planetary days,

不惑とか嘘だよ。惑う惑う。ふらふらと。

DOA裁判、テクモ勝訴

2004年10月06日 | (´・ω・`)
DOAセーブデータの改造プログラムを頒布していたウェストサイドに対し、DOAのメーカ、テクモが、セーブデータ改変プログラムは違法と訴えていた裁判で、テクモ側の勝訴が確定した
興醒めなヌードキャラで遊びたいとは思わないが、この判決には
「著作者の創作意図から外れたゲーム内容への意図的な改変行為は認められない」
という主張が再び罷り通ってしまった点で大変遺憾に思う。

ゲームソフトは、メーカーが想定した遊び方をしなければならないものなのだろうか。レミングスをやっていて、詰まったからといってセーブデータをいじって先の面を見てみたりするのは違法ってことか。
ゲームソフト自体は使用許諾権なのでメーカのものでも構わないのだが、セーブデータはユーザのものじゃないのか。

ゲームソフトそのものの改変と、ユーザの経験であるセーブデータの改変をごっちゃにされているようで、かなり気に食わない判決であることは確かだ。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 可視光通信 | トップ | なつゲー、いっきの次は迷宮組曲 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感 (哀愁のミッドシップ)
2004-10-06 23:31:30
「セーブデータはユーザのもの」に一票。



 極端な言い方をすると、MS Word で作った .doc データを Star Office で編集することに対してマイクロソフトが文句を言う、ってことでしょ。 それは認められんぞ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

(´・ω・`)」カテゴリの最新記事