一期一会 ~万年筆店店主のブログ~

哲学、想いを発信している、Pen and message.店主吉宗史博のブログです。

サバイバル

2018-03-20 | 仕事の考え

今の時代は、店などの小売りにおいては、今までの常識や経験の通用しない時代になっている。

それはネットショップで小規模の店舗が大量に参入したり、一般の人たちがオークションヤフリーマーケットサイトなどで自由にものを売ることができることも一因だと思っています。
またイベントなどに、お客様方が自由に出店していることも象徴的なことだと思っている。

それらの状況は、メーカー→問屋→店→消費者という今まで普通にあったモノの流れの仕組みの中に存在していた統制システムを混乱させ、機能不全にするのに十分な販売力と影響力があります。

今まで業界にあった秩序やルールは消滅するのではないかと思います。

常識の存在しないこの状況はまさにサバイバルで、そんな中で私たち店はどうあるべきだろうか。

一番良くないのは、既に時代遅れになっている業界の秩序を取り戻そうとして、店はメーカーに、メーカーは店に圧力をかけるようなやり方だと思っています。

時代はとっくに変わっていて、お客様方の買い物の仕方も多様化しているのに、今までのやり方を今の時代に当てはめようとしても無理がある。

当店は、この業界の仕組みに組み込まれていない新参者なので、このサバイバル戦の攻め手側なのかもしれないけれど、敵味方もない。本当のライバルの多くは目に見えないということが今の時代の特長なのかもしれません。

この時代を生き残っていくには、私たちは商売、サービスのプロでないといけないという普通の結論になるけれど、そう思っている。

たくさんの、万年筆やステーショナリーを販売する人がいる中で、いかにプロの万年筆販売店らしくあるか。

それを追究していくことが、この先続いていくために必要なことだと今は思っているけれど、その考えに固執せず、考えをすぐに変えるつもりも持っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 都会と地方 | トップ | 親子 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サバイバル (小田 健次郎)
2018-03-20 11:19:07
世の中の流れに淘汰されずに存在し続けるのは、自分なりに変化し続けるしなやかさが必要と考えます。ただし、変化するときも本物・本質を見失わない事はとても大切だと思います。全ての生き物の進化の過程はサバイバルが根本にあります。ピンチを乗り越える進化のチャンスです。サバイバルを大いに楽しんで満喫しましょう。
10年先は…。 (兼﨑 亨)
2018-03-20 12:59:38
 いろんな講座で、10年先は今ある職業の半分あるいは、6割が変わっているか無くなっているという話をします。私たちが生きてきた中でも、例えば30年前と今では随分違います。近くにあった個人商店は殆どなくなり、駅には自動改札など、例には枚挙にいとまがありません。しかし、その変化はとてもゆっくりで、廃業に追い込まれたお店には気の毒ですが、時代の変化には抗えない。問題なのは、この変化が過去の変化より、あまりも急激に起こることだと思います。現に今吉宗さんが書いておられる通りに、この業界も数年前とは事情は大きく変わっていると思います。時代はより便利に、より安価に、より優れたものを求めるように動いています。
 このような変化の時代にあってこそ、消費者も企業やメーカーに求めるものをじっくり考えなければ、どちらにとっても良くない結果になりそうです。残念ながら我が国は、そんな国です。私は、「本物」は生き残ると思います。物事の本質をよく知っている「本物」は、どの業界でも生き残ると思います。どうか、その追求を続けてください。
本質を見失わない (Pen and message.)
2018-04-30 11:02:45
小田 健次郎様
ありがとうございます。予測不可能なことに対処して、道を切り開いていくようなことは、嫌いではないので、楽しみながらいろんなことをしていきたいと思います。でもそれが自分の道(本質)なのかということは見極めるつもりです。
本物 (Pen and message.)
2018-04-30 11:12:44
兼崎 亨様
ありがとうございます。確かに世の中の流れが早くなっていることを実感します。それに対応しようと努力するけれど、同時にいつも変わらないものを追い求めています。それが本物なのだと思います。本物を追究することは自分に備わった生存本能であり、やりたいことでもあります。

コメントを投稿

仕事の考え」カテゴリの最新記事