無

 ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9月22日、京都音楽博覧会

2009-09-23 03:21:50 | ライブ
9月22日、くるり主催のイベント、
京都梅小路公園にて、京都音楽博覧会。
タイムテーブルは以下。

10:30 開場
12:00 オープニングトーク くるり
12:05 ふちがみとふなと
12:40 Ben Kweller
13:30 矢野顕子
14:40 BO GUMBO3 feat.ラキタ
15:25 奥田民生
16:40 石川さゆり
17:50 くるり
19:00 終演

個人的に、今年のフェス、締めくくりです。
仙台ではユニコーンを追いかけ、
京都には奥田民生を追いかけ、と。
今日は一日曇天だったし、個人的には今の季節のフェスは健康的で好きです。
暑すぎると、ビールは楽しいけど、ほんっと、参ってしまうので・・。
あ、今日は高校のときの友達と一緒。
今日は、2人なので、屋台めぐりも分担できるし、効率ヨカッタです。
ま、お互い気ままな物同士、いろんなこと出遅れ同士、民生同志なので
まったく気を遣わないので良い。
気を遣わなさすぎて、友人は民生が終わるとバイトに出かけたので
結局、石川さゆりから私はひとりに(笑)


矢野顕子からシート席で聴く。
黄色のシフォンっぽい生地のノースリーブに
見事なボブ頭。
あー、最近あっこちゃん聴いてないのでセットリストわからず。
「ひとつだけ」しかわかりません・・。
あと、くるりの「Baby I Love You」のカバー。


BO GUMBO3 feat.ラキタ 。
ラキタくんはどんとさん(2000年死去)のご子息だそうで。
BO GUMBOS、2000年あたり、大学生のときによく聴いていたのですけど、
今日のはちょっとイメージ違ったかなー。
つーか、個人的には「魚ごっこ」と「見返り不美人」が聴きたかった。
ラキタくんは、かなりのシャイ?

つーかね、スタンディングゾーンで、シート敷いて、
民生だかラストのくるりのためだかわからんが場所取りしてる人が多すぎることに幻滅。
係員の人が注意しても無視やし。
考えられへんっ マナーはちゃんと守りなさいよ。
スタンディングゾーンで座ってる、って出演者にも失礼ですよ。
あと、シートゾーンでも、酔っ払いすぎてバンドサウンドの静まったときに
状況まったくわからず騒いでたヤツとかさー、
演奏中にしょーもない話やってるヤツとかさー、
帰れよ。迷惑。邪魔。


はい、気を取り直して奥田民生。
白地に黒ロゴで「AC DC」のTシャツ。バックは「BLACK IN BLACK」だったと思います。
頭はタオル巻いて、アコギ1本の股旅スタイル。
席に座ったかと思えば、自分で入り音楽のスイッチ押したりしてやんの!
あと咳してて、今日の声はいつもよりガラガラだった気がする。

1.さすらい
2.ラーメンたべたい (矢野顕子のカバー)
3.野ばら
4.THE STANDARD

「さすらい」のあとにMCやったけなー。
「さすらい」1曲目でびっくりしたけど、これを聞かなくっちゃ私の夏は終わらないのよっ!!
「はじめまして。奥田民生といいます。」と言うのがたまらなくかわいい。
梅小路公園の汽車の汽笛にウケてましたな。
いつも絶妙のタイミングで鳴るので「わざと?」って。

青と白のボーダーTシャツ着た、くるりの岸田登場。
民生「今、3対0 みたいです」と、カープの試合途中。
民生とくるり岸田は熱狂的なカープファン!
そういえば民生のギターは、赤くて白い柄?でカープ風??

民生「では『頑張れカープ』をやります。(岸田に)知ってるよね(笑)」と
言って演奏したのが、

5.息子
前奏で民生、「あ!間違えた!」って。で、もう1回。
歌いだしは岸田からでした。
サビでは岸田がハイボイスでハモって、ああ、まさかこんな日が来るとは。
幸せです。もう、私、足ガクガクでした。

民生「次は『勝て勝てカープ』です。」
岸田、巨匠を前に笑ってるだけ、みーたーいーなー。

6.ばらの花
今度のくるりのトリビュートアルバムで民生がカバーするのですけど、
てっきりこの曲をあっこちゃんがカバーで、
民生は「ワンダーフォーゲル」か「ロックンロール」かなぁ、と思っておりました。
ああ、幸せ。「野ばら」に「ばらの花」。好きな人からぜひともばらの花をもらってみたいところ!!
「The STANDARD」にも思い入れがあって、
なんだか大学時代に付き合ってた人と話がしたくなってしまった。
元気にしてるんかなー。今日も来てるんかなー。
私たちが好きだった民生とくるりが共演してるぞー!
と、まぁ、顔見たらイラっときてとび蹴りしてしまいそうやけど。

岸田退場で、
民生もスタッフの方をチラチラ気にしてるようなので終わりなのか!?
微妙なタイミングですぞ!?と思ったのは私だけではないはず。
「もう1曲やりますよ」とか言って、
7.CUSTOM

あーーー、カッコイイ!!!そしてかわいい!
民生のカッコよさがわからんようなオトコとは断固として付き合いたくないねっっ
私と付き合うには、基本のキ!!


そして、誰もが一抹の不安を抱いていた石川さゆり。
本人も、最初のオファーで驚いたようだったし、
今日も、恐縮しっ放しのMC・・語り・・で
野外フェスもロックフェスも当然初めての経験だそうですけど、
見事な貫禄でした。
ロックテイストに曲アレンジすんのかなーと思ってたのですけど、
演歌を突き通し、衣装も夕方とはいえ、お着物。砂埃が心配ですよ・・。
私はもっぱらJ-POPかJ-ROCK、私の両親(そのうち還暦)も演歌聴かないし、
紅白でも演歌タイムは休憩タイムにあたるので
ほっとんど聴いたことないですし、
やっぱ今日のオーディエンス、20代から30代の京都のオシャレな子が主流でしたけど、
石川さゆり、どころか演歌初めて、って方多かったと思います。
本人も完全アウェイを感じてたと思うし。
しかし、津軽海峡冬景色のイントロ始まって、第一声発したときには、
もう、スタンディングゾーン、みんな総立ち!!!
拍手喝采!合ってるかわかんねぇけど、ノリもオーケー!
いやはや、はっきり言って本日のMVPは石川さゆり!

1.津軽海峡冬景色
2.桜夜
3.京の覚え唄
4.居酒屋「花いちもんめ」
5.舟唄組曲
6.天城越え
7.朝花

石川さゆりの代表曲の「天城超え」で終わっておいた方が良かったかもしれません。
イチローの話も出てきて盛り上がったし。
それはさておき、オーディエンス総立ちのまま石川さゆり終了。
めっちゃくちゃ盛り上がりました。
大成功です!
これで石川さゆり、味をしめて野外フェス出まくるとかしてくれたらおもしろいのに。
石川さゆりも、今日ほど力強い若者のレスポンスや拍手を浴びたのはないのでは!?
次のシングル、グッと売上げ伸びたら今日の効果かもしれないですね。
いやー、とにかく石川さゆりめっちゃよかった!
これから注目ですわ。

はい、ラスト、くるり。
1. 太陽のブルース
2. 夜汽車
3. 京都の大学生
4. さよならリグレット
5. 夜汽車はいつも夢をのせて(石川さゆりと)
6. かごの中のジョニー
7. 三日月
8. さよなら春の日
9. 魂のゆくえ

アンコール
1 虹
2 宿はなし

もっと古い曲も歌ってほしかった・・。
「ワンダーフォーゲル」・・・。
石川さゆりからは「しげ」(岸田)と「まさ」(佐藤)と呼ばれているらしく、
そんなしげがさゆりのために作った曲が「夜汽車はいつも夢をのせて」らしいです。
これ、シングル化する?くるり、紅白でる?!
近隣騒音問題を気にしてたくるりですが、
近所に住んでる友人に問い合わせたところ、幸か不幸か全く聞こえなかったとのこと。
近隣問題があるからあまりにもバンドティストなロックな出演者は呼ばないのでしょうか。(去年までは知らないがー)
まぁ、それもよろしどすなぁ。
前方スクリーンの横に、京都タワーがそびえ立っているのが見事な情景どしたなぁ。

今日の音楽:「ばらの花」くるり

コメント (4)

8月22日、ロックロックこんにちは!

