Penny Lane Music

福岡市中央区赤坂
ピアノ・ボーカル・ギターなど大人のためのポピュラー音楽教室

スタート!

2017-06-22 23:39:18 | 2017.6.18 piano party
いよいよスタート!
いつものように千綿さんに乾杯をお願いして

2017夏のピアノパーティー開幕です!

さて今年は久しぶりに当日順番を決めました。
くじ引きは今までよくやってましたが、今年は年齢の順です!
申告制!「サバよんでいいですからね、若く言えばその分、遅くなるけど」
と、申し上げましたが、みなさんやっぱり順番の方が大事(^_^;)
すごーく正直に書いていただきまして(^_^;)

配られたメモに名前と年齢を書いていただいて・・・・


アンサンブルはみんなの年を足して人数で割ります。
さてさて・・・・。

そういうわけで、本日最年長、大先輩がトップバッターです!
川西さんは中島みゆきの「時代」
難しかったのですが、ほんとうに時間をかけてじっくり仕上げられました。



いつも素敵な曲ばかり。今週のレッスンで
「時代って難しいですよねぇ、弾きたいけどなぁ」って話題の曲。
中島みゆき、高橋真梨子、この次は何にしましょうか、とお話したら
ユーミンとか竹内まりやとかって。川西さんさすが!すてき。
いつもまず、CDで歌を覚えてそれから口ずさみながら練習です。
だからメロディがとてもやわらかです。
また来年、どんな曲か楽しみですね。


さて続いては守田さん。「花言葉の唄」
美しいワルツです。


「やっぱり弾き語りにしたかったなぁ」と。キーが合わなくて断念。
弾き語り、今日のレッスンでさっそく今後のプラン立てました(*^_^)
守田さんは今のマンションにお引越しなさってから「ステージ」経験が増えました。
マンションのロビーのピアノで練習なさるので、みなさんが聴きにみえるようです。
だから最近はスタープレイヤーなのです!今回その経験がいきてました!



映画音楽の人気ベストテンに」必ず入ってくる名曲、
ヘップバーンの「ムーンリバー」は古賀さんです。



「きれいなアレンジで素敵な演奏でしたね」と評判!
はい、これ、いつもお話してる林知行先生のアレンジで本当にきれいなんです。
でもね、アルペジオが難しい!古賀さん、柔らかい音で美しく演奏してくださいました。
やっぱりピアノはアルペジオです。
「あんなに難しい曲が大人になってピアノをはじめても弾けるのですね!」
そうなんですよー!古賀さんは50代後半で始められました。
細く長く、続ける方には必ず、こんな素敵な曲にめぐり会う日が訪れるのです(*^_^*)




この日はチャレンジ!チャレンジ!みなさん初挑戦が多かったのですが
江崎さんは「ジャズピアニストデビュー」です。
初めてのジャズは「バードランドの子守唄」かっこいい!



こういうテンポもちょっと速くてリズムも難しいと、
間違えたときのやり直しが本当に難しいのです。
だから、途中からやり直しをする練習とかもするわけですけど
江崎さん、お見事!「そう!そうです!江崎さん、そこに戻って弾けばOK!」
と、思わず拍手しそうになりました。
本番で間違えるのは当然です。そのときの対応がテーマです。
どきどきあせっちゃうから冷静にちゃんと弾ける場所に戻るっていうことを
判断するのが難しいのです。江崎さん、さすが!
初めてのジャズ、克服です!また素敵な曲、チャレンジして下さいね!



ニューミュージック、懐メロ、映画音楽にジャズ、となると残るはクラシック!

中でもピアノではもちろん一番人気のショパンです。
オリジナル、ノクターン「遺作」を披露してくださったのは久保田さん。



長く長く時間をかけてじっくり仕上げました。
アシュケナージのピアノのCDを久保田さんきっと擦り切れるほど聴きましたものね!
ここ、もっとこんなふうに弾きたい・・・
聴けば聴くほど、弾けば弾くほど、限りなく果てしなく理想はさらに高く。
きりがないわよねぇ・・・何度もつぶやくようにこぼれたことば。
その練習の成果、しっかりでました。
これからもこの曲、弾き続けてくださいね。
素敵なショパンでした。




すべてのジャンルを網羅!?こうしていろんなジャンルを並べて
今年もピアノパーティーははじまりました。
この続きはまた明日。
まだまだジャンルもスタイルも個性たっぷり、どうぞお楽しみに!


コメント   この記事についてブログを書く
« Mr.ビーチへようこそ☀ | トップ | ファミリーアンサンブル、弾... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017.6.18 piano party」カテゴリの最新記事