クールな生活

日々の雑感と意見

西部邁の自殺幇助

2018-04-06 08:24:10 | 時事問題 社会
手が不自由だったはずなのが、木に縛っていた、ということが不審に思われたことという。死因も溺死ではなかったという噂があるようだが、定かでない。

自殺幇助で二人の西部邁信奉者が逮捕された。遺族の娘さんは逮捕された二人を気の毒と表現している。思想家西部邁には幸せだったのかもしれないが、手伝った二人は本当に気の毒である。

自殺は罪にはならない。死んだ人を罰してもしようがないからか。自殺幇助は犯罪である。刑法は以下のようになっている。
(自殺関与及び同意殺人)
第202条
人を教唆し若しくは幇助して自殺させ、又は人をその嘱託を受け若しくはその承諾を得て殺した者は、6月以上7年以下の懲役又は禁錮に処する。
罰金刑がないのである。

逮捕された二人は容疑を認めているから、検察は無罪にはしないだろう。裁判で有罪になる。二人は甘んじて刑に服するであろう。二人は、思想家西部邁の言う通りのことをした、思想家西部邁に良いことをしてあげたのだと、先生を慕っての日々を過ごすことになろう。娘さんにはやりきれないことになろう。誰も救いようがない。しかし、裁判で論点はある。ハーネスを着けてやって一端を木に縛ったことが直接自殺につながったかどうかは議論されてよいだろう。積極的な幇助であったどうかも話題になろう。

思想家西部邁は自裁の方法をいろいろと考えていたという。拳銃を所望していたという噂があるが、結局入水を選んだ。木に縛ってもらったのは流されないためといわれる。流されると誰かが助けるかもしれないと思ったのだろうか。あるいは幇助者が流されてほしくないと思ったのであろうか。外野は憶測するだけだ。作家芥川龍之介も自殺願望で、自殺の手段をいろいろ考えていて文章に残している。鉄道は一気にいけるが死体がバラバラになり悲惨であるとか。結局作家芥川龍之介は睡眠薬を選んだ。致死量を計算していた。

思想家西部邁の死を惜しむ人は多い。知る人はみんなであろう。自分の健康の問題、奥さんをなくして8年も生きたことの思いなど、端には理解しにくいことを抱えていたという。逮捕された二人にも同意あるいは同情する人の方が多いかもしれない。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 防衛省日報がないといったの... | トップ | 働き方改革の議論は結局残業... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時事問題 社会」カテゴリの最新記事