一期一会 ~万年筆店店主のブログ~

哲学、想いを発信している、Pen and message.店主吉宗史博のブログです。

Pen and message.オープンの日

2007-09-23 | 仕事の考え
何度心からありがとうと言ったか分かりません。
たくさんのお花、朝から途切れることなく、お店に入ってくださる方々。
私達は今まで一番晴れやかな時間を過ごしていると思いました。
商品搬入が前日まであり、睡眠時間が2,3時間という強行軍をこともなげに共にしてくれたスタッフとともに、お客様、お取引様に感謝の気持ちでいっぱいの一日でした。
会社を退職し、水面下に潜って、5ヵ月半。久し振りに会うお客様方は皆様温かく、Pen and message.オープンを祝ってくださり、これまでの迷いや試行錯誤の日々が報われた気がしました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 趣味の文具箱Vol.8発売 | トップ | オリジナルペリカンNo.1ボー... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます!!! (vert olive)
2007-09-24 01:30:49
恐れ多くも、一番手カキコになってしまった・・・
If one has an image of a journey's end, one may, in the end, surely reach it, after no matter how many detours and deceptions and abandonings of hope.  Margaret Drabble
旅の目的地を心に思い描いていれば、どんなに多くの回り道と挫折と希望の放棄を経験しても、ついには必ずそこに到達する
~マーガレット・ドラブル
ベタベタですね・・・唯一無二、暗唱できる文句なのです・・・
でも、正に、お贈りしたい言葉です。
本当におめでとうございます
よかった (mtfuji)
2007-09-24 18:50:00
いい出発が出来て本当に良かった。(vert oliveさんのコメントも良かったですよ。)
私はまだ拝眉に伺う日程すら立ちませんが、祝う気持ちだけは十分にあります。そういう潜在的来店者がもっとたくさんいると思います。吉宗さんが今まで誠実にやってこられたことの証です。これから天気の良いひも良くない日もあるでしょうが、みな見守っているということです。この店は一人でやっているのではありません。祝福された開店に栄えあれ!
温かいですね (達哉ん)
2007-09-24 21:50:48
凄く温かい良いお店ですね。世の中の喧噪から離れていて、けれども町中。良い場所、良い雰囲気だと思います。サイトも同じような雰囲気が流れるんだろうな、とトップページから感じています。

常連となりそうですが(それも冷やかしだけの常連と)、宜しくお願いいたします。
一人ではないですね。 (penandmessage.)
2007-09-25 00:35:34
vert olive様
ありがとう。今の店を今までの仕事の中で何回空想したか分かりません。おっしゃる通り、今までの仕事や経験はここにたどり着くためにあったのかもしれません。しかし、これはゴールではなく出発で、今見ている夢が現実になるようにイメージを膨らませておこうとも思っています。

mtfuji様
ありがとうございます。23日にお電話でその声を聞いて、温かい懐かしい気持ちになりました。mtfuji様のように思ってくださる方が他にもおられると思えると心強く、勇気が出ます。晴れの日でも雨の日でも、自分にこの場所が与えられたことを幸せだと思って、それぞれに日にするべきことを見定めて、少しでも長く続いていきたいと思っています。

達哉ん様
来店してくださり、本当にありがとうございました。ぜひ常連になってください。そのために奥に自由に座っていただける椅子と自由に読んでいただくための本があるのですから。
すばらしい! (ナゾノクサ)
2007-09-26 13:28:17
吉宗さんのお店はほんとにすばらしい!
オープン前は青山の万年筆専門店のような万年筆ブティックみたいなイメージが頭を巡っていましたが、隠れ家風の小さな控えめな看板と入口を見て、吉宗さんのお人柄らしい落ち着いた、控えめなお店でした。
備前焼のインク壷やペン置きなど一品一品が焼き色が違ったり、微妙に形が違っていて楽しかったです。
場所柄も周囲に古い建物が多く、静かないいところだと思います。


再会 (penandmessage.)
2007-09-26 19:23:07
ナゾノクサ様
お会いできてよかったです。
この店は万年筆店らしさとか、既成の店のイメージを全て捨てて、自分がどんな店にしたいかだけを考えるようにしました。
共感していただけて、本当にうれしく思います。
また遊びに来てください。
おめでとうございます (ファーブル)
2007-09-29 00:03:48
一度だけ、前のお店を訪ね、ペントレーと便せんを買ったものです。筆記具担当者のひとりごとの頃からのファンで、新しいお店を楽しみにしています。とは言っても金沢からは遠く、いつお邪魔できるか分かりませんが、必ずお訪ねしたいと思います。
おめでとうございます。 (mike)
2007-10-01 13:55:32
初めてメールします。面識も在りません。ただインターネットのサイトを時折読ませて頂いて居りました。知人から独立されることを聞いて、お人柄からして良いお店になるだろうなと思って居りました。
写真や皆様のコメントで更にその事を確信いたしました。機会があれば是非お尋ねしたいと思います。
勝手ですが、万年筆の薀蓄やかくあるべしと言うマニアックな側面よりも、単純に万年筆で書く事が好きな私のような素人でも受け入れてくれる日向のようなお店であって欲しいとも思っています。開店おめでとうございます。
ありがとうございます。 (penandmessage.)
2007-10-01 22:16:14
ファーブル様
店舗準備中に一度金沢に行きました。
当店のスタッフの一人も金沢の出身で、不思議に縁のある街です。
おっしゃる通り、簡単に行き来できる距離ではありませんが、ぜひ神戸に来られた時にお立ち寄りください。
お待ちしております。

mike様
私もマニアではなく、万年筆は書くための道具であり、書いてこそ価値があるものだと思っています。
もちろん万年筆に詳しくない人のための店でありたいと思っていますので、安心してご来店ください。
よろしくお願いいたします。
おめでとうございます (マーベリック)
2007-12-02 18:34:08
遅まきながら、ご開店おめでとうございます。
老舗文具店での吉宗様はとても素敵な雰囲気で(でも時々ネクタイを軽く緩めていらっしゃる時もあったりして)気分良く買物をさせていただいたのを思い出しました。しばらくお姿をお見かけしないなぁと心配していたのですが、ご自身のお店を持たれたとの事を聞き、吉宗様らしいなぁと思いました。これからも、ゆっくりと時間の流れるスペースでのご活躍をお祈りします。また近くまで行きましたらぜひ寄らせていただきたいと思います。

コメントを投稿

仕事の考え」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

[stationery] 吉宗屋 (dIARY of andrew)
学生から、Pen and message が一部で``吉宗屋’’と呼ばれていると聞いた。スタッフって誰だろう、吉宗さんの奥さんだったりしないよなぁ、と思っていたが馴染の方々であった。Pen and message は、文具・コーヒー・ジャズだけでなく、暦についても話ができる場所になり...
Pen and message.【大人のための教科書】 (大人のための教科書・自分らしさ、こだわりを大切にする大人のための教科書)
いつもありがとうございます。 神戸に新しいショップPen and message.がオープンしましたのでご紹介します。 万年筆好きの間で話題のショップです。 時間がゆっくり流れるような気がするお店です。 よかったら行ってみてください。 お店の様子は、万年筆評価の...