When I Dream

~気侭な戯言日記~

2020年まであと2ヶ月

2019-11-02 11:50:25 | 不可思議事象と占い系
何の気なしに元旦と1/3に書いた、…2019年の日本をリーディング…、と、…2019年の日本を~part.2:ソード10の逆…、を久々に読み返してみた…(微笑)自分で四苦八苦して書き上げたモノだけど何をどう書いたのかを覚えているヶ所はやっぱり少なかったな…(苦笑)あまり…んっ??おっ!?…みたいなイメージが沸いてこなくて、本に書いてある単語を繋ぎ合わせて推理/推測を試みた程度のショボいモノだけど、物凄く大雑把には…、そこそこいい線を突いているような~??気にはなれた(バカ)←他人目線感覚だけど(苦笑)→けどあまりにもアバウトで曖昧に濁していて具体性には欠ける内容だから…、起きた事を当てはめれば、そうともとれるかもしれないって程度のモノに過ぎないけど…(苦笑)例えばちょっと触れたオリンピックに関しては、マラソンの開催地を札幌に変更する案が急浮上してるけど、ありゃぁ~問題ってそこかぁっと…(爆)当然そんなピンポイトな事は推測出来ないし思い浮かんでもこない事で、些細なニアミスでしかないんだけどね…(バカ)もう少しマシなニアミスは…通信手段の断絶、大規模な障害…と書いていた事かなぁ。当てはめようと思えば…千葉県…を連想出来るけど、正確には東京電力管轄の大停電による大規模な障害で、原因は台風だった…(爆)当然そこまではイメージを膨らませたり推理すらしてないし、場所や範囲を特定する事も出来はしない…代物…だからナンだけど、単語の羅列から点と点を線で結びつけるくらいのモノは書けていたかと…(爆)

まぁ、そんな程度でしか書けないよなぁ(爆)本気で当てる気でやってるつもりもないし、大雑把なアウトライン/青写真くらいで丁度いいだろうと思ってるし~。個々じゃなくて日本のこの先の流れというか、社会の雰囲気をザッと傍観している感じだから、アレ以上の事は書けはしないよなぁ…(微笑)業界とか業種とか、政治/経済とか自然災害とか、リーディング範囲をもっと絞り込んだり、地域を特定してやらないと具体的な事は思い浮かばないだろうし…。けど、ん~、…1つの終点に向かう序章~中盤…と書いたのは覚えてるけど、下半期に差し掛かってきた頃からそんな様相が急に色濃くなったと言っても過言ではないような気もする現在で…、来年はいったいどうなってしまうんだろう??って思ってしまうこの頃…。

大勢の人の脳裏に焼き付いているだろう大規模な…水害…は、単純に、農作物の収穫にとって大打撃になった事は明らかで、輸入でなんとか賄えるモノもあるかもしれないけど、スーパーやコンビニ、飲食店には大きな影響が出るに違いないだろうし、家庭においては食材の高騰が家計に響く事になるのは目と鼻の先かもなぁ…って思う。会社/企業にとっても経済的な損失は既に物凄い事になってるんじゃないかと思うけど、今のところはそういう報道は無いに等しい感じかなぁ??なんとなく、会社や流通的には近いうちに食材/農産物の奪い合いになるんじゃないかと思ってしまうなぁ…。ここぞとばかりに○○産の余っている食材を横流しされても消費者には解らない事で…、今でも、それとなくでも食材を気にしながら選んで買っている人にとっては嫌~な事にもなりかねない気もしている…。

水害に遭われて苦悩の、日々を送っている人は大勢いると思うけど、そんな方々にはオリンピックのマラソンが東京から札幌に変更する事なんてどうでもいい事だよねぇ。渋谷区のハロウィン対策に1億も出せるなら…、って思ってる人も少なくないんじゃないかな。被害に遭った人/地域と、辛くも遭わなかった人/地域との現実の差は、東日本大震災並になっているかもしれないなぁ。ここに更なる…追い討ち…のような事象が起きたら…、そんな懸念を抱いている人は決して少なくはないだろうねぇ…。
ここ数年の激しすぎる豪雨、冬の豪雪、地震等、災害の被害を受けた場所は日本のあちこちにあって、電気や水道、通信等のライフラインの断絶を経験させられて苦悩した人は大勢いるけど、物流が滞ってコンビニやスーパーの棚がスカスカで欲しいモノが手に入らなかったり…、って事が東京や横浜等の大都市圏で起きたら…、そういう事もちょっとは考えておくべきかもしれないと思う。

そんな…、意気消沈して憔悴するような苦悩を経験した人にしか解らない事が、まだ経験していない大都市圏と郊外都市、中規模都市でも、…これから…っと懸念できるような気がするんだよねぇ…。
ので、2020年の日本をリーディングを試みる事は…、確実に起承転結の…“結”…をイメージ/彷彿してしまいそうでちょっと怖くもある…。毎度のように曖昧で、具体的に指摘して書く事は出来ないだろうけど…。

そう言えば覗いても見出しだけであまり読まなくなったけど、不可思議系のあのサイト、○○さんの未来予知/透視みたいな記事が一切書かれなくなったなぁ。変わって別の方々の地震に関するモノばっかりになったのってなんでだろ??リアル過ぎて書けないのか、類友が集まりすぎて質を変えざるを得なくなったのか…、かな??あるいは巨大化し過ぎて混沌としてしまった感じ??←余計なお世話だな(爆)→そういや…幸福の近道…もなんだかな~って感じになっちゃってるよなぁ…。
予知とか予言、霊感の類いは、最初は注目されて集客力が高くても…、だんだんと尻すぼみになっていきやすいのかもしれないなぁ。ネタがマンネリ化したり、興味が薄れたり…ね。災害等の事象を当てる事はある意味凄い事だとは思うけど、不安を増幅させたり煽ってしまう事になったり、思念を集めて集団心理を一塊にしたりして、やっぱり未来の青写真(事象)を質の違うモノに変えてしまうのかな…。←levieがとやかく言える事じゃないけど(爆)

話が脱線してしまったけど、災害を…他人事…には思わない事が非常に重要で、募金をしてもしなくても、ボランティアに参加しようがしまいが、その感覚/気持ち、心根/性根の…“本質”…の色と重さが問われているのが現在なんだろうなとlevieは思っている。表面では気にする素振りや優しさをみせても…、って事ね。バカ騒ぎしたり熱狂したり、未来の利益を追ってる場合じゃないと思う。ただ案じて気遣ったり、心から助けの手を差し伸べたり、他者を思いやる…。そういう見返りを求めない…行い…が、近い未来に待ち受けている大難を小さくする事に繋がるのではないだろうか…。

コメント   この記事についてブログを書く
« リハビリとマッサージの違い | トップ | マラソンと競歩のドタバタ劇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

不可思議事象と占い系」カテゴリの最新記事