アマゾンわんわん日記 2018

復活しました!
のんびりやっていきます。
また よろしくお願いします。

掘り出し物

2018年07月13日 | ブラジル雑記
三月に2階の床タイルが3部屋にわたってバリバリバリと割れまくったペケママ家。
人の話によると 暑さで膨張したタイルが 雨期の寒さで土台のコンクリートがやや縮んだことによって、派手に割れたのだとか。

いやいや、割れたときはすごかったわよ。
早朝にいきなり バリバリバリって家じゅうで一度に すごい音を立てて割れたの!
この世の終わりってこういう感じ?!みたいなね。
床タイルの御神渡りができたわよ。

すぐに工事を始めたかったのですが、夫と私しかいない我が家、職人さんを入れることができずに、するする7月になってしまいました。
ようやく夫も私もお休みに入ったので、工事開始!!

床を張り替えるには、まずは作り付けの洋服ダンスを取り外すところから始めなくてはなりません。
この洋服ダンスはね、なあああーんにも壊れていなかったのよ。
素材もシロアリに食われたとか、傷んだ戸いうことも全くなし。
床のことさえなければ、確実にあと10年は使えるもの。

それをそれを...
壊さなくては床が張り替えられない。
せめて、丁寧に壊してもらって、使ええるところは再利用してもらいましょう。
ということで、知り合いの方に頼んで、丁寧に丁寧にねじを外していってもらいました。

こんな感じ



分解前



分解後

板も、最近の薄い合板でなく、厚みのあるしっかりしたもので、かなりの重さがあったわ。
再利用できるものは別によけておいてもらって、再利用できないものは頼んでおいた建築物の廃材ごみ入れに入れておいたの。
そうしたら、3日でみんななくなったわ。
誰かが持って行ってくれたのよ。
使ってもらったらありがたいわ。

さて、こうして壊していったタンスの裏側から 思いがけないものが出てきたわ。



干からびていたから もちろんいたんでいるのだけどね。
クワガタかと思っていたら、カミキリムシなんですって。
知り合いの方によると「オオキバウスバカミキリ」というのが正式名称ですって。
元気な姿でお会いしたかったわー。

現在ようやくこのクローゼットと夫の部屋の工事が進行中。
あと何か月かかるのやら。
今度は床下から現金でも出てこないものか?と、夢のないことを考えているペケママなのでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ビットーリア事件 | トップ | サンパウロ おいしいもの巡... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごぉぉい! (わらいじわ)
2018-07-24 06:51:14
我家もマナウスに負けないほど暑い毎日ですが、庭の石はまだ健在です・・・・それにしても、恐怖の床割れですね!
わらいじわ さん (ペケママ)
2018-08-12 10:24:30
御神渡り出す

コメントを投稿

ブラジル雑記」カテゴリの最新記事