When I Dream

~気侭な戯言日記~

行方不明の少女:道志村

2019-09-25 17:30:45 | 社会の出来事
神奈川県の道志村に点在するキャンプ場の1つ、椿荘オートキャンプ場に遊びに来ていた小学1年生の少女が9/21の16時頃から行方が解らなくなって5日目になる…。多くの人が身を案じていると思うけど、家族の不安と心配の重圧は測りしえないほど大きくなっていると思う。これで思い出すのは北海道の七飯少年と、九州のあのボランティアの方が見つけた一件だけど…、少女はいったいどこへ向かって行ってしまったのだろう??おやつを食べた後に友達の所へ向かったとして、見つけられなかったら家族の元に戻ってくるのが普通…、っと誰もが考えると思うけど、子供の思考と行動はその範疇とは限らないモノなのかもしれない。levieも子供の頃に買い物に出かけた先で、levie母がちょっと目を離した隙に…行方不明…になった事が数回あるらしい…(苦笑)なんでも、levie母が品物を選んでいる時だったそうで、そこそこ混んでいたから子供で身長が低いlevieは大人の影に隠れるようになって、levie母を見失って違う人を追いかけて行ってしまった??…よう(爆)もちろんそんな記憶はlevieには全く無いけど、その時levie母は心底慌てふためいたんだそう…。そんな事が数回って…(苦笑)それとは全然比較出来ないけど、道志村のキャンプ場で行方が解らなくなった少女も、少女なりに何かを思い、考えて動いたんじゃないかなぁっと思う。土地勘がなくて戻る方向を誤ったのかもしれないし、単に、ここにはいないからあっちへ行ってみよう、みたいな感じになったのかもしれないな…。

上の画像はスクリーンショットで得たモノだけど、道志村は神奈川県の丹沢山地の上部にあたる山梨県で、点在するキャンプ場は神奈川県の相模原市の津久井湖から、山梨県の山中湖へ抜ける国道沿いの、最も山深い場所にあると言ってもいいんだろうと思う…。←山中湖から流れ出ている道志川沿い→記憶に間違いがなければ…、杉村尚美の♪サンセットメモリーが主題歌になったドラマ:黄金の犬で、犬が飼い主の元へ戻る過程で山深い道志川沿いが撮影場所に使われていたような~??違うかな…??←曖昧
まぁそれはそれとして、地図上では解るけど行った事がないから解らないけど、丹沢:大山の裏手にあるからトレッキング:ハイキングコースの山道もあるかもしれないなぁ…。まさかとは思うけど、山道を登って行ったとしたら、神奈川県側の丹沢、小田急線の秦野や伊勢原方向へ向かってしまう可能性もなくはないかもしれない。で、検索してみた所↓



↑やはりトレッキングコースは少なからずあった。道志川にある椿荘オートキャンプ場からは直接的には行けないのかな??ここには載せてないだけで、本当に人が滅多に入り込まないような、地元に住んでいる人でも知ってる人が少ない細々とした山道があるかもしれないよね。まさかとは思うけどもしかしたら…。けど、仮に繋がっているとしたら、少女の足でも数日で行き着かない事は…、ないか…。ん~、知らない土地で心細く、不安を抱きつつ少しづつ進んでいる可能性は…、捨てきれないか…。ん~でも、体力的に飲まず食わずじゃ難しいかな…。
高尾山とは違ってキツイコースもあるだろうし、ハイキングで山道を散策する人がどれくらいいるのかは解らないけど、丹沢山系で姿を見かけられてはいないなら、どこかの山腹か沢で、助けを待っているかもしれないねぇ…。山じゃ夜は冷えるだろうし、体力の低下も心配されるよねぇ…。けどいちばんの心配は丹沢に生息している野生の動物だよねぇ。猪や熊、爬虫類などから身を守る術は、少女にはないだろうしなぁ…。

今日も捜索にあたっていると思うけど、操作範囲を広げて早く見つけ出してあげて欲しいな。どうか無事に保護されますように…。

丹沢山系の山道/獣道に詳しい人に話を聞いたりしてるだろうか??


******* 深夜の追記 *******



道志村観光協会のサイトで↑拾った画像だけど、椿荘オートキャンプ場は赤矢印の先にある。この画像でもハイキングコースが少し紹介されているけど、道志村ではトレイルランニングを開催している地だという事を初めて知った~。林道、山道を走って競うスポーツらしく、かなりの長距離コースもあり、起伏が激しい事が解った。
この5日間で捜査の範囲がどれ程だったのかは、ネット記事を読む限りでは、道志川の南側に位置する丹沢方向へは深く足を踏み入れて探してはいないような~??やはり一般のトレッキング好きにはあまり知られていないキツイ山道がありそうに思った…。椿荘周辺も山深いけど、国道沿いには小学校や役場があるし、目撃されていないという事は山側へ行ったと考えるのが妥当に思えるなぁ。ん~、道志の湯とかもあるし、山に入っていくにしても誰かしらに遭遇しそうにも思えるけど、うっすらとでも山道の跡みたいのを見たら…。←解らんけど…

しかしぃ、夜は真っ暗で怖いだろうになぁ…。大の大人が何人もいただろうになぁ、なぜ一人で行かせてしまったんだろう??
コメント   この記事についてブログを書く
« 低血圧で低体温… | トップ | 小脳出血のオペから丸3年が過... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会の出来事」カテゴリの最新記事