peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2019年3月、80歳になります。

一関市東山町のアヤメ 2019年5月31日(火)

2019年06月14日 | 植物図鑑

2019年5月31日(火)、一関市東山町長坂字西本町にある民家の前に造られている花壇に植栽されているアヤメが、青紫色の花を沢山咲かせていました。

アヤメ アヤメ科 アヤメ(イリス)属 Iris sanguinea

シベリアから日本に分布する。外花被片にひげ状突起のない根茎性アイリスの一種。葉剣状線形で中肋は隆起せず、50㎝ほどで先の3分の1ほどが垂れる。直立し、茎頂の帯赤色の苞の間に、紫色の花を2~3つける。外花被片の基部白地に青紫の網目模様がある。三寸アヤメ、五寸アヤメといわれる矮性で、紫、白、藤桃色、斑咲き、筋入りアヤメなどがある。庭園、切花用。

栽培:日当たりのよい、乾燥、多湿でない所がよい。繁殖は株分けまたは実生による。花期:5月。[山と渓谷社発行「山渓カラー名鑑・園芸植物」より]

https://blog.goo.ne.jp/pea2005/e/24c56b2ba098d9588e5a3fef7486553c

https://blog.goo.ne.jp/pea2005/e/530f300bd2e4fbf1b1de54ea7e20face


コメント   この記事についてブログを書く
« 一関市東山町のピラカンサの... | トップ | 一関市東山町のセイヨウミザ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物図鑑」カテゴリの最新記事