peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2020年3月、81歳になります。

「オーキッドクラブ岩手」の洋ラン マスデバリア カッパー・エンジェル 2020年2月14日(金)

2020年02月19日 | 洋ラン

2020年2月14日(金)オーキッドクラブ岩手(高木伸一会長)主催の第10回洋らん展が、北上市北鬼柳の江釣子ショッピングセンター・パルの1階ジョイスタジオで始まったので、マイカーを運転して観に行ってきました。[2/14(金)~2/16(日)、10:00~19:00(最終日は15:00)]
 陽春のように暖かい日に恵まれ、道路や野山、田畑にも雪のない状態で、安全に行って来られました。

会場のパル1階・ジョイスタジオの入口付近に展示されていた「Masd.CopperAngel Highland」という名札をつけた洋ランが、見事な花を付けていました。

ラン科 マスデバリア属 Masdevallia(Masd.):コロンビアからボリビアに至るアンデスを中心に、メキシコからブラジルまで分布している。小型の着生ランで、現在400をこえる種が知られている。葉はあまり変異がなく、形態はプレウロタリス属Pleurothallisに類し、一見してそれとわかるへら状の葉を密生させる。花茎は直立するか水平、あるいは短く詰まり、単一または少~多数の花を総状につける。は萼片が大きく、色、形は様々であるが、基部は合着して、杯状、筒状になり、先端が多様に展開する。花弁、唇弁は通常、萼片基部に隠れるか、あるいはわずかに露出し、小さいが形態は複雑である。花色は赤、紫、黄~暗い褐色系のものまでその幅は広い。花粉塊は2個。属名はスペインのカルロス3世の侍医Jose Masdevallを記念したもの。

マスデバリア・カッパー・エンジェル ラン科 マスデバリア属 Masd.Copper Angel:triangularis×veithiana、1982年登録。ラン展によく出品される品種で、1花の魅力は薄いが、花茎が林立して株いっぱいに花をつける様は見応えがある。花色は通常橙赤色だが、純黄色のものも見られ、入賞花も数多い。花は4×10㎝前後。中~大型で性質は強健。開花期は1~3月。[山と渓谷社発行「山渓カラー名鑑・蘭ラン」より]

https://blog.goo.ne.jp/pea2005/e/92b1e3894e0792d740a6d1af49ea388d 

https://blog.goo.ne.jp/pea2005/d/20190302

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-16/target_tab-3


コメント   この記事についてブログを書く
« 「オーキッドクラブ岩手」の... | トップ | 「オーキッドクラブ岩手」の... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

洋ラン」カテゴリの最新記事