When I Dream

~気侭な戯言日記~

物議の鼻血

2014-05-18 14:30:00 | 社会の出来事
東日本大震災&福島原発事故から3年以上経つけど、東京や横浜周辺でも、本当に他人事ではなく、怖さや不安感が増していくのは、きっとこれからの数年間だろうと思う。チェルノブイリ周辺では、事故後5年くらいから様々な疾患が急増している事からも、東日本でも同じような様相になっていくだろうとしか思えないんだけど、普通なら、それを踏まえた対策を講じるのが現政権の努めだよねぇ。けど、安部政権はマイナス要素の火消しに躍起で真逆の事しかやらないし言わないし、自治体やメディア、大手企業もほぼ右へ倣え状態だし、個人で自衛するにも限度がどんどん低くなってきているのが実情のような気がしているこの頃だけど、正直、levieも心底、神経質に食材に注意してはいないし、放射性物質の人体への影響についてもほとんど聞きかじりだから偉そうにはとても言えない(爆)けど、東京に住み続けるとどんな危険を孕んでいるのかとか、食品摂取でどんな影響が身体に起きる可能性があるのかとか、今現在で懸念できる本当の事は知りたい。そう思っている人も大勢いるとは思うけど、身の回りでそんな会話はほぼ皆無なのが変な感じ・・・。

さて、そんな中で、メディアが取り上げて大きな話題になっているのが、小学館のビックコミックスピリッツに掲載している漫画・・・美味しんぼ・・・の、福島では鼻血を出した人が多いという描画。
えぇ~と、複数のブログの記述を読んだだけで、スピリッツ本編は読んでいないから細かい描写は解らないんだけど、美味しんぼの原作者である雁屋哲氏が、福島を2年間取材して描いた内容のよう。
そこには当然、原作者の主観だとしても、福島の実情についての断片が垣間見れるストーリーになっているんだろうと思うけど、鼻血が描かれた事で大きな波紋を呼び込んだって感じなのかな??
3.11後に開設された・・・みんなのカルテ 保管庫・・・には、鼻血が出て止まらないという書き込みもたくさんある。その他の症状として多いのは、下痢、咳、胸痛、湿疹、倦怠感。書き込みの多くが東京都で、福島県はわずか17件しかないから正確性には欠けるかもしれないけど、およそ3年前、東京周辺でも身体に異変があった人が大勢いて、放射性物質の影響を受けた可能性が高いと言えるんだと思う。
もちろん、不安感によるストレスが、集団心理を生んだとも言えるけど・・・。
↑その時、福島から東京に避難して来た人が、地域分類で東京としているかもしれない

で、・・・美味しんぼ・・・ですが、実名で登場する前双葉町町長の井戸川氏も、毎日鼻血を出していたのは事実だと、インタビューでも話しているんだよね~。3年前と現在では、人体への影響は全く違うんだろうと思うけど、5/16金曜のJ-CASTニュース配信記事に、・・・岡山大などの研究グループが双葉町の依頼で町民の健康調査をしてみたら、福島県双葉町では、鼻血などの症状の統計が有意に多かった・・・という結果が出ていた事が書かれていた。健康調査は、岡山大、広島大、熊本学園大のグループが行っていて、熊本学園大の中地重晴教授が13年11月に学術雑誌に発表した論文をベースにしているみたい。←中間報告だとか
調査目的は、放射線被ばくや避難生活によるものかを確かめる為で、疫学による調査を行ったそう。
比較する為に、福島県境で放射線汚染地域でもある宮城県丸森町筆甫地区と、原発から離れた滋賀県長浜市木之本町でも調査してて、双葉町と丸森町は、体のだるさ、頭痛、めまい、目のかすみ、鼻血、吐き気、疲れやすいなどの症状が、滋賀県の木之本町よりも有意に多かったんだとか・・・。
論文によると、・・・双葉町と丸森町では、鼻血が特に多く・・・と書かれているそう。

