一期一会 ~万年筆店店主のブログ~

哲学、想いを発信している、Pen and message.店主吉宗史博のブログです。

元気の素

2009-10-25 | 仕事の考え
毎日の生活の中で処理できない感情が増えてくるとストレスに押し潰されそうになります。ひとつひとつの問題がゆっくりとやってくると自分の中でそれなりの納まり所というか、気持ちの持って行きようが見つかりますが、それが大きすぎたり、一気にたくさんやってくると本当に辛いと思います。
そんなストレスいっぱいの日々の生活の中で元気になれる、元気の素を持っている人はそのストレスから自分を解放する手段を持っていると言えます。
万年筆を集めるのもそうかもしれませんし、どこかに出かけたりすることもそうかもしれません。
そんなふうに時間を忘れて好きでできることが元気の素で、それは誰にでも必要なものだと思います。
私の元気の素は、少し変かもしれませんが靴磨きです。
靴にブラシをかけたり、クリームを塗って磨くことが好きで、夜家族がテレビを見ている時や、寝静まった後、一人で玄関で靴を磨いています。
自分の磨く靴がなくなったら、妻の靴まで磨くという有様で、これをしていると楽しくて仕方ありません。
思えば中学生や高校生の頃、スパイクやグローブを磨くのも好きだったことを靴を磨きながら思い出しました。
以前の私はそんな元気の素を持っていませんでした。
仕事以外に興味のあることがなく、それは自分が仕事が趣味で、唯一情熱を傾けることができるものだからだと思っていましたが、それは大きな間違いで元気の素が必要なほどのプレッシャーが仕事でかかっていなかっただけだと最近思いました。
今の仕事はもちろん好きですし、生き方そのものだと思っていますが、自営業というプレッシャーはそれなりにかかっていて、やはり元気の素が勝手にやってきました。
皆さんは元気の素、持っていますか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 万年筆で描こう!(10月23日金... | トップ | サングラス »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
靴磨き (ひろ。)
2009-10-25 19:26:39
吉宗さんも、靴磨きがお好きなのですか。わたしも靴磨きが大好きです。
革靴にクリーナーをかけて、ブラシできれいにし、クリームを塗って丹念に磨く。
無心にその作業をしていると、心が穏やかになります。
同じことを吉宗さんもお好きなんだと思うと、うれしくなりました。

わたしの元気のもとは、美術館に行くことです。あ、クルマで出かけることもそうですが…。
そうそう、息子と自転車に乗ることも大好きです。
そうやって、自分を解放する手段を持つことって、仕事をしてると大事ですよね。
Unknown (H)
2009-10-25 23:08:29
靴磨きですか。私も、一時、毎日そういう靴を履いてたときは、磨いてたなー。ぴかぴかになっていく達成感がいいんでしょうね。最近は、出張の時しかぐらいですが、ブラシだけは欠かさずかけてます。

私の場合、「わ、すげっ」を見たり、聞いたりするのが、気分転換というか、このお題にあたりますが、最近は、それをネタに神戸の2カ所をはしごして、べちゃくちゃしゃべるのも仲間入りしてます。
元気の素 (penandmessage.)
2009-10-26 13:50:02
ひろ様
ありがとうございます。
車で走ることは私も大好きです。自宅の垂水から少し西に行けば田園風景の中を走ることができて、そんな道が一番好きです。
自転車は長い間乗ってないけれど。

H様
ありがとうございます。
H様が感じた「わ、すげっ」をいつも分けてもらっていますね。
確かに素晴らしい技術や作品を見たりすることは良い気分転換になりますね。
こんにちは。 (mon)
2009-10-26 18:22:40
奥様の靴まで磨いておられるなんて、
なんて素敵な元気の素(^^)w

私の場合は手帳と万年筆をいじることと、
育児を始めてから、毎晩、食後にコーヒーをいれるのが元気の素になっているようです。
ゴ~リゴ~リ豆をひいて、お湯を注いで・・・
雑な気持ちでいれると、美味しくないので
自分のバロメーターにもなってて、癒されております。

一度、そちらの豆も試してみたいなぁと、企んでおります♪
コーヒー (penandmessage.)
2009-10-26 19:41:42
mon様
私もそんなに凝ったことはしませんが、コーヒーを淹れて飲む、一人の時間がとても好きです。
コーヒーの味は、本当に手で変わるので気持ちの有り様が現れますね。
ぜひ当店のコーヒー試してください。
冬の旅 (るり千代)
2009-10-27 01:23:32
基本的に…追い込まれないと仕事ができない人間です。
今いよいよ大仕事が目前に迫り、必死で自分を焚き付けています。

遅くまで仕事をしていると、気が昂って寝付きが悪くなります。
それを防ぐ鎮静剤は私の場合、シューベルトの「冬の旅」です。
独りになれる車の中で、運転に集中しつつ耳を傾けると、不思議と気持ちがすっきりしてきます。
ま、それ以前にエンジンをかけた途端、頭はリセットがかかっているのですが…。

靴磨きは良いご趣味ですね。
うちの旦那に爪の垢をやってください。
元気の素がない人たちを見ていて (達哉ん)
2009-10-27 01:28:14
元気の素がなくて、病気になってしまい、医者にかかったり休学したりしている人が周りにいて、つらそうにしているのを見ていますから、それが大切なことがわかります。私自身は元気の素をそれとはっきり分かる形で持っていて、それゆえにものすごく辛くても何とか踏みとどまれていますが、元気の素とはっきり言えるものがない人々は本当に辛そうです。

後輩や故郷の友人と楽しむことには、元気が必要なのかもしれませんが、その元気がなくても彼らは元気を与えてくれます。おいしい紅茶、美しい万年筆、少しさびしい感じのする曲に、一人秋の夜長に手紙を書く…。そんな素敵な情景もいいですが、元気というには少しさびしい気がします。後輩や故郷の友人こそ、疑いなく私の元気の素です。

春は霞、夏は陽射し、秋は月、冬は寒さ、ただそれだけで茶は十分うまい…。そういう一言で紅茶を飲みながら、後輩たちや故郷の友人たちのことを思い浮かべて、ふっと気付きます。季節にかかわりなく、後輩や友人はいつも私に元気をくれるのだ…と。時折心配も一緒にくれるけれども…。
元気の素 (penandmessage.)
2009-10-27 14:42:30
るり千代様
ありがとうございます。でも良い趣味かな?
大仕事とのこと、お疲れ様です。プレッシャーもすごいのだと思いますが、車を走らせながら音楽を聴くことは良い気分転換になるでしょうね。
元気の素は、心の休息所ということなのでしょうね。

達哉ん様
人は一人で生きていけないことを達哉んさんは若いのに知っていて、友達の有り難味を感じているところに感心します。
だからたくさんの友達達哉んさんの周りに集まってくるのでしょうね。
また神戸に帰ってきたら遊びに来てくださいね。田舎のおじさんが待っています。

コメントを投稿

仕事の考え」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事