「 九州 ・ 沖縄 ぐるっと探訪 」

九州・沖縄・山口を中心としたグスク(城)、灯台、石橋、、文化財および近代土木遺産をめぐる。

クセになる美味しさ 「 無印良品のレトルトカレー 」

2013-10-29 00:34:15 | グルメ







2、3週間前だと思うが、テレビでレトルトカレーの人気を公表していた。
その1位に輝いたのは、無印良品の 「 グリーンカレー 」 だった。

「 グリーンカレー 」 は、青唐辛子やレモングラスの風味が生きた爽快な辛さのタイカレーで、
カレーペーストを炒めて香りを出し、ココナッツミルクを加えて煮込んでいる。
やや日本人向けではない辛さはあるが、それがクセになりそうである。
スープカレーなのでガッツリ、ドッカリといったボリューム感はないが、
サラリとしたスープが辛く、ブラマヨの小杉ではないが、 「 ヒ~ハ~ 」 だった。
こうして思い出しながら書いていても、汗がじんわりと出て来る。


そして、第2位だった無印良品の 「 キーマカレー 」 は、
なんでも北インドのキーマカレーをお手本に仕上げたものらしい。
鶏挽肉に数種のスパイスを加えた香り高い風味が特長のカレーであった。


第4位の「 バターチキン 」 は、
北インドの定番カレーをお手本にトマトの酸味と甘みを生かした。
バターのコクとまろやかな味が特長のカレーである。

上位独占に近い結果だった無印良品のカレーだが、
並み居るカレーメカーを抑えて上位に支持されるということは、
他社の宣伝力以上に味が上回ったということだろう。
無印良品については、この結果に満足せず、
より美味しくて安価で安心して頂ける食品づくりを目指してもらいたい。


ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
« それぞれの海 「 山口県 ・... | トップ | 福岡県上陽町の石橋 8 「... »