

この雑誌は韓国番組に造詣の深い田代さんのオススメがしっかり書かれています。

今週、この雑誌のほかにもNHKの雑誌「ステラ」にも3ページ特集があったり、他にも

昨今、何冊か発売されている「韓国歴代王をめぐる」ムック本にも数ページ「馬医」特集があります。

また、これからも出版が続きます。また情報がわかり次第紹介しますね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHK 「馬医スペシャル」で紹介された「ジキルとハイド」映像

2013-07-03 09:19:26 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
「馬医スペシャル」の冒頭
主演のチョ・スンウさんの出演ミュージカルの代表作として紹介されたのが
古くからのファンには、何をおいてもこれ!という「ジキルとハイド」
番組では一部のシーンが流れましたが、是非舞台映像でフルコーラスお届けしたいと思いますので、新記事で紹介します

この映像は、2004年の韓国初演時のものです

지금이순간


もう一つ
音声は出てこなかったけれど、一瞬の映像で流されていたのが、エマ役のキムソヒョンさんと愛を語るシーン

Take me as I am -?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「桃の木」ニューヨーク映画祭で上映決定

2013-07-02 18:02:24 | 映画「桃の木」
かねてから、演技派なところも、見た目も似ている・・とファン仲間の間ではよく話題になって
いた スンウさんと若手俳優 リュ・ドックァンさん

この二人を双子の兄弟としてキャスティングした映画「桃の木」

メガホンを撮ったのは 日本でも放送された韓国テレビドラマ「花より男子」で牧野つくし役を演じた

女優と映画監督を両立させている ク・ヘソンさん。

ヘソンさんの作品は徐々に各方面からの注目が集まっています。

「桃の木」は商業映画としてよりも、映画祭で心をひく映画としての評価が高まってきて数か所の映画祭で上映が続いています。

4月にはベルギー、6月には韓国の映画祭でも上映されています。

そして、今回、6月28日~7月15日まで、ニューヨークリンカーンシアターで開催されるニューヨークアジア映画祭での招待作品としての上映が決まりました

<ニュースはこちら・・・日本語サイトビッグローブ>

スンウさんの映画が 7月10日にアメリカで流れます。
すごいですね。

ヘソンさんの深層心理もうかがえ、スンウさんドックァンさんの演技だからこそ、観客に伝わるものも重みがある映画です。

ヘソンワールドに触れてみたいです。遠くない日に日本の映画祭でも上映してほしいところです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「馬医」ノベライズ 上篇  7月5日発売

2013-07-02 17:50:49 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
NHKでの直前スペシャルの放送が終わり、さて、これから本編に・・・のタイミングで

待望の小説版「馬医」が7月5日に発売されるというニュースがはいってきました

発行社は 二見書房さん。

上・中(8月発売予定)・下(9月発売予定)の三部作で番組でも描かれたペクグァンヒョンの軌跡が日本語で読めます。

ドラマを見て、もう少し詳しく知りたい・・そんな思いも原作小説で理解できそうですね。

<二見書房さん「馬医(上)ホームページ>

このホームページから購入注文もできるようです。

また、現在HPにはまだ出てきていませんが、NHKの関連会社、NHK出版からは7月15日ごろの予定でガイドブック(前半)が出版される予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHK 「馬医」放送直前SP

2013-07-01 07:15:21 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
6月30日(再放送は7月6日)

✫取り急ぎ 放送された項目

 予告映像

 イビョンフン監督

 監督が語る 主演 チョスンウ &スンウさんのこれまで

(ジキルとハイドの舞台映像)曲「チグミスンガン」のフルバージョンは<こちらの記事にリンク> 

 ヒロイン イヨゥオンさんのコメント

 ストーリー(グァンヒョン&ジニョン 二人の生い立ち~大人になってからの再会

第一回~五回の子役時代までのエピソード、

 実在のペクグァンヒョンの功績
史実に残るペクグァンヒョンの治療について、ドラマの医事監修の医師の解説を交えての説明

 医療シーンをリアルに描くための努力
小道具、セット、アクション すべてに渾身のイビョンフン監督、スタッフ、キャスト

 生き物の躍動感をどう伝えるかの技術
リアル感の演出、CGを効果的に使う、壮大なシーンにはヘリコプターを使っての撮影

 ドラマロケ地「ドラミア」での対談(イビョンフン監督と「太陽を抱いた月」のキムドフン監督)

大変この部分は長く、両監督の人生観、ドラマ制作者として、また自分自身として何を視聴者に伝えていきたいかを熱く語り合い。
ドフン監督の放送局入局時にすでに役職で活躍中のビョンフン監督を尊敬しながらのドフン監督。常に変化と努力を続けてきた ビョンフン監督

 メインキャストインタビュー 

  ハンサンジンさん(顕宗)
        イビョンフン作品は後世に残っていくものとして演じています
  イ・スンジェさん(コジュマン師)
  イ・サンウさん(イソンハ)
        恋敵というよりは真摯な愛を貫く男性を演じています
  キムソウンさん (スッキ姫)

  ソンチャンミンさん (イミョンファン)
        (MBCインタビュー映像より)
       このドラマの中でミョンファンは悪役と描かれているけれど、実はかわいそうと思えるのでは?
  ユソンさん (医女インジュ)
  
フラッシュ映像で イビョンフン監督作品の常連たち
        メンサンフンさん、チャン・ヒウンさん、ソボムソクさんなど・・・

 番組のまとめ  イビョンフン監督  チョスンウさん メッセージ

スンウさんの映像はドラマシーンが満載。大人になってからの前半までのシーンが多々。
インタビューについては、MBC放送局ですでに公開されている映像で新たなコメント撮影はなかったように思います。

とにかくお茶の間にスンウさんの映像が登場し、スンウさん紹介のシーンでは
2004年ジキハイ初演の映像(チグミスンガンがBGM)が流れ
思わず胸がいっぱいになりました。        
  

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加