日々・from an architect

歩き、撮り、読み、創り、聴き、飲み、食い、語り合い、考えたことを書き留めてみます。

僕の部屋の棟方志功と小林春規

2018-05-20 12:02:28 | 愛しいもの
この稿を(上記)こんなタイトルにしてみたが、掲示する写真は、僕の部屋の一角に掲げた小林春規の木版画と、棟方志功の作品を取り込んだ手拭(てぬぐい)である。棟方志功先生(時折文中敬称略・小林春規さんと共に)とは縁在って、妻君と結婚したときにお仲人をしていただいたが(御夫妻は他界された)、小林春規とも長いお付き合いになった。

 小林春規さんここの名前だけが`さん`付け・あとは失礼を:笑)のこの作品(木版画)は、新潟お絵屋での個展を拝見したときの購入、新潟駅・プラットホームの光景である。初めての出会いは、小林春規展を拝見する為に京都に出かけたことによる。案内を戴いた手紙には、棟方志功の名が書かれており(なぜだったのか失念)行かざるを得ないと思ったことは憶えている。其れからの数十年になるお付き合い、その根幹に同じもの創り人間としての価値観(生きていくことの!)の共有があるからだと思っている。

 この板画(版画ではなく板画と記載するのは、志功夫人`ちや`さんからの指示だった!が小林さんもまた同じ趣旨のことを述べられた!)もまた僕の宝物となった。そして新潟の駅に着くとこの板画の光景を想い起こすが、今は新幹線に乗ることになってこの風情を味わうことが無くなったことが残念である。

 何年前だったか、駅に早く着いたので、駅員に相談したらどうぞ!と言ってもらい、急行が発着する当時の面影が残っているプラットホームに立つ事ができた。この作品を観るたびに、そんなことが頭に浮んでくる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一言ご苦労さんと!オーディオとのお別れ

2018-05-12 22:55:56 | 日々・音楽・BOOK

 この稿は、このタイトルの一言に尽きる。

僕の生活、大袈裟に言えば`生きること`に連れ添ってきてくれたことにこの場を借りて感謝したい。相手が音を紡ぎ出す`機械`だとは言え・・・メーカーはDENON。1NTECRATIO・・・コロンビアで仕事をしていた弟(一昔前に死去)の推奨によるもの、我が家(僕の・・・部屋の)の一角を担ってきてくれたオーディオの、アンプの調子がおかしくなって音がでなくなった。妻君が気の毒がって自分の部屋にある一組を譲ってくれた。BOSEである。なかなかの音だ! 

その妻君は、よりコンパクトなPANASONICのSC―HC400を購入する。

ところで我が家のメインオーディオは、一昔前にリビングに設置したこれも弟の推奨してくれたDENONのオーディオシステムである。ただスピーカーはスペースが狭いので小型しか入らず、それでもこだわって、弟と共に試聴して手に入れた小振りなONKYOの逸品。このシステム、この音に惚れている僕は当面このシステムで聴き続けることだろう。主として聴くのはJAZZである。 

ex。KEITH JARRETT のソロ、THE CARNEGIE HALL CONCERT。そしてMILES DAVIS QULTET(ex。1965-68)の「死刑台のエレベーター」オリジナル・サウンドトラック版は、何ともいえない味わいに満ちていて得も言われない。メンバーは、JOHN COLTRANE、MOCOY TYNER、JIMMY GARRISON、そしてELVIN JONESである。

この一文も、上記CDを音を落として聴きながら起稿している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御殿場のビナヲークを訪れた! 妻君・娘と共に

2018-05-06 15:00:53 | 添景・点々

此の春の連休・昨日、来宅した我が娘(こ)と妻君に連れられて(チョッピリ情けない言い方だが…小文字で記す)御殿場の`ビナヲーク`を訪れた。2年ぶりか3年ぶりの(僕にとっては!)ササヤカな出来事であるが、行き着くその行程が興味深かった。 

