スンウな毎日 ~since 2005 April

俳優 チョ・スンウ(CHO SEUNG WOO 조승우)さんの応援ブログです

ご連絡

GOOブログ機能では、コメント欄のハングル文字、文中の文字点「・」は表記できません。その旨ご了解ください。

「馬医」 第35回 ☆1月29日

2013-01-30 08:52:17 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
ギュテ師と息子はグァンヒョンに患部を診てもらいます。


外科的な視点で糖尿病の悪化による壊疽を患部の切断で治療しなければいけないという診立てに対し、ギュテも納得いかず、
息子は激怒。
「髪の毛一本も大事にする人体を切るなんて!」
<外科手術とは一体!>

そそくさと引き上げて行った親子、しかし翌朝のギュテ師
悪化を実感。
グァンヒョンの説明した放置の症状がその通りとなって出てきていたのです。
それでもまだ息子は納得していません。つらそうなギュテ師

ギュテ師を早く自分の腹心として任用したい王は医療をしっかりするよう命じた
ミョンファンに報告を求めます。
「この症状では無理です。いたしかたないです」
その話で通していこうと団結する 悪のスリーアミーゴス。

ところが、平民の中で異変が起きていることを知ります
医局で治療不能と判断された患者達が元気になっているのです
グァンヒョンが膝を手術して歩行ができるようになった男が一度治療を断られた医局にやってきて快方の状況を見せると、みんなびっくり。
ミョンファンは自分ができないといったものがなぜ元気になったのか不思議でたまりません。
血眼になったミョンファンは部下チョンドゥを使い、
自分が諦めた患者を元気にしたというのは誰だ?
外科医を捕まえるように手配します。

さて、ギュテ師の症状はさらに悪化します。
足の変色だけでなく、手には発疹も出てきて、患部は水が触れても感覚なし。
もう手術に頼るしかない。
息子もグァンヒョンを信頼し、手術を任せると言います。

さて、医療院やジニョンのために傷ついたソンハ
医局で意識がなかなか戻らず、ジニョンも心配しています。
この一件で、ウンソの兄は、薬の事で動いていたのがソンハだったことに気づきます

数日後、ソンハは起き上がれる様になりました。
けがをして意識を失っていた時、治療されたことはを診てもしやグァンヒョンが?
と案ずるジニョンに対し
「いや、それは違う。彼はもう死んでこの世に居ないのだ」と自分に言い聞かせます。

<命をかけてジニョンを守ったソンハ>

ギュテ師の手術はグァンヒョンとコカヨン。地域の人たちも手助けし
無事終了しました。
<快方に向かい息子も喜ぶ>

ホッとして、術後の治療方針を話している二人に、民が駆けてきて
インチキ外科医としてサアムドインが警察につかまって連行されたことを伝えます。
動揺するグァンヒョンとコカヨン。


でも。今公の場に出ることはできません。

サアムドインは医局でソクチョル先生、ジョンチョル達を目の前にして
堂々と自分の意見を言います。本音を言いあてられて、言葉を失う状況。


そこにやってきたミョンファン。「おまえがインチキ医師か?!」
サアムドインはミョンファンに言います
「医術を私利私欲に使うのはおかしい。本当の詐欺師はお前だ!」
掴みかかるミョンファン。

そこに飛び込んできた医女インジュ
「サアムドイン先生!!」恩師と数年ぶりの再会です。
インジュと、警察の監視の下、こんこんと話す二人。

王様は再び、ミョンファンにどういうことなのか聞きます

「王様、正体不明の外科医は、医局を混乱させたのですから、処罰をかけなければいけません。
元気な人を医局に病人のようにして来させ、医局で断った後、いかにも病気が治ったような顔をさせるように平民を操っているのですから。」

王は投獄を指示します。

コカヨンは何とかサアムドインに会おうとします
医局で清国で出会ったテマン、テジュと再会し、彼らを通じて合わせてもらえるチャンスに恵まれたかと思いきやうまくは行きませんでした。
サアムドインはグァンヒョンを守り、身代わりとなって市中を回されてあるきます


さて、手術後のギュテ師。
不眠で付き添ったグァンヒョン、案じる息子。
二人の気持ちが通じ、体調を確認すると前回の兆しである「浮腫」症状。
後もう少しです。

ジニョンは王に直訴していました。
なぜ、人を生かした医師を処罰しようとするのですか?

王も疑問の心を禁じ得ませんが、許すという決断には至りません。

そして宮殿の外では雪の降る中、多くの老若男女の民が「王様、お金も取らず私たちを助けてくれた外科医を助けてください」と跪き、叫んでいます。


しかし、不穏なことをさせたくないアミーゴスの差し金で民は引きずられ、取り押さえられてしまいます。
<ミョンファンの攻防、自分は間違っていない>

何とか立場を守ったミョンファン。
そこにソクチョル先生が飛んできます。
「ギュテ師が元気になっている」

王もジニョンも、医局もともかくみんなが驚きます。

みんなの視野には右足の切断された跡が痛々しいながらも
元気を取り戻したギュテ師と息子。
宮殿の王に謁見のため歩いてやってきたのです。


ミョンファンが言い逃れとして使ったインチキ外科医の存在は治療の成功によって、嘘だと証明されたのです。


そのころ、亡き父の形見の鍼箱、そして、清国の勅書を握りしめるグァンヒョンがいました。

「私にはその時が来た!」
<決意のグァンヒョン>

ここで第35回は終わります。

次回、いよいよ??姿を現すのか・・・期待します

視聴率は21.0%と発表されました
<記事はこちら>

<アジアトゥデイ 35回>
コメント

「あり得ない!」けれど、OKで!

2013-01-30 08:41:28 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
先週の韓国新聞記事より紹介します。

「馬医」のドラマ展開にはスリルも知識も満載。

史実に残る人物をフィクション化させている部分も了解しつつ
「あり得ないこともOK」のスタンスがいくつかあります。

記事では三つの事例が紹介されています
文章をアップするよりも、とりあえず、読んで納得を!!

