When I Dream

~気侭な戯言日記~

未曾有の大水害

2019-10-16 23:40:20 | 社会の出来事
土曜日曜にかけて東京上空を駆け抜けていった台風19号は…、茨城~福島~宮城県にも甚大な被害の痕跡を残したけど…、未だに被害の全貌は掴みきれていないかもしれないな…。ニュースやワイドショーで映し出される風景だけでは決してないのは…、東日本大震災の時と全く一緒だと思う。取材に行きたくても行けない場所があちこちにあると思うし、被害が大きい場所や、多くの人の目を引くような場所ばかりがクローズアップされているとlevieは思っている。あまり、というかほとんど報じられてないに等しいと思うけど、土砂災害は19都県140件にも及んでいるよう…。東京都の奥多摩…、山深い日原町では唯一の道路が崩落して行き来が出来ず、孤立している場所がある。たぶん…、テレ朝の…“帰れマンデー”…でサンドイッチマンが秘境バスの旅で行った所じゃないかなぁ…??←日原鍾乳洞へ向かう道路だと思う→山あい/渓流沿いでは土砂崩れで通行止めになると…、郵便や食料等の物流が滞って不安になるよねぇ…。水害で大勢の人が避難を余儀なくされて不自由極まりない生活を強いられたり、水が引いても泥だらけでとても住めない状態だったり家が倒壊してたりで…、頭を抱えて途方にくれるしかない人も大勢いて、どちらかというとこっちの方が重大として報道/放送している??のかもしれないけど、海外の事故等の映像を流すより、比較的小さな被害でも国内の状況を細かく網羅して放送する方がいいんじゃないのかなぁ…。被害の範囲が広すぎるから報道が追いつかないのかもしれないし、限られた放送時間だから場所をチョイスしてるのかもしれないけど…。

かたや…、特に被害のなかった地域ではいつも通りの普通の日常に戻っていて、普通に出社したり、普通に買い物に出掛けられたり、普通の喧騒に戻っているのがなんか…、何て言ったらいいんだろう…??回りの人達を見てもあまりにも普通にしているし、街中を行き交う他人とすれ違う時にたまたま聴こえてくる話の内容は災害とは無縁のモノが多いけど、…嫌になるくらい緊急エリアメールが入ってきたよねぇ…、みたいな事を半笑いで友人らしき人と話をしてる人を見て、所詮はやっぱり…“自分には関係がない/なかった”…という別世界の出来事感覚になってしまうんだなって思った昼過ぎだった。
けどlevieも…、今日はlevie母をデイサービスに送り出してから…、紙で金の自動車免許の更新に行って、府中へ買い物しに出掛けてごく普通の生活をしていたわけだけど…(苦笑)

↑この上のブロックを書きかけて検索してから放置状態になってしまったんだけど、いつの間にかブログが更新状態になってしまっていた…(焦)なんで??更新ボタンをクリックしたつもりはないんだけど…??ので、おかしな不完全な状態で数時間も~(苦笑&恥)スマフォを手にしてから22時半過ぎ頃まで気がつかなかった〰(バカ)けど編集(作成中)画面のままだったんだけど…??どういう事??←慌てて非公開に差し戻した次第…(爆)

さて気を取り直して…(微笑)台風19号の被害は何もなかった我が家は来襲前と何ら変わらぬ日々を過ごせているけど、多摩川沿いの府中市/稲城市近隣は、堤防スレスレに近い所まで泥流が増水して迫っていたそうで…、決壊はしなかったとしても、越水一歩手前だった事をある人に教えてもらってビックリした本日だった。もしそうなっていたら…、泥水の量にもよるけど、浄水施設と東電の施設が堤防沿いにあるからひょっとしたら…、府中/調布の中央高速以南の広い区域でも、水道が止まったり停電を起こしていたかもしれない。

ホンの数日前の記事には、…37河川、52ヵ所で堤防が決壊…と書かれていたけど、昨日の記事だったかな、…52河川、73カ所…と書かれていた。加えて堤防から川の水が溢れる…越水…は200以上の河川で起きていたよう…。今日現在では水が引いた場所も多いけど、泥の後片付けには何日も要するし、断水や停電が回復してない所もあるし、他人事では済ませられない事態だった事が明らかになりつつある…現在…と言えよう。
たぶん報道されてないけど、12日には東京都のあきる野市でも浅川の堤防が決壊して被害が発生してた事が明らかになっている。もしかすると、その分の水量が多摩川に流れ込まなかったから…、日野~府中~稲城/狛江あたりは堤防スレスレに近い所で辛くも越水/決壊せずに済んだとも言えるのかもしれない…、と思った。←決して喜べない事だ

夕方に検索して見つけた記事で、…“国土交通省は16日、台風19号の影響で決壊した堤防が同日午前5時現在で7県の55河川79カ所になったと明らかにした”…というのがあった。新たに長野県麻績村の麻績川や、栃木県栃木市の永野川などの被害が判明して増えたそうだけど、市町村レベルでやっとある程度は把握出来つつある感じ??水害だけじゃなくて土砂災害や倒木、家屋の半壊/全壊、田畑の被害、行方不明者の捜索、病院や介護施設、要介護者の確認など、役所や警察の職員、各自治会だけでは手が足りなくて把握しきれなかったという事だと思う。
東京23区内で複数の大規模越水や堤防の決壊が起きていたら、被害の大きい地方都市や郊外の都市とは質の違う甚大な被害があちこちで起きていただろうなぁ…。
鉄道だけじゃなくて幹線道路も大混乱で、市場にも物流にも想像を絶する影響が出ていたただろうなぁって考えると…、大きな被害がなかった我が家近隣にホッとしつつも、心が後ろ髪を引かれるような~、何とも言えない気持ちになってくる。あまりにも無力なlevieでただ案じる事しか出来ないんだけど…(遠い目)

ん~、支援ってどういう感じで成されるのかなぁ??募金って赤十字??何処の市町村にどう分配するんだろ??本当に必要な支援が困っている人々にちゃんと届けられるのだろうか??個々の市民/庶民/国民が、募金以外に何か出来る事はないのだろうか??

コメント   この記事についてブログを書く
« お見舞い申し上げます | トップ | 次の台風21号に注意警戒かも »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会の出来事」カテゴリの最新記事