自宅のある小田急線厚木駅から本厚木に行き、急行に乗り換えて新松田で降り、JR御殿場線に乗り換えて御殿場へ、そこからビナヲークの用意したバスに乗る。

満員のバスが出たその後を追うように来たバス、我が家族は一番手、立ち身でギュウギュウ・晴天の中の富士山はこの天候に気押されたように其れに溶け込まされたように薄っすらと佇んでいる。まあ、お前らのことなど知ったことか!という王者の風格なのか(嗚呼:あああ!苦笑)。

ビナヲークは賑やか、家族連れの笑顔の人々で溢れかえっている。思いようによっては其れもよし!こういう「場所」派賑やかな方が好い。さてっと、まず昼食をと想ったものの駄々広い食堂も満席、路端に座り込んで手に入れたサンドイッチを頬張る若き夫婦がいてフッと笑みを交わし、僕らも其れに習う。

 買いたいものを決めている妻君と娘に連れ添って、まずは館内へ。そして羽織るコートやリュックサックを検索、彼女等はお洒落な名品!を手に入れる。僕も其れに習い二人に見え方を確認してもらい、黒いPUMAのリュックサックを購入。明日からはこれを背負って新宿の事務所へ通うことになった。 

さて今朝の我が家、何はともあれ薄日の差し込むリビングで、YouMust Beliere In Springgを架けてこの一時を味わう。その後このBILLY JOELのスタンダード・ナンバー:ストレンジャーやピアノ・マンなどを聴講しながら昼食を・・・つかの間、一服したら、中野の住いへ帰宅するという娘と共に厚木駅へブラ歩きをし、僕は通勤する明日の、ロマンスカーのチケットを購入し、改札口で娘を見送った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

此の春の一時に:終わりと始まり!…を

2018-05-03 21:14:44 | 自然

微かに薄日の漏れる此の春の連休、自宅から丹沢につながる山並みを見遣りながら此の一文を起稿する。

既に2週間ほど前になるが、盟友連と新宿で酒を酌み交わしたものの、転んで胸を打った。その時は然したる事はなかったが、翌朝痛くなって病院に行き、レントゲンを撮った後.医師が特殊な包帯で縛った右胸の状態・体調を気遣いながらも今朝は、コルトレーンの「バラード」を架けて`日ハムと楽天`の戦いをTVで観戦しながら此の一文を起稿している。さてっ!とモタモタしていたら9回の裏、日ハムの逆転勝利。北海道の友人の喜ぶ顔が幾つも浮かび上がり思わずニコリとする。

 ところで見入っているのは、朝日新聞の「文芸・批評」欄の池澤夏樹書の「終わりと始まり」欄。タイトルは`主体的な思想なき政府`。サブタイトルは、■米国への「異様なる隷属」というかなり過激な文言、そして本題は上記『主体的な思想なき政府』である。

 僕がこの一文に見入るのは、池澤の歯に衣を着せぬ文言が、そのどれにも共感・共鳴するからである。

例えば、2004年の沖縄国際大学通りの日本機墜落事件の折、消防・警察さえ現場に入れなかったとの一文は、その直後の訪沖の折り、現地へ案内してもらって状況を確認した。その折、沖縄と本土(奇態な言い方だと気になっているのだが!)での情報公開の差が気になったことを想い起こすし、次の欄の一言,「歴史は過去をなぞり、われわれは1940年代と同じ誤りを犯している、との文言の後の一言゛『冷戦後、衰退するアメリカにまだ日本がしがみついているのは、国を担う思想基盤がないからだ』との想いを池澤は敢えて書き連ねてるからだ。(この一言は我が文体`に置き換えている)。そして、池澤の存在が僕の中に留まることになると共に、日本の行く末が気になってくる。<文中敬称略>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胸を打つこの想いは何時までも!