<ニュースはこちら(翻訳機利用後日本語)>

コメント

チョ・スンウ主演 韓国ドラマ「馬医」日本放送 1

2013-01-29 16:36:25 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
この記事は、「馬医」案内板として 2013年末までトップに固定します
関連情報をリンクでお知らせします。ご活用ください

ドラマ以外のスンウさんの活動や新着ニュースは この次の記事から新着更新しています。

NHK BS放送 7月7日~50回  ホームページ 6月5日OPEN!!
<NHK BS 海外ドラマ「馬医」HP>

6月17日・・主役二人以外の声優さんについては相関図のページに俳優名ともに記載あり
astroさん情報(コメント欄参照)  NHK BSプレマップ 馬医のPR2分、随時放送中
NHK雑誌「ステラ」では7月3日発売号にて3ページ特集(ドラマ概要、見どころ、人物紹介などの予定・・ただし、インタビューはなし

6月30日の放送直前スペシャルの内容について <リンクはこちら>
放送内容はイビョンフン監督を中心とした作品紹介、こちらでは俳優さんインタビューもあるそうです

 3月7日~6月26日終了 「CS衛星劇場」の日本版放送について
<衛星劇場チャンネル 「馬医」特設HP>
CSの2月6日の第一回の先行放送と2~3月のナビ番組。 
☆ 本放送は 木・金 午後11:00~ 1:30(5月30日(木)で終了)
☆ 再放送は 水・木 午後1:30~4:00(6月5日で終了)
☆5月7日より、早朝キャッチアップ放送 一日1話(6月26日で終了)

 ~3月25日終了 韓国MBC放送について  <韓国MBC放送局 ドラマ「馬医」HP> 
                                    <当ブログ「MBC馬医総合情報」>記事へリンク
                  

当ブログでは <カテゴリー分類~ドラマ「馬医」>をクリックいただければ、
MBC放送回毎のあらすじを読んでいただけることができます。

全記事のスクロールはどうも・・の方には ブログ右欄「バックナンバー」のご希望の月をクリックください

2012年 6~9月 配役決定 番組製作準備 の記事   
       10月 第 1回 ~ 10回
       11月  11回 ~ 18回
       12月  19回 ~ 26回

2013年   1月  27回 ~ 35回
        2月  36回 ~ 43回
        3月  44回 ~ 50回
         4月  放送後のよもやま話。キャストさんのインタビュー 
        5月~ 日本版の放送についての新着ニュース

「あらすじ」については、各回ごとに MBC本放送の視聴後、韓国語のニュースをリンク添付した形で紹介したものです。

今後も字幕付き日本での放送において、ファン仲間から教えていただく部分や明らかになった部分についてはその都度、補完する予定です。

ドラマの感想等ありましたら、ご覧になった回のコメント欄にどうぞ。

コメント (30)

「馬医」 第34回 ☆1月28日

2013-01-28 23:21:57 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
清国から帰ってきた朝鮮治療団。
平民の事を考えない利益追求なやり方を許せない医女インジュやコジュマン師の部下だった医官
は辞表を出し 平民のための医療院を始めました。
ここには、馬医のギベおじさんやジニョンも手助けをしています。

ミョンファンは 鼻高々で名声が高まった、医局の箔がついたと自負しています
医局にはたくさんの患者が訪れます
受け付けを担当する テマンやテジュ、ソクチョル先生の問診までは受け付けるものの
悪のスリーアミーゴのジョンチョルや医療長のミョンファンは患者を選びます
相談は受け付けるも、治療はせず追い返すことも度々。

テマンテジュはそんな中でも患者の話を聞こうと頑張っています。
帰宅する患者に寄りそって医局の入り口に来たテマン。
感謝の言葉を述べて帰る患者を見送ったところで、一人の編み傘を深くかぶった男とぶつかります。
訳分からず戻るテマン。

それがグァンヒョンだと気付かずに・・・

スクフィ姫は家に来たウンソにグァンヒョンの消息がその後どうなったのか必死で確かめます
しかし、まだわからずじまい

<何とかみつけ出したい姫>

その日の夜・・医療院で頑張るジニョン
ごはんはテマンの母イノクの店でいただき、世間話をしています
その傍らにはジャンパクおじさん。なかなか暖かい雰囲気です。

事務に戻ったジニョン。調べ物をしています。
窓に映ったジニョンの影を屋外から感慨深く見ている男がいました。
グァンヒョンは、ジニョンの仕事を分かっていました
でも名乗らず、馬医のギベおじさん、チャボン兄の様子も確かめながら街の中で隠れているのです
自分が帰ってくると思って、毎夜 わざわざ燃料を用意してまで、街灯をつけて待ってくれているギベおじさんの思いも受け止めていながらも、そっと潜んでいます。


<今は名乗れぬわけがある>

すみかに帰ったグァンヒョン。
そこにサアムドインとコカインの姿をみつけびっくり。
彼らも朝鮮に帰ってきてグァンヒョンを訪ねてきたのです。すぐに彼らと一緒の生活を始めます
コカヨンは相変わらず陽気です。

サアムドインは今のグァンヒョンの様子を聞きます

イミョンファンの悪政を改革するために、身分を隠したまま行動に出ていることをグァンヒョンは伝えます
<ミョンファンに復讐を>

次の日、先日、医局でミョンファンに治療を断られた男がグァンヒョンの元にきます
牛にけられ、足の組織に異常がでて、歩行もただならぬ状況。
外科手術で悪い組織をかいだし、男は元気になります。付添いの妻も安堵

<グァンヒョンの医療行為が患者に光>

そのころ、王は自分の腹心に ギュテ師を招こうと段取りをしていました
ただ、ギュテ師は、今足の調子が悪く、すぐに仕事につけません
ミョンファンが診察をしますが、どうも足の組織に壊疽の症状があるようです。
どうしようもないと言って、治療しないミョンファン。

ギュテ師の息子は何とか父を助けたい一心です。
するとそこに家臣から、平民に外科手術をして助けている男がいると聞きます。
息子は足を治してもらった男を探しだし、治療後の軽やかな足取りで元気になった経緯をきき、
名もない医師グァンヒョンの事をしります。