2009-09-21 22:40:49 | ライブ
いやー、今頃ですが、今年の夏の最大の思い出、
8月22日のロックロックこんにちは!in 仙台 ひとり旅を振り返りたいと思います。
いーまーごーろー。
リアルタイム更新を試みたのですが、
山中での電波の悪さから途切れ途切れになっておりました。
そして、このフェス、記念すべき10年目でスピッツ主催。
草野マサムネ、マサムネ、伊達政宗ってことで仙台開催でござる。

4時半起床、5時45分に空港行きのバス、7時50分発の飛行機。
あーーー、ハードでした。
JR仙台駅から会場の山中まで、1時間。
それまでにバス乗り場には長蛇の列。
お連れ様で多い中、ひとりで来ちゃってごめんなさいね・・。

初の東北地方なのに、すぐさま山中に来たもんだから、
何がなんだかわかりませんが、
こっちだってひとりでユニコーン追いかけて仙台行ってんだから
気合が違うんだよっ ガオオーーーー!!

バス降りて、さらにテクテクと歩いていると、
のぼりがかかっておりました。

この旗が何本も何本もかかっていました。
11時50分会場着、いざ出陣!!!イエーーーッ

12時開演のチャットモンチーも楽しみだったけど、
ギリギリ到着で、私はそのままグッズ売り場へ。
そしたらものすっごい列!長蛇!!
しかし、それはユニコーンのグッズ売り場のみが長蛇だったのです!!
ほんっと、私の話は大袈裟だ、とか言われますけど、
これ、真実!恐るべしユニコーンでした。
すごすぎ、ダントツの列。
ユニコーンのためのフェスのよう・・・。
ま、他アーティストは事前に通販があったのかもしれないですけど。
(ユニコーンは事前通販ありませんでした)
並んでも待てども全然、列が進まなくて、
チャットモンチーは、グッズ売り場に並んでいる間に終了。
散々並んだので、購買予定していたTシャツのみならず、
ポシェットとうちわも購入。
 

13時5分からのスキマスイッチは、飲食ブースにいました。
ここも大変な列でしたけども、
物販で欲しかったもの、ちゃんと買えてゴキゲン。
屋台で買った牛タンの串焼きがおいしかったー。
スキマスイッチは飲食ブースでモニターで聞き終わりました。
むかーし、スキマをスキだったときもあった私ですが、
なんつーか、盛り上げ方がヘ・・タ・・。
「奏」もほんっとステキな曲だけども、
真昼間から聴くものではないかな、と。

そして、14時10分、ようやくシート席に到達。
 


めっちゃ混んでますけど、ひとりなんで、こんな隙間にシート敷いて十分です。
ひとり旅行どころか、
ひとり夏フェスまでできてしまったら、もう恐いものナシです。
無敵!!
シート席でMONGOL800堪能。
シート席でも各自、盛り上がって立ち上がっておりました。
ユニコーンの「大迷惑」をカバー。
ユニコーンファン歓喜!えらいぞモンパチ!
と、同時に本家は今日は「大迷惑」しないのか?という一抹の不安。

15時15分、KREVA。
いやはや、はっきり言って定点観測してて、
ユニコーンファンが多すぎ!とりわけ、ユニクロとコラボしたTシャツ着てる人が
多くて、4人にひとりがユニコーングッズ引っさげておりました。
あなたもユニコーン?あなたも?あなたも!?状態です。
ちなみに、私はフェスでは特定アーティストのTシャツ着ないことにしてるのですが、
そういう人もいれたら一体どれくらいのユニコーンファンが集結!?笑

ってことで、ユニコーン出番でスタンディングゾーンに行っても、
にわかファンもやってくるだろうし、スタンディングに行けなかったら
わざわざ関西から仙台まで行った意味がなーーいっ!
ってことで、申し訳ないがちょろちょろと前方に向かったのですが・・。
そういう人はどのアーティストでもいるし、
本当に好きな人のためにはもちろん配慮しての楽しみ方をしておりますが、
やっぱり、ユニTを着た人の多さに気づいたのか、
「こんなにも集まってくれてありがとー!」と皮肉!?のKREVA。
マサムネも登場して、「くればいいのに」。めっちゃかっこよかった!
マイケルジャクソンの楽曲を基にしたのもかっこいい!
しかし、KREVA、かなりよかったYO!チェケラッチョ!

そして16時20分、ユニコーン!!
待ってましたー、このために私は仙台やってきたのです!
野外でユニコーン聴けるなんてサイコー!!
はじめ、川西くんかアベBが入ってきて、
そのあと民生とテッシーとEBIくんがぐちゃぐちゃーと
なだれて登場。
会場はここで入場期性がかかる混み具合。
私は前すぎず、うしろすぎずちょうどいいポジションで楽しめました~
すべての曲でイントロドン!ではしゃいでしまってスミマセン。


セットリストはコチラ。
1.ひまわり
2.服部
3.BLACK TIGER
4.WAO!
5.ヒゲとボイン
6.大迷惑
7.HELLO

もう何度も何度も聴いているのに「ひまわり」を聴くと涙が出ます。
ああ、生きててよかった!
そして、夏フェスで解禁された「服部」!!
「ラクショー!ラクショー!!」
ああ、うれし。サビをしみじみ聴いてそうだよなぁ、と納得。
立場は逆だけど、ね。

フェスバージョンの「WAO!」のイントロのカウベル探しは短め。
カウベルをタオルでふく民生は初めて見たかも!?
オチの「チャンチャン♪」のポーズもバッチシ。
そのたびに私はかわいすぎて腰がくだけそうに。
「ヒゲとボイン」の感想でツアーの演出できらめく星空になってたとこ、
フェスでは、まさかの晴れ!
それまで曇ってた仙台でしたが、ユニコーンで晴れて西日がまぶしい!
さっすがスター。
「大迷惑」の前、民生が「マンモス迷惑!」と連呼。私は「マンモスずんだ!」と聞こえておりましたが・・(笑)
オーディエンスをあおって合唱、民生ハモる。うれしい!
ゴキゲンじゃないっすか!!
「HELLO」の川西くんがめちゃくちゃかっこよくてしびれまくりっ。
MC、ほっとんどなかったのが残念、とは思ったけど、
あまりのユニコーンファンの盛り上がりに
当初予定していなかった「大迷惑」を盛り込んでくれたようで、
MCが少なかったようです。
で、彼ら、今回のロックロック、Zeep仙台であると思い込んでたらしく、
2日ほど前に野外ということに気づいたようです・・。
で、そのZeep仙台はコチラ。


あっという間に終わったユニコーンでアンコールを求めるファンが多かったです。
民生も苦笑いでした。
退場際、民生が「川西幸一!! と、メンバー紹介しわすれてた気がしたのでっ!」
というと、
アベBが「奥田民生! と、忘れてた気がしたのでっ!」
すると、最後、川西君が「アベB!」と言ったのですが
そこは「と、忘れてた気がしたので!」まで言わないと~!!!

そしてヘロヘロになった私はアジカンはシート席に戻りました。
1.ワールドワールドワールド
2.アフターダーク
3.ループ&ループ
4.リライト
5.藤沢ルーザー
6.RE:RE
7.アンダースタンド
8.君という花
9.転がる岩、君に朝が降る

いやー、すばらしかった!
ごっちんの、「今日の中で一番地味じゃないかと思ってます」というMCでウケたけど、
一番ロックだよ。
そういえば、今年初めてのライブはアジカンから始まったのでした。
なんだか今年はいろんなことがあって随分前のことのように思います。

ラスト、スピッツ。
1.クリスピー
2.放浪カモメはどこまでも
3.チェリー
4.スパイダー
5.バンザイ(ウルフルズのカバー)
6.ガーベラ(ゲストで平井堅登場)
7.POP STAR
8.君は太陽(新曲)
9.8823
10.俺のすべて
11.涙がキラリ

アンコール1 群青
     2 僕のギター
     3 青い車

いやーーー、見事でした。
そういえば、今年2発目のライブはスピッツだったのですが、
もうね、ほんっと、マサムネステキ。フツウのとこが。
活動休止を発表していたウルフルズの「バンザイ」、スピッツテイストで
すっごくかっこいいんでやんの!
もう、曲がいいからね。
めっちゃスキだわ「バンザイ」。
トリのスピッツまで堪能してたら退場制限あるだろうし、
いつになるかわかんないから、
残念ながら、帰り支度しながらモニター見ながら楽しんでたら
平井堅でてくるしびっくりです。
ゲスト、つーか、ここまでわざわざ来てんから、もっと歌わせてあげようよ(笑)
口ずさみながらバス乗り場まで下山しつつ、モニターで立ち止まりつつ、で
「群青」でバスに乗り込みました。
その次に「僕のギター」をするなんて・・。最新アルバムで一番スキで楽しみにしてたのに・・。

しかし、程よくバスに乗ったその作戦は成功で、
ラストまでいてたら日付かわる頃に仙台市内到着だったとか!?