2018-04-29 21:17:42 | 沖縄考

沖縄の若き(僕より弐回りほど…)建築家・盟友ともいえる根路銘安史が、建築の講習会受講の為に來都(東京)した。若きなどと記すと苦笑されそうだが、彼の主導によって数多くの人々を巻き込み、例年2月に行われてきた聖クララ教会(沖縄県与那原町)でのコンサートは、今年の2月11日(日)の第12回目を期に閉じることになった。その折の淡々とした彼のメッセージに心打たれたことを忘れ得ない。

その彼と新宿で一杯やりながら、コンサートのことだけではなく建築を主体として、人の生きていくことへ踏み込んだ四方山話が尽きなかった。 

閉じることは、始めることよりも決断力が必要だとついつい瞑目したくなる。しかも例年この音楽会は常に満席、僕は特別招待のような形で招聘され、ここ数年、冒頭に挨拶をされる神父さんの後、此の建築に魅了されている建築家の一人としての一言を述べさせて戴いてきた。

今年は神父さんの都合がつかなくて例年お世話になって僕とも親しくなったシスター中村さんのにこやかな挨拶に心打たれたが、僕の一言(挨拶)は無しとした。そして嘗て、隣接されている修道院宿舎(基本的には修道女のための!)に2度ほど泊めて戴いたことなどを想い起こしたりした。

そういう縁もあって神父さんや修道女の方々とも懇意になり、当初は神父さんが2次会(懇親会)に同伴して下さったこともあった。 

`初めがあれば終わりがある`とよく言われる。でも、この聖クララ教会での此のコンサートとの出会いは少し違うような気がしている。コンサート自体は終焉し、登場して僕達を魅了し親しくなった音楽家連、同行した建築家とも疎遠となってしまうだろうが、その人たちとの出会いは僕のどこかに何時までも留まっているような気がしている。とどのつまり沖縄への、此の教会・この建築への僕の想いが、僕自身、閉じる・忘却することはありえなと確信する。 <写真・聖クララ教会>

<追記>この一文を起稿しながら、7年前になる2011年3月11日に発生した`東日本大震災`の翌年から、仙台をベースにして、毎年、閖上(ゆりあげ:宮城県名取市。今年は訪れなかったが)、そして女川に赴き、その復興の様相に目を向けてきたことを、聖クララ教会でのコンサートと共に記しておきたくなった。女川行きも今年で終焉しようかと想っているからだ。

その女川は、昨年に観た復興の様相から思いがけず町の姿が大きく変わり、残念ながら、必ずしもその様相に得心できなかったことを敢えて付記しておく。というよりも正直がっかりしたのだが・・・ 

本文は今年の、仙台、女川から帰郷した翌日になる今日(4月29日)のUP。事前に概要起稿したものに手を入れてのUPです。<文中敬称略>

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仙台へ!

2018-04-25 12:30:04 | 建築・風景

今日、これから仙台行きです。帰京するのは28日の土曜日の午後、このあわただしい一時にこの一文を執筆。特段の事があるのでもないのですが、仙台の建築家に、設計をし建てた建築を幾つか案内して頂いて拝見。その前日26日には、例年の仕業になった東北大の教授と仙台の写真家と共に女川などに赴いて3.11のその後の様子を拝見・考察し、軽く一杯やりながら様々様相を語り合ってきます。以上取り急ぎ・・・新宿からの事務所からの発信、でも写真は住まいのある海老名市の一齣!仙台とは何の関係もありませんが、この地から仙台へ!と言う怪しげな一言を追記

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

光と影のコンポジション

2018-04-13 11:17:46 | 自然

歩いていると、ふと気になる光景・揺らぎに出合うことがある。

立ち止まり、体を捻ってみたりしてその動く影とのコンポジションを楽しむ。

舗道に現れた影、奇態に美しく動く僕の影を面白がっているような気もしてくる。

春最中の一時でもあった。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ブルーノ・ムナーリ展を味わう・葉山の近美で!