グァンヒョンは医局の入り口で部下からもてはやされているミョンファンを目撃します

<あなたが人殺しと言った外科療法で私は民を助けます。あなたには負けない>
決意を新たにするグァンヒョンです。

さて、それから間もない夜
ソンハは、警察兵たちのただならぬ気配を感じます
友人であるウンソの兄が動いています
どうしたのかと聞くと、民間医療院の取り締まりに兵を送ったと言います。
民間医療院の実態、真実を知りつつも言えないソンハ。

ジニョンやインジュ達の危機を察し剣を持って駆け付けます
間にあい医療院の職員たちを逃がすことはできたのですが、
警察兵はソンハに刃を向け、ソンハは負傷してしまいます


その様子を影から見ていたのはグァンヒョン。
兵たちが去った後、すぐにソンハの元に行き、切り傷の縫合を行います

<外科治療で命を取り留めるソンハ>

ジニョンがソンハを助けに来ます。
でもそこでもグァンヒョンは正体を現しませんでした。

医局に運ばれたソンハ。
父であるミョンファンは飛んできます。
誰にやられたんだ!!

そのころ治療院では、ジニョンやインジュ達がソンハを助けたのは誰なのか。もしや?

そして、そのころ、グァンヒョンのすみかに訪れた客はギュテ師と息子。
グァンヒョンの診立てでは壊疽の足は外科手術で切断しなければいけないと。
驚く二人。

<切断?!>

第34回はここで終わります
外科医としての信頼が出てくるグァンヒョンと、権威で治療の原点を忘れているミョンファン。
二人の対比がはっきりしてきましたね


番組最初のあたりに、家族を訪ねてお店にやってくる女性・・主題歌のソヒャンさんのカメオ出演です
ご覧になれましたか?
コメント

「馬医」1~32回のスンウさんエンディングショットとスペシャルゲスト

2013-01-28 23:18:37 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
MBC「馬医」毎回ラストになると、次の回が気になりつつエンディングシーンがやってきます
今回MBCでは、1~32回までのラストシーンショットをまとめた大きなスチール写真を発表しました。

似て非なるスンウさんショット。
喜びよりも苦悩の方が多いけれど、くじけないぞという意気も感じます。
さてさて、どの回のショットが印象深いでしょうか。



また、最近の俳優さんたちのオフショットも公開されました



さて、1月28日の馬医。  第34回
スペシャルゲストがワンシーンながら登場しています。


韓服の女性。「馬医」OSTの歌唱、ソヒャンさん。
貴族のお嬢さんが、家族が来ていませんか?と酒場に探しに来るシーン
一言ながらセリフもあり。
イビョンフン監督も大喜びです。
<ニュースはこちら>

別のニュースでは、撮影前の素顔のショットも。
スンウさんも「地球上最高の歌手です!」と称賛。
音源を持って歩いてますよ!とお話されました。

<16日のMBCワイドショーに出演したソヒャンさん>



コメント

「馬医」二つのサイドラブ?ストーリー展開中

2013-01-25 22:20:54 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
ドラマ本編では、これから、朝鮮に帰国したグァンヒョンがジニョンに再会できるか?

ジニョンを静かな愛で見守る ソンハがこれからどんな形で二人にかかわってくるのか

に目が離せないところ、

しかし、脚本をみていると、この愛の行方とは別に 意外なところでのラブストーリーが入ってきています

まずは、清国でのグァンヒョンの弟子仲間、コカヨン、
資料を探しに行った書店で同じ本を手に取ろうとした ソンハを見た途端
電光石火?!の恋に落ち、
わざわざ清国の朝鮮医療団の宿舎まで、探しに行きました。

<はつらつなコカヨン 四次元愛>

再びドラマの舞台が朝鮮に帰って、コカヨンがどんな形で登場してくるか
何かありそうですね。 視聴者からすれば片思いの切なさもあります。

そして、もうひとつは。31回あたりから。
グァンヒョンの医学生時代の友 テマンの母で居酒屋を経営している母イノクと
何と、馬医の仲間、ギベおじさんとジャンパク

イノクが手の甲を火傷してしまったきっかけから、何かあれっ?と思う流れです
<意外だけれど納得できる3人の繋がり>

ドラマ本筋の緊張感とは違う恋物語
それぞれの登場人物が生き生きしていて面白いですね
コメント

「馬医」HP チョ・スンウ インタビュー

2013-01-24 22:11:23 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
「馬医」HPの映像スケッチに、スンウさんのインタビュー記事がアップされました

<動画リンクはこちら>

しかも、なんと9分もあるインタビューです。

これまで33回。何ともう半分以上の回数を過ぎていますよね

「馬医」に対して、具体的に話してくれたのは、今回やっと?!満を持して登場!!

スンウさんの推す BESTシーン6などの映像が出てきてます




このインタビューについての記事がいくつかアップされてきました。

<MBC演技大賞の時「舞台に帰りたい」といった真意は・・(翻訳機経由記事)>

<映画一本を5日でつくっている感覚がします(翻訳機経由記事)>

<6つの名シーンの中で、イスンジェさんとのエピソードが印象的(翻訳機経由記事)>

1月30日追記
日本語サイトKstyleにてインタビューの日本語記事アップあり
<一週間で映画を二本つくっている感覚・・結論は「キツイ」ということかも>

<舞台に帰りたいの意味は?>
コメント

「馬医」第33回 ☆1月22日

2013-01-24 10:13:14 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
清国でもいきなり兵隊たちに連行されてしまうグァンヒョン。
またなぜ?どこに

グァンヒョンの連行された場所は、清国宮殿の一室。
多くの家来たちの集まる中に一人の高貴な男性がやってきます。
それは清国王。
模擬治療の時、グァンヒョンの施術を見て、却下したあの家臣が王に申告します。
「この男が、同じ症状の患者を治したのを私は見ました。」

その様子をみて王はのりだしてきます。
グァンヒョンは今の症状は他の臓器の不調が転移したものではないかと進言
家臣の後押しで第二夫人ウヒの担当医となることを許されます



