スンウな毎日 ~since 2005 April

俳優 チョ・スンウ(CHO SEUNG WOO 조승우)さんの応援ブログです

ご連絡

GOOブログ機能では、コメント欄のハングル文字、文中の文字点「・」は表記できません。その旨ご了解ください。

ヘジョンちゃんの インタビューから・・

2005-07-30 20:10:13 | Weblog
昨日、韓国のサイトでは上がっていた話題です。

今日は、日本語訳で<こちら>に上がってきています。

ヘジョンちゃんの作品に対する姿勢を読んでいるとスンウ君が作品に向き合う姿と似ている気がしますね

先日のヘジョンちゃんの新作「ウェルカム・ツゥ・トンマッコル」の試写会にスンウ君の姿があって

スンウ君がこの映画を褒めたコメントも放送されていましたが、

試写を見たスンウ君がヘジョンちゃんを通じて起こした「ある行動」が映画の封切前の、この時期に

「(実力派)チョ・スンウの心もを動かした」というイメージで披露されています。

この映画、製作中のレポを読んだ感じでは、ヒットの予感がしています。

年末の映画賞では、スンウ君とヘジョンちゃんのカップルノミネート実現しそう・・・
コメント (6)

同じ歳の・・・

2005-07-29 19:19:38 | Weblog
今日は、もう一つ、ちょっと変わったニュースを。

日本でも、同じ年、同学年の俳優というとよく比較対象をして、個性の違いを話題に

するケースが多いですね。

こちらの<ニュース>は韓国発の、インターナショナルな人選の比較記事です。

といっても、「実年齢よりも大人びているか幼いか」と言う観点で見ているようで

個々の作品が対象ではなさそうです。

比較の取り合わせ俳優が面白いので紹介したいと思います。

翻訳文では名前が上手く出ないので、わかる範囲で調べてみました。

1974     김제동(韓国のMC)     レオナルド・ディカプリオ

1972     ペ・ヨンジュン        木村拓哉

1964     キアヌ・リーブス       ハン・ソッキュ

1981     イライジャ・ウッド      チョ・インソン
       (ロード・オブ・ザ・リング)

1962     ジム・キャリー        チェ・ミンシク

そして、

1980     チョ・スンウの比較として登場したのは・・

         マコーレ・カルキン(「ホームアローン」の初代の主役)です。

念のために、生年月日は、記事の通り、この人選、よく調べたなぁ~ と感心してます。

(とはいえ、突っ込みどころもありませんか?

ところで、スンウ君の同年齢の俳優さんとなると、私がすぐ思い浮かぶのは、韓国ならば、キムテヒさんです。

1980年は、日本だったら昭和55年生まれ。その年齢の俳優さんって誰でしょうか?うかびますか?
 
追記:
74年の김제동(キム・ジェドン)さんに付いて、調べたら<人気司会者>でした。見た目が、キャイーン天野さん似?!

コメント (6)

チョ・スンウ登場 ! 新着雑誌情報です

2005-07-29 09:30:12 | チョ・スンウ探求
今日はnaoさんより昨日のコメント欄に紹介いただいたチョ・スンウの写真掲載

されている新着雑誌、二冊を紹介します。

まず、

「韓国ドラマ特報vol.4」(ぶんか社)1300円

百想芸術大賞でのショットと、付属DVDには

「Hedwig」(ショーケース)

「マラソン」(ミスクさんとの外での2ショットインタビュー)

両方の報道レポートがあります。

9月発売予定の次号は「大鐘賞」関連記事も予定されているとか。

次号も気になりますね!

もう一冊は、、「韓国ドラマ&シネマLIVE 13」(竹書房)1260円

内容は、先日、<もねさんプログ>で紹介された「20人の韓国俳優」からの11人の翻訳です。

それと、naoさんからも特筆、私からも、オススメ

モノクロページで1ページ丸ごとキムダヒョンさんの記事のページがあります。

これが、ダヒョンさんの日本雑誌 デビュー

naoさん、紹介どうもありがとうございます。

ダヒョンさん発見にはビックリだったですね!


そして、まだ、これからも、大鐘賞の掲載雑誌が出てくると思いますので、本屋さんに行かれる予定の方は、まだまだスンウ映像、要チェックです!