この日、私は誰ともしゃべらず、だったのでしたが、
翌日の空港ラウンジを出る最後の最後で、
ラウンジのお姉さんに「昨日行かれたのですか!?私も行ったんですよ!」と
言われ盛り上がりました。
まー、私がユニコーンTシャツ着てたのでファンだと歴然だったのですけど、
空港のお姉さん、ありがとー!
仙台最高でしたよー!
コメント (6)

09年下期スケジュール

2009-07-29 23:35:53 | ライブ
いやはや、ご無沙汰しております
蒸し暑くて蒸し暑くて・・。

さ、さ、今年の上期はユニコーンに振り回されっぱなしで、
そりゃぁ、10数年待ち望んでいた再活動をフル回転でやってくれてんだし、
しかも、めちゃくちゃいいし、
そんなわけで3回(内、遠征2回)ライブに行きました。
その余韻冷めやらぬまま、ライブDVD発売されるし、
8月には仙台の野外フェスに行きます。
ああ、ユニコーン三昧。
やっぱ、ワタシの中ではユニコーンと米米は格別なものだと確信したわけです。
もう、っつーか、とっくに殿堂入り

殿堂入りしている彼らと比べるものはもう何もない、と思ってしまったので、
これからは米米とユニコーン以外のライブにはもう行かないっ!!
と家族には宣言しています。
(先日行った山崎まさよしはユニコーンのライブ前にチケットとれていた)
ワタシのあふれ出ているCDラックも
米米とユニコーン以外は処分してくれて結構!とまで言ってましたが。

末っ子妹の勉強ストレス発散に、と思って
スカパラのチケット、先行で申し込んだら見事当選!!
しかも!!1階5列目ド真ん中!!!!!
こりゃぁ、全力で楽しまなくてはいけません。
つーわけで米米とユニコーンだけ、というわけにはいきませんな。
やっぱスカパラもまさよしも好きやし。


スカパラの前日には、宝塚を退団されたばかりの安蘭けいの
ミュージカル「アイーダ」を観劇に行きます

そしてそして、米米CLUBの秋から始まるツアーのケットですが。
今回のツアー、キャパの小さいところばかりだし、
つーか、仕事でいけないド平日がほっとんどだし、
土曜も仕事の日に当たってるのばかりで、
渾身で広島公演にかけてました。ホント、広島しか行けない・・。
見事、先行予約でチケットとれましたーー!!!
ヤッター!!
米米、2セットするので、
両日行かないと満足できないのですが、
なんと、両日分とれましたーーっ!!
これは、真ん中の妹と行って来ます

秋の旅行は広島ーー!!ついでにユニコーンの聖地!

ツイてる!!ツイてる、ワタシーーー!!
ツキまくりで怖いっ

ああー、長生きできるわ、ワタシ。
独身の醍醐味です。

コメント (2)

7月7日、山崎まさよしライブ!

2009-07-07 00:06:02 | ライブ



7月7日、山崎まさよしライブ@なら100年会館行ってきます!
もう今日になっちゃったよーーっっ
会社帰り(22時半過ぎ)に100年会館通ったら、
ツアートラックとまっておりました!!
興奮する~っ!!!!

七夕にまさやんと過ごせるなんてステキ
きっと雨やけど。

ユニコーンツアー2009 蘇える勤労 5/8 @大阪

2009-06-18 00:09:03 | ライブ
ワタシの念願ののユニコーンツアーも
5/8の大阪公演で終了です。
結局、島根(19列目)、さいたま(4階)、大阪(立見)と
3回行きました。
ああ、夢のような日々でした・・。
ひとつのツアーで3公演も行くなんて
1993年解散時に中学生だった(まだユニコーン知らなかったし・・)ワタシに
想像できたでしょうかっ!?
すっかりオトナだよーーーっ
オトナのチカラを見せつけてやったぜーーっ ?
若いつもりがすっかりオトナです、ワタシ。
とりあえず、ボインにはなったぜ。笑(「ヒゲとボイン」)


さぁさ5/8金曜日の勤労を無事終えて、
そそくさと定時に帰るワタシ。
落ち着き払った表情で退社して、
マイカーに乗り込んだら、急ぎつつ、こんなときこそ落ち着いて運転!
電車に乗り換えたら、「急げ、急げ」とヤキモキしつつ、
大阪城公園に着いたら高校時代からの友人に向かって猛ダッシュ!
この日もBGMは忌野清志郎でした。素敵でした。
気持ちがどんどん高まるのを感じました。
悔しいけど、こうやってBGMで流れているのを聴きながら、
亡くなったことが体に染み入ってくるというか・・。
ほんと、悔しいけど。

立ち見席とはいえ、ライブ始まったらどうせ立つんやし、
問題ない、と思ってたけど、
まぁ、そこんとこは身長の問題がからむくらいやけど、
大阪城ホール、やっぱデカい・・。
ほんと、スクリーンに常に映してくれてたらいいけど、
そうでもないから、生ユニコーンは粒コーンレベルでちっちゃすぎるっ!!
しかし、まぁ、
言ってももう3回目のユニコーンライブやし、
今まで「目」というハードディスクに録画してやったぜってくらい目に焼き付けてたしね。
ワタシは踊り狂ってました。(迷惑かけないように)
復活してることは確実なんだし、
もうさすがに泣かないか、と思ってたけど、
やっぱりオルガンから始まって、民生の歌が出て、緞帳開いたら
泣いちゃいます。
もう、そういうツアーだわ。
今まで待ちにまってたファンの方々、ただいまっ!という感激の再開スペシャル、みたいな演出だもの。


セットリストはコチラ↓
01. ひまわり
02. スカイハイ
03. おかしな二人
04. ボルボレロ
05. ペケペケ
06. 素浪人ファーストアウト
07. オッサンマーチ
08. キミトデカケタ
09. ロック幸せ
10. AUTUMN LEAVES
11. デーゲーム
12. 最後の日
13. PTA
14. WAO!
15. BLACKTIGER
16. R&R IS NO DEAD
17. サラウンド
18. 大迷惑
19. ヒゲとボイン
20. 車も電話もないけれど
21. HELLO

EN-1
01. 人生は上々だ~忍者ロック ~人生は上々だ
EN-2
01. すばらしい日々

恒例のおそろいの衣装は、高校生制服、アンコール1で、やっさん(本場の大阪でその衣装でくるとはいい度胸だ!)、
アンコール2で復刻の服部Tシャツでした。
あれは・・・やっぱり高校生制服だと思うのですけど、
(エンブレムついてたし)ゆるめたネクタイがもう、めっちゃくちゃかっこよくて、
ぶっ倒れそうになるほど愛しい姿だったのです。
しかし、途中、「ん?これは勤労ツアーだから、高校生じゃなくて
会社員衣装なのか???」
とも思ったのですけど、
うん、たぶん高校生制服だな。うん。
ツアーグッズの勤労伊達メガネか、
まぁ、伊達めがねをメンバーかけてたんですよね。
ネクタイ姿にメガネ・・。ワタシの好物です。うへへへ。
もう、ほんっと、抱きしめたくてしょうがないっ!
しかし、伊達メガネをかけた民生が、途中からドリフの仲本工事にしか見えなくて
笑ってしまいました。
数曲歌うと、暑いからブレザー脱いだし、メガネも取ってました。
それでも、出したシャツとか、ちょっと悪そうでかっこいい~
特に、川西君、かっこいい!!
ロン毛のEBIくんは、・・・・ちょっと気持ち悪かったけど・・。(笑)
テッシーは・・・。そんな高校生おらんやろ!(笑)