ウヒの体調は朝鮮治療団の医療行為で好転したように思えたのはまぼろしでした。
これまで以上に 時折、我慢するのも辛い痛みに襲われます。
グァンヒョンは患部を診て病巣と原因の目鼻を立てて治療を始めます
しかし、肝心のウヒはグァンヒョンに心を開いてくれません。
丹精込めて準備した薬草を煮出した薬も飲まずに器を何度もグァンヒョンに向けて投げつける状況


夫人の兄が訪ねてきます。病気の原因を聞こうとします。
しかし、それは気が付いているがいえないと答えます。

グァンヒョンは部屋に詰めている家臣や家来たちを退室させ
5日間の間でウヒの治療をする、できなければ命もかけると答え、一対一でウヒに直接
治療をする意味を伝えます
<真剣なグァンヒョン>

王の心と体を自分に引き寄せるための精力剤として飲み続けてきた「サイの角」の副作用で骨腫瘍に
なっていることを告げるとウヒの顔色は他の人にわからなかった事を言いあてられた驚きで変わります。

ウヒが心を開いてきます。
そこでグァンヒョンは症状は口外しない状況で、外科手術をすることを納得できないかと伝えます
外国の事情に詳しいウヒは「外科手術」について必ずしもいい印象は持っていません
グァンヒョンは、そこで、自分には朝鮮に愛する人がいること。
その人を信じていれば、愛は消えないとはなします。
手術の苦痛をのりこえてでも 王を失いたくないウヒは手術を受け入れました


<原因を言いあてられ、心を許すウヒ>

手術が行われます。助手はコカヨン。
メスを手に取ったグァンヒョンは執刀前にふと手を止めます
「外科手術で病気が治ることはあっても、大きな傷跡が残ることは、むしろ王の心を離してしまう
原因になるに違いない」

メスをつかわず、腹腔に7つの穴をあけそこから悪い組織を吸い出し、薬剤を注入する方法に変更します。

手術は成功します。
元気になった王妃はグァンヒョンを呼びます

私を助けてくれてありがとう。
このことを証明する皇帝の勅書を持ってあなたを待つ人がいる念願の朝鮮の国にかえりなさい。

グァンヒョンの心に、愛するジニョンとの再会への期待が大きくなります。
<完治で安堵のウヒ>

そしてそのころ朝鮮の地では・・
ジニョンが男装をして庶民のために治療団を作り、薬を回す仕事をしていること
それはあくまでも闇の仕事、
事情を全く知らない王が国内の薬価対応が不安定なことを是正したいために、
詳細調査を警察に委任。

科挙のソンハはこのままではジニョンに厳しい警察の追手が来ることも予期されるかもしれないと
告げます。
そして、自身は例え何が起きてもジニョンを必ず守る・・
守刀を手に強い決意を固めていました。

<ソンハもジニョンも父ミョンファンのやり方を許していない>

グァンヒョンは朝鮮の地に戻ることができました
さて、これからうまく元の場所に戻ることができるでしょうか?


<三年ぶりの朝鮮の地>

視聴率は20.0%とのこと
<記事はこちら>
コメント

「馬医」第32回 ☆1月21日

2013-01-21 23:22:28 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
コジュマン師の治療で改善することのできなかった手術後の破傷風
皇帝の第二夫人の治療のための模擬治療の患者も同じような症状。
コカヨンと二人でグァンヒョンは対策を考えます
提示されて残された医療日程はあと1日しかありません
二人の選択は、患部の外科手術。破傷風の初期だからできる外科治療です


そのころ、朝鮮からの医療団も同じ症状患者をあてがわれ模擬治療に取り組んでいます。
ジニョンは中庭でたき火をみて、ふと温熱療法を思い立ちます
もぐさの温度で患部を温め、新陳代謝を良くする見込みです。

こうして同じ患者への対応をしている人たちがたくさんいます。
ジニョンもグァンヒョンも同じ目的に向かっていることは気がついていません

さて、そのころ、朝鮮では 王が庶民の生活を自分の目で確かめようと、平服に身を包み、居酒屋に立ち寄ります。
その時、店にやってきていた馬医の3人。ギベおじさん、ジャンパクは、先日手にやけどを負わせてしまった店のオーナー テマンの母と話している間に、
チャボン兄が酒を持って空いた席に座ります。
目の前の男が王様とは夢にも思わぬチャボン兄は
平民は今の医療制度にかわってから、薬や治療が厳しくなった・・と忌憚なく話します

ミョンファンの医療統治に疑問を持っていた王は、以前、自分が信頼していたコジュマン師の持っていた志が
今のこの国に必要なことだと改めて実感します


<王様役、ハンサンジンさんも熱演、1月19日ドラミア撮影のエピソードもある記事>

さて、友人 ウンソの手紙からグァンヒョンが清国に生きているようだと知ったスクフィ姫
今や、夫の喪もあけ 自由の身
もしグァンヒョンが見つかったなら、兄の王に救ってもらうように頼もうか・・・
いやいや、難しいならば自分が清国へ行って「駆け落ち」もできなくはないよね
尚宮、家臣はいつものように(?)その答えにはちょっと困ってます

<今度こそ!姫の中では恋愛成就?>

グァンヒョンは過去の失敗を克服し外科手術での患部切除の状況を視察に来た清の役人に説明
病状が好転していることを理解してくれるも、第二夫人の体にメスを入れる方法は不適切
しかも、模擬治療での患者の破傷風の治療状況もあまりよくないという理由で採用してもらえないと決定。
手柄を立てて朝鮮に帰る方法の芽は断たれてしまい、真剣に向き合っていた患者も
用が済んだと離され、この対応に驚愕するばかり



今回のお眼鏡にかなったのはミョンファン率いる朝鮮治療団。
ジニョンの勧めた温熱お灸療法でした
治療に高評価、清国官僚の感謝の気持ちで、韓国医療団との会食も催されます。

もちろん、満身の笑みを浮かべる、イミョンファンとスリーアミーゴス
満足する治療団のメンバー

治療の方針も経ち、落ちついてきたジニョンにソンハは
「まだグァンヒョンの生存を信じているのか?彼への思いが消え去らないことは分かっている
でも、もうこれからは僕と一緒にいようと思ってくれないか?」
しかし、ジニョンは首を縦に振ることはありません