2018-04-08 20:58:43 | 文化考

昨4月7日の土曜日、神奈川県立近代美術館葉山にて、「ブルーノ・ムナーリ」の作品展を拝見。ムナーリの存在を僕は知らなかったが、近美から招待券を送って戴き、都内に住む娘を誘ってそのオープニング・レセプションに赴いた。

ムナーリは、1907年(明治40年)にミラノ(イタリア)で生まれ、1997年(平成9年)その生誕地ミラノで没した画家、デザイナー、教育者でもあったという。そして何よりも心惹かれたのは、現在(いま)の僕達を触発する`時を越えたと言いたくなる`作品群、その全てに魅了された。

 鎌倉の「近美」がなくなったことを何年経っても痛ましく思っているが、久し振りに訪れた葉山のこの近美は、海(太平洋だと敢えて書き添えたくなる)に面していて、此の日の海は波高く、その遥か先には富士山の姿が微かに臨むことが出来、久し振りに訪れる此の美術館の存在にも心惹かれることになった。

 我が娘とは美術館で落ち合うことにしたが、娘は逗子駅から海岸の砂浜を歩いて近美に赴こうととしたが、風が強くて砂も飛んでくるし、海の飛沫(しぶき)がひどくて無理をせず、狭いバス通り周辺の家屋などの風情を味わいながら、1時間半ほど歩いて近美に辿り着いたという。

 僕は当然のことながら逗子からのバスに乗ったが、狭い道路、時折り留まって先方から来る自動車をやり過ごす風情、それは其れで興味深いバスツアーになった。そして作品群を拝見した後のレセプションを楽しんだ後、娘と海辺に赴き、遠くに微かに観える富士山の姿を愛でたことを記載して起く。

 そして何よりも、そのムナーリの作品群に魅せられた事を留めておきたい。絵画を主として`軽やかな機械、`役に立たない機械`と題した作品群、更に「役に立たない機械とは何かと、その理由」と題した不思議なイラストっぽい作品群。「眼の見えない少女のための触角のメッセージ」と題したぶら下がっている逸品、などなど。思わずしゃがみこんだり見上げたりしながらの様々な視点でみやる。

此の美術展は、`近美葉山`をスタートとして、北九州市立美術館、岩手県立美術館、世田谷美術館(東京)に巡回される。折りあれば沢山の人に見て戴きたい。我が娘とは葉山からバスに乗って逗子に行き、駅の近くにある従兄の自宅・医院をちらりと見て帰宅した。

 そして、ムナーリ展のオープニング・レセプションで、久し振りにお会いした館長水沢勉さんとにこやかに語り合い、旧交を温めたことをも記しておきたい。

 <写真、近美葉山館の裏地から見る海、その向うの微かに見える富士山>

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事が終わり 事が始まる4月

2018-04-01 22:05:27 | 愛しいもの

今日は4月1日、`エイプリルフール・四月馬鹿の日′である。ところで昨今、何とも嬉しく、可笑しく、不思議なこの一言が聞こえてこなくなった。 

僕が七十数年愛読している`朝日新聞`でも、NHKをはじめとしたテレビからも、おのれ(俺)を、そしてこの世を揶揄(やゆ)した、懐の深いこのコトバ。他の新聞ではどうなのだろう! 