「素浪人ファーストアウト」のとき、
スクリーンに昔のメンバーの映像が出て
若いメンバーがアップで映ると、
観客席からは黄色い叫び声が飛び交ってました。
ホンット若いしかわいい。
民生もびっくりして後ろふりかえってたくらいの黄色い声。
後のMCで
「何の叫びかと思ったー」
「若いってすごいね~」
「今じゃもう、あんな声援うけませんよ(笑)」
みたいなことEBIくんと言ってて、
「さっき、昔のライブビデオ観てたじゃん、
あれ観ると、やっぱお客さんも年いったよね(笑)」と言ってて、
客、笑ってました。
「だって掛け声が静かだもん!(笑)」
「騒ぐときは騒ぐ、静かにするときは静かにする。そのメリハリがね。
昔はずーーーーっと声出てたのに(笑)」みたいなこと言ってました。
「拍手が湿った音だもんね」と民生が笑います。
「ベトベトなんですよ、もうビッチャビチャ。年とると、手が濡れてる!
乾いた拍手やってみなさいよ!」と民生があおると、
観客が乾いた音で拍手!
すると、民生、「できるじゃないか!!はじめっからせんかぁ!」
ライブ3箇所行ったワタシですが、
特に大阪が静か、というわけでもないです。
島根はハコが小さいのでワタシのなかでも一番一体感があったかなぁ、とは思います。
とにかく、さいたまと大阪ではMCがホントに少なかった!!

アンコールの阿部ショーも島根はホントひどかった(笑)
別冊カドカワ(ユニコーン表紙)でのすごろくでも書かれてたから、
ツアー全体を通してほんとにエロかったのかもしれません(笑)

阿部は、やっさん衣装から、途中、ピカチュウだかブルースリーだかに着替え、
また全開のショータイムです。
「盛り上げるのは簡単なんだ。盛り下げるのこそ難しいことなんだぞ。
だから俺はすごい」とか行っちゃってさ。
下ネタも度を越すと引きますからねぇ。
どうも、今回も、ステージ降りて、
客と一緒に自分の分身(キラキラテープの発射)を一緒にかぶりたい様子。
しかし、さいたまで突如降りてファンにもみくちゃにされて
怒られたのかどうかは知らないけれど、
何度も何度も「絶対にオレに触るなよっ もし俺に触ったらすぐに帰るからな。
絶対に触るなよ。もしケガでもしたら二度とここでは演れなくなるからな」
と念押しするものの、それはむしろ触ってくれ、というフリなのか!?
と思ってた私ですが、
ホントにアリーナ席の方々は触れずにいて、
モーゼみたいになってました。
PA席まで行って、民生に「おーーーい、帰ってこーい」と呆れられるまで
阿部タイム。
で、キラキラテープ発射!阿部も顔で受けるつもりが!!!
阿部までテープ届かず!!!大爆笑です。
また今度な、だってさ。

アンコールの「すばらしい日々」、
これでワタシのツアーも終わりかと思うと目に涙がたまってしまいました。
演奏後、みんなに手を振りながら去っていくメンバー。
民生が何度も「長生きしてください」「長生きしてください」と言ってました。
冗談風に言ってるかもしれないけど、
このタイミングでそのセリフは清志郎のことを想っての発言に捉えてしまって、
私は笑えませんでした。
メンバーこそ、長生きしてください。
今、健康でいることのありがたさをひしひしと感じている私ですが、
ほんと、生きていたいなぁ、健康でいたいなぁと思っています。
自分だけでなく、私の周りの大切な人たち、みんな健康でいてほしいと願っています。


ついに、年初からてんやわんやで騒ぎまくってたユニコーン、
ツアーも堪能しきった・・・。大満足です。
と、今日6月18日だってのに、まだ4月とか5月の話で余韻にひたりまくってるうちに、
6月17日にはライブDVD発売されましたからねっ!
のんびりと日記書きすぎなんだよっ!(笑)

コメント (2)

ユニコーンツアー2009 蘇える勤労な日々 5/3 @さいたま

2009-05-29 00:21:54 | ライブ
行って来ました、ゴールデンウィーク真っ只中、
5月3日、さいたまスーパーアリーナ!!!


超デカイ!!!
大興奮で埼玉行って来ました、マスク常備で。
で、今頃ブログアップなのは興奮しっぱなしの日々だったからです。テヘ。

さいたまスーパーアリーナ・・・。
これが、音楽番組で、スペシャル番組のときの場所か・・・。
デカい・・・。
グッズ売り場の規模もスンゴイです。

島根で、ここぞとばかりにグッズ買い占めてて、
さいたまでは購入予定なかったのですけど、
空気に呑まれて(笑 流されやす~)、タオル購入。
周辺は、どこを見てもユニコーンファンだらけで、見事な情景でした。
もちろん、私も正装で、ユニコーンTシャツにユニコーンタオルです。
見渡せば、ユニコーンのツアーTシャツ着てる人ばっかり歩いてるんですよ!
ホンマに!
ちょっと休憩と思ってファミレス入ろうと思っても
ツアーTシャツ着た人で満席やし、
コーヒー屋に入っても、並んでる人はファンばっかりやし、
どこにも入れなくて溢れた人たちが会場周りにわんさかいるし。
目が合えば、『あなたもユニコーン?』『そう、私もユニコーンさ』みたいなアイコンタクトがあるわけですよ!
みんな舞い上がってるしね。
実際、開演前にファミレス行ったときも、
満席のため退出しようとしたら、すれ違いの三十路のお姉さまに
「あ!」と言われましたもの。私も笑顔。
別に私が物珍しいわけでもなく、Tシャツ姿はわんさかいるんですけど、
それでも声をかけてしまいたくなる、そんな雰囲気にさいたまがなってたわけです!
終演後、夕飯食べにいったハンバーガー屋でもファンでごった返してて、
案内された席の横ももちろんファンで、
同じTシャツ着てる人が連なっている状態。
横の兄妹さんとおしゃべりしましたもの!
感動を分かち合いましたもの!
そういうなんというか、みんなが待ちに待ってたユニコーン!
ホント、長かったよね、でも、待っててよかったよね、今、幸せだよね、
という雰囲気でした、さいたま。
もう、キミたち全員友達になれるよっ!!てくらい、
なんだかみんな優しい雰囲気。


そもそも私自身では、島根しかチケットとれてなかったのですけど、
あと、友達が誘ってくれた大阪城ホールの立ち見と、2回行くつもりだったのですけど、
さいたま公演の約10日前に、
ステージセット確定のため、急遽増席分のチケット販売、by インターネットで早い者順、 
で噂によると3分で完売やった「さいた真横シート」、取れたのですよー!!!
で、結果として、ユニコーンライブ3回も行けることになったのです。
あー、時間もお金もある独身貴族で助かりました


セットリストはコチラ↓
01. ひまわり
02. スカイハイ
03. スターな男
04. ボルボレロ
05. 働く男
06. 水の戯れ~ランチャのテーマ~
07. オッサンマーチ
08. キミトデカケタ
09. ロック幸せ
10. AUTUMN LEAVES
11. 自転車泥棒
12. ザギンデビュー
13. PTA
14. WAO!
15. BLACKTIGER
16. R&R IS NO DEAD
17. サラウンド
18. 大迷惑
19. ヒゲとボイン
20. 車も電話もないけれど
21. HELLO

