毎日更新!日刊 安頓写真ブログ

日々の出来事、噂のあの記事。画像もふんだんにUP!福山・神辺のローカルトピックスも
By 安頓(あんとん)

窓に張り付いた、しっぽの切れたやつ、「ヤモリ」を観察してみた

2018-08-24 | トピックス

今日もしっぽの切れた、アイツがやってきた!

ちなみに、やもりの足の先は吸盤がくっついているような気がしますが、じつは激しく細い毛らしいです。
ガラスの上を、スタスタと歩いて、昆虫をすばやく捕獲するそのさまは、見ていて飽きないです。

今日もこの時間に現れた

今日もまた、やってきた!しっぽの切れたアイツ
トカゲとかヤモリとかしっぽが切れてもまた再生してくるらしい。
このところ窓に夜になるとやってくるヤモリがいる。
いつの間にか、しっぽが切れている。
どうしたんだろう?誰かと闘って切られたのか、何かに挟まれたのか…?
敵に襲われそうになるとみずからしっぽを切って逃げるらしいのだ。
再生するのに、半年くらいかかるらしい。
窓のこちら側からだから、詳しくは観察できないが痛々しい。

この場所は、窓に虫が寄ってきてへばりつく。
それを狙って、じわじわと接近しみごとに捕獲!
この瞬間の素早さとみごとと言うほかない。
生存競争というか、自然界の食物連鎖というか、厳しい世界だ。


ヤモリの食事、(捕食の動画) でもね、ネタバレすると、失敗だったんですね。( From You Tube )

再生能力はどこまで可能なのか?
イモリは手や足、目、心臓など、あらゆる所を再生する能力があり、さらに骨まで再生出来るというのです。
イモリは足を切断されると、切られた断面の細胞が再生芽という特別な細胞に変化します。そして、その再生芽に
「足になれ」という指令を与えると、およそ半年で、再び骨も含めて足が再生されるのです。
知識が宝庫、目が点より引用)


人間は不便なものでイモリのような再生能力はない。
人間の体にもこの再生のメカニズムが解明されると適用できないのか…
手足、そして臓器などが病気や怪我で失われても再生できれば、臓器移植も必要なくなるのに…

イモリとヤモリ

「井守」だから水の中、「家守」だから家の中と覚えることにしている
イモリや両生類、ヤモリは爬虫類
中1の理科で出てくるんだったな…イモリは皮膚呼吸、ヤモリは肺呼吸
ちなみに、イモリのほうが再生能力が上のようです。皮膚はもちろん、骨や脊髄、脳の一部さえ再生できるらしいですから。

そういえば…彼もまた再生能力があるんだった…

ラディッツと戦った時のピッコロ、魔貫光殺砲を放つ瞬間だ
ナメック星人もまた、再生の能力を持っている。脳の核さえ無事だったら、瞬時に再生できる。ピッコロ、マジュニア、セルもね…
ジャンル:
おもしろい
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 倉敷イオンモール 中庭マル... | トップ | ランチ、LUNCH、らんち食べま... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヤモリとカナヘビ (フレームショット)
2018-08-24 14:53:28
家モリは家を守ってくれるのでいいのでしょうが、すごい足をしているものですね!我が家には「かなへび」が住み着いていますが金は貯まりません!
追いかけるとすぐ逃げてしまうからでしょうか(苦笑)
ヤモリ (kawa)
2018-08-25 11:14:25
我が家にも現れました。さっそく、ブログの記事にしました。見てください。

コメントを投稿

トピックス」カテゴリの最新記事