<正攻法の愛を貫くソンハ>

このところ、サアムドインよりもグァンヒョンの助手役のコカヨン。
この前資料本屋で出会った、素敵な男性、 イソンハを探しに朝鮮治療団の宿舎へ足を運びます。
テジュンテマン達に聞いて、ソンハのいる場所にたどり着き
再会を喜びます

たまたまその場にいたジニョンは、この不可思議な女の子の様子にソンハへの好感を見抜きます
なんと、コカヨン、ソンハ、ジニョンは同じ場所に



グァンヒョンの宿に戻ったコカヨンは朝鮮治療団に堪能な医女がいたことを聞きます。
ピンときたグァンヒョンは、治療団の宿に走っていきます
ところが、既に朝鮮治療団は成果があったと見なされ、国に帰る舟にのってしまっており
港に駆け付けたグァンヒョンは、船上にジニョンがいるのを気づくも岸壁から既に舟は沖に出てしまっていました。
港で、船に向かって、聞こえるように「ヨンダル!ヨンダル!!」とグァンヒョンはさけびますが
護衛兵のバリケードに阻まれ、
ジニョンもその声に気づくこともなく、二人は再会のチャンスを失ってしまいます

<見えるのに届かない、見えるのに阻まれる。辛いすれ違い>

サアムドインとコカヨン、グァンヒョンは次の地 福建省へ向けて出ようとします
ところが、グァンヒョンが、模擬治療で担当した患者へ、政府が用済みとした後も、渾身の治療が功を奏し、元気になりました。
治療が素晴らしいと聞いた地元の民がたくさんグァンヒョンを訪ねてきて
旅立ちを遅らせて施術をすることになりました。

そのさなかに、清の兵士たちが厳しい顔をしてグァンヒョンを連行していきます
また、朝鮮の時のように、グァンヒョンはつかまってしまうのか?
ところが、そうではありませんでした。

グァンヒョンの連れていかれた先には、多くの宮廷職員達

そこに現れたのは清の国王です
「治療してくれないか」意外な言葉にグァンヒョンは驚きます


第32回はここまで、

視聴率はこの回で初めて 20%を超え、20.1%
スタッフ、キャストの皆さん、一つのハードルを越えたと言えますね
<アジアトゥデイ 第32回の記事>
コメント

150万PV !!

2013-01-18 07:53:48 | このブログは
当ブログ 1月14日午前0時ちょうどにアクセスいただいた方にて 150万PVとなりました。

2005年4月から、スンウさんの出演される映画、舞台、ホイッスル演劇団での活動、ドラマ・・

報道ニュースとファン仲間さんの情報とで、長年のファンの方、最近スンウさんを知った方、

韓国に行くことのできる方、日本で応援される方、どんな状況におられる方でも・・

話題を共有できているうちに、いつの間にか、ここまで来たという感じがします。

ファン仲間同士で持ち寄る情報でスンウさんの良さを確かめながら過ごせる毎日にはお互い元気を持てますよね!

もちろん、これからの活動にも注目! 

ドラマの日本放送で新たなファンの広がりもあるかとは思います

これまで同様、地道なペースではありますが、更にスンウさんの活躍を応援していきましょう。

「馬医」関連で来日されることがあればなあ~のスタンスが当分続きそうですね

近作に限らず、最近、GOGO70の関連記事へコメントをいただいたように

過去記事にまつわるエピソードコメントも遠慮なくどうぞ!

(ただ・・初期のブログ仕様の時期の新聞記事によっては、5年以上前のリンクが切れてしまっているものもあります、その点はお許しを!)



コメント (6)

「馬医」第31回 ☆1月15日

2013-01-16 13:23:22 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
清国王の第二夫人ウヒの体調が不明の病巣に覆われ、国を問わず広く医学に秀でたものを集めて治療をさせるというお触れが街に貼られました。

朝鮮からもイミョンファンを総帥とする大治療団が治療のために清へ派遣。

医学生から晴れて医局員となったテマンやテジュンも一員です
遠い清の国に息子を送りだした 酒場のイノク母も息子の成長を喜びながらも遠い任地での無事を祈る日々。
馬医のギベおじさんがイノクの不意のやけどの手当てをしながら慰めます

さて、清国で治療生活を送るグァンヒョンにサアムドイン師匠が第二夫人の治療に
グァンヒョンも取り組み、成功したならば、清国王から勅書を贈られ

かねてからの念願がかない朝鮮の医局に戻れるのではないか?と提案を受けます

折しも、朝鮮医療団はイミョンファン以下、敬意をもって迎えられ
王も期待をしている対応
<ここで諦めたら挑戦には帰れない>

グァンヒョンは申し込みに行きます
しかし、医療団でもなく何者かわからぬ朝鮮人は受け付けだけはできても、その役目に当たる可能性が少ないと受付で言われ、意気も下がりそうなところで、別の受付員が丁寧な対応。
サアムドインの持ってきた紹介状が功を奏して、グァンヒョンも受理されます。

次の日清国の治療管理局から、治療員として受理されたものは、ウヒの直接治療に入る前に、同じ症状の患者への医療行為を3日間示してもらい、
成功した者を正式治療者とするとの申し立て。

担当した患者を診てグァンヒョンは驚きおののき。
何とコジュマン師の死に至った骨肉腫。代理患者からウヒの症状が分かったのです

サアムドインはグァンヒョンに過去の苦い経験を生かして、乗り越えて行くのだ!
励まします。
コカヨンはグァンヒョンの補佐としていろいろ動きまわってくれています

清国の市のなか、資料本屋
そこにジニョンとソンハはウヒの治療のために必要な書物を探しにやってきます
時を同じくして、コカヨンとグァンヒョンもその市場にやってきているのですが・・

ソンハは本屋に残りジニョンは先に出ます。
入れ違いにやってきたコカヨン。探していた書物はソンハが手に持っていて
思わず取り合いになります。
その時コカヨンの目に輝き。ソンハに一目ぼれしたようです



先に出たジニョン。市を歩いていて、少し先に見覚えのある男?!
もしやここにグァンヒョン?!
追いかけて行きます。
しかし、途中で見はぐれ、しかも似て異なる人に声をかけてしまいます
やっと、異国で会えたと思ったのもつかの間。落胆のジニョン

