When I Dream

~気侭な戯言日記~

METAL GALAXY / BABYMETAL

2019-10-23 23:50:10 | MUSIC
最近の…音楽&チャート…はさっぱり解らないんだけど…、たまたま久々にUK ALBUM CHARTを見てみたら、BABYMETALの…“METAL GALAXY”…というアルバムが19位に初登場していてビックリした先週末…(苦笑)今時はCDが世界的に売れなくなっていて、チャート的には2週目で大きく下落するのが普通にもなっているけど、それでも上位に食い込めるのはすごい事ではあるかな。日本人アーティストで、海外の音楽チャートでブレイクしている人はホントに極僅かしかいないしね~。←ピコ太郎の♪ペンパイナッポー♪とは全然違う→海外のファンの人達がどう見て楽しんでいるのかは全然解らんけど、独特な世界観というか、企画/マーケティングが成功したのは事実で、海外のアーティストにも人気が高いというのも強みなんだろうなぁって思う。前作から約3年かな??それだけのスパンを開けちゃったら新作をリリースしても注目されなかったり、CDが売れなくなっていてもおかしくはないと思うけど、しっかりと注目を集めて上位に登場したのはさすがと言ってもいいのかも…。けど、2週目3週目でどこまで持ちこたえるか…、と言うのもチャートの大きな壁には変わりがないかな…。今は世界中のチャートが2週目以降は大きく下落する傾向みたいだからなぁ…。ダウンロード販売の影響も大きいんだろうし、CDの売上やチャートで知名度や人気度を推し測れなくもなってるよねぇ。ライブの集客はまた違うだろうしな…。←けどちょっとチャートを見るのが楽しみだな(微笑)

そう言えば、BABYMETALは3人だったけど1人脱退して2人になったんだよねぇ…。
あの世界観を2人で表現していくのってイメージが変わってしまうんじゃないのかなぁ??って思いながらちょっと検索してみたら、help要員みたいな人がいるようで…。正式に加入していないけど元モー娘の人が加入するんじゃないかという噂もあるようで…。levieは別にファンじゃないしアルバムを聴いた事もないから語る資格もないけど、前作…Metal Resistance…のイメージを壊さない為にも3人/トリオで活動した方がいいんじゃないかと思う。
前作のクリップを少し見た程度の知識しかなく、今作も1曲だけクリップを見てみただけだけど、2人と3人とでは見映えが全然違うだろうなぁって思った。ん~、バンドメンバーも含めて米米CLUB方式でその都度…、ってのも有りかな??1つの架空の世界をshowに見立ててるわけだしね。ん~、jcomでライブを放送したらちゃんと見てみよっかな~(微笑)

さて、チャートマニア熱がすっかり冷えきってるから、近年の音楽CDがどの程度売れていて、ダウンロード販売がどのくらいのなのかも全然解らないけど、世界各国でCDの売上によるアルバムチャートだと、2週目以降は初動週に遠く及ばないような様相になっている国ばかりな現在だと思う。80年代と90年代でも売れ方/売り方が違うし、2000年代に入ってからはまた全然違う様相になってるから、かつてのチャートとは比較のしようがなくなってるけど、記録の上では日本人アーティストとして偉業を成し遂げたと言っていいだろうと思う。
かつての坂本九さんの…上を向いて歩こう/sukiyaki…、ピンクレディーの…kiss in the dark…のシングルヒットとは質が違うし、ラウドネスや喜太郎のアルバムのチャートインとも比べようがないけど、↓各国の数字をちょっと挙げておきます。↓

10/21付のオリコンアルバムチャートでは3位に初登場→2週目は8位
10/24付のUkアルバムチャートが19位初登場
10/26付のBillboard Album Chartでは13位に初登場
10/14付のオーストラリアのアルバムチャートは18位初登場
10/19付のベルギーのアルバムチャートには44位に初登場
10/18付のドイツのアルバムチャートでは18位に初登場
10/20付のスイスのアルバムチャートは46位に初登場
10/17付のフランスのアルバムチャートでは60位に初登場
10/19付のオランダのアルバムチャートは95位に初登場

っという具合だった。前作…Metal Resistance…は、USAで初登場39位→159位、UKで初登場15位→69位、オーストラリアで初登場7位→30位、United World Chartで初登場2位→17位、っと、2週目で大きく下がったけど、今作は果たしてどうだろなぁ…。各国でバラつきがあるのは当然として、アメリカでは大幅に躍進してるから、10/26付のUnited World Chartのトップテン内には入ってくるかもしれないな。アメリカとイギリスでの下げ幅の小ささが、ワールドワイドでのセールスに結び付く1つの鍵ともなりえるかも…。
果たしてワールドツアーの大盛況は、CD売上とチャートにどう出るか、乞御期待‼

***** プチ追記 10/15 *****

10/26付のUnited World Chartは2位初登場だった。日本でのセールスが押し上げた感じだろうな。シングルヒットも欲しいトコだろうねぇ。

***** プチ追記 10/30 ***=*

UK ALBUM CHART、billboard Album Chart、ちょっとビックリの~、どちらも2週目はTop100、Top 200、の圏外だった…。これは余程のコアなファンが初週に飛びついたか、順位(チャート)を操作したか買ったのか…、とも考えられるかもなぁ…。単にマーケティング戦略の結果で上位に登場できたとしたら…、如何にCDが売れないかって事だな…。まぁ日本人アーティストで日本語アルバムだったら…、そう簡単には売れないし浸透もしないと思うけど…。せめて2週目は踏みとどまって欲しかったかな~。


コメント   この記事についてブログを書く
« 次の台風21号に注意警戒かも | トップ | 卒業と言う名の訪問リハビリ停止 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

MUSIC」カテゴリの最新記事