吹雪涼子

大和言葉(古語)や琉球古語、アイヌ語などの言葉を織り「音の風景」を歌う、スピリチュアルボイスの異空間 唄うたい。

深夜の恐怖

2017-07-26 02:50:33 | 日記
先ほど、夕飯の後片付けをしていましたら、突然、天井の方から何やら黒光りした物体が、ポトッと排水溝に落ちてきた。

!!…ヤツ(G)か!?(○_○)!!
ビクついていると、そいつはモゾモゾと排水溝から這い出てきた。
黒光りした足が見えたとたん、私はパニックになった。

「ぎゃあぁぁぁぁ!ヤツだぁぁぁぁぁぁ!!」
ε=ε=\(;◎д◎)/

手当たり次第に、手近にあった洗剤やら漂白剤やらを、そいつにかけまくった。

いつもなら、それでコロッといくはずなのに、そいつには効かず、とうとう流しに這い出してきた。

そいつの正体は……「カナブン」

でも、私の大嫌いな「虫」に変わりはない。
Gには効く洗剤が、コイツには効かない。
殺虫剤は別の場所にあるので、取りに行っている間に逃げられたりしたら、その後、安心して片付けができない…。

オロオロしながらも、何か“武器”はないかと辺りを見回すと、ポットが目に留まった。

ダメ元で、そいつにポットのお湯をかけると……即死。

そいつは、お湯と共に排水溝の底へと流れて行った。

……はぁぁぁぁぁ、恐かったよぉぉぉぉぉ。
キモチ悪かったよぉぉぉぉぉ。

…以前、仕事で小学校に「出張工作教室」に行った時、ちびっこ達から「夏に出る“恐いもの”な~んだ?」と聞かれ、私は即座に「虫」と答えたところ、「え~、そんなのが恐いのぉ?変なのー(笑)」と、さんざんバカにされ、答えは“お化け”だと教えられたけど、お化けは場合によっては恐いけど、大概は“そうでもない”ものですが、虫は場合によらずとも恐いのです。
それに、お化けは夏に限らず春夏秋冬いつでも、そこいらじゅうに居りますので、“夏に(だけ)出る”のではありません。

いつもなら、もっと早くに片付け終わるのに、今日は“予期せぬ事態”が起きたせいで、大幅に遅くなってしまった…

恐かったから、今日はもう寝る…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日の一品“白瓜” | トップ | これ、美味しい! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事