そこに追いかけてきたソンハ
「もう、亡くなった人を思うのはやめてくれ」思わず抱き寄せます
「私がいるのです。ジニョン」
これまで抑えてきた気持ちを積極的な行動のソンハ。

<積年の思いを真摯に現すソンハ>

清国で医療団が活躍のころ。
喪のあけた未亡人スクフィ姫。
かわいくて、でもいろいろ目が離せないところもあって?
王様から結婚前のように宮中で暮らすように申し渡されちょっと不満。
こういうときは友達のウンソに「タメ口」で気持ちを吐露。
それほど信頼関係のできた中で、
姫は、ウンソが兄からグァンヒョンが生きている、清国にいるらしいと手紙の存在を知り、
「彼が生きてるの?あなたがそれを知ってて黙っているの?」
気が気ではありません


<似顔絵を持って探してくれと動いているウンソの兄>

グァンヒョンの担当患者は、「貧しい自分が治療を受けるだけでも幸せ」と感謝の気持ちを持っています。
どう治療するか・・グァンヒョンはコジュマン師の時と同じように
外科手術を選択します。

明るく、物おじしないコカヨンは患者を励ましながら助手を務めてくれ
無事手術は終了しました

そのころ、別の患者で鍼治療をし、経過を診ていたイミョンファンは自分の治療がうまくいかないことに不満。

しかも、今回の医療候補者の中に朝鮮人で 自分の勘にピンとくる男がいるらしいとの情報を聞きつけ
手下ミョンドゥを使って内偵を始めます。

中庭でミョンドゥが清国管理人に何か聞いている様子を遠目にみつけて
思わず持っていたお盆の中身を全部壊してその場を逃げる衝撃を受けます。
「まさか、ここまで自分を探しに来ているのか?!イミョンファン」
コジュマン師を亡くした時の会話「おまえは殺人者」
この言葉がよみがえります

そこにコカヨンが飛んできます
「患者さんがぶるぶる震えて苦しがっているよ」

「破傷風!!」コジュマン師の経過と全く同じ・・この患者の命も?!

再びの患者の命にかかわる危機。どうなるのでしょう
ここで31回は終わります

<アジアトゥデイ 第31回の治療部分のあらすじ>
<視聴率は19.2%>
コメント

「馬医」第30回 ☆1月14日

2013-01-15 19:58:21 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
港町の波止場で男装したジニョンとすれ違うも気づかないまま、
師匠サアムドインとその弟子コカヨンと一緒に清の国に船出したグァンヒョン
時々、あの雪の日、自分が捕らえられた時、警察役人に振りほどかれながらも自分を助けようとしてくれた日を思い出しています

そのまま三年間の時が経ち、それぞれ年輪を重ねた顔になりました


冬のある日、清国の港町は祭りのにぎわい。
大道芸人たちが次々、技を見せて歩くめぬき通りをサアムドイン、コカヨンは楽しみながら歩き
やがて、グァンヒョンと待ちあわせの料理店に行きます

この店はコカヨンお勧めの中華餃子は逸品
   
ところが食べてみると、コカヨンは「なんだかおかしい、聞いていたのと違う。味が変!」
陽気なコカヨンがおかんむりになるくらいまずい。

<あまりにもまずすぎる>

グァンヒョンが、厨房をのぞいてみると、調理人の様子は確かに変。しかも突然気絶してしまいます
すぐにサアムドインと二人で体調を確認。
すると味覚の中枢の舌に硬い腫瘍があることを発見。
外科の医術と鍼の力で、あっという間に石化した腫瘍を摘出。

こんな調子で、街中で医療行為をしながら、3人が一緒に過ごしています。
<外科手術を経験し成長中>

サアムドインは知人の宮殿の役人に呼ばれグァンヒョン、コカヨンも共にします
行ってみると、三人に相談を持ちかけられます

要人の奥さんがずっと体調が悪く、腹部に大きな腫瘍?腫れ方が尋常ではない
どんどん悪化してきている様子で何とかしてやりたいが
医師に診てもらうどころか
幽閉されたに等しい状態で顔を見に行くのも難しい。
何とか様子を見て治療をしてもらえないか?
三人は作戦を練ることにします。

さて・・そのころ・・
あの港町でのすれ違いに気付かなかったまま3年経ったジニョンは、医女の仕事をしながら
表にはわからぬよう、男装をして平民のための医療行為をしています。
今は亡きコジュマン師の遺志をついでのこと。医女インジュも仲間です。

治療薬は、今では、国を牛耳っているイミョンファンの思惑であれば役人にわいろを渡せる
位の者でないとダメな高値なのを、うまく薬価を抑えて切りぬけています


そして、スクフィ姫は?白装束。
この3年の間に結婚するも夫が短命で未亡人のまま喪明けを迎えたところです
尚宮、護衛ともに姫につかえていながら慰めの毎日。
でも、姫は喪が明けた途端、気持ちを切り替え、
「私は陽気に生きるわこれから。まずは服も替えなくちゃね。」
<切り替えは早い姫>
そんな姫が訪ねたのが何とかつて恋敵と思い込んでいたウンソの洋服店
今では、対等に友達会話を楽しめる中になりました

<この二人の同等立場の親しさにビックリ>

イミョンファンは、引き続き母后の支持を後ろ盾。
王様の子供の治療行為なども的確で信任を得て、仲間のスリーアミーゴスも気持ちいい毎日です
ただ、もっと利益を上げたいも、薬価が調整されていることが不満と口にします

自分の利益のためにも、その不満を解決したいミョンファン。
役人として地位も出てきた息子のイソンハに文句を言いに行きます

「意図的に薬価を下げようとしている奴がいる。許せん。おまえは役人だからそういう情報を取り締まれないのか。誰が首謀者かわかったらただではおかないぞ」
ミョンファンにわからないよう、価格を下げるための処方を手配しているのは実はソンハでした。
ジニョンの医療行為ができるのは彼の調整があってこそ。