EN-1
01. 人生は上々だ~忍者ロック
EN-2
01. 開店休業

セットリストは、島根とは違うパターンだったのですが、
数曲違うだけでほぼ同じ。(米米が極端に違いすぎるのだ!)
違うセットリストだったので、ラッキーではあります。
これで、ホント、好きな曲ほぼ抑えました。
オープニング、緞帳越しの「ひまわり」、島根と同じだ、って分かってるし
すでに体験しているし、散々、復活を噛み締めたのに、
やっぱり泣いてしまったワタシ。
‘さいた真横シート’というだけあって、
どんだけ真横なんやろう・・・、真横っていうよりEBIくんの後髪を拝むくらいかしら?
と覚悟してたのですけど、
正面顔の斜め45度くらいだったのでよかったです。まぁ、川西くんは見えにくかったし、
スーパーアリーナ、デカすぎて、ほんと、みんな粒コーンみたいで
ほとんどスクリーン見てましたけど。
島根とのセットリストの違いが出たのは3曲目。
島根では「おかしな2人」でしたが、さいたまでは「スターな男」。
この曲も十数年、かなり聞き込んでたので
もう嬉しくってしょうがありません。
5曲目「働く男」。
ほんっと、社会人になってよくよくわかる曲ですよね(笑)
サビがせつなくて、なのに、なぜかいつも笑ってしまいます。
「オッサンマーチ」は盛り上がるに決まってる!(ワタシが大好き)
テッシーのギターが、歌がギュンギュンと心に伝わります。
そして驚いたのが「自転車泥棒」。
何が驚いたって、自分の勘違いに!
てっきり、テッシーが歌ってるとばかり思ってたら、
民生がボーカルだったのですね・・・。
十数年間違えておりました・・。
これがリアルタイムで聞いてなかったことの不幸さです・・(笑)
民生がアコギタ鳴らして歌ってたから、ワタシ、ほんとに驚いてしまって・・。
ほんと、阿部ボーカルの曲も民生と思ってたり、
ほんと、島根で答え合わせしてましたもの、心の中で。笑
今回のツアーでは歌ってないけど、
ワタシの大好きな曲「お年玉」は果たして誰が歌ってるんでしょうか・・。
誰が歌ってるかわかってないのに大好き、って・・。ねぇ・・・。

島根のアンコールの阿部ショーで、下ネタ炸裂だった阿部に
若干、引いてしまってたワタシですが、
この日の「 R&R IS NO DEAD 」はシビれました。
魂を込めての演奏、歌だったように思います。
これは勝手な思い込みですが、
(もしかしたら、数年後、雑誌のインタビューとかで明らかになるかもしれませんが)
とりわけこの曲の阿部は、この前夜に報道された忌野清志郎に捧げていたかのように思いました。
勝手にそう思い込んでいるファンは少なからずだと思いますが、
ほんとに、体で、心で感じて、涙が出て立ち尽くしてしまう渾身の演奏だったと思います。
この日の開演前と終演後のBGMは、清志郎の楽曲でした。
曲が流れると、歓声があがり、曲が終わると自然と拍手。
あたたかいファンの気持ちにもグッと来ましたが、
大事なことを煙に巻くかのようであまりストレートに感情を出さない民生をはじめ
ユニコーンからの哀悼の意のような、そんな演出に思いました。
そして、先に島根公演に行ってたからこそ思うのですが、
MCが極端に少なかったのは、
そして老齢化ネタを全然言わなかったのは、
それを言っちゃうと清志郎のことを思わずにはいられなかったからでしょうか。


本編では赤のつなぎ、
アンコールではヤッさんで、阿部は途中、ブルースリー?の黄色の服にチェンジ、
アンコール2曲目では、6月15日にユニクロで発売されるユニコーンTシャツの試作品でした。
それがめちゃんこかわいい!
白地に赤いボックスタイプのユニクロのロゴをユニコーンにしてて、
ほんっと、かわいい!
ファンの「欲しいー!」の声に、「11種類4タイプ出るそうですよ」と言ってて、
そんなん破産するーーー!!と思ってたら、
12パターンの2色で決定のようです。1500円。
1色ずつだったら買えないこともないな・・。(大人のチカラ見せつけ!)
このとき来てた白地に赤ロゴは、後日のダーハラブログでは青ロゴに変更になってて、
うーーーーむ。赤ロゴの方がかわいかったのに・・・。
この日の「人生は上々だ~忍者ロック」の阿部ショーは、
島根に比べて短めに思いました。
島根、ホントすごかったですから・・。
そして、恒例の、阿部の分身発射(キラキラテープ)のとき、
ドS口調で「オレも分身を受け止めたい。お前らと一緒に受け止めたいんだ。アァ?」と・・。
で、2階席か後ろの方のファンの男性が、エロ親父だったか、なんとかって言って、
阿部が「お前のとこまで行ってやるー!」みたいになって
たぶん、打ち合わせナシで!?阿部は舞台からファンの方へ降り立ち、
社長のダーハラをはじめいろんな人に囲まれて、
ファンの、阿部をさわりたい手がうじゃうじゃしてて
もみくちゃにされながら、PA席までたどり着いたのですけど、
4階席から見てると、ホント、アリーナクラスの席の人が
波のように阿部に押し寄せててスンゴイことになってました。
阿部は「オレにさわるなっ」「さわるんじゃねぇっ」「さわんなって言ってんだろ!」と
言うけれど、それはむしろ「さわって!」にも聞こえたのですけど・・。
しかし、後でダーハラのブログ読んだら、
関係者に謝ってたので、
やっぱ阿部も怒られたのだろうな・・と思います。
PA席で立ち誇ってたけど「降り方がわからねぇ・・」とか言ってるし。
民生には「阿部ー、帰って来ーい」と半ば呆れてるようにも思えたし。
忍者ロックでは折り紙で作った手裏剣を、
阿部がメンバーそれぞれに詰め寄って、
汗や、キスマークなどをつけてアリーナ席にばらまく。でも、届かない、みーたーいーなー。
そしてラスト、ユニクロのユニコーン仕様のTシャツに着替えて出てきて、
「開店休業」。いやぁー、これも民生ボーカルだったのですね(笑)
これも最近、とりわけ好きな曲なんですけどね。
なんつーか、このダメ男がいれば、私なんて立派じゃん!て思えるっていうか・・。オイ。



で、一人旅というのは先日の島根とあわせて2回しかやったことないのに、
映画や舞台、ライブにラーメン屋・・etc. ひとり行動のイメージが
強いのでしょうか?
特に何も言ってないのに、埼玉もひとりで行ったといろんな人に決め付けられているのですが、
今回は2人旅だったのですけど・・。
むしろ、相棒にユニコーン味あわせてあげたいから行ったようなもんです。
さいたまスーパーアリーナ、めっちゃデカすぎて、
音があまりよくなかったけど、
泣くほど喜んでくれたし、ワタシもめちゃくちゃシアワセでした。ヨカッタヨカッタ。

コメント (2)

ユニコーンツアー2009蘇える勤労 4月18日@島根

2009-05-08 00:29:07 | ライブ
いやー、余韻にひたりまくりで今日に至ります、
行って来ました4月18日、ひとりで関西から4時間かけて島根まで!
13時には松江に着いて、開場は18時からで、
それまでを先にグッズ購入するか観光するか迷っていたのですが、
グッズの売り切れ続出のため、
15時からグッズ販売ですが、
早すぎるか?!と思いつつも真っ先に島根県民会館に向かい、
13時過ぎにはグッズ購入のためスタンバっていたのです。
島根県民会館の入口ど真ん中にツアートラックが止まっていてファンは大興奮で写真撮影。

 
その甲斐あって、20番くらいに並ぶことができ、
欲しかったグッズをたんまりと購入することができました。作戦成功です。
見事な大人買い。遠征だってナンのその!大人の力を侮るなよっ!
私がファンになったとき(1996年)はすでに解散済みで、私はただの高校生だったけど、
今は見事なアラサーだぜっ!
この日のためにしっかり貯金しておきましたぜっ!
そして、グッズ買った私は、一旦ホテルにチェックインして荷物おいて
ツアーパンフみて、ひとりで高まる興奮を抑えて、
松江城を観光に。

ひとりでヒーコラ言いながらお城登って、お城からの景色を眺めていると、
搬入口の方にも、別のツアートラックが赤とオレンジバージョンも止まっているのを発見!!
あー、ほんと、お金払って松江城登ってよかった・・。

ひとりで遠征して、話相手もない状況で、
高まる興奮と10数年分の想いがこみあげてきて、私は爆発しそうでした。
あ、ちなみに私の服装はツアーTシャツと、高校時代から穿いてるジーンズとスニーカーです。正装。笑
私は島根、先行販売でとったので、オリジナルデザインチケットです。エッヘン。

島根県民会館はホント、小さなホールでしたが、
音がよかったように思います。

私は1階席でめちゃくちゃいい角度で見れて、ラッキーでした。
双眼鏡なしでもバッチリでした。

あ、この写真は、スタッフから撮影許可がおりてるときに撮った
開演前の様子です。今回のツアーでは許可がおりてる間は、ケータイでの撮影が認められているのです。
(島根の前の岡山でスタッフとファンとの間で手違いがあったようで
撮影に関して厳しくなっていましたが、テッシーやEBIくんのブログのあたたかいコメントに涙しました。)
そして、緞帳の上のメッセージ欄にケータイから投稿することができるのです!(史上初?)
私も、ありったけの想いを送りましたよー!!
ホントにみんな16年分の想いだったり、私は13年分の想いでめちゃくちゃ高まった興奮と緊張で迎えた18時30分!!