昨年はどうだったのか!と気になるもののトンと記憶にないが、永年「時」を愛でながら過ごして来た僕は、ふと、     いや、妙に気になっている。 

何はともあれ教育の世界では此の4月1日から新学期が始まる。実務は後日になるとは言え!幼稚園児、小・中・校の生徒・学生たち、そして大学生、院生。・・・新しい世界が開かれる事だろう。 

更に、社会に羽ばたく若者にとっての今日・この日は特別な日かもしれない。さて、妻君と来宅した娘と共に「町田天満宮」に行ってきた。「町田天満宮ガラクタ骨董市」が開催されているのだ。 

その名のように所謂「ガラクタ」!でも見方によっては宝物の集積、とは言い切れないが観ていると、なぜか奇態な欲しくなるものがある。手に入れたのは小さい`大黒様′だった。 

さて今日、此の日。僕にとっては終生忘れ得ない日になった。ガラクタ市、・逸品(我。苦笑)を手に入れたとは言えブラ歩きの後、永年愛用してきた車を手放した。何かの変わり目。厚木市にある「マツダ」に妻君と共に行き、長年世話になった担当者に挨拶、とどのつまり四方山話。

四方山話とは言え、車を通しての人生観。 つまりお互いの帰し越し方を、愛車を通して笑顔で語り合ったような気がする。何かが終わった、との思いもあるが、何かが始まる!という予感、無きにしも非ず。 

<写真:手放した愛車>

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

拝観した`棟方志功と柳宗悦`展(於:日本民藝館)での想いを!

2018-03-25 14:03:54 | 文化考

昨3月24日の土曜日、日本民藝館(駒場)での「棟方志功と柳宗悦」展を拝観、その想いを留めて置きたいと起稿したものの、なかなか書き進められない。 

この1月11日から開催されていて、今日3月25日が最終日、晴天に恵まれた今日もまたは拝観者で一杯だろうと、展示された作品に想いを馳せながら、とにもかくにも記しておきたい。 

既に四十数年前になるが、僕と妻は、棟方志功御夫妻にお仲人になって頂いて一緒になった。そして心に留まっているのは、鎌倉山に建てた住宅・アトリエ(ふさわしいネーミングではないと何度思ったことか!)の設計と監理に関わったこと・小学生になった我が娘を連れてお正月の挨拶に伺ったときのことを、チヤ夫人はいつも、大きくなったネ、小さいときは彼方此方走り回ってやヤンチャだったのに!と眼を細めて見遣っていただいたものの、帰り道二人でそんなことなかったのにねえ!とのぼやき?そのことを、おそらく僕も娘も終生忘れないだろう。 

ところで拝見した棟方作品、懐かしくもあり、どうしてこういう作品が生まれるのか!と、時を経て改めて見入った。と同時に今回の案内ポスターやチラシもそうだが、志功の名が宗悦氏の前にあることに恐縮している棟方の姿がつと頭を過(よ)ぎる。 

会場で出会った石井頼子さん、棟方志功のお孫さん。久し振りに会えるかもしれないと思いながら、全館を見る途中で売店に立ち寄ってみたら「棟方志功の目」と題したその頼子さんの著作が目に留まりまずは購入。頑張っているのだと何処かでホッとする僕に気がついたりもする。そして参観者を案内している頼子さんに会う。お互いにっこり! 

<余話>ふと思い立って娘の携帯に電話をした。休日でも多忙な娘はまだ観ていないので、時間のやりくりをして、これから行ってくるとの一言、ホッとし、それでは売店で、志功の作品を取り入れた数編の手ぬぐいの中の一本を買ってきて!と依頼、実はその一つを手に入れたが、一昨日、都庁での会議に出席した後、近くにある僕の事務所に来てくださった札幌市大の羽深教授にプレゼントしたいと思ったからだ。

教授は再来年までの在校との事、例年招かれて院生への講義、昨年は思い立って学部生への特別講義を組み込んでいただいたが、後2回、訪札頼むよ!とのこと、いや院生はともかく昨年は学部生への講義はうけなかったからナア!とぼやく僕に、教授もニヤリ。でも僕にとっては嬉しい一言だった。 

そしてツト思う。僕の`志功`との出会い、若き日の志功のアトリエ構築の余話を学生たちに伝えてみるのもいいかもしれないと瞬時一考。でもいまの若き学生共は、「棟方志功」を知らないだろうか!と、しばし瞑目する。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加