一期一会 ~万年筆店店主のブログ~

哲学、想いを発信している、Pen and message.店主吉宗史博のブログです。

出張販売シーズンの終わり

2018-11-27 | 仕事の考え

当店にとって今年最後の出張販売だったKOBE PEN SHOWが11月25日に終わりました。

今年1年、外によく出ていたので、おろそかになってしまっていた店内のことや新しい企画に腰を据えて取り組んでいきたいと思っています。

出張販売から見るとシーズンオフのこれからの半年間は蓄積の時期で、今から蓄積したものを出張販売で発信して、出張販売が終る頃にまた空っぽになって蓄積するという1年を繰り返していくのだと思います。

今年2回、ペンショーというイベントに参加させていただいて、それぞれとても有意義で楽しかった。

他店の仕事振りを間近で見る機会にもなって、私はまだまだだとがっかりすることもあるけれど、同業者同士の横のつながりを持てる数少ない機会にもなっている。

それぞれの会社からオリジナル万年筆やインク、他ステーショナリーを企画、販売する担当者として任されている今のブームを作っている若い人たちを見ていると、若い時の自分の姿を見るようで皆さんそれぞれ頑張ってほしいと心から思います。

私も別に上から、余裕で見ているわけではなく、同じ目線のライバルでもあるから負けたくないとは思っています。

以前はスケジュールが自分の考えでコントロールできなくて、何かと不自由なイベントは仕事としてアテにしない、自分の都合で出て行きたい所に出て行くと決めて、そうしていた。

その気持ちは変わらないけれど、イベントの良さは確かにあって、日頃当店を見る機会のないお客様に見てもらえるし、前述の横のつながりや刺激を受けられることも大きいので、これからも機会があれば参加したいと思っています。

少し前の自分なら、ペンショーのようなイベントで他のお店に交じって仕事することに抵抗を覚えていたし、その心があったから今まで続いてくることができたとも思っているけれど、そういう集まりを心から楽しめるようになってきた。

これはもしかして齢をとったからかもしれないけれど、そんな自分の意外な変化にも気付いた1年間でもありました。

楽しかったKOBE PEN SHOWが終って、お祭りが終ったみたいな寂しさもあるけれど、次の店の中での仕事もまた楽しみたいと思っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 同級生のケーキ屋さん | トップ | 大和座狂言事務所ガラ公演 1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事の考え」カテゴリの最新記事