音楽にこんがらがって

音楽制作を生業としている加茂啓太郎の日常

小出さんが神なんですby 染○君

2017年08月20日 | 音楽
8/7
ミキティー本物さんでフィロソフィーのダンス「ニュー・アタラクシア」のフリ入れ

事前に この曲の裏コンセプトとお願いしたいあるフリを伝えておきました。

「反映してもらいましたか?」と聞いたら「もちろんです!」との事、どこにどお入ってるかはお楽しみに


某バンドの女性ボーカルとギターの彼とミーティング

彼はベースボールベアーの小出君が神という19歳

小出君に会った時は「向井さんが神です」的な事を言われ、それが連鎖していったと思うと

少し誇らしい気持ちになりますね

微妙に争奪戦になってるんでバンド名は伏せますが、ポルカ・ドット・スティングレイくらいにはすぐ行けると思ってます。


8/8
フィロソフィーのダンスのレコーディングで淡路町

メンバー2名とヤマモト君と神田の有名カレー店に行く

ここは前菜?に茹でたジャガイモ(かなり美味しい)が出てくるんですが 女子は絶対2個は食べれないですよね。

不味い料理は残して良いと思いますが、美味しいの妙に量出されて残される料理は可哀想だと思いますね。

8/9
タワレコ渋谷でインスト・イベント

でもこれはCDではなく@JAMの写真集の予約会

もうアイドルが出すものなら何でも予約会できちゃいますね。 多少の違和感はなくはないですが、こういう事を思いつくのもアイドルの面白さだとは思います

キャパ以上に人が来てくれました

ウルフルズ・ブレイクの95〜96年 現場に毎週いたのですが、公開番組 、インストア 動員が倍々になっていたのを体験したんです。
まだまだですが少し、あの時の感覚を思い出したかも。


8/10
単行本「三栖一明」の出版記念イベントで 渋谷パルコ  

向井君と三栖君の対談を見に行く

ナンバーガールの96年頃未公開映像のマスター(VHSにコピーされたものは一部DVDに収録されてます)が見つかり、かなり良い状態で上映。これもかなり面白かった

ソフト化希望。でもいっそyou tubeにフルであげちゃうのもカッコいいかも。

二人の関係性は「まんが道」的な感じもしますね


8/11
三軒茶屋ノアスタジオでフィロソフィーのダンスのライブ・リハ

新しい試みを試してみました

これは誰もやってないと思います。お楽しみに


8/12
フィロソフィーのダンスの定期公演で下北沢ガーデン

ワンマンはマニュピレーターとエンジニアは入れてやるんですが 他はCD-R出しだったんですが、この日は初めて
PCから出してみました。

そうしたら音質もつなぎも超良い感じになりました。

日々少しづつ良くして行くのが月日が経つと積み重なってクオリティーのアップになるんですね



基本的には向井秀徳のロング・インタビューなんですが 横軸、縦軸に朋友でありデザイナーである三栖一明という人間を絡め、彼からの視線を入れる事で
向井秀徳という人間の魅力がより立体的に伝わって来ます
インタビューは幻の音楽雑誌「オレモリ」の松田さん。彼あっての本だと思います
僕の名前も何度か出て来て嬉しいです
三栖一明
向井秀徳
ギャンビット
ジャンル:
芸能ニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« 日々の徒然です | トップ | 15分デートが出来るんですb... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事