<ソンハをまたまた操ろうとするミョンファン>

ジニョンはソンハの処方があるから平民を救うことができています
「あなたがいるから私はこうして医療行為ができます。でも、それでソンハの身が危なくさせるのは本意ではないです。無理をしないで」
しかし、ソンハは自身の信念とジニョンへの愛があっての行動。心の底からジニョンを応援しているのです
そのやさしさを感謝しながら、ジニョンもふとあの雪の日のグァンヒョンへの思いも断ち切れないまま。




さて、グァンヒョン。
夫人を助けるための作戦は決まりました。
グァンヒョンは馬医として王家の馬の世話をするためと称し、コカヨンは物売りを装い、家に入ります
馬の気性を利用して、番人たちの気をそちらに向けた状態で、家に潜り込むサアムドイン。
やっと3人で夫人の部屋に潜り込み
診察をしてみると、病巣と思うところには胎児の鼓動
「腹部の腫瘍と思われていたのは、ご懐妊ですよ」

それに一同びっくり。ただ夫人の痛みは治まらず 体調も不安な状況。

グァンヒョンの頭に浮かんだのは馬医として経験した切開手術
すなわち 人間で言うなら帝王切開

「目をつむってでもメスがつかえるべく技術」を学んだ経験を生かし
グァンヒョン、サアムドインは出産を成功させます
男の子誕生。 みんな大喜び、

グァンヒョン達3人は感謝されます

<ホッとした無事出産>
自分の思い描く医療と外科との調和ができてきたことを実感するグァンヒョン
再び医局へ戻るステップアップを喜びます

そんな時、グァンヒョンは清国の役人から
「王家の奥様への治療のため、朝鮮から大人数の医療団が清国へやってくる
その総帥はイミョンファンという人なのだと。」と聞き
不安におののきます。
朝鮮医療団は旗を立てて、一段となって、清国へ向かっています

ミョンファン、ジニョンだけでなく、今や立派な医局員となった、テマンもテジュも。

<一団となってやってくるミョンファンの権力は続く>

グァンヒョンは清国でみんなと再会するのでしょうか。

視聴率は18.1%でした
<この日スタートの裏番組の主演は・・何とスンウ映画「炎のように~」の相手役スエさん>
コメント (2)

MBCセクションテレビ 1月4日放送  2012 MBC演技大賞動画

2013-01-12 09:13:23 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
「馬医」放送している韓国MBCの看板番組で芸能情報満載の「セクションTV」

昨年度後半より、放送日から約10日前後で番組をトピックスごとに分割して、

You Tubeチャンネルで動画を提供しています。

今年最初の放送1月4日には、12月30日に開催された演技大賞についての5分の動画が紹介されています
<番組紹介の新聞記事>

ご存じのように、スンウさんの二冠受賞を喜びながらも、テレビ局の事情を感じざるを得なかった部分もありますが、

スンウさん自身が先輩の受賞を期待されるコメントなど、現場での様子も伝わってきます。

2012年ヒットドラマを年末にみんなで振り返るという番組は華やか。

丁度明日(1月13日)夜の特別番組を皮切りに NHKBSプレミアムで本編放送が始まる

「太陽を抱く月」

演技大賞でも高評価を受けています。

この勢いで日本放送も人気が出ると予測できますね。
Section TV, 2012 MBC Drama Awards #04, 2012 MBC ???? 20130104

コメント (2)

「馬医」第29回  ☆1月8日

2013-01-08 23:20:57 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
ミョンファンの奥深い、悪巧みによって
実子ソンハの正義感も裏切られ、ジニョンと一緒に船出することもならず、
グァンヒョンは、またも船上で命の危機に。

自身の行動まで利用されたソンハは父に心底酷い目にあわされたことを怒ります。

しかし、ミョンファンは「これは事故なのだ。船に強風が吹いてグァンヒョンは落ちてしまったそれだけのことだ。おまえはそう思っていればよいのだ。」
真摯なソンハだけに、そのやり方を許すことができません。
しかし今更何ができるわけでもありません。

<想定外の状況を許せないソンハ>

船着き場でギベおじさん、チャボンと一緒にグァンヒョンを待っていたジニョン。
寒い岸辺を走りグァンヒョンの姿を探しますが、この前の橋の時のようなことは再び起きず、
悲壮感が漂います。  折しもこんな時に冬の稲妻。寒さがぐっと体にこたえます


これまで、幾度となく父を訪ねてきた際に、ミョンファンの悪策を耳にしつつも口外できなかったウンソはグァンヒョンが船から落ちて命を失ってしまったと確信し湖をじっと見つめます。

それから 4か月の時が流れました

ミョンファンはコジュマン師がいなくなり「わが世の春」
前任者の取り組みは刷新、払拭 とばかり「治療院」を廃止、おかねで治める自治にとりかかり
母后の信頼をうまく利用し、やり方に疑問を持つ王様にも対しても権力者としての態度を見せます
もちろん?!裏ではわいろを求めているのは言うまでもありません
<日本の時代劇で言うなら「越後屋」ミョンファンの特権支配>

悪のスリーアミーゴス 邪魔者は亡きものとなった、メデタシメデタシ・・とミョンファンを囲み
医学生テマンの母の酒屋で昼から宴

テマンの母も羽振りの良いミョンファンには良い顔をし、立ち寄ったギベおじさんにはけんもほろろ

ジニョンは浮かない気持ちのまま医女の生活を続けています
奇しくも医局の入り口でスクフィ姫に出会います。

どう?元気になった?久々二人で女子トーク。
相変わらず姫は尚宮や家臣に手間をかけている様子。
縁談も舞い込んでいながら決断には至っていません

<失恋も成長の一つの姫>

医女インジュは医局に復帰。
しかしミョンファン派の医女からは意地悪な言葉も浴びせられています。
ジニョンは持ち前の元気でインジュも励まします。
インジュはミョンファンの利権主義は許せない、
コジュマン師の教えの継承で貧しい人たちのための医療院をつくりたい希望を口にします。

そこにジニョンを呼びに来る声が。
父に牛耳られた結果、グァンヒョンの命を落としてしまったことで
これまでにない取り乱し、
親友のウンソの兄の慰めも耳に入らないソンハは酒を浴びるようにのみ
暴れているのです。