セットリストはこちら↓
01. ひまわり
02. スカイハイ
03. おかしな二人
04. ボルボレロ
05. ペケペケ
06. 素浪人ファーストアウト
07. オッサンマーチ
08. キミトデカケタ
09. ロック幸せ
10. AUTUMN LEAVES
11. デーゲーム
12. 最後の日
13. PTA
14. WAO!
15. BLACKTIGER
16. R&R IS NO DEAD
17. サラウンド
18. 大迷惑
19. ヒゲとボイン
20. 車も電話もないけれど
21. HELLO

EN-1
01. 人生は上々だ~CSA 

EN-2
01. すばらしい日々


オルガンのイントロから始まると緞帳したままでメンバーのシルエットが映し出され、
それと同時にワァァァァァ!という歓声で立ち上がるファン。
ギターが加わり民生の「果てしなーく」という歌声で、
私はもう、うれし涙でいっぱいです。
間奏で緞帳が
ブワっとおちて、おそろいの緑のつなぎを着た5人を見ると、
「ああ!本当に復活したのだ!!」「私、生きてるんやーー!!!」
そんな思いでいっぱいでもう涙があふれてあふれて、しっかりと5人を目に焼き付けたいのにーー!!
「ひまわり」のときはもう声を上げて泣いていました。
この感覚は、ホント、米米CLUBが再結成したときのライブのときと全く同じです。
私が好きで好きで大好きで、でもそのタイミングが一足遅くて解散してしまっていて、
でも本当に好きで飽きっぽい私が殿堂入りさせるほどに10年以上も好きな
米米とユニコーンが復活しているなんて!
なんて幸せ!
ホント、たった30年弱の人生でつらいとき、なんて言うと諸先輩方に怒られそうですが、
いろいろ悩み始めた高校時代からつらくて、
その頃から10年たった今でも悩んでいることは堂々巡りでここ最近になって原点に戻ってるような気がするなかで、
その高校時代から好きな米米とユニコーンのことを毎日考えられている幸せは何かの巡り合わせなのでしょうか。。
ああ、ほんと生きててよかった、と大袈裟に思うのです。
この2つを好きなことは現実逃避気味かもしれないけど、
それでもこの2つが活動しているから毎日を楽しめる、そんなところがホントに幸せです。
1曲目で号泣して始まり、でもその後はノリノリで跳びまくりのはしゃぎすぎで、
苦しかったです、体力的に(笑)
アンコールの「すばらしい日々」を川西君がドラムをたたいてるのを見ると
ホント、感慨深くてやっぱり泣きました。

新旧織り交ぜた見事なセットリスト。
聴きたかった曲、大好きな曲、ほぼ網羅です。
再結成はない、と言われ続けていたユニコーン、
復活発表されたときは、昔の曲をどういうテンションで歌うのか、と
楽しみでもあり複雑でもあったのです。
昔の曲を聴くと、自分の歴史と交錯して昔を懐かしむのかしら、なんて思っていたけれども、どっこい!
ユニコーンは進化していて、今の、40代のオッサンの(笑)、
経験と技を積んだ彼らの曲になってて、違和感ありませんでした。
昔を振り返りながら、ではなく、今のユニコーンを楽しみました。
これが、川西君が言う、再結成の同窓会的なノリはイヤ!って意味でしょうか。
私はソロの「奥田民生」からファンになったので、
ギターを持っているのが当たり前でしたが、
ギターなしでのハンドマイク姿や、観客にマイクを向けたり、
舞台の端から端までテンションが高かったり、
見たことのない姿でびっくりしたけれども、めちゃくちゃかっこよかった!!!!!
民生はほんと、第一線で活躍してたから、みんなの目も慣れてるから、
変わらない、他のメンバーは老けた、という話によくなりますが、
実際、見て聴いて、特に「大迷惑」の民生をみて、
この中で一番変化したのは民生じゃないのか!?と思いました。
EBIくんなんて年とってないやん!!
民生の髪型考えると一番オッサンになったかしら!?
オッサンだけど、ホント、かっこいい!!!かっこいいオッサン!!
40代のオッサンが歌う「大迷惑」「ヒゲとボイン」「ロック幸せ」「おかしな二人」もうぅぅぅっ!!!悶絶です。
これぞ、再結成の意義があったってもんです!!

いやー、それにしても川西くんは今年、50歳です。なんてかっこいいんだ、金髪。
「ペケペケ」でドラム間違えて、
メンバーが揃って、後ろ振り返ってました。
MCで民生が「昔よりごまかすのが下手になったんだよ! 年寄りだし」と、
川西君の50歳ネタ。
あと10年したら60歳。60歳のミュージシャンって誰だ?って話で
「陽水さん!60歳くらいかな?」と言ってましたが、
そうです!陽水は今年60歳。私は島根でユニコーン、母と妹は奈良で井上陽水ライブに行ってた4月18日です。
次にライブするのは16年後ですからね、とか言ってたのがウケました。
もう待てないよっっ
「イエーーっ」とヨボヨボに震えながら言ってるのがおもしろかった!
「川西くんは、聞こえてるけど、聞こえてないフリをしてるんじゃないか、と思うね」とテッシーは言ってました。
「だって目上の人には聞き返さないもん!」と言ったあとの、
「はい?」という川西くんがナイス。

「おかしな二人」で早くもテンションマックスになってしまって、
次のEBIでは休憩です(笑 ごめんね)
「素浪人ファーストアウト」!まさかこれが聴けるとはぁぁぁ!
スクリーンには昔の映像の侍姿が映ってて、ホントときめきますなぁ。

そして、テッシーの「オッサンマーチ」!
ご丁寧に「ラッキー」「ハッピー」「いさむのオッサンーン」が
スクリーンに映るので、こちらも間違えません、ありがたし。
この曲、とくに、コーラスが大好き。

「PTA」の阿部Bと民生のヘッドマイクに、真剣固定カメラ目線にほんと笑いましたが、
あとの川西君と道連れのEBIの寸劇とラップもサイコー。

「WAO!」での、民生のカウベル隠されてたり、
発見の儀式?みたいなのがあったり、かわいかったです。
結構、長くやってました。
ホント、盛り上がります!
阿部Bは、かなり計算してむちゃくちゃに歌ってる、と思います。ほんとスゴイ!