ところで、今、の横で、この記事を書いていたら、聞きなれた音楽が・・・「マラソン」のエンディングとテーマソングです。

すわ!映画の話題か!と思いきや、

「●クダネ」で「男の涙」に付いての話題を放送していて、その中で、ある男性が

お子さんの写真を見つつ日々の成長を思うとなんです。というお話でのBGMでした。

コメント (4)

よく過去記事に出てくる・・

2005-07-28 07:21:26 | チョ・スンウ探求
チョ・スンウのミュージカルでの出演暦を見ると

      ●義兄弟(2000)
      ●地下鉄1号線(2001)
      ●明成皇后(2000)
      ●若きウェルテルの悲しみ(2002)
      ●カルメン
      ●ジキル&ハイド(2004)

と紹介があるのはスンウファンの方はどこかで見られていると思います。

この中で、「地下鉄~」は雑誌ホッチリでの写真で、

「明成」、「ジキハイ」は韓国放送各局で、「カルメン」はファンサイトの写真集で姿を見た事があったのですが、

数分ながら、「ウェルテル」の映像が昨年の冬の<動画ニュース>に出ていました。

20日のきょんさんのプログで話題になっていたので、紹介しようと思っていたのに

アドレスが消えてしまい、リンクが切れたのだと思い、

幻の映像と思っていましたが、見つけ出す事が出来ましたので、紹介します。

Cho seung-woo story (2006)


コメント (4)

チョ・スンウ ハイカCM 新作あり!

2005-07-26 11:58:45 | チョ・スンウ CM
チョ・スンウが、この春から、CMキャラクターとなっている、損害保険会社

ハイカの<CM一覧ページ>に、梅雨時期をイメージしたCFが上がっています。

後、春から放映された、2編と前キャラクターのチャ・テヒョンさんのCMも見られます。

ところで、最近、映像で見かけるスンウ君は、雨を手のひらで受け止めるシーンがお約束の

ような気がするのは、私だけ?

ちなみに、今日KT&Gの雨模様シーンの写真も見つけたところです。これも



KT&G 조승우 2 (2005)
コメント (12)

浜田さんのジオログにも 「マラソン」情報!

2005-07-24 21:10:52 | 映画「マラソン」
「マラソン」第二次公開も始まった所ですが、

今日は、スマイルさんからの情報をお知らせします。


6月に新アルバムを発表、この秋、久々の全国コンサートツアーを始める予定の

ソングライター浜田省吾さんが 6・7月限定で<ジオログ>を書かれています。

ほぼ毎日更新があり、省吾さんの故郷広島と私の生活地域も重なっているし、愛読していますが、

このジオログでは、省吾さん、もしくは省吾さんの身近なブレーンの方から、いろいろな映画の

紹介も書かれています。

そして!!  7月24日付で「マラソン」のオススメが載っています。

今回筆者の「春嵐(しゅんらん)」さんに付いては、女性の方?としかわからなかったのですが、

日本のアーチストでは、省吾さん大好きのスマイルさんから、省吾さんのブレーン「水谷 公生」さん

の奥様で2004年1月にサウンド・プロデューサー「水谷公生」、作家「春嵐」、シンガー「浜田省吾」

の3名でスタートさせた、印税を復興支援に役立てる活動もする音楽制作チーム “Fairlife”

をされてる方ですと教えていただきました。

映画通の方もたくさん読まれてる、ジオログで「マラソン」

こういう形でじわじわ広まっていって欲しいですね。

そうそう、6月 9日のジオログには「HEDWIG]を省吾さんが鑑賞したともありますよ


スマイルさん、広島関連のお話でステキなお話、紹介ありがとうございました。
コメント (8)

別バージョンの「マラソン」チラシ

2005-07-23 21:46:04 | 映画「マラソン」
「マラソン」をご覧になった方は、気づかれてると思いますが、公開前に出た「マラソン」のチラシ

とは違ったバージョンの写真が映画館では使われています。

このバージョンを入手しそこなった方に朗報。

<このサイト>は、日本で公開される各種映画のチラシを約一年くらいWEB公開しています。

なので、チョ・スンウの映画に限らず、見そびれた映画、興味のある映画、等、いろいろ助かる事が多いと思います。

興味のある方はどうぞ。

さて・・・

今日(23日)の夕方、関東地方に大きな地震が。お見舞い申し上げます。

こちらに来ていただいてる方も関東の方がいらっしゃいます。

の中は、大丈夫でしたか? ケガはありませんでしたか? 心配です。

というのも、私も「震度5強」は2001年3月の芸予地震で経験があります。

かなりの揺れでした。の中の物がたくさん落下しました。

あの日も土曜午後で休日でしたが、

会社では、机の横の大きなスチール書庫ロッカーが4本倒れ使い物にならない位に壊れました。

家にいてまだよかったです。会社にいたら・・・どうなっていたか?

今日の地震のあった地域では、余震もあるかもしれません。

落下物の直撃を受ける事ないようにお気をつけください。
コメント (8)

ぺ・ヒョンジン君 サイン会 来日の可能性あり! 

2005-07-22 17:03:15 | 広島&ヒョンジン君&ドラマ「サインロケ」
今日は、tomoさんより、紹介いただいた情報です。

tomoさん、詳しいお話を、どうもありがとうございます

<こちらのサイト>を主催されている方(ちなみに広島県の方です!)

