Penny Lane Music

福岡市中央区赤坂
ピアノ・ボーカル・ギターなど大人のためのポピュラー音楽教室

第Ⅱ部、緊張は続くけどみんなすごいっ♪

2019-06-24 21:13:08 | 2019.6.16 piano party
お待たせしました、第Ⅱ部です。
(タイトルをクリックすると映像がリンクしていますが、
 著作権など問題がなかった曲のみのアップです)
 
さてこちらはジャンル風にくくってみました。
まずは有名なテーマソング、3曲です。
 
これはもうほんとに懐かしい、知ってる人は必ず
あのコーラスを歌ってしまう(笑)
’76~’93、FMから聴こえて来たあの細川俊之さんの
パリ感たっぷりのナレーション!ワールド・オブ・エレガンスの主題歌。
ラブ・ワールド、奈々美ちゃんはラジオファン、さすがの選曲。
当時、城達也さんのジェットストリームもそうですが、
このタイプの、涙のトッカータみたいな、コロコロスケールのフレーズ、
流行りましたが、・・・・奈々美ちゃん練習の成果が出ました。
タッチにこだわって、しっかり鍵盤に指を入れる、撫でるように弾かない・・
と、この一年くらい、ずっと頑張ったものね。素晴らしかったです。
 
 
さてこの主題歌も有名!ハウルの城「人生のメリーゴーランド」
久石さん曰く「追い詰められて追い詰められて」の傑作です。
難曲にチャレンジ、2回目の発表会、小野さんです。
そうよね、久石さん渾身の作品だろうなぁって思う難しさです。
メロディも展開も、そして何よりコード。こればかりは優しくなりません(^_^;)
難しい曲、楽譜の分析、どこで目を楽譜に戻して・・・
ここは手を見て・・・途中から弾いてみたり、工夫しました。
戻ってきたら短音じゃなくブロックにしましょうってアレンジも加えて。
その一番難しかったところ、ブロックのところ、
一番うまく行きましたね!練習の成果です。
小野さんも駅ピアノデビュー!またチャレンジして下さいね。
 
 
こちらも2回目のステージ、柳谷さん、
これはもう有名ですが「愛情物語」のテーマでカーメン・キャバレロの
あの派手な演奏で、映画音楽になってしまいました(^_^;)
 
柳谷さんは同じテーブルの江崎さんの「楽譜を見なきゃ」発言が
かなり響いたようで(^_^;)まぁこれは皆さんですね、
発表会の後のレッスンでの話題は群を抜いてこのことでしたので。
でもちゃんと途中からの練習してましたからね、
緊張のなか、お見事でした!では今度は楽譜、がんばりましょう(笑)
 
 
2回目の発表会メンバーが続きます、富川さん今年も弾き語りです。
富川さんから3曲は「ボサノバ、ジャズ系のマニアックな曲」です。
作詞モライス&作曲ジョビンのボサノバスーパーコンビです。
イパネマのように有名ではありませんが、とても美しい曲。
「先生、僕も楽譜を見てないことが原因です」と、発表会後の第一声(笑)
いえいえ、それでもいい音でした。
それにしても江崎さんのコメントの影響力はすごい(^_^;)
 
 
というわけで、マニアックなこちらは元々はシャンソン・・・
「残されし恋には (Que reste-t-il de nos amours?)」 
後で英語の歌詞がついてジャズシンガーが取り上げるようになりました。
福岡を拠点に活躍のジャズボーカル「Mayumi」さんの
同名タイトルのアルバムが古林さんのブームです。
で、このところのさらにブームはコピーです、だからとにかく聴く!
おんなじように歌おう!とmayumiさんのCDを聴きまくる。
でも音楽はまずここです、何よりです。雰囲気たっぷりの
とてもいい歌でしたよー。このブームまだまだ続きますね♡
 
 
さてマニアックシリーズ最後はクインシー・ジョーンズの楽曲。
クインシー初期のころの作品でしかも舞台のための曲。
その後、アルバムに一度だけ録音が収録されてますが
(ハーモニカのシールマンスがメロを吹いてます)
ほとんど資料もありません。アレンジは林知行先生が
「クインシーならこんな感じ」とCメロから書かれたものらしく・・・
さすが、響きの林先生です、美しい!茂木さんもとくに
本番前の10日くらいの細かい細かいチェックが効果的でしたね。
美しい演奏でした。
 
 
まだまだ発表会数回のみなさん、緊張で震える思いだったと思います。
でも弾きとおす!という気持ちがとてもあふれていてすばらしい!
それが音に出ていて、気持ちよかったです。
やっぱりピアノに向かう気持ちが、いちばん!なんですねー。
 
さて明日は、お待たせお待たせのラスト5組、アップします。
お楽しみに。
 
 
でも今回、ベテラン組はキャリアを感じる演奏が続きました。
 
コメント   この記事についてブログを書く
« 第一部後半戦から“偵察組” | トップ | 名曲がずらり! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2019.6.16 piano party」カテゴリの最新記事