「サラウンド」の前のMCだったと思いますが、
民生がテッシーに、「なんか歌う?」と聞いて、
歌わない、と言うので「そうなの?歌わないの?じゃぁ、誰も歌わないならしょうがないからボクが歌います」って言って歌った「サラウンド」がめちゃくちゃかっこよくて、
震えました。

「次で最後の曲です」とかそんなこと全然言わないのな。
かなり終盤になってて、そろそろ終わりを告げられるのか?と私はヒヤヒヤしてるのに、
「どうもこんばんわ。最後まで盛り上がってください」とフツウのテンションで言いやがんの!
民生、自分で言ってウケてたけど。
あとあと、ファンの掛け声で「阿部さん!?」ていうニュアンスで呼んだ男性がいていじられてました。
「今、阿部がいるのを気づいたのかよ!」って。
MCではテッシーの嫁探しや、テッシーの腕が太くなったとか、
テッシーがいじられることが多いMCでした。
で、オチは「だんだん」って。
「だんだん、だんだんって、町中書きすぎなんだよ!」とも言ってました。確かに・・。

アンコールの「人生は上々だ」~「CSA」・・・。
あ、衣装はやっさん。
阿部の下ネタ炸裂・・・。
サイテー・・・笑
ここには書けない・・・笑 爆笑でした。
下ネタで爆笑できるようになったとは、私も歳をとったもんです・・。
昔は清純派だったのに・・・。
本編のとき、阿部、腰に手を当ててつったってたりするから、怒ってるのかと思ったのですけれど、
まさか下ネタに力を温存?!
やっさん衣装のネクタイを酔っ払いの鉢巻のようにしたり、
「サラウンド」を民生を小バカにするように?!朗読したり、と
阿部ショーは、民生に「お前、酔ってんのか!」とつっこまれるほどに下ネタ満載、終わり方を知らない・・。
親に連れられての子供もいたので、
下ネタいいのか!?と思っていたのですが、
最後にピックやスティックを投げまくってるとき、
阿部は、舞台近くの子供に、直接ピックかなにかを渡して話していたようで、
阿部、優しいやん!とも思いました。

ラストの「すばらしい日々」は私がユニコーンで一番聴きまくってた曲。
このゴールデンメンバーをして聴けるなんて、泣くしかりません。
あ、衣装は復刻Tシャツでした。
演奏後、結構あっさりとはけて行ったのですけど、
これが最後じゃなくて、これからもユニコーンは続いていくのだから、
まだまだ楽しみです。
1月の復活宣言からCDも買ってたし、雑誌もテレビもチェックしてたけど、
やはり本物を目にして、やっと、
復活した!!!!という実感です。
サイコーです。
結局、未だ興奮していてまとまっていないライブレポ・・・。笑

コメント (4)

スピッツ さざなみOTRカスタム 1.25 @大阪城ホール

2009-01-30 00:16:40 | ライブ
はいっ、行ってきましたー!スピッツ!!
スピッツを初めて聴いたのは1995年「ロビンソン」。
小生、中学3年生になろうとしている春休みくらいだったのではないでしょうか。
ロビンソンと、スピッツ、どっちがタイトルでバンド名やねん!といいながら
部活前にラジカセで聴いてた思い出があります。
そして1996年の「チェリー」の頃には、
私は高校生になり、まだ、毎日をウキウキに過ごしておりました。(のちに暗黒の高校時代を過ごす)
そして、恋もしていたので、「チェリー」と言えば
ホントにホントに甘酸っぱくて純粋で気恥ずかしかったあの頃とコーヘイ君を思い出します。
今、コーヘイ君は消息不明(!!)なこともあり、
「チェリー」を聴き終わると
「元気ですか、コーヘイ。今、どうしてますか。ワタシは元気です。」なーーんて
ナレーションがかってつぶやいてしまいますが・・・。


高1のときも2年のときも、スピッツ大好きな友人に囲まれましたので、
アルバムとか貸してくれたのです。
そんなわけで、スピッツといえば高校の思い出がたっぷりなので
高校時代のまた別の友人(ドリカム派)と行きました。←なんじゃそりゃ!

はいっ、セットリスト!!!

1.ルキンフォー
2.Na・de・Na・de・ボーイ
3.けもの道
4.桃
5.スパイダー
6.不思議
7.点と点
8.チェリー
9.砂漠の花
10.ハニーハニー
11.メモリーズ・カスタム
12.恋のうた
13.P
14. 楓
15.ロビンソン
16.ネズミの進化
17.夜を駆ける
18.僕のギター
19.渚
20.トンガリ’95
21.8823
22.俺のすべて
23.漣

アンコール
1.春の歌
2.空も飛べるはず
3.ヒバリのこころ


友人もスピッツといえば、自分の高校時代を思い出すらしく、
なつかしい曲がかかると
二人で顔を見合わせて喜びました。
「空も飛べるはず」は卒業式を思い出す定番曲ですし、
なんだかいろんな思いがグワーーッとこみ上げてきました。
高校時代どころか、
いつも私の生活にはスピッツがかかっていました。
「チェリー」で高校時代の第一弾の淡い恋を思い出せば、
大学時代第一弾の失恋のときには「楓」ばっかり聴いてたし、
その後つきあった人と「ロックロックこんにちは」という野外イベントに
いったとき、
スピッツはPOPじゃない!ロックなんやぁ!!と感銘を受けたし、
24歳のときに付き合ってた人とは「正夢」を一緒に買いに行ったし、
26歳のときに片思いしてたときには「魔法のコトバ」がヘビーローテーションだったなぁ、
2007年の初映画はスピッツの曲満載の「海でのはなし。」だったなぁ、と
しみじみしてました。
熱心なファンではないけれども、スピッツが私の生活で流れていて
15歳から28歳の私へと成長して
いろんなズルさも覚えたり、純粋な部分も持ち合わせていたり、
「チェリー」の歌詞をひしひしと感じていて、
だけど、スピッツは変わらずキラキラしているなぁというのが実感です。
だって、みんな今年42歳ですよ!?
スピッツの歌詞にはいつもすてきだと思うフレーズとメロディーがあって、
最新アルバムの「桃」でいえば
「ありがちなドラマをなぞっていただけ あの日々にはもう二度と戻れない
他人が見ればきと 笑いとばすような よれよれの幸せを追いかけて」
なんて草野マサムネでないと書けないんです、
マサムネの声はさらりとしていて私としてはいい意味でも悪い意味でも
クセがない声なので
誰にでもスッと入り込んでくる、と思っています。
なんだかもし私が泣いていればスッとハンカチを差し出してくれそうな優しさで。
そして、かっこつけているわけでもなく、
ありがちな言葉と言葉の組み合わせなのに
それはマサムネにしか生み出せない組み合わせで
ドキリとする一言をサラリと言って去っていく、そんなお兄さんです。

何歳になっても「チェリー」も「空も飛べるはず」も歌っていってほしい。
その歌で自分の汚れた部分を恥じたいし、落としたい。
だからいつまでもスピッツは年齢を感じさせずにキラキラとしていて
恋のはじまりを歌っていてほしいと
心底思いました。
その限り、私の恋の始まりにも終わりにもスピッツを口ずさむんじゃないだろうかと。

今日の音楽:「群青」スピッツ




コメント (2)

「グッドナイト スリイプタイト」

2009-01-13 23:18:06 | ライブ
  

「グッドナイト スリイプタイト」
作・演出:三谷幸喜、出演:中井貴一・戸田恵子
2009年1月11日 @サンケイホールブリーゼ

2009年一本目の舞台鑑賞にふさわしい作品でした。
三谷幸喜が1シーン出てきたのにはびっくりしました!
主演二人のダンスシーンで散々笑ったあとに、
三谷幸喜、リコーダーを吹いての登場です。
開演5分前のアナウンスも凝ってましたし。
4人の音楽家の生演奏もステキでした。
裏方の演奏音楽、になるところですが、
セリフはないですが舞台に絡んできます。
こんな舞台演出、私は初めてです。
愉快で、おちゃめで、ドラマチックで、ラストはほんのりと泣いてしまいました。
人生を考えるものでした。
先日、河原雅彦とともさかりえの離婚で私が書いたときの答えと通じるものがあるように思いました。

素晴らしい二人芝居で
観客の鳴り止まない拍手、主演の二人は何度も何度もカーテンコールに応えてくれました。

以下、ネタバレ注意

物語は、30年連れ添った夫婦が別れるようとしているところから始まります。
寝室でのシチュエーションドラマなのですが、
時制が30年にわたっています
舞台の右上にカウンターがついていて、
はじめは 10240だったのですが、
その次は242くらいになったと思います。
そのカウンターが時計なのか・・語呂合わせなのか・・
全然気づかなかったのですが、途中で明かされます。
二人が結婚してからの日でした。