最終報告については、岡山大が中心になって論文にまとめる予定になっているそうだけど、熊本学園大の中地重晴教授は、・・・調査結果は昨年8月に双葉町に報告している・・・とコメントしてるんだよね~。
その時の双葉町長は伊澤氏だけど、そこににずっと住んでいたなら、町の異変や人の異変を知っているんじゃないの??なのに、5月7日に、・・・“現在、原因不明の鼻血等の症状を町役場に訴える町民が大勢いるという事実はありません”・・・と小学館に抗議しているのはなぜ??・・・現在・・・ってのがミソかな。
漫画を読んでいないから、あまりどうこうは言えないけど(爆)

元首相の小泉の議員息子:進次郎の、・・・“美味しんぼの中には福島に行った人が鼻血は出るし、疲労感が襲ってくると書いてある。私あれだけ行ってるのにね、鼻血流したこともないし、毎回行くたびに元気になって帰ってくるんですよ”・・・と話した記述を読んだけど、なんだかトンチンカン太な印象だなぁ。
現地に数時間の日帰り??それとも数日滞在してんのか??福島のどこに、いつ行ってんの??震災直後に原発に近い所で長期滞在してたら鼻血出してたかもしれないじゃん。復興大臣政務官だからこその発言??

調査報告にもあるように、鼻血だけではないんだよね。粘膜が弱い人にそういう症状が出やすいって事でもあるでしょ??鼻血だけに異常に神経過敏になるのは大きな間違いってもんだ。だから、皆が皆、同じように鼻血が出ていないから、被曝や放射性物質の影響ではないって決め付けて抗議するのも大きな間違いっしょ。

南相馬市の大山こういち市議も一貫して警鐘記事を書き続けてるけど、今ではほとんど取り上げられる事がなくなってるんだよねぇ。現地に住む人の生の声に勝るものは無いと思うけど、声を上げると村八分みたいな状態も少なからずはあるんじゃないかなぁ??東京都内の医者でさえ放射能被害には否定的見解の人が多いのも、真実を歪める事に繋がってるんじゃないのかなぁ??そういえば、葬式を出すのに1週間~10日待ちって地域が多かったと思うけど、今ではどうなってるんだろ??放射能に関連がありそうな事はことごとく消され続けているのが現実なんじゃないのかなぁ??スーパーで売られているその食材、本当に安全??ホントは福島産なんじゃないの??線量の高い地域では呼吸で放射線物質を吸い込んで蓄積してるんじゃないの??そう思って可能な限りで注意しないと、将来、癌や白血病を発症してしまうんじゃないのかなぁ??
チェルノブイリ事故では最初に甲状腺疾患や白内障が増加したんだったかな??直接被曝では白血病も増加してたかな??おそらく東日本でも同じように増えているんじゃないかと思うけど、多くのDRが福島原発由来の放射性物質との因果関係を否定したり不明としてるから、多くの一般人が気にしない下地にもなっているんだろうと思う。現在の所、心筋梗塞や心不全が増加傾向にあるようだけど、数字/統計上で如実に増えた事が公になるまでにはまだ2~3年待たねばならないかなぁ。もしかしたら、それでも政府に、放射性物質との因果関係は潰されて消されてしまうかもしれないけどねぇ・・・。

久々に読みにいった、きっこのブログのきっこさんも書いてたけど、3.11後の民主党の原発対策と発言には、自民党議員が突っ込みを入れていたけど、今では逆転した自民政権が、当時の民主政権より酷い暴走をしてるのに、突込みを入れているのは山本太郎くらい??←あまり政治系は目を通してない(爆)
・・・美味しんぼ・・・は一時休載されるそうだけど、個人的に、天晴れ!!だと思った。
それが注意喚起、警戒喚起に繋がればいいと思うけど、著名人が動かないと、いや、動いても寄ってたかって踏み潰されちゃうかなぁ??・・・かもしれない・・・という視点だけじゃきっと足りないもんなぁ。

この鼻血問題、肯定するか否定するかは、個々で反芻して考えてみるしかないかもなぁ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 伊豆大島近海地震:M6.2 | トップ | 一寸先に待ち受ける闇 »
最近の画像もっと見る

社会の出来事」カテゴリの最新記事