いつでもPARTY!

↓「このタイトルの意味は?」とよく聞かれますが、たいした意味はありません。身内から出たネタです。すいませんm(_ _)m

ちょー苦手な「MRI」

2015年10月16日 | SATOKO

今日は「MRI検査」の日だった。

普段、パソコンに向かう仕事をしているせいか、肩こりがひどく、右っかわの首筋も痛むので、

前に念のためMRI撮ってもらったことがあって、しばらくたったので「もう一度撮ってみましょう」ということで。

私は「閉所恐怖症」ぎみで(←自己判断)狭いところが苦手なので、あんな狭い筒みたいなとこに何十分も入ってなきゃいけないなんて、考えただけで恐怖だ。

(小さいころ、悪いことをすると、真っ暗な押し入れに入れられたのがトラウマになっているのか??)

私の姉が勤める病院なので、前回は、姉がギリギリまでついててくれたり、「入る前から目をつぶってた方が怖くないよ」とアドバイスしてくれたりで(←甘やかされとる)なんとかクリアした。

しかし、今回は姉は東京出張中。

車で病院に向かうあいだ、あれこれ、作戦を考えた。

一応ヘッドフォンでヒーリング系の音楽をかけてくれるのだが、MRIの中は「ドンドン、カンカン、キンキン」と道路工事のような音がしてて、あんまり聞こえない。

あれに頼っても、絶対気持ちを落ち着けることはできない。

 

で、思いついたのが

「しりとり」

心の中で、「しりとり」をしてたら、そっちに集中できて、気持ちがまぎれるんじゃないか・・。

よし!これで行こう!

 

MRIの技師さんに導かれ、ベッドに横たわり、体をベルトのようなもので、固定される。

頭も固定され、耳にはヘッドフォン?みたいなやつ。

左手にはギュッと握ると、異常を伝えてくれるブザーを持たせてもらえる。

そして、いよいよMRIの筒の中に!!

 

よし、落ち着け!

さあ、「しりとり」をはじめよう!

まずは、そうだな、

「えむあーるあい」

→いちょう→うし→しまうま→まり→・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「しりとり」は順調に続く。

自分一人なので、ルールはない。何回同じやつを言ってもいいし、人名でもなんでも私がいいと言えばいい。

ちょっと楽しくなってきた。

→「るーる」

→るねっさんす(文化?)→すくーる→るしふぁ(外人の名前?)→ふぁーる→るーる(何回でもOK)→るびー→びーる

なぜか「る」にこだわり始めた。自分を追い込む余裕がでてきたのか・・。

→るーずそっくす→すくーる→るんば→ばざーる→るいじゅうさんせい(これ言い始めたらさすがに・・)→いまる(さんまの娘)→るいぼすてぃ→いかる(動詞ありなんか?)→・・・・・・・

かなり続く。

自分のボキャブラリーの多さにちょっとうぬぼれはじめる。

そうだ、これがあったじゃん!!

「ふくやままさはる」

・・・・ここで私は福山の顔を思い浮かべ、そして油断した。

「る」  「る~」

「るすばん!!」

 

 

 

終了ーーーー!

自分の力を過信し、途中から「しりとり」をなめてやってたことによる敗北だ。

反省とともに、現実が押し寄せてきた。

そうだった

せまーいMRIの中だった!!

あと時間どれくらいなんだろ?どうしよう?

急に緊張してきた。

うっすらと聞こえてくる「戦場のメリークリスマス」に集中しろ!

鳳来寺山でみた、あの広々としたすがすがしい景色を思い出せ!

熊野のおだやかに広がる青い海を思い出せ!

 

そんな風にあがいているうちに、

「はい、終了です。お疲れ様でしたー」

という天の声が・・・

 

しのいだ・・。

こんな風にMRIの中であれこれ努力していたことは、一言も口にせず、(←言えるかっ!!)

おだやかな表情で

「ありがとうございました」と言って

MRI室を出た。

 

※東京で心配していてくれたであろう、姉に捧ぐ

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« スタイラスペン | トップ | 国際交流の楽しさ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よーがんばった (東京出張の姉でおます。)
2015-10-17 00:07:42
しりとりとは名案!検査着が素敵なワンピに見えるのは私だけ?今度はよしいかずやもしりとりに使ってくださいませ!

コメントを投稿

SATOKO」カテゴリの最新記事