毎日更新!日刊 安頓写真ブログ

日々の出来事、噂のあの記事。画像もふんだんにUP!福山・神辺のローカルトピックスも
By 安頓(あんとん)

倉敷美観地区に戻ります、おもしろいものいっぱい見つけました!

2018-09-19 | ちょっとおでかけ
倉敷美観地区に戻ります、行ったり来たり、忙しいけどお付き合いくださいね

この三連休、いそがしく動いていたので、記事がちょっと前後します。機能はしまなみ海道へ行っていたのですが、ちょっと前に戻って
倉敷の美観地区に戻ってみます。倉敷はIVY スクエアーでオルゴールを買ったあと、美観地区へ戻ります。


倉敷といえば、この風景でしょうか?
観光用ですが、「天領船」。かつて沢山の物資を運んで行き来したころを想像するとタイムスリップしたみたです。
一度乗ってみたいと思っていますが、ちょっと恥ずかしくて乗れません。
おっさんが乗っても、絵にならないから(笑)


倉敷美観地区のあちこちに人力車が待機しています。どれもマッチョの陸上部って感じ。
トレーニングとアルバイトという一石二鳥の人力車。
でも、走りながら歴史とか。言われとかも知っていないと観光案内になりません。
よく勉強しています。こちらは、一度乗ってみたいと思います。重量制限がなければいいのですが…


ここはご存知の方も多いと思いますが、「豆や」さんです。試食もいっぱいあるので人気のスポットです。
同じ店が松山の道後にもありますよね。「あっ!同じだ!」そう思っている人もいるんじゃないでしょうか?


白壁がどこまでも続きます。こんな路地入ったことないな、ちょっと探検してみたくなる


三連休の二日目、人でもけっこう多かったです。どっちかというと、やっぱり女性が多いみたいですね。


なんだ、この行列は?プリンだそうです。どれどれ、ちょっと取材してみようか?


倉敷名物「しあわせプリン」🍮です。今プリンには都市伝説があるんです。
食べてから二週間後にしあわせな出来事が起こるそうですよ。2週間経ったらわすれちゃうかな?


絵画の鑑賞好きな人には、最高のスポット「大原美術館」です。
豆知識
倉敷の実業家大原孫三郎(1880年–1943年)が、自身がパトロンとして援助していた洋画家児島虎次郎(1881年–1929年)に
託して収集した西洋美術、エジプト・中近東美術、中国美術などを展示するため、1930年に開館した。西洋美術、近代美術を
展示する美術館としては日本最初のものだそうです。( From Wikipedeia )


美観地区に入り口辺りにある「猫屋敷」。店先に巨大招き猫スロットマシーンが置いてあります。
何気に人気のお店です。


祝言の記念撮影やってました。お幸せに!


なんか秋の気配も感じる倉敷の一角です。


白壁通りに着物姿の女性も絵になるものですね。


アイビースクエア近くの小さなお店でランチを。


これ知ってますか?倉敷おもちゃ博物館。「倉敷山陽堂」っていうんですね。いわゆる「骨董品屋」なんです。
この数、すごい!ビクターのあの犬じゃないですかね。よくこれだけ集めたものですね。このお店自体が骨董品。
数えてないけど、101匹いればウケる🤣

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« しまなみ海道、あのNTTのCMで... | トップ | 「海風」 広島空港で熱唱! ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ちょっとおでかけ」カテゴリの最新記事