が映画「マラソン」やヒョンジン君を応援されており、

ヒョンジン君親子に会われた時のお話が記載されているコラムがあります。

また、併設のBBSの7月19日付に書いてありましたが、来月下旬(26日説あり)に出版社主催で「走れヒョンジン」の

サイン会が予定されているとか。

スンウ君が演じたチョウォンのモデル、ぺ・ヒョンジン君の来日も可能性があるようです。

他にも、何かわかればと思い、私からも、現在問い合わせ中ですが

出版社からの情報がいただけましたら、改めて紹介したいと思います。

追記 7月25日

広島では、毎年、11月に一般の参加が中心の「ひろしま平和マラソン」という、短距離の

マラソン大会がありますが、このサイトでは、8月に入ったら、ヒョンジン君をこの大会に

招聘するための活動も予定されてるようです。

コメント (3)

チョ・スンウ 幼い時から 変わらない笑顔(*^_^*)

2005-07-21 19:34:51 | チョ・スンウ探求


今日の<ニュース>では、たくさんの人に好かれている、チョ・スンウの笑顔は

小学校時代の笑顔と変わっていないとの話です。

よく感じの似た写真を並べたなぁ~~と感心しています。

そのまま大きくなったように見えますね

左側のスンウ君は、小学校 5年の頃とか。

また、このニュースの終わりあたりには、チョ・スンウが映画のヒットで日本でも関心を集めてる

とも書かれています。

コメント (4)

やっぱり 行かなきゃねっ!

2005-07-20 23:49:53 | チョ・スンウ探求

スンウ君の大切な女性、カン・ヘジョン ちゃん(”ちゃん”でよかったかな?)がヒロインを演じる

新作映画 「웰컴 투 동막골」(ウェルカム・ツゥ・トンマッコル)のVIP試写会が行われました。

この映画の主演俳優は、チョン・ジェヨンさん、シン・ハギュンさんです。

VIP試写会とあって、盛況な会場の中に、

ガンホさん、ビョンホンさん、ユ・ジテさんなどと一緒に、もちろん スンウ君の姿も。

試写の席に、一緒に座るとまでは行かなかったようですが、<このニュース>の中で見られる笑顔は

俳優としてでなく、「彼女が出ててうれしい~~」笑顔です。

イイナ、イイナ・・・
コメント (6)

あれから・・丁度 一年です  (^^♪

2005-07-20 00:02:34 | Weblog
本格的な夏が到来です。  今日も全国各地で高い気温でした。

しばらく、こんな暑い日が続きます。皆さん、お互いに体調には気をつけましょう。

さて、今朝一番のエンタメニュースでは、9月に最大規模の韓国俳優ファンミがあると

アツい ニュース」が流れていますが、今日は、昨年の丁度今頃 放送があって

大変「熱くなった」番組を紹介します。

といっても、チョ・スンウのファンであれば、既にご存知な方が多いかと

思いますが、<EBSスペース>
「ミュージカルコンサート、”Crazy for You” and
<ジキルとハイド>」です。

8月から、ジキハイが舞台公演が始まるから、お披露目として放送されたこの番組

昨夏スンウファンサイトで紹介されて、最初見た時には

日本で言う「ミュージックフェア」みたいな番組が韓国にもあるのね~という

軽い気持ちで、見ていたのですが、約20分過ぎに、キム・ソヒョンさんのソロの後、

先輩に導かれて登場した雰囲気で出てきた、チョ・スンウとのデュエット

「Take me as I am」を聞いた途端、

ちょっと力の入った歌い方ですけど、ちゃんと役柄になりきっているのがビンビン伝わってきました。

その時期は、スンウ君の映画作品のDVDやビデオなどは、日本では発売前で

(多分、昨年8月あたりに、「H」や「クラッシック」も発売でした)

スンウ君の映画に付いては、7月に「春香伝」が日本でテレビ放送されたことと、韓国で

公開されたばかりの新作がイム監督の「下流人生」であった位しか、情報がなかったのですが

この番組を見て、になった私は

ここで、チョ・スンウがどんなにスゴイ俳優なのか、演技も凄いけれど、それだけでない

将来の韓国芸能界を背負う大器なんだと気づかされました。

・・という事で、EBS(登録はEBSスペースも視聴可能)を登録されてる方

時々、サイワールドでこの番組はスンウ君の部分だけご覧になった方もあるかもしれませんが、

番組全体をまだご覧になってない方には、丁度、一年前、スンウ君の知名度と実力を大きく広める

結果となった「ジキハイ」チームのコンサート、視聴おすすめします。

追記  06年 12月 17日

EBSの番組の背広姿の「This is the Moment」の動画がアップされていました

期間限定かもしれませんが  <こちらをクリック>
コメント (7)