後悔、自戒の念にさいなまれ続けているソンハ。
「俺がグァンヒョンを殺してしまったんだ。ジニョン、俺の事を恨んでいるだろう、罵倒する気持ちでいっぱいなのだろう」荒れています
そこでジニョンは冷静に言います
「私はグァンヒョンが生きていると信じます。 今までもそうだったじゃないですか。だから必ず戻ってきます」
力強いジニョンの言葉に、我に帰り平静を取り戻すソンハ。

<今は目の前にいないだけです。確信するジニョン>

夜。
いなくなったグァンヒョンを思う気持ちがあちらこちらで交錯します。
思わず涙を流すスクフィ姫だったり、医学勉強をしながらグァンヒョンの事を思い出すテマンやテジュ
インジュも もちろんジニョンも・・

ある船着き場
荷役作業の男たちが荷おろしをしています。
少ないお給金でありながら生活のため頑張ってる男たち。
そこに左胸を痛そうに押さえながら仕事をしている一人の男・・・グァンヒョンです

納屋のような宿にいても体が痛いばかり
左胸の切り傷が収まらず痛みが押しています
たまたま宿においてあった、薬草や漢方の素材、自分の医療知識を基にとりわけ
自身の鍼治療で痛みを抑えながら過ごす毎日です。
痛みの中でジニョンへの気持ちを思い出しつつ。
<命は助かれど、傷の痛みに耐えるグァンヒョン>
コジュマン師からグァンヒョンに渡された手紙は失くさずに持っていました
中には「サアムドイン」を探して会うよう願っていると書いてあったのです。

しばらくたって体調が落ち着き、船着き市場に出かけたグァンヒョンは
威勢のいい若い女性の呼び込みを目にします
「神の手であなたも元気になるよ!さあさあ寄ってらっしゃい」

「移動薬房」簡易治療院として治療者の初老の男と、弟子と思しきその女性。
様子を見ていると、男が慣れた手つきの鍼治療で船町の男たちを治していました

<不思議な男女ペア。訳あり?>

その様子を見ているとグァンヒョンの学んだ理論とは違い、胡散臭さ
疑問を覚えますが、何か普通の人ではない、引っかかりも感じます。
怪しい治療に、食いかかるグァンヒョン。

そこに取り締まりの役人たち、逃げている途中にグァンヒョンは傷の痛みで倒れてしまい
一晩を鍼師の宿に運ばれ過ごしました。
男はグァンヒョンの治療をしていると、傷に見覚えがあり、
また、グァンヒョンにとって眼がさめていると、
この男の治療が効いており
しかも、子供のころ自分を助けてくれた鍼師の家の光景がありました

この男性は子供の頃自分を助けてくれた鍼師に間違いない。
しかも彼がサアムドインだったのだ。
グァンヒョンはあわてて彼と弟子を探します。
ところが街を渡り歩く二人ゆえに、もう他の街に出かけてしまったようす。
船着き場に走るも、さっき船が出たばかり。
せっかくのチャンスだったのに、一歩遅れて、残念な気持ちのグァンヒョン

そこに、サアムドインを叱咤激励しながら一緒に暮らしているあの弟子の女性の声
一便乗り遅れた事が幸い。
グァンヒョンは二人について歩きます
弟子にしてほしい・・グァンヒョンは志願します

弟子の女性は人が良さそうですぐにグァンヒョンと打ち解けるも、サアムドインは気難しそうにグァンヒョンを見るだけ
その晩、二人が泊まった宿の外の長いすで寒い夜を過ごしたグァンヒョン。



次の日、様子をみてサアムドインはグァンヒョンに声をかけてきます
グァンヒョンは自分が宮殿医局にいて、外科手術を行ったものの師匠のコジュマン師が助からなかったこと
鍼の勉強をし直してもう一度コジュマン師の遺志を成し遂げるために戻りたい気持ちがあると伝えます。
その方法で、平民の治療方法を確立させていけるはずと大きな目標も伝えます
じっと聞いている、サアムドイン。

<サアムドインは成長したグァンヒョンを評価>

舟で今日の出先へ出発。
サアムドインは船から桟橋のグァンヒョンに手招き。
「おい、来て良いぞ!」
受け入れられて嬉しいグァンヒョン
弟子の女性は仲間が増えて陽気。
船着き場で元気いっぱいにふるまいながら歩いていきます。
一心に舟に駆けていきます
その時、弟子の女性は同じような服装の女とすれ違いざまに当たってしまいました。
「あ、ごめんなさいね」
「いえいえ・・」
何とその女性はジニョンです。家を出てきたのです。

グァンヒョンはサアムドインが呼んでいる舟に視線を向けていました
だからか・・平民の様相のジニョンとすれ違ったことには気づかず。

一方ジニョンも、弟子の女性とのやり取りでグァンヒョンが通り過ぎたことに気づかず。
大きなすれ違いをしてしまいました。

そこで第29回は終わります

船着き場ですれ違っていて、視線も重なっていそうなのに、全然気がつかないグァンヒョンとジニョン。
どうなるのでしょう。
新たに登場した弟子の女性もこれからグァンヒョンに大きな影響を与える気配です

視聴率は 18.3%との発表あり
<学校2013も好調。来週からSBSは新番組>
コメント (2)

「馬医」リアルシーンのメイキング

2013-01-08 21:09:06 | MBC馬医・イサンそれ以上(秘宝の秘密
ドラマは、9:50~29回が始まるところ。

その前に、馬医、HPから貴重なメイキング動画のアップを。

ドラマを動画でご覧になるチャンスのあった方は

第23回、ウンソの乳がんの手術シーン覚えてらっしゃるでしょうか。

このブログでは新聞掲載のキャプチャー写真で紹介していたので
普通の手術シーンに見えたようには思いますが、

ドラマでは医療現場でのリアルな映像になっており、かなり凄味がありました。

そのシーンの撮影裏話、手術シーンはどう撮られていたのか等

めったに見られないショットです

<馬医HP手術シーンメイキング動画>

この番組が15歳視聴制限なのも、こういう部分の描写を考えてのことかもしれないな・・と思いました。

コメント