アマゾンわんわん日記 2018

復活しました!
のんびりやっていきます。
また よろしくお願いします。

週末わたわた2

2018年07月31日 | 生活
夫が退院してきたら...
それはそれで また大変。

まずは、薬や医療用品を探しに。
日本の人には信じられないでしょうが、ブラジルでは手術をしても立って歩ける状態になったら、退院してくるのが通常。
その際、薬などは処方されるだけで、その後薬局に買いに行くのです。

今回も、夫を家に連れてきたら、その次は薬局に行って薬を買って、手術の傷の消毒薬や交換用のガーゼを買います。
ところが!
ガーゼがない!傷がやや大きいため、通常市販されているものとは少し形状の違うガーゼが必要だったのですが、それが普通の薬局にないの。
街中を探し回り、薬局から医療器具取扱店まですべて回ったのですが、見つからない。
仕方がないので、大きなガーゼに手を加えて 使うことにしました。

そんなことをしているうちに、ある日、夫の愛人猫「ふとし」の様子がおかしいことに気が付きました。
この子は3か月ほど前に 尿路障害を起こして治療をしたのですが...
どうやら今回も おしっこ??

土曜日の朝早く、かかりつけのアドリアーナ先生のところに連れて行きましたが、その時点でかなり悪い状態になっていました。
アドリアーナ先生は すぐに超音波検査をしてくれる獣医さんを呼んで検査をしました。(アマゾンでは超音波検査は持ち運びの機械であちこちの病院でやってくれます。場合によっては自宅にも来てくれます。)
その結果を見て、近くの入院施設と尿路カテーテル処置のできる病院に連絡を入れて、緊急に処置をしてくれるよう手配してくれました。

アドリアーナ先生が電話で詳しく状態を話しておいてくれたおかげで、車で10分ほどの病院に着くと すぐに処置を始めてくれました。
この病院は24時間受け付ける緊急病院でもあり、獣医さんたちの対応も慣れたものでした。

ふとしくんは そのまま入院。



通常は「処置が終わったら一泊二日」の入院なのですが、「経過観察のため二泊三日」に。
夫同様 入院延長です。

月曜日には普通のご飯(特別食です)を食べるようになったと退院してきましたが、家に帰ってみると やはり食べないし飲まない。血尿もある。
というわけで、毎日のように獣医さんにメッセージをしたり、実際に質問しにいったり。
苦労して探した薬で毎日治療を続けるうちに、ようやく食欲も出てきて、おしっこもきれいになってきました。

そんなわけで、2週にわたった「週末わたわた」入院経験も、薬探しも たーいへんでした。



やっぱり健康が一番!
普段から しっかり「健康」を意識した生活をしていきましょう!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 週末 わたわた 1 | トップ | 復活のふとし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生活」カテゴリの最新記事