韓国の人が好む顔立ち NO.1に チョ・スンウ

2005-07-18 17:21:16 | チョ・スンウ探求


<最新ニュース>によると、ソウル大整形外科の先生が、29人の俳優の顔をBAPAという方法で

11の地点の角度を分析し輪郭、バランスなどの統計を取った所、韓国人の好む顔立ちの理想に

100%近い顔がチョ・スンウとの結果が出たそうです。

韓国人は鼻が高くて目もとが低くて顔のラインが明らかな男性を好む傾向があるとの事。


数値化して分析の結果は、韓流四天王よりもチョ・スンウ

こういう分析方法もあるんですね(

となると、デビュー作「春香伝」のイ・モンリョン役へのキャスティングも納得



コメント (4)

「マラソン」 広島では 8月26日まで上映あり!

2005-07-18 07:48:00 | 映画「マラソン」
7月2日に、「マラソン」が公開されてから、二週間経ちました。

作品の大鐘賞 受賞や、ワイドショー、ニュースショー、映画雑誌 での紹介も好評で

原作の翻訳本、ノベライズの出版、などもあり、チョ・スンウファンのみならず

作品の内容の良さが「マラソン」ファンを増やしています。

ところが、どうも、大手映画配給会社直営の映画館では22日までで、23日以降

「夏休み映画」に替わる所が多くあるようです。(アニメの力が大きい

映画の年齢制限の厳しい韓国では、「マラソン」は家族みんなが見られる旧正月の公開で

それが、520万人の動員を呼んだ理由の一つでもあるのですが・・・

日本でも、夏休みになって、お子さんや学生もお昼に見られる状況にあって欲しい・・

そこで、地元の話になります。

広島では、23日からは、名画座系の映画館<こちら>で新たに「マラソン」が始まります。

他にもレアな映画もこの映画館での上映が予定されており、一日中のフル上映ではないのですが

この映画館は韓国の上映があった一月ごろから、ずっと「マラソン」の上映については

積極的な反応をいただいていて、大手直営の期間をはずして8月 26日まで上映予定を

入れてくれているので、とてもうれしく思っています。

私も、自分でも何度か行くつもりですし、なかなか時間の合わない職場の仲間達とも

一緒にこちらへ行く予定です。

もし・・ですが、夏休み中に広島で「マラソン」を見られるチャンスのある方

おいでくださいませ。一報くだされば同行します

加えてこの映画館のグループ館で、この春、東京などで上映された「韓流フェスティバル」も

遅ればせながら、上映ありますよ。

コメント (3)

大鐘賞、授賞式の日本での放送

2005-07-16 20:35:57 | チョ・スンウ探求

12日の記事で、「さくらもちさん」より いただいていた情報にありましたが

○ジテレビの「韓タメ」にて大鐘賞の表彰式が取り上げられた映像が流れたようです。

さくらもちさん、バッチリ放送でしたよ。

どうもありがとうございました。

この番組のHPは放送時間後、だったので、放送前に確認できなくて

すみませんでした。

このテレビ局が視聴できた方、放送はいかがでしたか?

長い時間スンウ君が取り上げられましたか?


ご存知のとおり、私の地域では、ドラマ「悲しい恋歌」は二週遅れの放送で

しかも週によっては、スポーツ番組の影響で、「韓タメ」は飛ぶ事も多々あり

再来週?の放送が見られるかどうかは定かではありませんが、楽しみにして待っていたいです。

そして、授賞式の放送が見られる番組をもう一つ発見。

衛星劇場(ケーブルもしくはスカパー)でおなじみの  MOVIE MOVIE SEOUL #32

放送予定日と放送時刻は

7月 18(月) 14:30   19(火) 22:30   21(木) 28:30   23(土) 14:30

  24(日) 28:30   25(月) 22:30   26(火) 22:30   27(水) 28:15

以上8回あります。録画できる方は、がんばってください!
コメント (10)

”新御三家”・・・ チョ・スンウ、 リュ・スンボム、 パク・ヘイル

2005-07-15 16:33:44 | チョ・スンウ探求


昨夜のEBS特集番組に引き続き、<こちらの対談ニュース>(12分)で

映画雑誌の記者からも 韓国映画俳優「新御三家」(相変わらず歳がバレバレ表現

記事の翻訳では「次世代 トロイカ」と呼ばれています。

今後のこの三人の活躍に期待すると言うコメントが出ています。

スンウファンには、うれしい内容です。 一見の価値ありです。

20:20追記

ニュース内の会話の内容に付いては、記事のテキストを翻訳されて確認されますようお願いします。

また、別な形で、この三人の主演映画の紹介されている<ニュース>も上がってきています。
コメント (4)