時制は順序通りすすんでいくのではなく、
行ったり来たりで、その度に、髪型やファッション、
そしてほくろ、そしてベッドとベッドの距離感が変化していきます。

女の「ねーぇ、最後はどうなると思う?」。
新婚ホヤホヤの若い二人、
まだまだ、「一生」の人生を信じています。
「死ぬのも生き残るのも嫌。どっちかが死ぬのは嫌。
好きなまま別れるのがいい。
離婚するけど、お互い愛し合っている感じ。
最後の夜は一緒に愛し合う。朝まで抱き合って寝るの」と女はウキウキで提案し、
男は、寝ぼけ眼で聞いていました。
そして30年後、そのウキウキの約束の後半を
寝ぼけ眼だった男は覚えていました。
男はベッドに誘います。
30年後の女は、「本当に私が(そんなこと)言ったの?」。

所詮、世の中の男と女は他人で、同じ事象があっても感じ方や記憶の仕方が違うのです。
覚えていることもあれば、すっかり忘れていることもある。
お互いがお互いを大切に思っていたのに、
だからこそ、どうしてそれを忘れてしまうかなぁ、・・・という悔しさや情けなさや願掛けもある。
それを観客として第三者が観ているといかに滑稽か。
そもそもこの二人の噛み合ってなさは、
新婚旅行でのダンスから始まります。
同じダンスを観ていてもファイヤーダンスなのかリンボーダンスなのか。
その日眠れない女を気遣う男とのずれたやりとり。
きっとそのずれ具合の幅は変わらずにいたのでしょうけど、
そこに愛があるかどうかで受け取り方が全然違うのでしょうね。
新婚旅行先での出来事で、この二人は初めから噛み合ってなかったのだ、と
第三者からすればわかるのですが、
お互いを大切に思っているからこその、未来での別れ方の約束も輝いてみえたし、
理解できていたのでしょうが、
実際、30年後の別れようとしている二人には、それすら互い違いの記憶にしかありません。
女が別れたあとのローンの支払い方法を男に提案してくれます、
男は「なんでそこまでしてくれるの?」
女は「いろいろあったけど、嫌いな相手と結婚する人なんていないの」。
飼っていた動物の死がきっかけではあったけれど、
それはきっかけにすぎなくて、
女はウキウキでの約束の前半を覚えていたのではないでしょうか。
女は最後まで好きでいたのではないでしょうか。
女が望む、好きなまま別れたい、を遂行したということなのではないでしょうか。
「離婚」を選択することは幸せだとは言えないかもしれないけれど、
この選択が幸せかどうかは二人にしかわからないこと。

「結局永遠なんてどこにもないのよ」
「おやすみ また明日」

夫婦のずれを楽しむことが結婚生活の秘訣なのでしょうか。
それとも永遠を願ってはいけないのでしょうか。
それとも、二人にしかわからない関係があるのでしょうか。
それがパートナーというものなのでしょうか。
それとも・・・。
夫婦って何なのでしょうね。
・・・やっぱり、結婚してないので私にはわかりませんね。
コメント (2)

Music Tree Live  石井竜也 @薬師寺

2008-09-06 14:37:34 | ライブ
Music Tree Live~音楽で森をつくろう~ 石井竜也 @薬師寺

行って来ました、3姉妹、8月31日奈良の薬師寺まで。
17時まで薬師寺の拝観、
芸術家・石井竜也の「顔魂」(カオダマ)展も見学とあって
開演は18時でしたが、15時半くらいには到着してました。

暑かったーーー。残暑厳しかったです。汗、ダラダラ。

 




M1 THE WING OF DREAMS ~Serenity World~
M2 古 都
M3 春 想
M4 ひだまり
M5 FULCRUM
M6 愛 色
<MC >
M7 緑の山
M8 母さんの羽根
M9 日時計
M10 出逢い
M11 旅の途中で
<MC> 
M12 月の行進
M13 逢いたい
M14 涙そうそう
M15 心 和 ~shinwa~
M16 LEGEND~opening~
M17 AWAY WE GO    
M18 DOLPHINS' WORLD
M19 紺碧の街
<MC>
M20 透 明
<MC>
M21 HORIZON
<MC>
M22 言の葉
M23 哀 愁
M24 手 紙
M25 NOSTALGIE

~ENCORE ~
<MC 4> 薄墨桜贈呈
EN1 アイラの大地
EN2 花まつり

実は、私は米米ファンであって、「石井竜也」のファンではない、と、長い間言ってたのですが、
(とはいえ、大学受験に入るまでの1998年はじめあたりくらいまでは応援してた)
2006年に米米復活して以来、というか、私もオトナになったのか、
ソロを聞く余裕ができ、
そんでもって、今回が初めてのてっぺいちゃんのソロコンサートだったのです。
しかも、姉妹3人そろって行ったし、感慨深い思い出です。絶対DVD買おうーーっと。

衣装は、赤の上下に黒いベスト、着替えて白装束(笑)、アンコール時には
茶色地にピンクの水玉だったと思います。
髪型は、中国大運動会をモチーフに!?鳥の巣ヘアー。
サイドの髪をアップしてモヒカンっぽくし、上下は逆毛かパーマでワシャワシャなってました。
赤のメッシュかつけ毛だか・・も付いてました。かっこよかったっす!

「ひだまり」では、少し陽が落ちてきたのと、伸びやかな歌声が重なって
とても心地よくなり、心が緩んでしまいました。
「旅の途中で」では、なぜか去年のサウンドマリーナを思い出してしまいました。ちなみに、今日で丸一年か・・・。
「旅の途中で」はてっぺいちゃんの声を存分に生かした曲だと思います。
っていうか、個人的に大好きな曲なのだ。

赤の衣装のときには派手やな~と思ったのですが、
この曲のときにはすっかり日が暮れてたのです、
歌と同時に薬師寺がライトアップされたのも感極まる美しさでしたが、
てっぺいちゃんの赤シャツが朱色に思え、薬師寺と一体化したのでした。

最近亡くなったという叔父さんを想った新曲「遭いたい」は、てっぺいちゃんの優しさがしみる歌詞でした。
「涙そうそう」は夏川りみのカバーです。
うまいのは当然ですけど、ちょっと、リズム、ずらしすぎかな!?

「小さい頃から海で遊んで身近だったから、『河童』って映画もつくったのかもしれないですね 笑」と言ってたけど、
河童は川・・・・。『ACRI』の間違いかしら?
『ACRI』の歌うたって、「やっぱいい曲!」と自画自賛していました。
(そういや、両方DVD買ったものの、まだ観てないや!)

和楽器奏者ZANをバックに迎えての石井竜也だったので、
予想はしていましたが、「言の葉」が聴けて大満足でした。
「米米CLUBから聴いてくれてる人はわかると思うけど、」というMCも、
なんだか嬉しかったです。
「手紙」のときにはもう涙がぽろぽろでてきました。
てっぺいちゃん、めちゃくちゃ歌うまいです。
歌のうまさに感動です。

タイトル通りのメインイベント、薄墨桜の贈呈では、
薬師寺の管主さんが登場。
「石井信者の皆さん」ってのがツボでした。てっぺいちゃんも笑ってました。
そうかー、私ってば石井信者なんだなー。そして米の食べすぎでもあるのかしらー。

ずっと、座ったままのコンサートだったので
このまましんみり終わるのかしら・・
「このままじゃ帰れないでしょ?いっちょやるかー!?」はラストシンポジウムでのラストのラストでの「Shake Hip!」の前のMCだけど、
こんな風に最後盛り上がるのかな?と思ってたら、アンコール予想「花まつり」、的中の3姉妹!
こりゃ、めちゃくちゃ盛り上がりました。
浴衣で来られてる方がたくさんいらっしゃったしもうバッチシですよ。


関西で寺社を取り巻く環境で住んでいる者としては、当たり前の風景で、
修学旅行生の寺社めぐりなんて何が楽しいのか、疑問ですが
心して拝見すると、やっぱり厳かです。すっかり、当然の町並みとして生活していましたが。
荘厳な薬師寺をバックに歌うてっぺいちゃん、引けをとりませんでした。
米米CLUBの「カールスモーキー石井」の作り上げた世界ではなく、
素に近い「石井竜也」。
自然な陽の落ち方で時を刻み、そこにはまるで蛍かと見間違えるような虫が飛び交い、
カラスが2羽屋根にとまる情景に
伸びやかでしなやかな包み込む歌声が重なって、
石井竜也がその空間や自然をもプロデュースしているかのようで、
それはもう、見事な調和でした。